※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


■Steamの導入と設定


1.Steamの導入


このページでIDを登録して、Steamという専用のクライアントを落とします
IDは捨て垢を取らず、パスもちゃんとしたものを設定しておきましょう
今後ずーっと使うことになります

2.Steamの設定方法

Steamを導入すると、Steamブラウザが開きます



特に設定することはありませんが、設定をしておく部分があると感じた場合、
Steamブラウザ上設定を表示した上で上の表示→設定で開けます



またはタスクトレイのSteamアイコンを右クリック→設定でもOK



Steamのゲームで内部VCを使う人は、あらかじめ設定→ボイスタブからきちんと設定をしておくといいでしょう

3.Steamでゲームの登録

DOTA2が当たった場合、Valveからの当選であれば、自動的にライブラリに登録されますが
ForumなどでKeyを当てたり、Giftを貰った場合は、少しばかり登録の方法が異なります

A.ForumでKeyを当てた場合
Steamブラウザの上部、ゲーム→Steamでゲームを有効化するを選び
製品コードを要求された場所に、Keyを打ち込めば、ライブラリに登録されます。



B.Giftを貰った場合
Steam上のフレンドなどからGiftを貰った場合は、直後なら自分のライブラリに追加というものを選べばOK
貰った後、日を置いてから、ライブラリに追加する場合は、
Steamブラウザ上の手紙を開けたアイコン



→インベントリにx個のアイテム
→Steam(x)→すべてのSteamアイテムといった具合に進めていくと、貰ったgiftがあるので
そのgiftを選んで自分のライブラリに追加を選べばOKです






■DOTA2の設定


1.DOTA2を始める前の設定

DOTA2はSourceEngineを利用しているため、起動設定、cfgにより様々に設定をいじることが可能です
ゲームを始める前に、起動設定を入力しておくと、不便がないと思われます
基本的な起動設定のコマンドの紹介と、オススメのものを書いておきます

-novid 起動時のvalveのオッサンムービーを飛ばす
-dev デバッグモードで起動する
-console コンソールを開いた状態で起動するようにする
-window 強制的にウィンドウモードで起動
-width 解像度の幅を指定する。「-width 800」のように使う。-wでも可。
-height 解像度の高さを指定する。4:3以外の物を指定するときに使う。-hでも可。
-x ウィンドウ位置(横)を指定する。「-x 0」のように使う
-y ウィンドウ位置(縦)を指定する。
-freq 強制的に指定したリフレッシュレートで起動。「-freq 60」のように使う。
-dxlevel DirectXの指定。fpsを稼ぎたい場合-dxlevel 81と入れるとDirectX8で起動する。
-autoconfig 初回起動時に自動で行われるハードウェアの性能テストを強制的にもう一度行わせる。
-nosound 一切の音声出力を止める。
-32bit 64bitのOSを使用している時に、強制的に32bitモードで起動
-noborder ウィンドウモード時にタイトルバーや枠を表示しない
-nojoy Joypadを無効化
-high CPUの使用優先度を上位に
-noforcemaccel マウスの加速を無効に
-noforcemparms マウスボタンの設定を無効に

起動設定は、ライブラリにあるDOTA 2を右クリックし、プロパティから開きます。





ここに -novid -console -nojoy をあらかじめ起動設定に書き込んでおくとよいでしょう。
また、枠なしウィンドウで擬似フルスクリーンにすることは、ゲーム内でも設定可能ですが、
-window -w xxx -h yyy -noborder (xとyは解像度の数値)とさらに追加記述しておけば、
起動後の設定で負荷をかけることなく、最初から枠なしウィンドウでの起動が可能です。


2.DOTA2を始める前のゲーム内の設定

ゲームを始めると、最初にDOTAの熟練度がどれぐらいかを3つの中から尋ねられます。
自分が思うものを選ぶといいでしょう。

ゲーム内の設定ですが、左上の歯車のようなアイコンで設定を開くことが出来ます。



DOTA2をはじめ、Source系のゲームはフルスクリーンと非常に相性が悪いため、
ビデオ→General→DISPLAYMODEの枠なしウィンドウを選んでおくといいかと思われます
また、垂直同期を切っておくのもオススメです。

カスタムキーを抜いた状態のWC3のDOTAと同じキー配置で遊びたい場合は、
操作→アビリティ→ヒーローの右上のLEGACYのチェックボックスをONにしましょう。




また操作→METAGAME→コンソールのKEYをデフォルトの全/半角キーから変えておくことをオススメします。

以上で、ほぼ設定は終了です。


3.cfgについて


Source系のゲームにはつきもののcfgと呼ばれるものについて説明します。
ゲーム内で設定出来ること以外に、様々に設定できることがあります。
コンソールに直接打ち込んでも構わないですが、あらかじめ書いておき、ゲーム起動時に読ませることが可能です。

↓コンソールウィンドウ



A.準備

用意するもの
メモ帳 Win標準のものでも、自分が使い慣れたテキストエディタでもOK
autoexec.cfg 起動時に読ませるための設定を書き込むもの

まず、Steamインストールフォルダをたどり、
C:\Program Files\Steam\steamapps\common\dota 2 beta\dota\cfgに
autoexec.cfgを、新規メモ帳から作ります。拡張子の.txtは削ってください。
そしてautoexec.cfgに、用意しておいたテキストエディタで書き込んでいきます。


B.コマンドリスト
あらかじめ、サンプルcfgを上げておきます。
こちらを見ながら、下のリストを参照してみてください。
リストに書いてあるコマンドは、ゲーム内のコンソールに直接打ち込めます。
半角スペース分あいている場合、必要があって開いているのできちんと開けましょう。
ゲーム内設定でもできそうな部分は少し省いてます。

bind xx yy xxキーにyyコマンドを割り当てるコマンド。キーやマウスボタンの設定に使う。下記 Bindに使えるキーリスト 参照。
bind xx 上記yyを省略すると、xxに割り当てられているyyをコンソール上に表示する。キー確認時に使う。
unbindall bindを全て消す。全てのキーリセット時に使う。
exec xxxx xxxx.cfgを読み込む。.cfgは記述不要。ゲーム内でcfgの再読み込み時に使う。
chat_join xxxx xxxxチャットチャンネルに接続する。ゲーム内のGUI操作でも接続可能。
con_enable x コンソールの切り替え。x=1で有効。
fps_max xxx ゲームfpsをxxxに制限する。0で無制限。
mat_vsync x 垂直同期の切り替え。x=1で有効。無効がオススメ。
net_graph x ネットグラフを表示する。x=0,1,2,3と設定があるが、net_graph 1がオススメ。
cl_showfps x fpsを表示の切り替え。x=1で有効。ネットグラフを表示している場合は要らないかも。
dota_health_per_vertical_marker xxx HPがxxxごとに区切られるようになる。デフォルトが250。4つ目の区切りが太くなっている。
dota_hud_healthbar_number x x=0,1,2,3と設定がある。1がオススメ。
dota_hud_healthbars x x=0,1,2,3と設定がある。3がオススメ。
find xxx xxxの文字列が説明文やコマンド自体に含まれるコマンドをコンソールに表示。覚えておくと損がない。


bindに使えるキーリスト
通常キー 補足 テンキー 補足 マウス 補足
1~0 KP_0 0 MOUSE1 左クリック
a~z KP_DEL . MOUSE2 右クリック
F1~F12 ファンクションキー KP_1 1 MOUSE3
ENTER エンター KP_2 2 MOUSE4 マウス進むボタン
ESCAPE Escキー KP_3 3 MOUSE5 マウス戻るボタン
SPACE スペースキー KP_4 4 MWHEELUP ホイールアップ
UPARROW ↑キー KP_5 5 MWHEELDOWN ホイールダウン
DOWNARROW ↓キー KP_6 6
LEFTARROW ←キー KP_7 7 その他
RIGHTARROW →キー KP_8 8 ,
ALT Altキー KP_9 9 .
SHIFT シフトキー KP_DIVIDE / /
INS インサートキー KP_MULTIPLY * ;
HOME Homeキー KP_MINUS - =
DEL Delキー KP_PLUS + [
PGDN Page Downキー KP_ENTER Enter ]
PGUP Page UPキー ` (全角半角キー。bindには使わない方が良い)
END Endキー
PAUSE pauseキー
TAB Tabキー


一気に編集して疲れたので一旦休憩('-')

コメント

分からないことはここか#TOKINAで聞けばきっと誰かが教えてくれるに違いない!
名前:
コメント: