日本拳法道連盟 豊前福光派古術連盟 風門館 古術:魂捨猪振るのこと

古術:「魂捨猪振る」のこと(2006-10-12)

-
古術の奥義は、最悪の場合、必ず相手と相打ちに持ち込むことにある。この「必死必勝」の境地を、「魂捨て猪振る」(たますてししぶる)と教えている。要するに命を捨て、猪突猛進に行くということである。

一般に、猪武者とか猪突猛進と言うのは悪いイメージで使われているが、古術では、真剣手合では、むしろ最悪の場合、相打ちに持ち込むのがむしろ現実であると教えている。真剣手合を重く見ている証左であろう。

その、「魂捨て猪振る」の覚悟を示すのが元手・手合一本目の「刺し」である。最初に習う組型であり、また古術の奥義と言われている手である。(館長)