※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

作:1 ◆IDXsB1A/aY


 月明かりが、ぼんやりと街を照らし出す。
 繁華街は無機質なネオンに彩られてはいるが、それに見合うほどの賑やかさは無い。
 車道は込み合う時間をとうに過ぎており、ぽつぽつと行き交うヘッドライトは、ただ何も無い空間を捉え続けている。
 丑三つ時。
 街は華やかな喧騒を脱ぎ捨て、夜の世界へと姿を変えている。
 だが、どれだけ夜に、闇に近付こうとも、そこには光が存在し――影が生まれる。

 ビル街の一角。
 街の中心から少し離れた路地裏は、闇の溜まり場である。
 通路を囲う壁面は、搭のように高い。月明かりは高層ビルによって遮られ、光の死角を生み出している。
 そんな、普通の人間ならば寄り付かないであろう場所に、一人の青年の姿があった。
 左肘を強く押さえつけ、壁に体重を預けている。
 ズボンは落下してくる水分によって不自然に湿っており、元を辿っていくと――――
 腕が、無い。
 彼の左腕は、肘から先が無くなっていた。
 ぽたぽたと落ち続ける水滴はその出血によるものだが、落下音が彼に認識されることはない。
 がちがち、がちがちと、不快な、金属にも似た音が、外界の音を妨げていたからだ。
 なんだこの音は、うるさい、止めてくれ。そう思ったところで、気付く。
 音は、自分の口の中から生じている、ということに。
 震えが止まらないのは、そこだけではない。
 全身が、否、心までもが、込み上げる恐怖感に強く揺さぶられている。
 かろうじて失禁を堪えているのは、命の危険を感じ慣れているからだろうか。
 ぐるぐると、彼の脳内を思考が駆け巡る。
 何故だ? 俺が何をした? 何故俺が、俺がこんな目に……!
 だが、そんなモノは逃避じみた言い訳に過ぎない。

 彼は理解していた。
 何故、自分が、彼女に狙われているのか、ということを。

 暗闇に銀光が翻る。
 ごく僅かに差し込む明かりが、空中で拾い上げられる。
 宙に散らばった星の如く、輝きは闇の中に点在している。
 一見何も無いかのような空間には、その実、無数の線が走っている。

「あなたに恨みはないけど……」

 ひたり、ひたり、と足音が響く。
 地面を直に踏みしめているだろう音が、一歩一歩、着実に彼へと近付いていく。

「これも、仕事なのよ」

 柔らかな声色は、明らかに女性によるものだ。
 その優しげな口調に、青年はぞくりと肩を震わせる。

「……な、なんでだよ! 何でアンタは」

「何で? ……そんなの、わかってるくせに」

 暗黒の中で、彼女はニタリと笑みを浮かべた。
 不意に、ガスッという音が聞こえてくる。
 その音に合わせ、何かがゴロゴロと転がって来て……足下で、止まった。
 首。
 人の首が、転がっている。
 口は半開きで固定され、眼は大きく見開かれていてる。
 それに意思など介在しようはずもない。
 だが彼は、自分に怨念じみた双眸が向けられているように、錯覚した。
「……う、うわああああああああ!」
「あらあら、怯えちゃって。可愛い」
 彼は生首を凝視して、思う。
 次は俺がこうなる番だ、と。
 肩からガクリと力が抜ける。
 ……何故、こんなことになったのか。

 首から下が無い男は、青年がついさっきまで話を――厳密に言えば、取引をしていた相手だった。
 青年は男に情報を売り、男は別の人物に情報を転売する。
 男は、いわゆる情報屋という奴だった。

 言ってしまえば、青年のやっていたことは、明確な裏切りだ。
 組織の情報を売りさばき、金を手にする。
 当然、そんなことが許されるはずもない。

 嗅ぎ付けた組織は刺客を送り込み、取引の成される直前、男の五体は一瞬にして無数の肉隗となった。
 そして、次は――――

「……!」
 ごくり、と唾を飲み込み、青年は意識を覚醒させる。
 嫌だ。こんな所で死にたくない……!
 運命に少しでも抗わんと、暗闇へ目を凝らす。
 縦横無尽に描かれている銀線は、幻覚ではない。
 恐らくは、鋼。
 全てを切り裂く鋼線が、獲物を求め狂い暴れているように、彼には見えた。

 噂には聞いていたものの、信じてはいなかった。身を持って知るまでは。
 彼女が用いる武器の一つ。
 体内で精製される鋼糸は、あらゆるモノを噛み砕き、切断するのだと。
 信じられなかったのは、それ自体が与太話だと思ったからではない。
 それを使っている姿が、普段の彼女からはイメージできなかったからだ。
 優しく、温和で、誰にでも友好的に接していた彼女が――――

「そんなわけで」

 掛けられた声に、逃避が打ち消される。
 ぽたり、ぽたりと聞こえてくる音は、左腕の流血によるものではない。
 水滴が滴る音色は、朱に染まった臭いを帯びて、彼の絶望を増徴させる。
 よく見れば、音だけではない。
 照らし返されている光は、ところどころ鈍い、赤黒い、血の色に染まっていた。

 悪鬼が姿を表す。
 死という現実を携えて、彼の眼前へとその姿を露わにする。

「大人しく、死んでね? 坊や」

 その声と同時に、躊躇無く五指が動きを見せる。

 しゅるり、と、何かが擦れる音。

 ピンと張り詰めたモノを感じた瞬間には――バラバラに分解されている。

 彼が最期に見たのは、血風を全身に浴びる、死神の姿だった。


 怪人クモ女。
 それが、死神の名前。