※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新規国民のみなさまへ


国とは


 君主onlineにおいて、国とは株式による資本金で構成される会社のようなものです。
 国守は株主によって選ばれ、国守は守令を任命することができます。

 国は建物、雇用NPCなどにより収益を上げ、株主に配当という形で還元することを求められます。

 以上はあくまでシステムの上での話で、国に入って国民の皆様に君主onlineを楽しんでもらう、という部分ではまた違った努力が求められます。

国民とは


 国民は言わば会社における従業員のような存在ともいえます。
 国民は株式配当とは別に国民配当を受け取ることができます。

 基本的には国の施設をたくさん使ってもらい、国のNPCをたくさん利用してもらえれば、国民には配当で使った分は還元され、株主にも配当がいきわたるという形になっています。

国民になったら何をすればいいの?

 基本的に自分の国に貢献する、という意識を多少なりとも持っておいてください。
 たとえば、国の施設を積極的に利用する(他国の施設を使っていけないというわけではありませんが、自国の施設を使うことで年末配当が増えます)
…といったことから国主催のイベントに参加する、スタッフとして活動する、守令として活動するなどといったこともあります。

 国民になるとキャラクターの左下に国マークがつきます。
 これにより、自国以外のキャラクターからも「あのキャラクターはどこどこの国民だ」ということがひと目で分かります。
 国民として恥ずかしくない振る舞いを求められます。特に問題になりやすいのは狩り場でのマナー遵守などが挙げられます。

 ウーシンにおいては、国民が一致団結し、互いに助け合い、成長しあうことを主眼においています。
 自国民にとってベターな選択を国民全員が出来るようになれば、と思っています。

国民になったら、こんな特典があります


召喚獣進化支援
 ウーシンにおいては、国民の召喚獣進化の支援に力を入れています。
 一回の進化につき
  フルーツ三兄弟までは召喚獣進化チケット8枚/回
  フルーツ三兄弟以降は祝福の石5個/回
 これらを国守給与、守令給与を大幅削減して捻出した国庫金から提供しています。

国民リスト 匠リスト
 通常、国民といってもIN時間が合わなかったりしますので、同じ時間にINしていて話の出来る国民は限られています。
 しかしウーシンには匠も多く、またステータスの相談や、スキルの振り方の相談なども気軽にできるようになれば、と思い、国民リストを作りました。
 アクセスの簡易さを考えて、パスをかけていません。(その代り編集はできません)
 リストの更新はテオドールがINしていて、リログできる限りは、随時更新しています。あるいは武器防具の更新などは気づいた時にしています。
 それ以外の外から見えない情報については国民リストの自分のページの一番下のコメント欄に書いていただくか、ゲーム内でテオドールに直接言ってもらえればと思います。

貸倉庫の割り当て
 国民枠70枠設けています。匠枠などでの利用も可能です。

ちなみに国民じゃなくても、ウーシンにはこんな特典があります


ウーシン図書館
 ウーシン図書館は2008年5月18日より国外一般に開放しています。
 図書館の司書をnecodillさんが好意でやっていただいています。
 今後、図書館の利用者を増やすことで他の部分で収益を上げる政策を基軸に色々と展開していこうと考えています。


もっと具体的に、新規国民にもできる国への貢献方法


狩猟場の利用

 ウーシン狩猟場での狩り…狩猟場は国の収益の大きな柱の一つです。狩猟場の収益は、中に入っているモンスターを倒した時に得られるアイテムの水準価格の20%です。
 狩猟場は野生のモンスターより弱く、アイテムドロップ率が高めになっていますから二重の意味で自分の収益にもつながります。
狩猟場について

ブックボックス、召喚人形などの寄付

 図書館の資源は有限ですし、狩猟場も無からモンスターを生み出しているわけではありません。
 もちろん無理のない範囲でかまいません。ブックボックス、紙の素、召喚人形などの寄付は随時受け付けています。
 図書館はnecodillさんがINしている間、人形は狩猟場守令がINしている間なら声をかけていただいて、取引していただければと思います。
 だいたいの場合は国内のどこかそこらへんに捨てておいていただければ後で守令が拾います。