国道59号


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

国道59号


国道59号(こくどう59ごう)は、大浜府大浜市中央区から西都県西都市中区へ至る一般国道である。
ほぼ全線に渡って東新道を辿る。この項では、東新道の詳細も記載する。
全線にかけて大浜自動車道、JR東道本線と併走する。
各府県内の一部に現道とバイパスが平行して存在している。

  • 目次
  1. 概要
  2. 歴史
  3. 重複区間
  4. バイパス
  5. 通称
  6. 東新道
    1. 東新道の概要
    2. 現在の相当国道
    3. 東新道に属する裏街道
    4. 歴史


概要


制定年:1952年
起点:大浜府大浜市中央区中央橋(国道71号・国道60号・国道421号・国道410号・国道65号起点)
終点:西都県西都市中区本町(本町交差点=国道61号・国道62号・国道501号起点)
重要な経由地:大浜府大浜市西区(西中央交差点)、同府

歴史


重複区間


バイパス


通称



東新道


東新道の概要

現在の相当国道

東新道に属する裏街道

歴史