記憶障害

記憶障害 (きおくしょうがい)とは、覚えていたはずの単語が出てこなくなる状態を指した俗語。しばしば自嘲的に用いられる。
医学的な記憶障害や健忘といったレベルではなく、単なる「ど忘れ」のことを指すもので、不謹慎としてこの語の使用を避ける人も多い。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。