ムル彦


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ムル彦


【意味】
06年大社ドラフトにおいて4巡目でホークス入りした森福允彦投手(前シダックス・左左)を指す。
「ムル彦」の由来は、本名である「允彦(まさひこ)」の「允」をばらしたものである。
他に、「もるふく」というあだなも確認されている。
チーム内では「ちょめ」と呼ばれていたが、鷹板的には2010年夏まで浸透しなかった。

2009年までは一軍半のリリーフ陣その他大勢扱いだったが、
2010年に敗戦処理やワンポイントなどで少しずつ信頼を得ていき夏場に覚醒。
8月26日の延長リリーフ5者連続三振、翌27日の1死満塁の場面で投入されての火消しは圧巻だった。

以後、SBM48に森福の愛称である「ちょめ」を加えて「SBM48ちょ」と呼ばれるようになった。

2011年も攝津の先発転向、馬原の不調で若干手薄になったリリーフ陣の中で
ファルケンボーグに並ぶ切り札として活躍している。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。