鶴見線


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鶴見線


概要


 川崎臨海工業地帯にて運行されている。
 普段の利用客は少ないが、工業地帯で働いている人たちには欠かせない路線である。

 鶴見駅以外無人駅(通勤ラッシュは例外あり)であるため、鶴見から鶴見線を乗り換えるためには自動改札を通らなければいけない(定期券の範囲外での改札は出来ない。また、SuicaやPASMOを使う場合は料金は引かれない)。
 発車ベルは鶴見駅しか使用しない。

注意


 海芝浦駅は一般者は駅から出ることは出来ない。また、大川支線を利用するときは武蔵白石で乗り換えるのではなく、安善で乗り換えること。また、朝と夕方しか運行していないため、日中では8時間運行しないので、乗り遅れに気をつけること。

使用車両


 205系改造車両を使用。車両のカラーは上から水色、白、黄色である。これは海をイメージしていると考えられる。
 また、車両数は3両である。
 ちなみに路線カラーは黄色。

停車駅


 鶴 見
  |
 国 道
  |
 鶴見小野
  |
 弁天橋
  |
 浅 野--┐
  |  新芝浦
  |   |
  |  海芝浦
  |
 安 善-大川
  |
 武蔵白石
  |
 浜川崎
  |
 昭 和
  |
 扇 町
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。