史上最強のクイズ王決定戦

史上最強のクイズ王決定戦 (しじょうさいきょう―おうけっていせん)は、かつてTBSで放送された特別クイズ番組。通称「 ギミア 」「 史上最強 」など。

概要

TBSの番組『ギミア・ぶれいく』内の企画として開始。実力によるクイズ王を決めるというコンセプトが、重厚な演出と相俟って人気を博した。半年に1度の開催、全国で予選会を行うなどの要素はフジテレビの『FNS1億2000万人のクイズ王決定戦!』とも共通している。
これら2番組と日本テレビの『アメリカ横断ウルトラクイズ』は、クイズ研究会の存在を世に知らしめ、90年代に「クイズブーム」を起こした。
公式問題集が3冊、情報センター出版局より発行されている。
また、1991年12月13日にはファミリーコンピュータ用クイズゲームソフト『史上最強のクイズ王決定戦』が発売された。1992年12月28日にはスーパーファミコン用ソフトとして『史上最強のクイズ王決定戦 Super』も発売されている。これらのゲームには、クイズ王である西村、水津両氏を思わせるキャラクタが登場している。

進行の一例(第7回)

予選

  • 第1回は招待選手による大会だったため予選は行われず。2~4回は東京のみ、5回は東京と大阪、6~9回は札幌・東京・名古屋・大阪・福岡の5ヵ所で予選が行われた。
  • 予選参加者はクイズ番組出場経験により色分けされたサンバイザーをかぶって予選に参加。クイズ番組未出場者は青、出場経験者は黄色、優勝経験者は赤のサンバイザーだった。また、赤の人は優勝回数が★のシールによって示された。
  • 第一次予選はペーパークイズ。各会場で定められた人数が第二次予選の早押しクイズ(7○3×)に進めた。回によっては、その後最終予選としてボードクイズが行われることもあった。

本戦

  • 第一関門 三択クイズ
 本戦進出者全員による札挙げ三択。50問先取という長丁場であった。第7回では8人が第二関門進出。
  • 第二関門 早押しクイズ
 7○3×の早押しクイズ。8人を2組に分け、それぞれ4人から1人勝ち抜けで戦われた。
  • 決勝戦
パート1 超難問早押しクイズ
 7問限定の早押しクイズ。誤答は回答権が相手に移る。
パート2 カプセルクイズ
 パート1での得点を持ち越しての口頭必答クイズ。15ポイント先取で優勝。

データ

司会者
  • 草野仁(第1回~Ⅷ)
  • 石坂浩二(第1回~Ⅸ、全国選抜サバイバルマッチ)
  • 森口博子(Ⅶ・Ⅷ)
  • 楠田枝里子(Ⅸ、全国選抜サバイバルマッチ)
  • 上岡龍太郎(ライブ)
  • 三雲孝江(ライブ)

ベスト8
大会 放送日 優勝者 準優勝者
第1回 1989年11月14日(ギミア・ぶれいく) 水津康夫 大木一美
第2回 1990年2月27日(ギミア・ぶれいく) 西村顕治 水津康夫
第3回 1990年9月14日(ギミア・ぶれいく) 水津康夫 西村顕治
第4回 1991年3月5日(ギミア・ぶれいく) 水津康夫 五十嵐実
第5回 1991年8月27日(ギミア・ぶれいく) 西村顕治 水津康夫
1992年2月25日(ギミア・ぶれいく) 西村顕治 斉藤喜徳
1992年9月8日(ギミア・ぶれいく) 西村顕治 小林聖司
1993年3月21日(THEプレゼンター) 西村顕治 布川尚之
1993年10月17日(THEプレゼンター) 水津康夫 西村顕治
全国選抜サバイバルマッチ 1994年2月27日(THEプレゼンター) 小林聖司 門田雅志
ライブ 1995年2月12日(THEプレゼンター) 小林聖司 五十嵐実

関連項目

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。