※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Oracle10g インストール準備


1.グループの作成

以下のグループを作成する。
oinstall ORACLEインストール用グループ
dba ORACLE管理用グループ
oper ORACLEオペレータ用グループ
※operはオプションのため作成は任意

グループの登録状態を確認し未登録のグループを作成する。
$ su -
# cat /etc/group | more

必要なグループを作成する。
# groupadd oinstall
# groupadd dba
# groupadd ope

2.ユーザの作成

以下のユーザをを作成する。
ユーザ名 グループ 内容
oracle oinstall
dba
ソフトウェア・データベース管理者
dbadm dba データベース管理者

ユーザの登録状態を確認し未登録のユーザを作成する。
$ su -
# cat /etc/passwd | more

必要なユーザを作成する。
# useradd -G oinstall,dba oracle
# useradd -g dba dbadm

3.マウント・ポイントの作成

以下のマウント・ポイント(インストール先)を作成する。
/u01 ソフトウェアのマウント・ポイント
/u02 データベースのマウント・ポイント

マウント・ポイントを作成する。
$ su -
# mkdir /u01 /u02

作成したディレクトリに対して権限を設定する。
# chown -R oracle:oinstall /u01 /u02
# chmod 755 /u1 /u2

4.環境変数の設定

以下の環境変数を設定する。
環境変数 内容 設定例
ORACLE_OWNER Oracleのインストール・稼働ユーザ oracle
ORACLE_BASE 管理ファイルがインストールされている上位ディレクトリ /u01/app/oracle
ORACLE_HOME Oracleのコンポーネントがインストールされているディレクトリ $ORACLE_BASE/product/バージョン番号
ORACLE_SID インストールに使用するシステム識別子 orcl
ORA_NLS33 英語以外の言語の格納先 $ORACLE_HOME/ocommon/nls/admin/data
ORACLE_TERM 端末タイプ vt100
ORACLE_DOC ドキュメントのインストール先 $ORACLE_HOME/doc
PATH 実行ファイルの格納先 $ORACLE_HOME/bin
LD_LIBRARY_PATH 共有ライブラリ格納先 $ORACLE_HOME/lib
ULIMIT ハード・ソフトウェアの利用制限 (不明)
NLS_LANG メッセージの表示言語 Japanese_Japan.JA16EUC
CLASSPATH Javaクラスファイル格納先 $ORACLE_HOME/JRE
DYSPLAY インストーラーに表示される名称 0
※全てを設定する必要はありません。

環境変数はOracleユーザの .bash_profile へ設定します。
$ cd
$ vi .bash_profile

設定例
# Oracle Enviroment
export ORACLE_BASE=/u01/app/oracle
export ORACLE_HOME=/u01/app/oracle/product/10.1.0
export ORACLE_SID=orcl
export NLS_LANG=Japanese_Japan.JA16EUC
export ORA_NLS33=$ORACLE_HOME/ocommon/nls/admin/data
export ORACLE_DOC=$ORACLE_HOME/doc
export PATH=$PATH:$ORACLE_HOME/bin
export LD_LIBRARY_PATH=$ORACLE_HOME/lib:$LD_LIBRARY_PATH
export CLASSPATH=$ORACLE_HOME/JRE:$ORACLE_HOME/jlib:$ORACLE_HOME/rdbms/jlib:$ORACLE_HOME/network/jlib
※PATHと$LD_LIBRARY_PATHは既存の設定に追加しています。

設定内容を反映します。
$ cd
$ source $HOME/.bash_profile
反映が完了したら export コマンドで設定されているか確認します。

5.カーネルの調整

インストール時のエラー回避のためにカーネル・パラメータを調整します。
カーネル・パラメータは rc.local ファイルを修正します。
$ su -
# vi /etc/rc.d/rc.local
以下の行を追加します。
# oracle setting
echo 250 32000 100 128 > /proc/sys/kernel/sem
echo 268435456 > /proc/sys/kernel/shmmax
echo 65536 > /proc/sys/fs/file-max
ulimit -n 65536
echo 1024 65000 > /proc/sys/net/ipv4/ip_local_port_range
ulimit -u 16384
設定が終わったらLinuxを再起動すると設定が反映されます。

参考資料