※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

赤い光が俺を照らす。
逃げ惑う人々、泣き叫ぶ子供、すでに動かなくなった肉塊。
こんな光景を見飽きてから、どのくらいが経ったのだろうか。

突然、昔の光景が浮かび上がる。

『待てッ! その娘に手を出すな!』

……あの頃は楽しかった。
当時の俺に言っても認めないだろうが、昔は確かに楽しかったんだ。

自分が助けているという実感があった。
自分にしか出来ないことがあるという自信があった。
自分は、正しいのだという確信を持っていた。

俺がショッカーに戻って、何年経ったのだろう。
数年しか経っていないはずなのに、もう何十年もこうしている気がする。

「隊長。目的物の奪取に成功しました」

副官である女怪人が報告に来る。

「……そうか。撤退するぞ」

「了解しました」

俺の命令を受けた彼女は、テキパキと周りの下っ端へと指示を飛ばす。
実際、隊長なんて飾りみたいなものだ。
大抵の作戦は彼女が立てているし俺は承認をするだけの存在。
ぶっちゃけいなくても支障は無い。むしろ効率が上がるだろう。
それでも、どこの隊にも隊長は存在する。
戦闘力で選ばれたエリート怪人の隊長たちが。

その理由は。

「隊長! 敵襲です!」

こんな荒事を片付ける、汚れ役が必要だからだ。



「状況を報告しろ! 相手はどこだ? 自衛隊か?」

「いえ、それが……」

何故か言いよどむ彼女を叱咤する。

「報告は迅速に行え!」

「は、はい! 敵は強化人間が一体! 外見から、……ライダーと思われます!」

俺は一瞬だけ動きを止める。
それは過去に清算してきたはずの事実。
見逃したはずの無い、俺を縛る鎖の原因。

「……出陣るぞ!」

「っ、はい!」

関係ない。
逃したのならば、処理すれば良いだけの話だ。

俺は上着を脱ぎ捨てて、交戦場所へと向かった。






破壊され廃墟寸前となった工場に爆音が響く。
戦闘員たちが足止めをしているのだろうか。
無駄なことだ。本物のライダーに、銃器なんかが効く訳が無い。

「ここを左です。気を付けてくださいね」

「わかった」

俺は、あえて人間体のまま戦場にでる。
知り合いならば戸惑うはずだ。
知り合いでないのなら様子を見てくるだろう。

ライダーとは、そんな甘い人間なのだ。




「あ、隊長殿!」

「戦況はどうなっている?」

俺はすぐそこで銃を連射している戦闘員に話しかける。
こっちを向いて挨拶をする時でも撃っているあたり、効いていないのだろう。

「正直無理っす。ロケットランチャー直撃でも無傷なんて、どんな装甲っすか」

やはり、本物らしい。
そうなるとサポートは必要ない。むしろ邪魔だ。

「わかった。どいていろ」

「了解したっす。全員、射撃止めー!」

号令と共に爆音と金属音がやむ。
先ほどまでの喧しさが嘘のように、工場は静寂に包まれていた。

「…………」

その中心に、ヤツがいる。
俺はバリケードを出て、そいつに話かけた。

「お前は誰だ? ライダーはすでに全滅しているはずだが」

「…………」

ヤツは答えない。

「何も言わないつもりか。ライダーも愛想が悪くなったものだ」

「…………な」

「ん?」

返り血で真っ赤に染まった戦士は、何事かを呟いた。

「――――私を、ライダーと呼ぶな」





「ほぅ。何故だライダー。お前の装甲はライダーシリーズの物だろう?」

「私を……ライダーと呼ぶなッ!」

形状からして女性だろう――ライダーは、一直線に俺へと突進してくる。
そのスピードは見事だ。全盛期のライダー達でもこれ程の速さを出せた者は少ない。
だが、

「阿呆」

軌道を見切れば簡単に避けれる。
俺は相手に対して半身となり、左手で体をずらしてやった。

「ッ!」

制御を一瞬だけ失い、壁に突っ込むライダー。
この程度で傷を負うはずも無い。だが実力差くらいは理解できただろう。

「く、……」

その証拠に瓦礫から出てきても、俺を襲おうとはしない。

「理由を聞いているんだ、ライダー。何故、ライダーであることを拒絶する?」

赤き戦士は少し悩み、おそらくは時間稼ぎだろうが、理由を話し始めた。

「……二年前。ライダーの全てが死に絶えた。
 怪人との戦いではない。誰かを助けようとしたのでもない。

 たった一人のライダーに、他の全員が殺されたのだ!

 そいつは仲間たちが攻撃できないのをいいことに、一方的な惨殺を繰り返した!
 その中に私の兄がいた! よく話をする友もいた!

 だから……私は皆を殺したライダーになど、死んでもなってやるものか!!」

悲痛に叫びながら感情を吐露するライダー。
親しい者の死を思い出して、仮面の下の顔は悲しく歪んでいることだろう。


ああ――――なんて、偶然。

もしコイツが別部隊を襲っていたら。
もし俺の隊がこの任務についていなかったら。
この出会いは成されなかったに違いないのに。

「一つだけ、間違いがあるな」

「何……?」

俺は右手を振り上げ、左手を腰に添える。

「攻撃できなかったから、惨殺されたんじゃない」

そのまま右手を横に滑らせる。

「…………弱かったから、惨殺されたんだよッ!」

そして。
両手を腰のベルトに打ち付けた。

「変身ッ!」

バックルの中から音が鳴る。
それはライダーシステムの起動を表す特殊な音だ。
音が鳴り始めるのとほぼ同時に、俺の体を装甲が包む。

「貴様ッ!!」

相手が俺を、俺の装甲を睨み付ける。
バッタを思わせる仮面。
重量を減らした細身の鎧。
パワー不足を補うための武器の数々。

全てが漆黒に染まったそれらを見、ライダーは再度吼えた。

「お前が、お前がアイツだったのか――――仮面ライダー、ダーク!」

俺は、いたずらが成功した時の子供のように、ニヤリと笑った。