奏汰


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

奏汰 (そうた)は、ふぇらいとじしゃくの一常連である。旧名ケロ。渾名キョン君(―くん)。
紫鴉氏の内輪、埼玉県在住。大1(2012年現在)。
重度の廃スペ(=廃人級スペック)厨であり、若干メカオタ。

歴史

暗黒少年

RT×キルリア祭りへの便乗を契機にTBタウン萌え文化の魁となる。
さらに、グロテスク要素を兼ね備えた「エルフェンリート」が話題を呼び一気に暗黒少年のイメージが定着。

隷僕へ

ふぇら磁内で常連の男女が内輪で繋がっている時の慣例として、案の定「紫鴉×奏汰説」が囁かれるわけだが、
こちらはさほど発展しなかった。むしろ主従関係に近いものがあると言われている。

現在

近頃では殆ど見かけなくなってしまったが、深夜すかいぷにてたまに目撃される。

2012年

すっかりすかいぷに入り浸り、その参加率は顔を見ない日を見かけないほど。
ホモホモしい会話にも何食わぬ顔で付いていく事から「爽やか系ホモ(命名:ゆきんこ氏)」と呼ばれるものの、
本人は一貫してノン気宣言を続けている。

脱オタ

一般的に「オタク」と呼ばれる人種がオタク的行為から離れていく事を総称して「脱オタ」と呼ぶが、
大学受験に合わせてアニメやゲーム、漫画などを控えていった結果、
晴れて大学生となった2012年度現在、戻るきっかけが何となく掴めず、
「あれ、俺脱オタしちゃってね?(本人談)」
とか何とか。
大学デビューを考えるくらいには一般側に戻りつつある、どこに出しても恥ずかしくない変態である。


特徴

グロテスク上等のアレ系変態派である。
第4回OFF会では他メンバーの眼前で躊躇無くフィギュアを手に取る姿を激写されたことが有名。

関連項目