※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行



や行


「山」(やま)

僕らワンゲルの師匠みたいなものである。時には厳しく、そして厳しい。
でも、頑張った者には必ず応えてくれる。山は、全てを見ているらしい。

「山小舎」(やまごや)

群馬県の武尊山麓の武尊牧場スキー場にある。当部の現役・OB共同で所有、管理している。
改築してから10年ほどしたばかりでとてもきれいでそして広い!
年に数回行われる山小舎行事で利用されるが、 その度に毎回楽しい宴会がこの山小舎で繰り広げられる。
ちなみに正式には「新武尊小舎(しんほたかしょうしゃ)」というらしいが、建築事務所のプロジェクト上で「やまこしゃ」と呼ばれていたらしい。今は、山小舎と書いて(やまごや)と発音するのが定着した。
他にも、春山合宿でベースの役目を果たすなど、我が部にとっては、なくてはならないものである。
ワンゲルの象徴と言っても過言ではないものであり、その意義は大きい。

「山小舎管理委員」(やまごやかんりいいん)

ワンゲルの係の一つ。山小舎の管理や山小舎行事の実行などの仕事を、OBの方々と協力して行っている。
改築後10年ともなると補修箇所もでてきて、結構仕事が増えてきているらしい。

「山小舎行事」(やまごやぎょうじ)

山小舎を利用して行われる行事で、登山もしくは作業と宴会がセットになったお得な行事とも考えられる。
年に4回、新入生歓迎ワンデリング(歓ワン)、つつじ山行、ワーク山行、クリスマス山行が行われる。

「山スキー」(やますきー)

シールと呼ばれる滑り止めを張ることで、スキーを滑降だけではなく、歩行移動手段として用いるスキースタイル。
ワンゲルの有雪期のメインの活動。

「山彦」(やまびこ)

群馬県の沼田駅前にあるトンカツ屋さん。ワンゲルの山小舎行事の打ち上げの際に利用される。
肉厚のトンカツとお代わり自由のご飯が人気の秘密で、リーズナブルなのも嬉しい。気さくな店のおやじさんも魅力の一つ。

「呼び子」(よびこ)

呼び子とは笛の事。使い方としては、事情があってSLが偵察に行く場合などに位置確認のために吹く。
偵察に行く人は、呼び子の音の聞こえる範囲で行動し、合流ポイントを把握する。
または救助を求める時に現在位置を知らせるのに使う。パーティーで最低2コは欲しい所なので、各自カットしないこと!

「予備日」(よびび)

山が好き過ぎて帰りたくないときに使う物。
真面目に説明すると、天候不良や体調不良で停滞して日程がずれた場合のための予備の日。
通常予備日は一日、計画に組まれている。
「どうせ使わないだろう」とか甘く見てアルバイトとか入れないように!

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行