司令官

PCゲーム「マブラヴオルタネイティヴ」のキャラで、本名は パウル・ラダビノッド
名前は太平洋戦争終結後の東京裁判にて、被告人全員の無罪を主張した唯一の判事
ラダ・ビノード・パール氏に由来すると思われる。
ちなみに中の人は2代目魔王と同じ若本規夫氏である。

原作ゲーム中では地球外起源種・BETAと戦う国連軍の日本横浜基地の司令官である。
最終作戦前にて人類の存亡をかけ、最後の絶望の戦いに挑む主人公達を送り出す際に行った
名演説の前に涙したファンは多い事だろう。(下記動画参照)
ちなみに原作の最終作戦はこちらがわずか6機の戦術機に対して、
敵は数十万以上の大軍と戦わなければならない、というまさに絶望の戦いであった。

ニコニコRPGではEDFの司令官。
9・10話では「司令官」とのみ表記されていたが、28話登場時に「ラダビノッド司令」と名前が表記された。
かと思えば33話では「パウル」と表記されたりと、本編では表記がころころ代わる人である。

34話冒頭では原作の最終作戦前の名演説がRPGのストーリーに合わせ改訂され再現された。
このシーンでは満身創痍の兵士達、主要メンバーのカットイン(RPGでは言葉琴姫ピコ麻呂)、
戦士達に対する兵士達の敬礼など、原作ゲームの同シーンをRPGツクール用の素材で可能な限り
再現している。

多くのファンが涙した ラダビノッド司令の演説(若本演説)

この演説がファンに人気だった為、公式によるパロディも作られた