中央・総武各駅停車線


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

中央・総武各駅停車線


概要


 本来は御茶ノ水を境に、西の中央本線と東の総武本線を相互に運行する。
 ただし、中央本線、総武本線ともに各駅に停車するため、「中央・総武各駅停車線」として称せられる。
 区間は三鷹からお茶の水は中央本線、御茶ノ水から千葉は総武本線。

使用車両


 E231系と209系500番台である。
 2002年前までは205系・201系・103系車両が使用された。この内201系は青梅・五日市線と京葉線に、205系は埼京線に転属となっている。

 カラーは黄色

停車駅(三鷹以西は中央本線を参照。総武快速は総武快速・横須賀線を参照。)


 三鷹
 吉祥寺
 西荻窪
 荻窪
 阿佐ヶ谷
 高円寺
 中野
 東中野
 大久保
 新宿
 代々木
 千駄ヶ谷
 信濃町
 四ッ谷
 市ヶ谷
 飯田橋
 水道橋
 御茶ノ水
 秋葉原
 浅草橋
 両国
 錦糸町
 亀戸
 平井
 新小岩
 小岩
 市川
 本八幡
 下総中山
 西船橋
 船橋
 東船橋
 津田沼
 幕張本郷
 幕張
 新検見川
 稲毛
 西千葉
 千葉
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。