※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[← 内装 基本とTIPS へ戻る]
(最終更新: 2012年01月09日 )

特殊アイテム


UOには様々なアイテムがあります。
中には変わった性質の物があり、それを知っておくと内装をする時に役立ったりします。



これらのアイテムを並列配置する時、同じ性質のもの同士なら普通に並列配置をしてOKです。

困るのは、普通のものと特殊アイテムを並列配置する場合。
それなりの工夫が必要なので、「特殊配列[未作成]」をご覧下さい。

高さ0(ゼロ)アイテム


アイテムの中には、高さを持たない物があります。
これを、ここでは 「高さ0」 アイテムと呼ぶ事にします。


特徴は、 壁のある所に置ける事 です。
なので判別するには壁がある所に置いてみるか、
UOHEなどのソフト(ゲーム内のデータが見れるもの)を使いましょう。


高さ-1(マイナス1)アイテム


アイテムの中には、設置高さと表示される高さが、違うものがあります。

例えば、木のボールの上に毒草を積み1段下げてみましょう。
表示のリフレッシュをする間もなく、ボールの下に毒草が隠れます。
(※並列配置の場合は、表示のリフレッシュをしないと入れ替らない)


設置高さとしては、ボールと毒草は同じです。
毒草を動かしているのに、毒草の方が隠れるという事は、ボールより下に毒草が表示されるからです。

つまり毒草は、ボールと同じ高さに設置されているにも関わらず、一段下に表示されている事になります。
表示高さが設置高さから-1段 となるので、これを 「高さ-1」 アイテムと呼ぶ事にします。


このアイテムは、野菜や秘薬によくみられます。
判別するには、上の木のボールと毒草の様に、普通のアイテムと同じ高さに置いてみましょう。
下にもぐれば、それは「高さ-1」アイテムという事になります。
(ノーマルのアイテムなら並列配置するので、デコツールで上げ下げしても、すぐ下に隠れる事はありません。)


高さ0-1アイテム


上2つの特性を、 両方持つ アイテムがあります。
ここでは 「高さ0-1」 アイテムと呼ぶ事にします。
ほとんどは植物とツタです。



同じ植物でも、高さがあるものは壁のある所には置けません。ツタは古いものも、新しいものも、全てがこの特性を持つ様です。またUOHS以降は生パイも、このアイテムになりました。

見分けるには、壁のある所に置いてロックダウンし、1段上げてみましょう。壁より前に表示されれば「高さ0」アイテムで、後ろのままなら「高さ0-1」アイテムです。


[← 内装 基本とTIPS へ戻る]