ギシン星間帝国

ギシン星間帝国 / Gisin interstellar Empire

皇子

マッドギャラン


官房長官

  • 現在空位

構成員

タクト・マイヤーズ

  • 元銀河帝国士官
  • 現在は準将
  • 仕事をさぼりたがるその2(その1は金色の闇)


江原慎吾

  • 今となっては遥けし昔の昭和からやってきた経済ヤクザの親分
  • 千点頭脳を中心にギシンの暗妄の中を活動開始



一般兵

ギシン星兵
ギシン戦闘メカ
ギシン星超能力コマンド

故人・MIA

瀧村研三(引退)

  • 未来からこの時代にやってきた人物
  • シン・アスカと瓜二つの外見を持つが同一人物ではないらしい
  • ダークサイドムーン(陰月)完成後未来へと帰って行った

直江大和(MIA)

  • 元国連所属の地球人
    • 原作は「真剣で私に恋しなさい!(マジ恋)」(画像は漫画版メインの様子)
    • 搭乗機体はゲッターロボ(偽書ゲッターロボ ダークネスのものを使用)

リュウ・ドルク(戦死)

  • ドラゴ帝国よりギシン帝国に派遣された戦士。戦闘では魔竜王ドルガを駆って戦う
  • しまむらファッションを愛好する
  • 仕事はするけどしない時は廃人ゲーマー
  • 第1292話での戦闘で球磨川禊に敗北し、フロスト兄弟が放ったビームの中へ消えていった
    • 原作は「獣神ライガー」。エクスカイザーの前番組である

シャギア・フロスト(戦死?)

オルバ・フロスト(戦死?)

  • フリーのMS乗りとしてギシンに戦力の売り込みにやってきた兄弟二人組
  • 何か思惑があるようだ…
  • アフリカの研究地としての開拓、フライトナーズとの同盟の提案、メダルを使った物質生成システム利用による兵器建造など、軍事整備を中心に暗躍中
  • その思惑とは「ニュータイプ」の殲滅でありギシンの実権支配による世界滅亡
  • 裏切り者はサイコフィールドの光の中に消えた、と思われたが…

金色の闇(かけおt・・・脱退)

  • 元ミケーネの生体兵器
  • 仕事をさぼりたがるその1
  • たい焼きあるところ金色の闇あり
  • 門倉甲とともに海賊へ

門倉甲(脱退)

  • フロスト兄弟に続いてやってきた傭兵
  • 傭兵嫌いのリュウからはフロスト兄弟よりは好意的に見られている
  • リュウには一目置かれロックマンとは友人関係も結んでいる
  • 仲間意識が強い
  • 金色の闇と共に海賊へ

概要

トップ、組織名、一般兵機などの原作は「六神合体ゴッドマーズ」より。

沿革

ギシン星間帝国は六つの管区に構成された星団国家である(第1097話戦慄のD/密林の百鬼夜行の発言から)。

皇帝の到来

第1097話『魂の還る地 -再臨、Devil Gundam-』において銀河帝国独立部隊の前に突如現れた一体の機動メカに乗っていた人物…彼こそがギシン星間帝国皇帝ズールである。
ズールの口から太陽系のみならず銀河系全土を恐怖のどん底に叩き落したELSの全貌が明かされるのであった。
やがてズールの作ったELS用のワクチンや新奥州等の組織の活躍でELS事件は終息を迎えるのであった。

太陽系進出

しかし銀河系におけるELSの被害と銀河帝国の衰退による影響は予想以上であり、多大な難民を生む結果となった。
そこでズールが取った手段は難民を太陽系に移住させることだった。
やがて皇帝ズールの呼びかけで太陽系に部隊が到着し、第1111話『破界』にて銀河帝国が冥王星で敷いている鳥篭をめぐる戦闘において活動を開始した。 また、同時に到着した難民の保護を理由し、これまでズール皇帝が行動を共にしていた銀河帝国をズールが保護していたタクト・マイヤーズとフライトナーズの仕官であるロックと共に離れ、帝国の目標でもある太陽系への宇宙難民の入植と太陽系を盟主不在の銀河帝国に代わり銀河系の文化の中心化とするべく本格的に動き出した。
当初は火星のアステロイドベルトの基地を拠点にしていたが、やがてフライトナーズの協力で未だに空白だった地球のシベリア方面に大規模な拠点及び宇宙難民の入植を開始した。
その際にネロや蘇芳・パブリチェンコを組み込むことに成功する。
その後、学園都市攻略作戦において元国連の直江大和やドラゴ帝国の武人であるリュウ・ドルクらの加入で戦力を拡大させるに至った。

現時点で銀河帝国のフライトナーズとは友好的な関係を結んでいる。
星間帝国の名に偽りはなくリュウ・ドルクの出身国であるドラゴ帝国等他の文化圏とのと交流も深くまたズールによる支配体制は強固であり、シベリアの入植地で行われたモルドールの麻薬の横流しに対する影響をほとんど受けなかったことを踏まえると統制力も相当なものであると推測される。
外宇宙を起源とする勢力としてはムゲ・ゾルバドス帝国以来である。
複数の文化圏を支配する星間国家ゆえに直江等の地球人の登用も認める等、異文明、人種別け隔たりなく才能のある人材は積極的に取り入れる側面がある。

現在(1400話)は白銀号の金神の復活を支援しつつ、メダルシステムの研究も進めるなど、富国政策と外交を進行させている。
その上で南極にワープゲイトの建設を進め外宇宙から労働力を集める、アジア進行を目指すなど侵略政策も進めている。

戦力

戦力はギシン星が開発した大型の戦闘メカと等身大の超能力コマンドを主な主力としている。
超能力コマンドはその名の通り、超能力を有する兵士で構成され主に諜報と破壊工作、暗殺等の星間帝国の覇業を支えている。
一般兵士はギシン星以外の星からも集められており、ギシン保護下の難民も徴兵されている。


拠点

中華人民共和国の半分