日本拳法道連盟 豊前福光派古術連盟 風門館 形稽古と護身

型稽古と護身(2006-10-23)

-
もし、身を護らなくてはいけなくなったら?

わざわざ強い相手に因縁をつける人はいませんから、身を護る側は常に体格や人数で劣ると考えられます。もしかしたら、相手は得物を持っているかもしれません。

退路を断たれ、内心は冷汗をかきながらも完全に思考停止はせず、一撃離脱しかないと覚悟をします。

反撃するようなそぶりは一切見せず、相手を完全に油断させといて「据え物斬り」状態、静止したサンドバッグを打つようにヒットアンドアウェイ……

目まぐるしく変わる状況に合わせて、シンプルな技を繰り出せるようにこつこつと稽古を重ねていく。たとえ、頭脳がフリーズしてしまったとしても体が勝手に反応するように。

こうなると、乱取りだけでは不十分で、やはり型稽古は重要な練習方法といえるのではないでしょうか。(T)