ホール㌧


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ホール㌧


【意味】
08年、俗に言う「パウエル二重契約騒動」の真っ只中で獲得した背番号00、D・J・ホールトン投手を指す。
獲得時期が時期だけに「パウエルの保険」扱いされ、オープン戦での足首故障もあり開幕は二軍スタート。
しかし馬原の故障などで投手陣が火の車となったため4月11日にニコースキーに代わる形で緊急昇格。その日の8回、敗色濃厚な場面で一軍デビュー。西武の赤田・片岡・栗山を三連続三振に斬ってとり敵味方の度肝を抜く。翌日には初セーブを記録、プロ10年目の小椋に初勝利をプレゼントした。

揺れるストレートとブレーキの利いた変化球で安定した働きをみせ、一時は「ペドラザの再来」と呼ばれた。夏場は先発に戻り好投するがなかなか勝ち星が着かなかった。09年もホークスでプレイすることが決定している。

顔文字は・・・まだない?

(注意)「放る豚(ほうるとん)」という言葉も鷹板では出てくるが、これはホール㌧とのダブルミーニングで、実際はとなりん希臘を指す言葉であるので注意が必要。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。