放送の音が小さいときは(Winamp編)

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

●大雑把な説明●
WinAmp VST Bridge Pluginで
SimpleSqueezeを使って
音にコンプレッサーをかけて
音を大きくします。

●やり方●
(1)WinAmp VST Bridge Pluginのインストール。
(2)BetabugsAudio SimpleSqueeze 1.1.dllのインストール。
(3)設定。
の三段階です。


●やり方の説明●
(1)WinAmp VST Bridge Pluginのインストール。
WinAmp VST Bridge Plugin(WinAmp_VST_Bridge.exe)を
http://www.savioursofsoul.de/Christian/?p=46
からダウンロードする。
   ↓
WinAmp_VST_Bridge.exeを実行する。
   ↓
C:\Program Files\Winamp\Pluginsに
dsp_vst.dllがあることを確認する。


(2)BetabugsAudio SimpleSqueeze 1.1.dllのインストール。
SimpleSqueeze(BetabugsAudio-SimpleSqueeze.zip)を
http://www.betabugsaudio.com/plugs.php
からダウンロードする。
   ↓
BetabugsAudio-SimpleSqueeze.zipを解凍して
BetabugsAudio SimpleSqueeze 1.1.dllが出てきたことを
確認する。


(3)設定。
WinAmpで、
オプション→設定→プラグイン→DSP/Effect
と進んで行き、
   ↓
VST Host SDP v1.0 for WinAmp  [dsp_vst.dll]を
選択して“有効なプラグインの設定”を押す。
   ↓
“VST Plugin:”の右隣の欄を押す。
   ↓
(2)で出てきたBetabugsAudio SimpleSqueeze 1.1.dllを
選択する。
   ↓
SIMPLE SQUEEZEの画面の中のつまみを右に回す。

以上です。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

■イベント
  (2009.9.20)
  (2009.8.7)
  (2007.5.5)
  (2007.7.13)
  (2006.12.16)
  (2006.9.16)
  (2006.8.11)

■更新履歴
取得中です。