|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

houtei1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第1回・法廷(前半)

証拠品リスト
『弁護士バッジ』『ふしあなさん』『浅墓 章太郎の解剖記録』『野呂井神社の見取り図』『杏子の写真』『浅墓の携帯電話』
『ガラスのかけら』『千枚通し』『優子のペンダント』『汚れた布』『包帯』『キーカード』
『しぃ』『流石 妹者』『ショボ』『浅草 章太郎』『西 杏子』『板川 淳二』『川岸 優子』『甘楽 アンコ   「はぁ‥‥                              」
アンコ   「はぁ‥‥                              」
ギコ    「困るぞ。もう少し自信を持てよ。                   」
ギコ    「アンタがそんなに落ち込んでいたら<br>オレもやる気が出ないぞ。    」
アンコA  「あ、‥‥スミマセン。      <br>はぁ‥‥            」
ギコ    「(何だ?‥‥俺が原因なのか?) <br>はぁ‥‥            」
イモジャA 「ギコにぃ!                             」
ギコ    「あ、あれ。所長は?                         」
イモジャA 「いないのじゃ。                           」
ギコ    「え。                                」
イモジャM 「今日の裁判、妹者がギコにぃの  <br>助手を任されたのじゃ。     」
ギコ    「お、お前が‥‥?        <br>(そ、そんなムボウな‥‥)   」
ギコ    「(今日は所長が一緒にいると   <br> 思ったのに‥‥)       」
イモジャL 「わらわがいるなら、今日の裁判は <br>絶好調間違いなしなのじゃ!   」
      「ギコにぃ! 安心するがよい!                    」
ギコ    「はぁ‥‥                              」
アンコC  「ギコさん、困ります‥‥。                      」
      「弁護士のあなたがそんなに    <br>落ち込んでいたら‥‥      」
アンコD  「もっと自信を持ってください‥‥。                  」
ギコ    「(アンタに言われたくねぇよ!)                   」
イモジャL 「さあ! いざ、出陣なのじゃ!                    」
ギコ    「(やるしかないのか?      <br> こんな最悪な状況で‥‥)   」

・法廷1-1-2

                      ○                 ○
緑文字   「    同日 午前10時    <br>   地方裁判所 第2法廷   」

(傍聴人)
(木槌)

モナーA  「これより西 杏子の法廷を    <br>開廷します。          」
ギコA   「弁護側、準備完了しているぞ。                    」
フサギコA 「検察側、準備完了している。                     」
モナーA  「ではフサギコ検事。       <br>冒頭弁論をお願いします。    」
フサギコA 「了解した。                             」
フサギコD 「被害者は浅墓 章太郎。     <br>私立黒磨日大学の2回生。    」
フサギコD 「8月8日の深夜に        <br>野呂井神社で殺害された。    」
フサギコD 「解剖による死亡推定時刻は    <br>午前0時から2時の間。     」
モナーA  「そんな時間に          <br>どうしてそんな所へ‥‥     」
フサギコA 「大学のサークル仲間と、キモだめし<br>を行っていたのだ。       」
モナーB  「ほほぉ。それは面白そうですね。                   」
フサギコA 「ところが、キモだめしの最中に  <br>被害者は殺害された‥‥     」
フサギコD 「捜査の結果、キモだめしの参加者 <br>西 杏子を逮捕並びに起訴。   」
フサギコCd「西 杏子の犯行であることに   <br>疑いの余地はない。       」
モナーB  「‥‥よく分かりました。                       」
フサギコBb「フサァ! ギコ君。       <br>また会ったな。         」
フサギコB 「キミがどれだけ成長したか、   <br>見せてもらおうじゃないか。   」
イモジャ  「ギコにぃ。           <br>あのヒトなんなのじゃ?     」
ギコ    「しっ。目を合わせちゃダメだぞ。 <br>イタいヒトだから。       」
フサギコG 「ゴルァ! ヒトをヘンタイのように<br>扱うんじゃねえ!        」
ギコF   「(あいつ全然成長してないな‥‥)                  」

(木槌)

モナーA  「それでは、最初の証人を     <br>入廷させてください。      」
フサギコC 「事件の初動捜査を担当した    <br>ショボ刑事を入廷させよう。   」

(ショボ、入廷)

フサギコA 「証人。名前と職業を。                        」
ショボA  「ボクの名前はショボ。      <br>職業は所轄署の刑事ですョ。   」
ショボA  「殺人事件の初動捜査を担当させて <br>もらっていますョ。       」
フサギコC 「刑事。さっそく、事件の説明を  <br>してもらおう。         」
ショボD  「了解ですョ!(シャキーン)                     」
ショボC  「まず、事件現場の        <br>見取り図を使って説明しますョ。 」

(見取り図)
(トリック&ロジック)

ショボ   「事件当夜、野呂井神社には十数人の<br>大学生が集まっていたんですョ。 」
ショボ   「キモだめしのオバケ役は2人。                    」
ショボ   「まずは被害者の浅墓 章太郎。彼は<br>北墓地で待機していたんですョ。 」
ショボ   「隠れていたのは‥‥進行方向に  <br>向かって右側なんですョ。    」

(北墓地に被害者のマークが、道の右側に出現)

ショボ   「彼の死体が発見されたのも    <br>そこなんですョ。        」
ショボ   「2人目は甘楽 育夫。      <br>黒磨日大学の3回生ですョ。   」
ショボ   「彼は北墓地と南墓地の間で、   <br>待機していたんですョ。     」
ショボ   「隠れていたのは、進行方向に   <br>向かって左側なんですョ。        」

(北墓地と南墓地の間に甘楽のマークが、道の左側に出現)

ショボ   「キモだめしが終わったのは、   <br>午前1時なんですョ。      」
ショボ   「それから参加者たちは、近くにある<br>参加者の家で宴会を開き‥‥   」
モナーA  「オバケ役の人たちは?      <br>置いていったんですか?     」
ショボE  「オバケ役の2人は、後から    <br>やって来る予定だったんですョ。 」
ショボA  「学生たちは予定通り       <br>宴会を始め‥‥         」
ショボB  「やがてオバケ役の1人、     <br>甘楽 育夫が帰ってきたんですョ。」
ショボE  「ところが、いつまでたっても被害者<br>だけが帰ってこなかったんですョ。」
ショボA  「甘楽 育夫も帰る際、被害者と  <br>会っていないと証言したんですョ。」
ギコB   「(そのことは、         <br> 昨日本人から聞いたな‥‥)  」
ショボA  「そこで被害者を捜しに      <br>神社へ戻り‥‥         」
モナーA  「死体を発見した‥‥       <br>ということですか。       」
ショボE  「被害者は胸を千枚通しで刺され即死<br>だったんですョ。        」
ショボB  「きっと、抵抗するヒマも     <br>なかったんですョ。       」
モナーB  「なるほど‥‥                            」


フサギコC 「事件の概要については以上だ。  <br>                」
フサギコE 「では続いて被告人・西 杏子を逮捕<br>した理由と経緯を証言してもらう。」
(木槌)
モナーA  「分かりました。それでは刑事、  <br>                」
A     「“西 杏子の逮捕した経緯と理由”<br>について証言してください。   」
ショボD  「了解ですョ!                            」
証拠品リスト
『弁護士バッジ』『ふしあなさん』『浅墓 章太郎の解剖記録』『野呂井神社の見取り図』『杏子の写真』『浅墓の携帯電話』
『ガラスのかけら』『千枚通し』『優子のペンダント』『汚れた布』『包帯』『キーカード』
『しぃ』『流石 妹者』『フサギコ』『ショボ』『浅草 章太郎』『西 杏子』『板川 淳二』『川岸 優子』『甘楽 育夫』『狩戸 ミサ』

・法廷1-1-3
赤文字   「 ~西 杏子の逮捕・その経緯~                   」

ショボA 1「警察が現場に到着したのは、   <br>午前2時30分ですョ。     」
E    2「キモだめしの参加者たちは、すぐに<br>警察の事情聴取を受けたんですョ。」
C    3「警察は、被告人の衣服に血液が付着<br>しているのを見つけたんですョ。 」
D    4「調査の結果、それは被害者の血液で<br>あることが判明したんですョ!  」
A    5「さらに被告人の犯行を裏付ける証拠<br>も発見されたんですョ。     」
E    6「それに被告人には、殺人の動機も <br>あったんですョ。        」
C    7「以上のことから、被告人を殺人容疑<br>で逮捕したんですョ!      」

モナーA  「被告人の衣服に‥‥       <br>被害者の血液ですって!     」

(傍聴人)
(木槌)

モナーA  「静粛に! 静粛に!                         」
フサギコA 「裁判長。これがその証拠品だ。                    」
モナーA  「‥‥見たところ、        <br>血液なんて見当たりませんが。  」
フサギコC 「付着していたものは、      <br>ほんのわずかだったのだ。    」
フサギコC 「ショボ刑事の背が、       <br>極端に低いせいもあっただろうが、」
A     「彼の鋭い目が          <br>わずかな血痕をとらえたのだ。  」
フサギコE 「検査の結果この衣服からは、   <br>被害者の血液が検出された。   」
モナーA  「フサギコ検事! その衣服を   <br>証拠として受理します。     」

法廷記録に『被告人の衣服』を追加。

モナー   「ふむぅ‥‥           <br>これはいきなり決定的ですね   」
ギコD   「(うう‥‥)                            」
フサギコBb「フサァ! 冷や汗を流すのは   <br>いくらなんでも早すぎる。    」
フサギコE 「これからキミには尋問を     <br>してもらわねばならんのだ。   」
フサギコB 「‥‥覚悟しておくように。                      」
モナーA  「それでは弁護人。        <br>尋問をお願いします。      」
ギコD   「(‥‥なんかものすごく     <br> イヤな予感が‥‥)      」
フサギコB 「フフフ‥‥                             」
イモジャ  「ギコにぃ!           <br>安心するのじゃ!        」
      「妹者が手助けするから、     <br>絶対に大丈夫なのじゃ!     」
ギコ    「(だといいけど‥‥       <br>                」
イモジャ  「ところでギコにぃ。       <br>                」
ギコ    「な、なんだよ‥‥。       <br>                」
イモジャ  「じんもんって何?        <br>                」
ギコ    「(大丈夫って言ったの      <br>‥誰だっけ?)         」
B     「(どうする?)                           」

→尋問の説明をする
 目で見て覚えさせる

ギコ    「もしも杏子がムザイなら‥‥   <br>必ず証人の証言にはアナがある。 」
イモジャ  「‥‥アナ‥‥?                           」
ギコ    「真実は全て、俺たちが集めた証拠品<br>が知っている。         」
      「だから証言の中身はきっと、   <br>証拠品と食い違っている筈だ。  」
      「その食い違った部分、“ムジュン”<br>を“つきつける”んだ!     」
イモジャ  「で、でも‥‥でもじゃぞ!                      」
      「ウソがウマい人や、ウソをつく気が<br>無い人はどうなのじゃ?     」
      「いつでも同じようにムジュンがある<br>訳じゃ無い筈なのじゃ!     」
ギコ    「それなら‥‥証言を       <br>“ゆさぶる”んだ。       」
イモジャ  「‥‥“ゆさぶる”?                         」
ギコ    「証言に探りを入れれば、証人は動揺<br>することがあって、       」
      「情報や、上手くいけば隠し事を  <br>引きずりだす事も出来る。    」
イモジャ  「お‥‥おぉぉ! すごいのじゃ! <br>ギコにぃもなかなかじゃの!   」
ギコ    「(褒められた‥‥嬉しくないけど)                  」
イモジャ  「ならば早く尋問ををして、    <br>杏子殿を救うのじゃ!      」

 尋問の説明をする
→目で見て覚えさせる

ギコ    「今から尋問をするから、     <br>それを見て覚えておけ、妹者。  」
イモジャ  「むぅぅ、正直つまらないのじゃ!                   」
ギコ    「(逆ギレされてしまった‥。)                    」

【ゆさぶる】
ショボ  1「警察が現場に到着したのは、   <br>午前2時30分ですョ。     」
ギコ    「待った!                              」

ギコC   「現場‥‥ていうと、       <br>北墓地のことか?        」
ショボB  「野呂井神社に到着したのは、   <br>2時20分頃過ぎなんですョ。  」
ショボA  「それから7、8分ほど歩いて、  <br>北墓地に到着したんですョ。   」
ギコB   「被害者は、墓石にもたれかかって <br>いたんだったな?        」
モナーA  「墓石に‥‥?                            」
ショボA  「そうなんですョ。                          」
ショボA  「死体は墓石の裏側に       <br>寄りかかっていたんですョ。   」
ショボF  「あ! その写真があるから、   <br>提出しますョ!         」

(写真詳細)

モナー   「確かに寄りかかっていますね。                    」
ショボ   「ああそれから‥‥                          」
モナーA  「? まだ何か‥‥?                         」
ショボE  「被害者がもたれかかっていた   <br>墓石なんですが‥‥       」
ショボE  「最近出来たらしい傷が      <br>発見されたんですョ。      」
ギコC   「傷‥‥?                              」
ショボB  「事件と関係あるかは       <br>分かりませんけどネ‥‥     」
ギコB   「(ふーん。傷ねぇ‥‥)                       」    
フサギコA 「死体の状況は、のちほど刑事に  <br>詳しく証言させる。       」
フサギコE 「とりあえず、その写真を証拠として<br>受理していただきたい。     」
モナーB  「分かりました。                           」

法廷記録に『現場写真』『墓石』を追加。


ショボ  2「キモだめしの参加者たちは、すぐに<br>警察の事情聴取を受けたんですョ。」
ギコ    「待った!                              」
ギコA   「参加者全員から話を聞いたのか?                   」
ショボD  「もちろんですョ。                          」
ギコB   「が‥‥外部班の可能性だって   <br>あるだろう!          」
フサギコ“異議あり!”
フサギコBb「フサァ!            <br>それはありえない。       」
ギコC   「なぜだ?                              」
フサギコD 「北墓地へ行くには、どうしても  <br>境内を通らねばならないのだ。  」
D     「境内は参加者の集合場所であり、 <br>不審人物の目撃証言はない。   」
Cb    「墓地には植物も生い茂っている。 <br>何者かが通った形跡はなかった。 」
E     「つまり‥‥外部の人間の犯行である<br>可能性は無いと断言できる!   」
ギコ    「(そういう事になるんだろうな。 <br> だが裏を返せば‥‥)     」
ギコC   「(杏子に濡れ衣をきせた犯人も‥‥<br> 参加者の中に‥‥?)     」
イモジャ  「あのイタイ人、         <br>言ってることはまともなのじゃ。 」
フサギコBb「フサァ!                              」
B     「君もこの審理が終われば、    <br>私への誤解もとけることだろう。 」
ギコD   「(それは無いと思うぞ‥‥    <br> 後にも先にも。)       」
フサギコC 「それよりも、ショボ刑事の    <br>証言の続きをききたまえ。    」

ショボ  3「警察は、被告人の衣服に血液が付着<br>しているのを見つけたんですョ。 」
ギコ    「待った!                              」
ギコCb  「血痕は‥‥           <br>どのあたりに付着していたんだ? 」
ショボA  「右の袖口にほんの少し。     <br>それだけですョ。        」
ギコB   「え? それだけ?                          」
ショボE  「そうなんですョ。他に血痕は   <br>見られなかったんですョ。    」
ギコE   「凶器は死体から引き抜かれて   <br>いたんだったな?        」
ショボA  「そうなんですョ。死体の近くに  <br>捨てられていたんですョ。    」
モナーA  「凶器というと‥‥                          」
ショボA  「この千枚通しのことですョ。                     」

(千枚通しを取り出す)

ショボE  「残念ながら指紋は        <br>検出されなかったんですョ。   」
ギコC   「それにしても‥‥なんで血痕が  <br>少ししか付着してないんだ?   」
ショボA  「それはきっと‥‥        <br>布のせいだと思うんですョ。   」
ギコC   「布‥‥?            <br>(どういうことだ‥‥?)    」
ショボA  「オバケ役だった被害者は、    <br>オバケに変装するために‥‥   」
ショボA  「この布を着ていたんですョ。                     」

(ショボ、布を取り出す)

モナーC  「なんとまあハデな色合いですねえ。                  」
ギコB   「(なんというか‥‥スゴいな。  <br> 色も柄も‥‥。)       」
モナーA  「この布‥‥血で汚れていますね。                   」
ショボB  「被害者は殺害された時、     <br>この布を着ていたんですョ。   」
ショボA  「犯人は凶器の千枚通しを引き抜いた<br>んですョ。           」
ショボA  「布が血を吸って、返り血がほとんど<br>付かなかったらしいんですョ。  」
モナーA  「しかし被告人の衣服には     <br>血液が付着していたんですよね? 」
ショボA  「被告は右利きですョ。                        」    
E     「刺した時に勢いあまって袖口が、 <br>うっかり胸に触れたみたいですョ。」
モナーB  「その布‥‥受理しましょう。                     」

法廷記録に『変装用の布』を追加。

ショボ  4「調査の結果、それは被害者の血液で<br>あることが判明したんですョ!  」
ギコ    「待った!                              」
ギコA   「それは本当のことか?                        」
ショボC  「間違いないですョ。                         」
ギコC   「ほかの参加者は警察が来るまで、 <br>血に気付かなかったのか?    」
フサギコA 「被告人の服の袖口に、      <br>ちょっとついていただけだからな。」
C     「それに真夜中のことだ。     <br>気付かなくても無理はない。   」
ギコB   「でも宴会のときは明るかっただろ?                  」
フサギコA 「ギコ君、            <br>君もオトナなら知っているだろう?」
B     「大学生の飲み会というものを。                    」
ギコC   「むむ‥‥                              」
イモジャ  「どういうことなのじゃ?                       」
ギコ    「酒が入ると、オトナはバカになる。<br>学生の飲み会ならなおさらだな。 」
イモジャ  「バカに?                              」
ギコ    「正気じゃないってことだ。    <br>まあ、オトナになれば分かる。  」
イモジャ  「分かったのじゃ。                          」
フサギコBb「フサァ!            <br>納得していただけたようだな。  」
モナーA  「さてショボ刑事、        <br>それからどうなりましたか?   」


ショボ  5「さらに被告人の犯行を裏付ける証拠<br>も発見されたんですョ。     」
ギコ    「待った!                              」
ギコC   「そ、それは‥‥                           」
ショボA  「それは‥‥           <br>時計なんですョ。        」
モナーA  「とけい‥‥?                            」
ショボA  「被害者は事件当時、懐中時計を  <br>ポケットに入れていたんですが‥‥」
ショボB  「殺害された時、それをコワした  <br>らしいんですョ。        」
ギコA   「コワした‥‥?                           」
ショボA  「倒れた際に、地面にぶつけたと  <br>思われるんですョ。       」
ショボB  「そして、コワれた時計は、    <br>指針が止まっていたんですョ。  」
モナーD  「それはつまり‥‥犯行時刻で   <br>止まっているということですか! 」
ショボD  「そうなんですョ!(シャキーン)                   」
ギコD   「そ、その時刻は‥‥                         」
ショボD  「見ての通りですョ。       <br>‥‥12時48分。       」
ショボB  「‥‥その時刻はまさしく被告人が <br>キモだめしの時‥‥       」
ショボD  「犯行現場の北墓地を回っていた頃の<br>時刻なんですョ!        」
ギコD   「な‥‥‥‥‥‥‥                          」
ギコDb  「なんだってえええええ!                       」

(傍聴人)
(木槌3回)

モナーA  「静粛に! 静粛に!                         」
モナーD  「そ、それは間違いないのですか!                   」
フサギコD 「被告人がキモだめしルートに入った<br>のが、12時40分。      」
フサギコD 「それから林の中を回り、     <br>境内へ帰ってくるまで20分。  」
フサギコB 「つまり‥‥被告人は犯行時刻に  <br>現場を通った‥‥というわけだ。 」
ギコDb  「ぐおっ‥‥                             」

法廷記録に『被害者の懐中時計』を追加。

ショボ  6「それに被告人には、殺人の動機も <br>あったんですョ。        」
ギコ    「待った!                              」
ギコC   「動機‥‥それは?                          」
ショボC  「被害者は被告人にコイゴコロを  <br>抱いていたんですョ。      」
モナーC  「ほう、コイゴコロですか。    <br>いいですねえ。若いことは。   」
ギコ    「(相も変わらずノンキだな‥‥  <br> この裁判長‥‥)       」
ショボE  「でも、被告人は被害者と     <br>交際するつもりはなかったんでョ。」
ショボE  「しつこく交際を迫る被害者を   <br>うっとうしく思った‥‥     」
ショボD  「それが動機と考えられるんですョ。                  」
フサギコD 「被害者と被告人は、幼馴染みの関係<br>であることが分かっている。   」
モナーA  「なんと! そうなのですか?                     」
フサギコC 「間違いのないことだ。                        」
フサギコA 「被告人は被害者をうっとうしく  <br>思っていたようだが‥‥     」
フサギコA 「2人が会話を交わすことは、   <br>しばしばあったらしい。     」
ショボE  「まあ‥‥普段はそれなりに    <br>仲が良かったのかと‥‥     」
フサギコB 「しかし‥‥ついに被告人にも   <br>ガマンの限界が訪れた。     」
フサギコB 「そして今回の事件が起こった。  <br>‥‥そういうことだろう。    」
モナーB  「なるほど‥‥。                           」

ショボ  7「以上のことから、被告人を殺人容疑<br>で逮捕したんですョ!      」
ギコ    「待った!                              」
ギコC   「他に疑わしい人物はいないのか?                   」
ショボB  「犯行を実行できる人物は、    <br>被告人以外にはいないんですョ。 」
フサギコB 「他に疑わしい人物がいるなら、  <br>ぜひとも教えてもらいたいものだ。」
ギコB   「(自信たっぷりだな‥‥     <br> あいかわらず‥‥)      」


【ループ】
イモジャ  「ギコにぃ、           <br>何か手がかりは見つけたかのぅ? 」
ギコ    「いぃや、さっぱり見つからない。                   」
イモジャ  「じゃぁどうすればいいのじゃ!                    」
ギコB   「(どちらにせよこれで判決に   <br> 響く事は無い筈だ。)     」
C     「(今オレに出来る事と言えば‥、 <br> この事件の情報収集‥‥かな。)」
      「(よし、もうすこしゆさぶりを  <br> かけてみるか!)       」
1,3,5,6のゆさぶるで次の段階へ。

証拠品リスト
『弁護士バッジ』『ふしあなさん』『浅墓 章太郎の解剖記録』『野呂井神社の見取り図』『杏子の写真』『浅墓の携帯電話』
『ガラスのかけら』『千枚通し』『優子のペンダント』『汚れた布』『包帯』『キーカード』『現場写真』『墓石』
『変装用の布』『被害者の懐中時計』
『しぃ』『流石 妹者』『フサギコ』『ショボ』『浅草 章太郎』『西 杏子』『板川 淳二』『川岸 優子』『甘楽 育夫』『狩戸 ミサ』


・法廷1-1-4

(木槌)

モナーA  「逮捕した理由はよく分かりました。                  」
モナーA  「衣服の血液に、         <br>0時48分で壊れた懐中時計‥‥ 」
モナーB  「逮捕するには十分です。                       」
ギコD   「(絶好調だな‥‥        <br> 限りなく逆方向に。)     」
モナー   「動機も、恋愛の果ての犯行。   <br>そう考えれば十分です!     」
      「正直、決定的と         <br>言わざるを得ないでしょう!   」
フサギコA 「さて刑事。           <br>もう一度証言してもらおう。   」
フサギコB 「これらの事実から、被告人の犯行を<br>再現するのだ。         」
フサギコB 「それが終わったら‥‥      <br>この審理も終了だ。       」
ギコA   「‥‥‥‥‥‥‥‥                          」

(木槌)

モナーA  「では証人。           <br>証言をお願いします。      」
モナーA  「先ほどの証拠から再現される   <br>犯行の様子を!         」
ショボD  「了解ですョ!                            」

赤文字   「    ~犯行の再現~                       」

ショボD 1「遺留品などから犯行が計画的だった<br>のは間違いないんですョ。    」
A    2「被害者が最初のオバケ役であること<br>は、みんな知っていたんですョ。 」
B    3「被告人は自分の番になると    <br>林の中へ出向いたんですョ。   」
A    4「やがて‥‥北墓地で被害者と   <br>出会ったんですョ。       」
E    5「被告人は脅かしに現れた被害者を <br>グサリと刺して‥‥       」
C    6「被害者が地面に倒れた衝撃で、懐中<br>時計が壊れて止まったようですネ。」
A    7「そして被告人は、刺殺後死体を隠し<br>立ち去ったと思われるんですョ。 」

モナーA  「ふむう‥‥。なるほど‥‥。   <br>出会い頭に刺したわけですね。  」
ショボA  「キモだめしのルート付近の    <br>地面にわずかな血痕が。     」
ショボC  「これは布の切れ目から      <br>飛んだものと思われるんですョ。 」
ショボA  「被害者が林から脅かしに飛び出した<br>ところを刺した‥‥       」
ショボD  「これは間違いのないことですョ。                   」
モナーB  「よく分かりました。       <br>それでは弁護人。‥‥尋問を。  」
イモジャ  「ギコにぃ。どうするのじゃ?                     」
ギコ    「このまま何も出来なかったら、  <br>杏子はソッコーで有罪だ。    」
ギコ    「見つけるしかないな‥‥     <br>ムジュンを。          」

【ゆさぶり】
ショボ  1「遺留品などから犯行が計画的だった<br>のは間違いないんですョ。    」
ギコ“待った!”
ギコC   「どうしてそんなことが分かるんだ?                  」
フサギコB 「今までの話を聞いていれば、   <br>分かるはずだが?        」
ギコD   「うっ‥‥                              」
イモジャ  「わらわにも分かるように、    <br>教えてほしいのじゃ。      」
フサギコBb「フサァ!            <br>ショボ刑事、よろしく頼む。   」
ショボD  「分かりましたョ。                          」
A     「一番分かりやすいのは、     <br>凶器が千枚通しであることですョ。」
B     「普通は、キモだめしに参加するのに<br>千枚通しは持っていかないですョ。」
A     「続いて、指紋が拭き取られていた、<br>計画的な犯行ではない限り、   」
C     「指紋を拭き取るなんて、     <br>無いんですョ          」
ギコC   「(クソ、もっともらしく聞こえる。<br> ‥‥どうすれば。)      」

→さらにゆさぶる
 尋問を再開する

ギコCb  「ショボ刑事、指紋も拭き取ったから<br>計画的だと言っていたな!    」
ショボE  「そ、それがどうしたんですョ?                    」
ギコCb  「指紋を拭き取るくらい、計画的で <br>なくとも行うはずだ!      」
F     「その辺についてはどうなんだ!  <br>ショボ刑事!          」
ショボE  「え‥‥?そ、それは‥‥                       」
フサギコ“異議あり!”
Bb    「フサァッ!その辺については私から<br>お詫びしよう。         」
E     「私はこの証言ではショボ刑事に  <br>指紋の件は指示してなかったが、 」
B     「しかし誤ってショボ刑事が余計に <br>証言してしまった、それだけだ。 」
ギコCb  「そ、そんな発言が‥‥                        」
フサギコA 「それに、キミは指紋について指摘 <br>しているようだが、       」
E     「凶器の千枚通しの方はどうなる?                   」
Cb    「この凶器の件がある限り、    <br>事件が突発的に起こった等、   」
B     「ありえないとまでは言わないが、 <br>考えにくいのではないか?    」
ギコDb  「クゥッ!            <br>(確かにアイツの言う通り‥‥) 」
D     「(千枚通しなんて、そんな場面で <br> 使うわけが無い。)      」
フサギコE 「そもそも、これが突発的か計画的か<br>等、判決を揺るがすものではない!」
ギコD   「うぅ‥‥。                             」
Bb    「フサァ!            <br>ご理解いただけたかな?     」

ショボ  2「被害者が最初のオバケ役であること<br>は、みんな知っていたんですョ。 」
ギコ    「待った!                              」
      「本当にみんなが知っていたのか?                   」
ショボ   「そうですョ。                            」
      「ちゃんと事情聴取したから、   <br>間違いないんですョ。      」
ギコ    「『最初』のオバケ役であることも?                  」
ショボ   「それは‥‥                             」
フサギコ  「間違いないはずだな?                        」
ショボ   「間違いないんですョ!                        」
ギコ    「(ここまでハッキリ証言されると <br> これ以上はつっこめないか‥‥)」
ギコ    「それからどうなったんだ?                      」

ショボ  3「被告人は自分の番になると    <br>林の中へ出向いたんですョ。   」
ギコ    「待った!                              」
      「林の中に?                             」
ショボ   「キモだめしのコースは、     <br>林道を通っていくんですョ。   」
ギコ    「(あぁ、あそこか。)      <br>俺も現場に行ったから知ってるよ。」
      「道は、石畳だったな。      <br>林道といっても土の道じゃない。 」          
ショボ   「そういうことですョ。                        」
フサギコ  「オバケ役が二人とはいえ、    <br>いつ出てくるか分からない‥‥  」
      「キモだめし大会としては、    <br>十分というわけだな。      」
      「ショボ刑事、先に進んでくれ。                    」

ショボ  4「やがて‥‥北墓地で被害者と   <br>出会ったんですョ。       」
ギコ    「待った!                              」
      「北墓地にオバケ役がいたことは、 <br>被告人は知らなかったんだよな? 」
フサギコ  「フサァ!            <br>言うまでも無い。        」
      「キミはそんなキモだめしを    <br>実際に知っているのか?     」
モナー   「急にアナタがフビンに      <br>見えてきました。ギコ君。    」
ギコ    「(‥‥ヘタなつっこみをいれた  <br> ばっかりに、こんな目に‥‥) 」
フサギコ  「まぁ、今のキミそのものが表現して<br>いるがな‥‥。         」
イモジャ  「どういう意味なのじゃ?                       」
ギコ    「まぁ、意味が無いって事だろ‥‥。<br>(うまい事言いやがって‥‥)  」


ショボ  5「被告人は脅かしに現れた被害者を <br>グサリと刺して‥‥       」
ギコ    「待った!                              」
      「いきなりグサリと刺したのか?                    」
ショボ   「それは分からないんですョ。                     」
フサギコ  「被害者からすれば、       <br>この被告人に刺されることなど、 」
      「考えたこともなかったはずだ。  <br>当然、油断していたことだろう。 」
      「それに‥‥                             」
      「被告人が被害者の胸に千枚通しを <br>勢いよく突きたてた証拠がある。 」
      「これなら女性の力でも、     <br>犯行は十分可能なのだ。     」
ギコ    「まさか、またウチの所長が?                     」
フサギコ  「別にそういう訳じゃないから   <br>安心したまえ。         」
      「ショボ刑事、続きを頼む。                      」
ショボ   「分かりましたョ。                          」  

ショボ  7「被告人は、刺殺後死体を隠し   <br>立ち去ったと思われるんですョ。 」
ギコ    「待った!                              」
      「どうしてそんなことを?                       」
フサギコ  「自分から容疑をそらすためだ。                    」
ギコ    「なんだって?                            」
フサギコ  「被告人は、キモだめし大会の順番で<br>一番最後だったのだ。      」
      「『浅墓が自分を脅かしに出てきた』<br> と証言すれば捜査は混乱する。 」
      「実際、被害者の服についた血痕や <br>懐中時計が壊れてなければ、   」
      「すぐに彼女を逮捕することなど、 <br>できなかったのだよ。      」
ギコ    「(聞けば聞くほど杏子に不利に  <br> 思えてくるじゃないか‥‥)  」

【ループ】
ギコ    「(これが犯行の再現か‥‥    <br> 思ったよりスキがないな‥‥) 」
イモジャ  「本当に杏子がやったのかのぅ‥‥                   」
ギコ    「これだけ杏子に不利な証拠がある‥<br>もし杏子がムザイであるならば、 」
      「真犯人によって、証拠品が偽装工作<br>された可能性が高いってことだ。 」
      「それをきっと見つけ出してやる。                   」
イモジャ  「そうじゃな。                            」
      「でも困ったときは、       <br>証拠品ファイルを見る。     」
      「それが基本なのじゃ。                        」
ギコ    「(今ムジュンを見つけなければ  <br>審理はそこで終了だ。)     」
      「(何としても見つけないと‥‥)                   」


ショボ  6「被害者が地面に倒れた衝撃で、懐中<br>時計が壊れて止まったようですネ。」
ギコ    「待った!                              」
ギコ    「それ‥‥間違いないのか?                      」
ショボ   「え? どういうことですかネ?                    」
ギコ    「いや、だから本当に       <br>地面にぶつけたのかって‥‥   」
ショボ   「他に考えられないんですョ。                     」
ショボ   「出てきた瞬間刺されて、     <br>その場に倒れたなら‥‥     」
ショボ   「地面にぶつけたとしか      <br>考えられないんですョ。     」
モナー   「それはそうでしょうね。                       」
ショボ   「倒れたときのイキオいを     <br>考えると‥‥          」
ショボ   「思いきり地面に時計をぶつければ、<br>コワれるョネ?         」
ギコ    「(相変わらず弱気だな‥‥‥   <br> つけいるスキがあるかも‥‥) 」

 さらにゆさぶる
→証言に戻る

ギコ    「(まあ、あせることもないか‥‥)                  」
ギコ    「それから、           <br>被害者の発見場所から考えると‥‥」
ショボ   「そうなんですョ。                          」


→さらにゆさぶる
 証言に戻る

ギコ    「コワれた時計のことで      <br>他に何かないのか?       」
ショボ   「そうですネェ‥‥                          」
ショボ   「懐中時計の文字盤のガラスが   <br>割れていたんですョ。      」
ショボ   「たぶん、思いきり地面に     <br>たたきつけたからなんですョ。  」
モナー   「そのショックで時計が      <br>コワれたんですね?       」
ショボ   「そうなんですョ。                          」
ショボ   「ガラスのかけらも辺りに     <br>散らばっていたんですョ。    」
ギコ    「ガラス‥‥?                            」
ショボ   「もちろん文字盤の        <br>ガラスなんですョ。       」
ショボ   「発見現場に散らばっていたのを  <br>鑑識が回収したんですョ。    」
イモジャ  「どうしたのじゃ? ギコにぃ。  <br>考え込んだりして。       」
ギコ    「証人。今のところを証言に    <br>つけ加えてくれないか?     」
ショボ   「構わないんですョ。                         」
モナー   「それでは今の部分を、証言に   <br>つけ加えてもらいましょう。   」


ショボ 6B「死体が発見された場所に文字盤の <br>ガラスが散らばっていたんですョ。」
ギコ    「待った!                              」
      「懐中時計の文字盤のガラスで、  <br>間違いないのか?        」
ショボ   「それは間違いないんですョ。鑑識が<br>しっかり調べてくれたんですョ。 」
ギコ    「それなら確かに間違いはないな。                   」
モナー   「間違いなさそうですね。                       」
イモジャ  「間違いなしなのじゃ。                        」
フサギコ  「信用してもらえたようだな。                     」
ギコ    「(刑事、複雑なカオをしてるな。)                  」


ショボ 6B「死体が発見された場所に文字盤の <br>ガラスが散らばっていたんですョ。」

→つきつける『ガラスのかけら』※1へ
     or『被害者の懐中時計』※2へ

※1『ガラスのかけら』の場合
ギコ    「異議あり!                             」
ギコ    「刺された被害者は、       <br>そのまま倒れ‥‥        」
ギコ    「地面に時計をぶつけてコワした‥‥                  」
ギコ    「そう考えるんだな?                         」
ショボ   「ええ! それなら何の問題も‥‥                   」
ギコ    「とぼけたこと言うなよ。 刑事。                   」
ショボ   「え‥‥?                              」

(ギコ、『ガラスのかけら』を取り出す)


ギコ    「いいか?                              」
      「このガラスは死体の発見場所である<br>墓石のウラに散らばっていた。  」
ギコ    「だが刑事はこう証言した。                      」
ギコ    「被害者が地面に倒れた衝撃で、  <br>懐中時計がコワれ‥‥      」
ギコ    「そして文字盤の         <br>ガラスが散らばった‥‥     」
イモジャ  「どこがおかしいのじゃ?                       」
ギコ    「壊れたのは懐中時計だ! しかも、<br>フタを開け閉めするタイプのもの。」
      「ポケットに入っている懐中時計なら<br>文字盤のガラスが破損しても‥‥ 」
      「ガラスが外に          <br>飛び散ることはありえない!   」
フサギコ  「異議あり!                             」
フサギコ  「そ‥‥それはだな‥‥      <br>うう‥‥むむ‥‥むむむ‥‥   」
フサギコ  「ううう‥‥‥‥                           」
フサギコ  「ショォォォボォォォ‥‥     <br>余計なことを‥‥        」
ショボ   「そ、そんな目で         <br>見ないでほしいんですョ‥‥。  」
モナー   「落ち着きなさい。検事!                       」
モナー   「た、確かにそうですな。     <br>弁護人の言う通り、       」
      「ガラスが飛び散るのは      <br>かなり難しい状況です。     」
ギコ    「(これは‥‥起死回生の     <br> チャンスかもしれない!)   」
ギコ    「(ここで時計が証拠として    <br> 不十分だと立証すれば‥‥)  」
ギコ    「(‥‥勝てる!)                          」
フサギコ“異議あり!”
      「ふざけんな・・・・         <br>とにかくふざけんな!      」         
フサギコ  「時計は0時48分で       <br>止まっている!         」
フサギコ  「これは被告人が北墓地を     <br>回った頃の時刻だ!       」
ギコ    「それなら説明してもらおうか!                    」
      「どうやったらポケットの中の懐中時<br>計のガラスが飛び散るというんだ?」
フサギコ  「それは、死体を引きずって        <br>移動させた時に‥‥       」
      「ポケットからガラスの破片が墓石の<br>ウラにこぼれ落ちたのだろう。  」
ギコ“異議あり!”
ギコ    「だがガラスを外部に飛散させるには<br>フタをあけない限り不可能なはずだ」                      
モナー   「・・・・フム。そういえばそうですね。                  」
      「たしかに文字盤のガラスが割れても<br>フタが邪魔になって、      」
      「ポケットの中にも、ガラスの破片は<br>こぼれ出ないはずですね。    」 
モナー   「しかし‥‥ギコくん。      <br>その事に何か意味があるのですか?」
ギコ    「(あの証拠品が         <br> それを教えてくれる!)    」
ギコ    「分かった‥‥じゃあ、      <br>証拠品を提出する。       」
モナー   「わかりました。 それでは弁護側に<br>証拠品の提示を命じます。    」
緑文字モナー「文字盤のガラスが割れた事が   <br>何を意味するのかを提示しなさい。」→正しかった場合は※3へ

外した場合
ギコ“くらえ!”
ギコ    「これがその証拠品だ!                        」
フサギコ  「ほぉ~う。これがか?                        」
モナー   「弁護人、その証拠品は一体何の意味<br>を伝えてくれるというのですか? 」
ギコ    「その発言が既におかしいんだよ! <br>裁判長!            」
モナー   「私にギロンをふっかけないで   <br>頂きたいですな!弁護人!    」(心証ゲージダウン)
ギコ    「(うぅ‥‥、怒られてしまった。)                  」
モナー   「これで満足ですかな?弁護人。                    」
ギコ    「いいや!まだだ!                          」
フサギコ  「フサァッ!往生際の悪い奴ほど  <br>格好の悪い奴はおらんな。    」
モナー   「いいでしょう。もう一度答えて  <br>頂きましょう。         」
緑文字モナー「文字盤のガラスが割れた事が   <br>何を意味するのかを提示しなさい。」→正しかった場合は※3へ

※2『被害者の懐中時計』
ギコ“異議あり!”
ギコ    「懐中時計のガラスは       <br>地面にぶつけて割れた。     」
      「それがあんたの主張だな?    <br>ショボ刑事。          」
ショボ   「そのとおりですョ!       <br>(シャキーン)         」
ギコ横に首をふる
ギコ    「残念だけど刑事、その主張、   <br>2つのムジュンがある!     」
ショボ   「え‥‥‥。                             」
モナー   「二つの‥‥?                            」
フサギコ  「ムジュンだと‥‥?                         」
ギコ    「一つ目、刑事は先程こう言った。 <br>地面に倒れた衝撃で壊れた、と。 」
      「だがガラスは実際には墓石に   <br>散らばっていた!        」
フサギコ“異議あり!”
フサギコ  「そ、そのムジュンは簡単な事だ、 <br>被告人が死体を隠す際に、    」
      「そのガラスも一緒に隠したのだ。                   」
ギコ    「‥‥二つ目、これこそ重要だ。  <br>すなわち‥‥、         」
      「懐中時計のガラスが割れた事だ!                   」
モナー   「ど、どう言うことですか!?                     」
ギコ    「いいか!?懐中時計はフタを   <br>開閉するタイプだ!       」
      「ポケットに入っている懐中時計なら<br>文字盤のガラスが破損しても‥‥ 」
      「ガラスが外に          <br>飛び散ることはありえない!   」
(おぶじぇくしょん)
フサギコ“異議あり!”
フサギコ  「ま‥‥待ちたまえ、ギコ君。   <br>キミは一体何を言いたいのだ?  」
      「確かにガラスが飛散する事は   <br>物理的に難しいかもしれない。  」
      「だが文字盤のガラスが割れて、  <br>時刻も0時48分に停止している。」
      「被告の浅墓殺害の際に壊れたという<br>事実は変わらないはずだ。    」
ギコ“異議あり!”(ギコ、首を横に振る)
ギコ    「それは違うぞ。フサギコ検事。                    」
      「仮に被害者の殺害時に壊れたと  <br>しようか。 だが、       」
(ギコ、机を叩く)
      「どのように壊れたかで、その   <br>意味合いは全く変わる!     」
フサギコ  「うぐゥッ!           <br>じゃ、じゃぁテメェには、    」
      「テメェにはその意味を立証する  <br>事が出来るってのか!ゴルァ!  」
ギコ    「もちろんだ。          <br>弁護側は‥、          」
      「時計が壊れた意味を       <br>立証する事が出来る!      」
モナー   「な、何ですと!?        <br>本当ですかな?弁護人。     」
フサギコ  「のぼせあがんな!コラァッ!   <br>それだったら見せてみろや!   」
緑文字フサ 「“時計は何故壊れたか”を    <br>完璧に証明してみろや!     」

“ガラスのかけら”か“墓石”をつきつける
『墓石』の場合※3へ

外した場合
フサギコ  「ハンッ!のぼせ上がった挙句の  <br>結果がそれか!ガッカリだな。  」
ギコ    「な、何だと!                            」
フサギコ  「フサァッ!私は時計が何故壊れたか<br>を聞いたはずだ。        」
モナー   「そうですね。弁護人。あなたの提出<br>した証拠は、それを示していません」
ギコ    「ウッ、そ、それは‥‥その‥。                    」
モナー   「いたし方ありません。      <br>ペナルティを与えます。     」(心証ゲージdown)
      「証人。証言に戻って頂けますか?                   」
ショボ   「了解ですョ。                            」

『ガラスのかけら』の場合
ギコ“くらえ!”
ギコ    「このガラスは墓石の周りに    <br>飛散していたものだ。      」
フサギコ“異議あり!”
フサギコ  「フサァッ!ギコくん。そんな物では<br>まだ力が足らないな。      」
ギコ    「まぁ、そうだろうな。                        」
ギコ    「だったら次は“何故墓石の周りに <br>飛散したか”を‥‥       」
      「“時計が何故壊れたか”という疑問<br>と一緒に立証しよう。      」
フサギコ  「なんだと!テメェなんかに    <br>そんな事が出来るか!      」
モナー   「わかりました。         <br>教えていただきましょう。    」
緑文字モナー「何故“時計が壊れ”、“墓石の  <br>周りにガラスがあった”のか!? 」 ※3へ

※3
→『墓石』をつきつける
ギコ“くらえ!”
ギコ    「ショボ刑事。          <br>この墓石なんだが‥‥      」
ギコ    「最近出来たらしい傷が      <br>見られたんだよな?       」
ショボ   「そうなんですョ。        <br>真新しい傷が‥‥        」
フサギコ  「な! まさか‥‥                          」
ギコ    「弁護側は主張する!                         」
ギコ    「墓石の傷は懐中時計を墓石に   <br>ぶつけた時に出来たものだ!   」
モナー   「な‥‥なんですってえええ!                     」

ギコ    「死体のポケットから、      <br>時計を取り出し、        」
      「フタを開けてガラスの文字盤を  <br>墓石にたたきつけて壊した。   」
モナー   「なんですと!?」
フサギコ  「ふっ‥‥            <br>ナニを根拠にそのような‥‥   」
ギコ    「根拠?もちろんあるぞ。                       」
フサギコ  「なんだと!?          <br>それなら見せてもらおうか。   」
緑文字フサ 「懐中時計の文字盤を故意に    <br>壊したと言う根拠をだ!     」



『被害者の懐中時計』をつきつける
ギコ“くらえ!”
ギコ    「この時計がその証拠だ!                       」
フサギコ  「と、時計だと?一体それが何を‥。                  」
モナー   「私もわかりません。ギコ君。この <br>時計に何か意味があるのですか? 」
ギコ    「わかった。正確に教えよう。                     」

『被害者の懐中時計』の詳細画像

緑文字ギコ 「故意に壊されたコンキョは、   <br>ここにある!          」

矢印出現。「調べる」の要領で答えを指摘。

指摘を間違った場合

ギコ    「ここをよく見てみるんだな。   <br>フサギコ検事!         」
フサギコ  「フサァッ!私には何も見えんな。 <br>ギコ弁護士。          」
ギコ    「その通り。よく分かったな。   <br>流石だ。            」
モナー   「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                  」
      「私はガッカリしましたな。    <br>弁護人。            」(心証ゲージダウン)
イモジャ  「‥‥‥‥‥‥‥‥                          」
ギコ    「(キョーレツなケイベツの視線を <br> 視線を感じる‥‥。)     」
フサギコ  「フッ、何の根拠も無しに無理矢理 <br>指摘しようとするからこうなる。 」
ギコ    「根拠?もちろんあるぞ。                       」
フサギコ  「なんだと!?          <br>それなら見せてもらおうか。   」
緑文字フサ 「懐中時計の文字盤を故意に    <br>壊したと言う証拠をだ!     」

正しかった場合
ギコ    「よく見てみろ!         <br>時計のフタと裏側を‥‥     」
      「何かにぶつけたらしい外傷や凹みは<br>付いていないだろう! ゴルァ! 」
ギコ    「被害者が刺されて倒れ、ポケットの<br>中の時計が衝撃を受けたのなら、 」
      「時計の外装に凹みや傷があるはず‥                  」
ギコ    「こういう状態で、        <br>文字盤だけ破壊するには・・・・   」
      「意図的にフタを開けてガラスの文字<br>盤を何かに叩きつけるしかない! 」
ギコ    「そう、これは被告に罪を着せる為の<br>何者かによって行われた偽装‥‥ 」
ギコ    「つまり‥‥フェイクの証拠品だ!!                  」
モナー   「なな‥‥なんと!?                         」

フサギコ“異議あり!”
フサギコ  「ふぅ、ゴクロウだったな。    <br>弁護人。            」
ギコ    「な、何だと!?         <br>(コイツ、急に落ち着きやがった)」
フサギコ  「確かに懐中時計に若干の疑問点が <br>見られるようだな。       」
      「しかし、懐中時計が壊れた状況、 <br>これに何かあるのかな?弁護人。 」
ギコ    「エッ!?                              」
フサギコ  「被告を陥れる為のフェイク‥‥  <br>しかし時計でそれを証明するのは、」
      「あまりに難しいな。  それに‥、                  」
(フサギコ、机を叩く)
      「一番重要なのは!衣服の血痕だ!                   」
フサギコ  「被告人の衣服には、被害者の   <br>血液が付着していた。      」
フサギコ  「これは被害者を         <br>殺害した時に付いたものだ!   」
フサギコ  「他にどう説明する!                         」
ギコ    「うぐ‥‥!                             」

(傍聴人)
(木槌)

モナー   「そうですね‥‥。        <br>衣服に血痕がある以上‥‥    」
モナー   「被告人が疑わしいことに     <br>変わりはありませんね。     」
フサギコ  「血液は犯行時についた!     <br>こいつを否定できるか!     」
ギコ    「(そ‥‥そんなこと       <br> できるかって言われても‥‥) 」
イモジャ  「ギコにぃ!           <br>せっかくここまできたのに‥‥  」
ギコ    「わ、分かってるよ。                         」
モナー   「ギコくん。検察側の主張を    <br>否定する証拠はありますか?   」
ギコ    「う‥‥                               」
フサギコ  「その様子じゃないようだな?                     」
モナー   「ふむう‥‥                             」
ギコ    「(やばい! 裁判長が      <br> 納得しかけている!)     」
ギコ    「(でも、証拠なんて‥‥)                      」
イモジャ  「ギコにぃ!                             」
ギコ    「そ、そんな目で         <br>オレをニラまないでくれ。    」
モナー   「ギコくん。テキトーな反論は   <br>ユルしませんよ。        」
モナー   「あなたは検察側の主張に     <br>異議を唱えるつもりですか?   」
ギコ    「(裁判長もキビしいマナざしで  <br> オレをニラんでいる‥‥)   」
ギコ    「(どうする! ヘタな反論を   <br> すればお終いだ!)      」
ギコ    「(証拠なんてないけど‥‥    <br> やってみるか?)       」

 やってみる
→潔く諦める

(どちらを選んでも同じだが、一旦諦めるとペナルティ)

ギコ    「(どうしても反論が見つからない。<br>ここは潔く諦めるしかないか‥‥)」
イモジャ  「ギコにぃ?                             」
ギコ    「杏子には申し訳ないけど、    <br>反論できそうにない。      」
イモジャ  「ギコにぃ‥‥                            」
モナー   「おやおや、           <br>オンナの子を泣かせるなんて‥‥ 」
      「そんなこと許しませんよ!                      」(心証ゲージダウン)

(心証ゲージが0になったら別ヴァージョンのバッドエンド)
フサギコ  「このような法廷と言う神聖な場  <br>において、           」
フサギコ  「女の子のココロを傷つけた    <br>最低な弁護人など、       」
      「もはやこの法廷に立つ資格は無い、<br>私はそう主張するが、裁判長。  」
モナー   「そうですね。散々デタラメな事を <br>言った挙句、女の子を泣かせるなど」
      「法廷に立つ資格など‥‥     <br>ありませんな!弁護人。     」
      「弁護人。            <br>あなたはもう来なくていいです。 」
ギコ    「ま、待ってくれ!そんな事って‥。                  」
フサギコ  「只でさえ、適当な事を言って   <br>法廷を侮辱したのだ。      」
      「今更キミに何か反論できるとは  <br>思えないのだが。        」
ギコ    「う、ウソだろ‥‥。                         」
(木槌)
モナー   「そこまで!                             」
      「本法廷は、これ以上の審議の   <br>必要性を認めません。      」
      「さらに、被告に対する判決を   <br>決める時間も、必要としません。 」
      「これは、きわめて明白な事件です。<br>疑問の余地はない!       」
      「被告人、西 杏子に       <br>たった今、判決を言いわたします!」
         有         罪
モナー   「被告人はこれより身柄を     <br>司直に預けるものとし、     」
      「1ヶ月以内に、高等裁判所において<br>通常裁判をうけることとします。 」
      「では、本日はこれにて閉廷!                     」
(傍聴席)
(木槌)


(心証ゲージが残っている場合)
ギコ    「(うう、ムチャクチャだ‥。   <br> 裁判長‥。)         」
      「(悩んでもしょうがない‥‥   <br> やるしかないんだ!)     」
(「→やってみる」に続く)

→やってみる
 潔く諦める

(どちらを選んでも同じだが、一旦諦めるとペナルティ)

ギコ    「おい! 衣服の血痕だが‥‥                     」
ギコ    「本当に殺害時に         <br>付着したものなのか?      」
モナー   「どういうことですか?                        」
ギコ    「宴会の後、被害者を捜しに    <br>林へ行った時‥‥        」
ギコ    「当然、被告人もいたんだろ?                     」
フサギコ  「うむ。                         <br>参加者全員で捜したそうだ。   」
ギコ    「そ、それなら‥‥        <br>死体を発見した時‥‥      」
ギコ    「うっかり死体をさわって、    <br>付いたものかも‥‥       」

フサギコ  「異議あり!                             」

フサギコ  「‥‥残念だったな。ギコくん。                    」
ギコ    「‥‥え。                              」
フサギコ  「死体の第一発見者は、サークルの <br>部長である板川 淳二だ。    」
フサギコ  「彼が死体を発見した後、何名かの <br>仲間がかけつけたが‥‥     」
フサギコ  「その中に西 杏子はいなかった!                   」
フサギコ  「彼女は後になって、彼らから   <br>事件を知らされたのだ!     」
フサギコ  「彼女は一度だって死体には    <br>近づいていない。        」
フサギコ  「そう‥‥被害者を殺害した    <br>その時以外には!        」

ギコ    「異議あり!                             」

ギコ    「そ、そんなことは        <br>分からないぞ!         」
フサギコ  「じゃあ、どうして付いたんだ!                    」
ギコ    「そ、そうだな‥‥        <br>たとえば‥‥          」
ギコ    「被害者の血液が含まれた何かが  <br>服に触れたからとか‥‥     」
モナー   「ほう。                               」
フサギコ  「なんだ? その“何か”とは。                    」
ギコ    「そ、それは分からないけど‥‥                    」
ギコ    「その何かが触れたからとか‥‥                    」
フサギコ  「フサァ! どうやら‥‥                       」
フサギコ  「キミの運命もこれで       <br>決定づけられたようだな。    」
ギコ    「ど‥‥どういうことだ?                       」
フサギコ  「被告人の袖口に         <br>血がついていた理由・・・・     」
      「それはほかでもない!      <br>被告人が殺したからだ!     」
ギコ    「な、なんだって‥‥!                        」
モナー   「フサギコ検事!間違いありませんね?                 」
フサギコ  「今、ここで判決が下されないのは <br>マコトに残念だが‥‥      」
フサギコ  「次の証人を召喚すれば、     <br>より明らかになるであろうな。  」
モナー   「次の証人ですか‥‥?                        」
フサギコ  「フサァ! そのとおり!                       」
フサギコ  「被告人の直前に回った人物が、  <br>実際に会っているのだよ!    」
      「オバケ役をしている       <br>浅墓 章太郎にな!       」
フサギコ  「彼女の証言で、今言ったことが  <br>立証されるであろう。      」
ギコ    「彼女‥‥?                             」
フサギコ  「川岸 優子。          <br>‥‥キモだめしの参加者だ。   」
ギコ    「優子だと‥‥          <br>(彼女が何を‥‥?)      」
モナー   「ふむう‥‥その女性の証言も   <br>聞いてみる必要があるようですね。」
モナー   「それではフサギコ検事、     <br>川岸 優子の召喚を命じます。  」
フサギコ  「フサァッ!           <br>仰せのままに、裁判長。     」

(木槌)

モナー   「ここで一旦10分間の休憩を   <br>とりたいと思います。      」
モナー   「その女性の証言は、       <br>その後で聞くことにしましょう。 」
モナー   「それではこれより、       <br>10分間の休憩に入ります!   」

(木槌)


つづく




更新履歴

取得中です。