中内功


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

中内功


【意味】
ダイエー創業者であり、福岡ダイエーホークス初代オーナー。

1988年、南海ホークスを買収。
西鉄ライオンズ無き後プロ野球球団を招致していた福岡市に本拠地を構えて福岡ダイエーホークスを誕生させる。
その後、親会社ダイエーの経営悪化により息子・正氏にオーナー職を譲る。
2005年9月19日、脳梗塞のため永眠。

その経営手腕とダイエーの興隆・没落については賛否あるが、Bクラス常連の三流球団に落ちぶれていたホークスに豊富な資金をつぎ込んで常勝軍団へと成長させた大恩人である。
チャーター機による福岡入り、ツインドーム構想(福岡ドームのみにはなったが)、根本氏や王監督の招聘など球団オーナーとしては偉大な人物であった。

なお、名前の功は正確には「エ刀」と書く。

【関連語】 アホボン
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。