|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

houtei2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第1回・法廷(後半)

・法廷1-2-1

証拠品リスト
『弁護士バッジ』『ふしあなさん』『浅墓 章太郎の解剖記録』『野呂井神社の見取り図』『杏子の写真』『浅墓の携帯電話』
『ガラスのかけら』『千枚通し』『優子のペンダント』『汚れた布』『包帯』『キーカード』『現場写真』『墓石』
『変装用の布』『被害者の懐中時計』
『しぃ』『流石 妹者』『フサギコ』『ショボ』『浅草 章太郎』『西 杏子』『板川 淳二』『川岸 優子』『甘楽 育夫』『狩戸 ミサ』

                      ○                 ○
緑文字   「  同日 午後12時 3分   <br> 地方裁判所 被告人第3控え室 」
アンコ   「はぁ‥‥                              」
イモジャ  「気分はどうなのじゃ?                        」
アンコ   「今にも死にそうです‥‥     <br>はぁ‥‥            」
ギコ    「(オレも死にそうだ‥‥)                      」
アンコ   「あのー、ギコさん。                         」
ギコ    「ん? どうした。                          」
アンコ   「誰かが私の服に浅墓くんの    <br>血を付けたって‥‥       」
       「‥‥本当なんですか?                        」
ギコ    「そういう可能性もあるってことさ。                  」
アンコ   「いったい誰がそんなこと‥‥                     」
ギコ    「少なくとも1人‥‥       <br>疑わしい人物がいる。      」
イモジャ  「え? 誰なのじゃ、ギコにぃ。                    」
ギコ    「‥‥甘楽 育夫だ。                         」
アンコ   「か、甘楽くんですか‥‥?                      」
ギコ    「杏子の主張によると‥‥                       」
ギコ    「杏子はちゃんと         <br>オバケ役の二人と会っている。  」
      「ということは、殺人が行われたのは<br>それよりも後だ。        」
ギコ    「杏子が帰ってきた後、参加者たちは<br>宴会のため神社を後にした。   」
ギコ    「つまり‥‥林の中には、甘楽と  <br>被害者の2人しかいなかった。  」
      「杏子を脅かした後、甘楽は北墓地へ<br>行き、被害者と会った。     」
      「そして被害者を殺害した。    <br>‥‥どうだ? このスイリ。   」
イモジャ  「むう‥‥                              」
ギコ    「たまたま被害者は、       <br>北墓地に留まっていた。     」
      「だから‥‥           <br>そこが犯行現場になったんだ。  」
イモジャ  「しかし‥‥気になるのじゃ。                     」
ギコ    「ん? 何がだ。                           」
イモジャ  「もし、被害者と会えなかったら  <br>どうするつもりだったのじゃ?  」
      「ギコにぃの話では、たまたま北墓地<br>にいたからいいようなもの‥‥  」
      「犯行が行えたのは、運が良かったよ<br>うなものではないか?      」
ギコ    「そ‥‥それもそうだな。                       」
      「(犯人は、被害者をいつ、どこで <br> 殺すか決めていたのかな‥‥?)」
アンコ   「それによく考えてみれば‥‥                     」
      「甘楽くんが、          <br>私の服に血を付けるチャンス‥‥ 」
      「なかったはずです。                         」
ギコ    「! どういうことだ?                        」
アンコ   「甘楽くんが帰ってきたのは宴会が始<br>まってかなりたってからなんです。」
      「それに私、甘楽くんが帰ってきた後<br>に、彼とは会ってないんです。  」
ギコ    「そ、そうなのか‥‥?                        」
アンコ   「それで浅墓くんが帰ってこないって<br>聞いて捜しに行ったんです。   」
      「‥‥私、甘楽くんと       <br>一緒じゃなかったんですよ。   」
ギコ    「(そ、そんな話聞いてないぞ‥‥)                  」
アンコ   「あの刑事さんには        <br>話したんですけど‥‥      」
ギコ    「(うう‥‥)                            」
アンコ   「次は‥‥優子ちゃんが      <br>証言するんですよね。      」
ギコ    「ああ。                               」
      「(彼女がどんな証言をするか   <br> 分からないけど‥‥)     」
      「(負けるわけにはいかない。   <br> 絶対に‥‥)         」

・法廷1-2-2
                      ○                 ○
緑文字   「  同日 午後12時13分   <br>   地方裁判所 第2法廷   」

(傍聴人)
(木槌)

モナー   「これより審理を再開します。                     」
      「フサギコ検事。証人を‥‥                      」
フサギコ  「キモだめしの参加者だった    <br>川岸 優子を入廷させよう。   」

(優子、登場)

フサギコ  「証人。名前と職業を。                        」
ユウコ   「あたし、川岸 優子。      <br>‥‥黒磨日大学の2回生。    」
モナー   「証人は、事件当夜のキモだめしに <br>参加していたんですね。     」
ユウコ   「ええ、そうよ。                           」
フサギコ  「証言してもらう内容は      <br>いたって簡単だ。        」
フサギコ  「証人がキモだめしで、                        」
      「最初のオバケ役と会った時のことを<br>証言してもらいたい。      」
ユウコ   「いいけど‥‥                            」
ギコ    「(最初のオバケ役‥‥って    <br> 被害者のことか?)      」

(木槌)

モナー   「それでは証言してもらいましょう。                  」
      「あなたが最初に         <br>オバケ役と会った時のことを‥‥ 」

赤文字   「   ~最初のオバケ役~                      」

ユウコ  1「あたしが回ったのは最後から2番目<br>で、杏子ちゃんの前なの。    」
     2「あたしの前のイタガワさんが戻って<br>きたのを確認してスタートしたわ。」
     3「懐中電灯の光をたよりに、    <br>暗い林の中を進んでいったわ。  」
     4「墓地の中に入ってしばらくしてから<br>突然オバケが飛び出してきたの! 」
     5「あたしびっくりして‥‥     <br>心臓が止まるかと思ったの。   」
     6「そのまま走って逃げたの。こわくて<br>後ろを振り返れなかったわ。   」

モナー   「それはそれは。         <br>さぞかし怖かったでしょう。   」
ユウコ   「言っておくけど、あたし     <br>オバケなんて信じてないからね。 」
      「あたしは、           <br>幽霊の存在を否定しているの!  」
      「オバケなんていないから!                      」
モナー   「いやあ、強がりな女の子は見ていて<br>微笑ましいですね。       」
ギコ    「(微笑んでるというより、    <br> ニヤけてるぞ‥‥)      」
フサギコ  「ここで見取り図をみてもらいたい。                  」

(見取り図)

フサギコ  「オバケ役は2人いて、被害者は  <br>最初に会うオバケ役だと分かる。 」
フサギコ  「証人はオバケ役と2回会ったと  <br>事情聴取で答えた。       」
フサギコ  「つまり‥‥彼女が回った時には  <br>まだ被害者は生きていた。    」
モナー   「そうなりますね。                          」
フサギコ  「そうなると、犯行は彼女が回った後<br>に行われたことになる。     」
フサギコ  「その犯行を行えたのは被告人と  <br>もう1人のオバケ役だけ。    」
ギコ    「(甘楽のことか‥‥)                        」
フサギコ  「しかし捜査の結果、キモだめしが <br>終了した後‥‥         」
フサギコ  「この2人は一度も接触していないこ<br>とが判明した。         」
ギコ    「(し、知ってたのか‥‥)                      」
フサギコ  「事件当夜の被告人の行動は、ショボ<br>刑事が私の代わりに調べ上げた。 」
モナー   「犯行を行えた2人の関係者が   <br>事件後、一度も接触しておらず‥‥」
モナー   「1人の衣服に、         <br>被害者の血液が付着していた。  」
モナー   「なるほど! もう1人が衣服に血を<br>付けるチャンスはありませんね! 」
ギコ    「ぐっ‥‥。           <br>(やはりそうきたか‥‥)    」
フサギコ  「今、最初のオバケ役‥‥     <br>つまり‥‥           」
フサギコ  「被害者と会った時のことを    <br>あらためて証言してもらった。  」
フサギコ  「この証言に問題がなければ    <br>すぐにでも判決を下せるだろう。 」     
モナー   「確かに。これはもはや決定的と  <br>言わざるを得ないですからね。  」
      「いかがですか?弁護人。     <br>尋問をしますか?        」
      「正直、無意味と思いますが‥。                    」
(机を叩く)
ギコ    「す、するよ!尋問!                         」
モナー   「‥‥‥ふぅ。わかりました。                     」
モナー   「それでは弁護人。        <br>尋問をお願いします。      」
イモジャ  「ギコにぃ。どうするのじゃ?                     」
ギコ    「この証言を           <br>通らせるわけにはいかない。   」
ギコ    「なんとかして          <br>突破口を開かないとな‥‥。   」

【ゆさぶり】
ユウコ  1「あたしが回ったのは最後から2番目<br>で、杏子ちゃんの前なの。    」
ギコ    「待った!                              」
      「最後から2番目?                          」
ユウコ   「そうなの。 自分の番が来るまで、<br>ドキドキしながら待ってたわ。  」
ギコ    「かなり待ってたのか?                        」
ユウコ   「そうね。 けっこう参加者が多かっ<br>たから、かなり待たされたわ。  」
      「みんなが言うには、待ってる間も <br>キモだめしの醍醐味なんだって。 」
      「先に帰ってきた人が、すごく怖かっ<br>たなんて言うから‥‥あたしも‥‥」
モナー   「あたしも? どうしたんですか?                   」
ユウコ   「やっぱりヤメようかな‥‥‥なんて<br>考えちゃったりして‥‥‥‥   」
ギコ    「ホンモノのオバケが出たら、   <br>シャレにならないからな。    」
ユウコ   「ちょっと違うの! 誤解しないで!                  」
      「ホンモノなんて‥‥       <br>絶対いるわけないんだからね!  」
      「わざわざそれを証明しなくても  <br>いいんじゃないかな‥‥ってね。 」*
      「ホントだからね?        <br>信じなかったらブッとばすわよ! 」
ギコ    「(下手なこというと、      <br> 俺がオバケにされそうだな‥‥)」
      「だけどちゃんと参加したんだよな?                  」*
ユウコ   「もちろんよ!                            」

ユウコ  2「あたしの前のイタガワさんが戻って<br>きたのを確認してスタートしたわ。」
ギコ    「待った!                              」
      「優子の前は、板川だったんだな。 <br>アイツの様子はどうだった?   」
ユウコ   「特に変わりはなかったわ。 部長は<br>オバケ役の場所、知ってるからね。」
モナー   「部長?                               」
ユウコ   「イタガワさんは、        <br>オカルトサークルの部長なの。  」
      「それに今回のキモだめしの主催者で<br>オバケ役の場所を決めたのも部長。」
モナー   「なるほど。           <br>できる男のようですね。     」
イモジャ  「それに、かなり男前なのじゃ。                    」
ユウコ   「そうなの。 部長って大学内でも <br>オンナのコに人気が高いのよね。 」
      「それでね? あたしがスタートする<br>とき部長がこんなこと言ってたの。」
      「”オバケ役の2人に頑張るように、<br>ちゃんと言っておいてあげたよ。”」
      「よけいなことしないでいいのに‥‥<br>つきとばしちゃおうかと思ったわ。」
ギコ    「(実際につきとばしてそうだな‥)                  」
フサギコ  「その話は、もういいだろう。   <br>証言を進めてほしい。      」
ユウコ   「そうね。 スタートしてから‥‥                   」

ユウコ  3「懐中電灯をたよりに、      <br>暗い林の中を進んでいったわ。  」
ギコ    「待った!                              」
      「周りは、かなり暗かったのか?                    」
ユウコ   「本当に暗かったわ‥‥懐中電灯なし<br>ではとても歩けないくらいよ。  」
ギコ    「それじゃ火の玉なんかは、    <br>飛んでいなかったんだな?    」
ユウコ   「飛んでるわけないでしょ!    <br>バカにしないでよね。      」
イモジャ  「野呂井神社は、         <br>有名なオカルトスポットなのじゃ。」
      「火の玉が飛んででも       <br>おかしくないと思うのじゃ。   」
ユウコ   「あのね? オカルトスポットなんて<br>インチキなんだから。      」
      「ホンモノのオバケも       <br>火の玉もいないの!       」
      「み~んなオトナのウソなの!                     」
モナー   「火の玉は科学的に証明されてま‥‥                  」
ユウコ   「いないんだったら!       <br>ホント、しつこいわね!     」
モナー   「‥‥‥‥‥‥‥                           」
モナー   「本法廷では、          <br>オカルトのたぐいは認めません! 」
ギコ    「(何の為の権力なんだか‥‥。)                        」
モナー   「それで林を進んでから、     <br>どうなりましたか。       」
ユウコ   「少し歩いたら、墓地に来たわ。                    」


ユウコ  5「あたしびっくりして‥‥     <br>心臓が止まるかと思ったの。   」
ギコ    「待った!                              」
      「どうしてそんなに驚いたんだ?                    」
ユウコ   「いきなりオバケが出てきたら、  <br>誰だってびっくりするわ。    」
      「そんなの当然でしょ?                        」
ギコ    「そうか? キモだめしだろ?                     」
フサギコ  「フサァ!                              」
      「証人は女性だ。 突然驚かされれば<br>動揺もするだろう。       」
      「誰もがみんな、ギコ君のように  <br>神経が太いわけではないのだよ。 」
ギコ    「ハァ‥‥‥‥                            」
ユウコ   「それでね?           <br>あたし、本当にびっくりして‥‥ 」

ユウコ  6「そのまま走って逃げたの。こわくて<br>後ろを振り返れなかったわ。   」
ギコ    「待った!                              」
      「どうして、           <br>後ろを振り返れなかったんだ?  」
ユウコ   「どうしてって言われても‥‥                     」
フサギコ  「フサァ!            <br>この証人は怖がりなのだ。    」
      「いきなり脅かされては、     <br>正常に判断を下すことは難しい。 」
ユウコ   「ちょっと! そんなに怖がりってわ<br>けじゃないんだからね。     」
      「だってホンモノのオバケなんている<br>はずないんだから‥‥ブツブツ‥‥」
ギコ    「(強がってないと、       <br>怖くてしかたがないってとこか。)」
  
【ループ】
イモジャ  「優子殿は、           <br>心からオバケが苦手なのじゃな? 」
ギコ    「そうだな。 脅かされたことで  <br>証言があいまいになっている。  」
      「そこに何か隠されているような  <br>気がするんだよな。       」
イモジャ  「わらわもそう思うのじゃ。                      」


ユウコ  4「墓地の中に入ってしばらくしてから<br>突然オバケが飛び出してきたの! 」
ギコ    「待った!                              」
      「その時のこと‥‥        <br>詳しく教えてくれ。       」
ユウコ   「いいわよ。                             」
      「墓地に入ってどのくらい経ってから<br>なのか、おぼえてないけど‥‥  」
ユウコ   「小さな音が耳に入ったの。                      」
ギコ    「音‥‥?                              」
ユウコ   「何かと思って、         <br>ふと左手を向いたその瞬間よ!  」
      「“ワーッ”って声を上げて‥‥林の<br>中からオバケが飛び出してきたの。」
      「もうパニックになっちゃった。                    」
モナー   「怖かったでしょうねえ。     <br>かわいそうに。         」
ギコ    「(オバケって‥被害者のコトだな。<br>どうだろう?)         」

 重要だと思う
→重要ではない

ギコ    「(別に‥‥そう大した証言でも  <br>ないな。)           」
モナー   「そうですか。                            」
      「では、あなたはそれから     <br>どうしたのですかな?      」
ユウコ   「突然林の中から、        <br>オバケが飛び出してきたから‥‥ 」


→重要だと思う
 重要ではない

ギコ    「裁判長!被害者と会った時の   <br>証言は当然重要に決まってる。  」
      「弁護側は証人の証言の修正を   <br>提案する!           」
モナー   「確かにそうですな。                         」

(木槌)

モナー   「では、今言ったことをふまえて  <br>証言を修正してください。    」
ユウコ   「‥‥分かったわ。                          」


ユウコ 4B「墓地に入った後、ふと左手を見たら<br>オバケが飛び出してきたの!   」
ギコ    「待った!                              」
      「オバケは左手から、       <br>飛び出してきたのか?      」
ユウコ   「そうよ。            <br>音がした方から飛び出してきたわ。」
      「小さな音が左手の方から     <br>聞こえてきたのは間違いないから。」
ギコ    「その小さな音ってナンだ?                      」
ユウコ   「さあ?                                          」
      「あたしもそれが気になって    <br>左手の方を見たんだから。    」
ギコ    「ふーん。                              」   
ユウコ   「それで、            <br>オバケが飛び出してきたから‥‥ 」

ユウコ 4B「墓地に入った後、ふと左手を見たら<br>オバケが飛び出してきたの!   」
→つきつける『野呂井神社の見取り図』

ギコ    「異議あり!                             」
ギコ    「ここに、            <br>野呂井神社の見取り図がある。  」

(ギコ、『野呂井神社の見取り図』を取り出す)
(見取り図)

ギコ    「問題は‥‥オバケ役の位置だ。                    」
モナー   「位置‥‥ですか?                          」
ギコ    「さっきショボ刑事は、オバケ役の位<br>置を詳しく教えてくれたな。   」
      「最初のオバケ役‥‥       <br>つまり被害者は‥‥       」
      「進行方向に向かって       <br>右側に待機していた、と。    」
      「この見取り図にも、       <br>そう示されている。       」
フサギコ  「!                                 」
ギコ    「つまり‥‥オバケ役が左側から  <br>現れることはないんだ、証人!  」
ユウコ   「えええええ!                            」

(傍聴人)
(木槌)

モナー   「静粛に! 静粛に!                         」
      「オバケ役が待機していた位置に  <br>間違いはないのですか? 検事。 」*
フサギコ  「その点はショボ刑事が      <br>ちゃんと調べてある。      」
フサギコ  「それによると‥‥                          」
      「被害者の待機位置と思われる場所に<br>数本、タバコの吸殻が落ちていた。」
      「サークルのメンバーに確認したが、<br>喫煙をしているのは被害者だけだ。」
      「タバコの銘柄も被害者が     <br>愛用していたものと一致している。」 
フサギコ  「あんなショボくれたヤツだが   <br>十分信頼できると思う‥‥。   」
ギコ    「それなら、何故オバケ役が    <br>現れた位置が違うんだ?     」
フサギコ  「ど、どうなのだ? 証人。                      」
ユウコ   「え。あ、あたしに聞くの?                      」
モナー   「そりゃ、            <br>あなたに聞くしかないでしょう。 」
ユウコ   「そ、そりゃそうだけど‥‥                      」

・法廷1-2-3

(木槌)

モナー   「仕方がありませんね。                        」
モナー   「証人にはもう一度証言してもらう <br>ほかないようです。       」
モナー   「‥‥お願いします。                         」
ユウコ   「うん‥‥                              」
     

赤文字   「  ~最初のオバケ役・2~                     」

ユウコ  1「オバケが出てきたことは、    <br>絶対に間違いないんだから!   」
     2「突然現れて‥‥さっきも言ったけど<br>心臓が止まりそうだったわ。   」
     3「真っ白なオバケが懐中電灯の光で <br>照らされて大きく見えたの‥‥  」
     4「本当に怖かったんだから。    <br>‥‥あんなのもうゴメンよ。   」

モナー   「どうやらオバケ役と会ったことは <br>間違いないようですね。     」
ユウコ   「本当よ! 絶対なんだから!                     」
      「信じなかったらひっぱたくわよ!                   」
ギコ    「(怖い‥‥)                            」
モナー   「それでは弁護人。        <br>ひっぱたかれない程度に尋問を。 」
ギコ    「はあ‥‥                              」

【ゆさぶり】
ユウコ  1「オバケが出てきたことは、    <br>絶対に間違いないんだから!   」
ギコ    「待った!                              」
      「絶対に間違いないんだな?                      」
ユウコ   「絶対よ!                              」
      「そうじゃなかったら、あたしが  <br>びっくりするはずないもの。   」
      「それに‥‥                             」 ←これ、ペンダントのこと
ギコ    「それに?                              」   
ユウコ   「いや、なんでもないわ。     <br>それでオバケのことなんだけど。 」                    

ユウコ  2「突然現れて‥‥さっきも言ったけど<br>心臓が止まりそうだったわ。   」
ギコ    「待った!                              」
      「オバケ役は、声を出しながら   <br>左手から飛び出してきたんだよな?」
ユウコ   「ええ、そうよ。                           」
      「あのときのことを思い出すと、  <br>ドキドキするこの心臓が証拠よ。 」
イモジャ  「『つり橋効果』って、      <br>ホントウにありそうじゃな‥‥  」
ギコ    「ああ、板川が昨日言ってた奴か‥‥                  」
      「(そういえば、所長がキモだめしを<br> したがってたよな‥‥‥)   」
フサギコ  「証人の胸をドキドキさせたオバケに<br>ついて詳しく教えてくれないか? 」
ユウコ   「そうね‥‥‥‥                           」
  
ユウコ  3「真っ白なオバケが懐中電灯の光で <br>照らされて大きく見えたの‥‥  」
ギコ    「待った!                              」
      「真っ白な布?                            」
ユウコ   「そうよ。 暗いヤミに白い物体が <br>急に浮かび上がって‥‥‥‥   」
      「すごく大きくなったように感じた‥<br>まるでホンモノみたいに‥‥   」
ギコ    「ホンモノに会ったことがあるのか?                  」
ユウコ   「そんなわけないでしょ!     <br>モノの例えよ、モノの例え!   」
      「今度言ったら、         <br>その耳をひっぱっちゃうわよ!  」
イモジャ  「すごく痛そうなのじゃ!                       」
ギコ    「おい! 笑い事じゃないぞ‥‥。                   」
      「(それにしても‥‥)
      「(白い布も効果的に使うと、   <br> けっこう怖いみたいだな‥‥) 」
ユウコ   「とにかく‥‥‥‥                          」  

ユウコ  4「本当に怖かったんだから。    <br>‥‥あんなのもうゴメンよ。   」
ギコ    「待った!                              」
      「どうしてそんな思いをしてまで、 <br>キモだめしに参加を?      」
ユウコ   「何度も言ったでしょ?      <br>幽霊がいないことを証明するため。」
      「たくさんの人数で開催される   <br>キモだめし大会に参加して、   」
      「誰もホンモノを見なかったら、  <br>あたしも納得できるの。     」
      「オバケなんてないさ!      <br>オバケなんてウソさ!  ってね!」
イモジャ  「なかなか歌、うまいのじゃな。                    」
ユウコ   「そう? 今度おねえちゃんが   <br>カラオケにつれてってあげるね! 」
イモジャ  「それなら、わらわは、      <br>アニメソング、歌うのじゃ!   」
ギコ    「アニメソング?                           」
イモジャ  「兄者たちが見ていたのを、    <br>すっかり覚えてしまったのじゃ。 」
ギコ    「ふーん。                              」

【ループ】

イモジャ  「前の証言と、          <br>そんなに変わらないのじゃ。   」
ギコ    「でもその違いが、        <br>きっとカギになるはず。     」
      「どんな小さなムジュンでも‥‥                    」
      「その裏に隠された秘密を     <br>照らし出してくれるさ。     」




ユウコ  3「真っ白なオバケが懐中電灯の光で <br>照らされて大きく見えたの‥‥  」
→つきつける『変装用の布』

ギコ    「異議あり!                             」
ギコ    「アンタが見たオバケのことなんだが<br>‥‥              」
ユウコ   「? 何よ。                             」
ギコ    「“真っ白”だったってな。                      」
ユウコ   「そうよ。                              」
      「懐中電灯ではっきり見えたのよ。 <br>真っ白なオバケが‥‥      」
ギコ    「真っ白な?                             」
ユウコ   「そう、まっしろ‥‥                         」
ギコ    「これがか?                             」

(ギコ、『変装用の布』を取り出す)

ユウコ   「そうよ、まっし‥‥‥‥‥‥‥‥‥<br>‥‥‥‥‥‥‥ろ、じゃないわ! 」
ギコ    「その通り!                             」
ギコ    「こんなハデな柄の布、どこから見て<br>も真っ白なんかじゃない!    」
ユウコ   「きゃあああ!                            」

(傍聴人)
(木槌)

モナー   「静粛に! 静粛に!                         」
ギコ    「証人! アンタ本当に見たのか? <br>最初のオバケ役を。       」
ユウコ   「ど‥‥どういう意味よ!                       」
ギコ    「オバケ役が現れた方向、     <br>オバケ役を真っ白だと言ったこと。」
ギコ    「ことごとくムジュンしてるぞ!  <br>どうなんだ!          」
ユウコ   「な、何よ‥‥                            」
      「あたし、ただ見たことを     <br>証言しただけなのに‥‥     」
フサギコ  「ギコくん! かヨワい女子大生を <br>イジメるのは止めるんだ!    」
ギコ    「誰もイジメてねえよ!                        」
モナー   「止めなさい!                            」
ギコ    「やってねえって!                          」
イモジャ  「止めるのじゃ!                           」
ギコ    「(なんで寄ってたかって、    <br> かヨワいオレを‥‥?)    」
ユウコ   「と、とにかく! このままじゃ  <br>済まさないんだから!      」
      「もう1回だけ! 証言させてよ! <br>お願い!            」
モナー   「‥‥分かりました。                         」
モナー   「では、もう1度だけ‥‥     <br>証言をお願いしましょう。    」
モナー   「1つの事実を立証するために、  <br>これ以上の時間はかけられません。」
モナー   「‥‥よろしいですね?                        」
ユウコ   「ええ‥‥                              」

・法廷1-2-4

(木槌)

モナー   「3度目の正直です。       <br>証言してください!       」

赤文字   「  ~最初のオバケ役・3~                     」

ユウコ  1「間違いないわ! たしかに真っ白 <br>だった! ウソじゃないから!  」
     2「ヘンな柄なんか見もしなかった‥‥<br>出てきた方向だって左側よ。   」
     3「他のことは‥‥         <br>あまりよくおぼえてないわ。   」
     4「すぐに逃げ出したから‥‥    <br>よく見る時間がなかったの。   」

モナー   「むむ‥‥これはヤッカイですね。                   」
モナー   「証人が見たことに        <br>間違いがないのなら‥‥     」
モナー   「何故、証拠品とムジュンしているの<br>でしょう?           」
フサギコ  「たしかに見間違いではないのだな?                  」
ユウコ   「‥‥うん。 絶対よ。                        」
モナー   「ここから先は弁護人に任せます。 <br>お願いしますよ。        」
ギコ    「お、おう。                             」
モナー   「それからくれぐれも証人を    <br>イジメないように!       」
ギコ    「しねえって!                            」
モナー   「もし、このかヨワい証人を    <br>イジメようものなら‥‥     」
モナー   「私の木槌がカツンときますよ。                    」
ギコ    「(まったく‥‥。)                         」

【ゆさぶる】
ユウコ  1「間違いないわ! たしかに真っ白 <br>だった! ウソじゃないから!  」
ギコ    「待った!                              」
      「懐中電灯の光で白く見えた‥‥‥‥<br>そういう可能性はないか?    」
ユウコ   「光で?             <br>ううん、それは違うわ。     」
      「あれは光のせいじゃない!    <br>たしかに白いオバケだったわ。  」
ギコ    「そうか‥‥‥‥                           」
      「(優子がここまでして、     <br> ウソをつく理由はない)    」
      「(やはり優子は、        <br> 白い布を見たということか?) 」
ギコ    「このハデな布ではなかったんだな?                  」
ユウコ   「ええ、そうよ。                           」

ユウコ  2「ヘンな柄なんか見もしなかった‥‥<br>出てきた方向だって左側よ。   」
ギコ    「待った!                              」
      「本当に間違いないんだな?                      」
ユウコ   「杏子ちゃんの運命がかかった裁判で<br>ウソなんて絶対につかないわ。  」
      「信じて、お願い!                          」
イモジャ  「あの目は本気なのじゃ。 優子殿は<br>ウソなんてついていないのじゃ。 」
ギコ    「俺もそう思いたいけど‥‥‥                     」
ユウコ   「もっとちゃんと確認できてたら、 <br>よかったのかもしれないけど‥‥ 」

ユウコ  4「すぐに逃げ出したから‥‥    <br>よく見る時間がなかったの。   」
ギコ    「待った!                              」
      「すぐってのはどれくらいだった?                   」
ユウコ   「懐中電灯の光で浮かび上がった  <br>真っ白なオバケを確認した瞬間よ。」
      「頭が働くより、         <br>体が先に動いていたわ。     」
      「本当に心臓がドキドキいってたの。<br>ウソじゃないわ。        」

【ループ】

イモジャ  「ギコにぃ。わらわは優子殿がウソを<br>ついているとは思えないのじゃ。 」
ギコ    「そうだな‥‥                            」
      「優子がウソをつく理由はない。  <br>それを信じることで‥‥     」
      「この事件に隠された真実に    <br>近づける気がするよ。      」



ユウコ  3「他のことは‥‥         <br>あまりよくおぼえてないわ。   」
ギコ    「待った!                              」
ギコ    「何かないのか?         <br>何でもいいんだが‥‥      」
ユウコ   「うーん。そうね‥‥                         」
ギコ    「“ワーッ”って声を上げたって  <br>言ってたけど‥‥        」
ギコ    「どんな声かおぼえてないか?                     」
ユウコ   「‥‥ううん。全然。                         」
ギコ    「じゃあ背の高さとか‥‥     <br>体格とかは?          」
ユウコ   「そんなのおぼえてないわ‥‥                     」
モナー   「困りましたねえ‥‥                         」
ユウコ   「あ、でも‥‥                            」
ギコ    「ん?                                」
ユウコ   「いや、             <br>相手の特徴のことじゃないの。  」
      「脅かされた時のことなんだけど‥‥<br>ちょっとね。          」
      「関係なさそうなことだから。                     」
イモジャ  「何かあるみたいなのじゃ。    <br>優子殿。            」
ギコ    「(関係ないって言ってるけど‥‥ <br> なんだか気になるな‥‥)   」

 聞いてみる
→聞かない
ギコ    「(関係無いと言っている以上、  <br> つっかかる訳にもいかないな。)」
      「それで証人はどうしたんだ?                     」
ユウコ   「それから‥‥                            」


→聞いてみる
 聞かない

ギコ    「関係あるかどうかは、      <br>聞いてみないと分からないぞ。  」
ギコ    「情報が少ないんだ。       <br>‥‥証言してくれ。       」
ユウコ   「いや、             <br>本当に大したことじゃないのよ。 」
      「‥‥ペンダントのことなの。                     」
ギコ    「ペンダント‥‥?                          」
ユウコ   「大事にしていた物なの。     <br>かわいらしいヤツ。       」
      「ちょうど事件のあった日、    <br>ヒモが切れちゃったの。     」
      「で、ポケットに入れていたの。  <br>だけど‥‥           」
      「最初のオバケ役と会う前、    <br>手にとって見てたら‥‥     」
      「突然オバケ役が出てきて、    <br>その時に落としたのよ。     」
      「逃げた後、すぐになくなってること<br>に気づいたけど‥‥       」
ギコ    「怖くて取りに帰れなかった?                     」
ユウコ   「‥‥うん。                             」
      「杏子ちゃんが逮捕された後、   <br>北墓地に行ってみたんだけど‥‥ 」
      「その時には警察がいて      <br>立入禁止になってたわ。     」
フサギコ  「おかしいな‥‥                           」
フサギコ  「北墓地にそんな物が落ちていたら、<br>警察が見つけているはず‥‥   」 
ユウコ   「あの冴えないショボくれた刑事に <br>聞いてみたけどなかったって‥‥ 」
ギコ    「それで‥‥昨日、南墓地を    <br>探索していたんだな?      」
ユウコ   「‥‥そうなの。                           」

(木槌)

モナー   「この際、なんでもいいでしょう。                   」
モナー   「新しい事実が明らかになったのです<br>から、証言を追加してください。 」
ユウコ   「うん。分かった‥‥                         」


ユウコ 3a「そういえば脅かされた時、    <br>ペンダントを落としたわ。    」
ギコ    「待った!                              」
      「最初のオバケ役に脅かされたときに<br>ペンダントを落としたんだよな? 」
ユウコ   「それは間違いないわ。                        」
      「逃げた後に、平静を取り戻すために<br>ペンダントを取り出そうとして、 」
      「すぐに落としたことに気付いたの。                  」
フサギコ  「でも現場にそんなものはなかった。                  」
      「脅かされた直後に落とした‥‥‥‥<br>というわけでもなさそうだな。  」
ユウコ   「でも、本当にすぐに確認したの! <br>ウソじゃないからね!      」
ギコ    「(ペンダントをすぐ落とした‥‥‥<br> このことも信じていいのか?) 」



ユウコ 3a「そういえば脅かされた時、    <br>ペンダントを落としたわ。    」
つきつける→『優子のペンダント』若しくは『甘楽 育夫』
ギコ    「異議あり!                             」
ギコ    「優子。             <br>そのペンダントだが‥‥     」
ギコ    「こいつのことだろ?                         」
ユウコ   「あ! それ! ていうか     <br>どうして持ってんの!      」
モナー   「どうして、           <br>あなたが持っているのですか!  」
ギコ    「い、いや、これはある人から   <br>預かった物なんだよ。      」
フサギコ  「ある人‥‥?                            」
ギコ    「甘楽 育夫。          <br>‥‥もう1人のオバケ役だよ。  」
ユウコ   「じゃあ、それ甘楽くんが     <br>見つけてくれたの?       」
ギコ    「ああ、そうだ。         <br>だが‥‥            」
ギコ    「ここで1つ‥‥         <br>大きな問題が生じるんだ。    」
モナー   「問題‥‥?                             」
ギコ    「甘楽はこいつを拾った時のことを <br>こう言ったんだ。        」
ギコ    「ある人物を脅かした時、     <br>そいつが落としていった‥‥と。 」
ユウコ   「え‥‥それって‥‥                         」
ギコ    「ああ。お前のことだよ、優子。                    」
フサギコ  「ば、バカな! そんなはず‥‥                    」
フサギコ  「ギコ! デタラメ言ってんじゃ  <br>ねえぞ、ゴルァ!        」
モナー   「ど、どうしたのですか?     <br>フサギコ検事。         」
ギコ    「ここでもう1度、        <br>見取り図を見てほしい。     」

(見取り図)

ギコ    「見ての通り、          <br>最初のオバケ役は被害者だ。   」
ギコ    「そして優子は最初のオバケ役に会っ<br>た時、ペンダントを落とした。  」
ギコ    「しかし‥‥甘楽は自分が脅かした時<br>に落としたと言った。      」
モナー   「あ‥‥                               」

(ギコ、机を叩く)

ギコ    「‥‥そうなんだよ。                         」
      「優子がペンダントを落としたのは、<br>被害者と会った時ではなく‥‥  」
      「本来なら2人目の脅かし役・甘楽 <br>育夫と会った時なんだ!      」*

(傍聴人)
(木槌3回)

モナー   「静粛に! 静粛に!                         」
モナー   「こ‥‥これは‥‥                          」

フサギコ  「異議あり!                             」
      「そ、そんな‥‥あり得ない‥‥                    」
フサギコ  「ギコ!             <br>どういうことか説明しやがれ!  」
ギコ    「(そうか‥‥そうだったんだ‥‥)                  」
      「(何故、オバケ役が右側ではなく <br> 左側から現れたのか?)    」
      「(何故、オバケ役に       <br> 柄がついていなかったのか?) 」
      「(何故、ペンダントを落としたのは<br> 甘楽と会った時だったのか?) 」
      「(優子は被害者と会った時だと  <br> 思っていた‥‥)       」
      「(しかし‥‥)                           」
      「(そう考えれば‥‥       <br> 全てが1つにつながる!)   」

(木槌)

モナー   「ギコくん。説明できますか?                     」
モナー   「全てのムジュンが示すこと‥‥  <br>それが分かりますか?      」
ギコ    「‥‥分かった。答えよう。                      」
      「全ての謎を解く答え。      <br>それは‥‥           」

→全部、優子のカン違い
 本物のオバケがいた
 最初のオバケ役は甘楽だった

(ギコ、机を叩く)

ギコ    「答えは1つしかない!      <br>全ての疑問に答えが出る!    」
      「スベテは‥‥‥‥        <br>優子のカン違いだったんだ!   」
ユウコ   「なんですって!                           」
      「あたしがいったい、       <br>何を勘違いしたっていうのよ!  」
ギコ    「証人、アンタは‥‥‥                        」
      「キモだめしのコースを、     <br>逆に回ってしまったんだ!    」

(傍聴人)
(木槌3回)

モナー   「静粛に! 静粛に!       <br>静まりなさい!         」
ギコ    「逆にコースを回ることで、    <br>最初のオバケ役が甘楽になる。  」
ギコ    「何故、オバケ役は真っ白で    <br>ハデな柄がついていなかったか? 」
      「それは被害者ではなく、     <br>甘楽だったからだ!       」
モナー   「で、ではペンダントは‥‥                      」
ギコ    「これこそ決定的な事実だ。                      」
      「優子は最初に脅かされた時、   <br>ペンダントを落とした。     」
      「その優子を脅かしたのが     <br>甘楽だったんだよ。       」
      「これで‥‥           <br>疑いの余地はどこにもない!   」
モナー   「な、なるほど‥‥                          」

フサギコ  「異議あり!                             」
      「ギコ君。 君はスベテの疑問に  <br>答えが出ると言っていたな?   」
ギコ    「おう。                               」

(見取り図を取り出す)

フサギコ  「もし、仮にこの証人が、     <br>逆にコースを回っていたとしよう。」
      「最初のオバケ役である甘楽は、  <br>その待機場所から考えて‥‥   」
      「この証人を、          <br>右手から脅かすことになる。   」
      「つまり、左手から脅かされたという<br>証言とムジュンすることになる。 」
フサギコ  「それとも、自分に都合が悪い証言は<br>ウソだったとでも主張するのかな?」
ギコ    「ぐぅ‥‥                              」
ユウコ   「コースを逆に回るなんて、    <br>あたしがするわけないでしょ!  」
モナー   「結論が出たようですね。                       」
      「これから、           <br>いい加減な発言は許しませんよ。 」
ギコ    「(くそ、しくじったか!)                      」
モナー   「もう一度チャンスを与えます。  <br>ギコくん。説明できますか?   」
モナー   「全てのムジュンが示すこと‥‥  <br>それが分かりますか?      」
ギコ    「‥‥分かった。答えよう。                      」
      「全ての謎を解く答え。      <br>それは‥‥           」

 全部、優子のカン違い
→本物のオバケがいた
 最初のオバケ役は甘楽だった

(ギコ、机を叩く)

ギコ    「答えは1つしかない!      <br>全ての疑問に答えが出る!    」
      「優子が最初に出会ったオバケ役は <br>被害者ではなかった!      」
      「そのオバケは‥‥‥‥      <br>ホンモノのオバケだったんだ!  」
ユウコ   「なんですって!                           」

(傍聴人)
(木槌3回)

モナー   「静粛に! 静粛に!       <br>静まりなさい!         」
      「ギコ君、正気ですか?                        」
ギコ    「おう!                               」
モナー   「フサギコ検事?                           」
フサギコ  「フサァ!            <br>何もいうことはない。      」
ギコ    「これでスベテに説明がついたか?                   」
モナー   「つくわけないでしょう!                       」
      「あなたが責任を持って、     <br>気絶した証人を起こしてください。」
      「そして、これからは、      <br>いい加減な発言は許しませんよ。 」
ギコ    「(うぅ、いくらなんでもこれは  <br>無かったな‥‥)        」
イモジャ  「‥‥‥‥‥‥‥‥‥                         」
ギコ    「(イモジャが口をきいてくれない)                  」     
モナー   「もう一度チャンスを与えます。  <br>ギコくん。説明できますか?   」
モナー   「全てのムジュンが示すこと‥‥  <br>それが分かりますか?      」
ギコ    「‥‥分かった。答えよう。                      」
      「全ての謎を解く答え。      <br>それは‥‥           」



 全部、優子のカン違い
 本物のオバケがいた
→最初のオバケ役は甘楽だった

(ギコ、机を叩く)

ギコ    「答えは1つしかない!      <br>全ての疑問に答えが出る!    」
      「優子が最初に出会ったオバケ役は <br>被害者ではなかった!      」
      「となれば、もう1人の脅かし役‥‥<br>甘楽 育夫以外にありえない!  」
フサギコ  「そ‥‥‥‥                             」
フサギコ  「そんなばかなあああ!                        」

(傍聴人)
(木槌3回)

モナー   「静粛に! 静粛に!       <br>静まりなさい!         」
ギコ    「何故、             <br>オバケ役が左側から現れたのか? 」
      「それは進行方向に向かって左側に <br>待機していた甘楽だったからだ! 」
フサギコ  「ふごお!                              」
ギコ    「何故、オバケ役は真っ白で    <br>ハデな柄がついていなかったか? 」
      「それは被害者ではなく、     <br>甘楽だったからだ!       」
モナー   「で、ではペンダントは‥‥                      」
ギコ    「これこそ決定的な事実だ。                      」
      「優子は最初に脅かされた時、   <br>ペンダントを落とした。     」
      「その優子を脅かしたのが     <br>甘楽だった‥‥。        」
      「これで‥‥           <br>疑いの余地はどこにもない!   」
モナー   「な、なるほど‥‥                          」

フサギコ“異議あり!”                             」
      「こ、この証人は記憶がアイマイに <br>なっているのだ。        」
フサギコ  「きっと、間違って2人目のオバケ役<br>のことを証言してしまったのだ。 」

ギコ“異議あり!”                             」
      「この証人を召喚したのはお前だぞ!                  」
      「自分の証人の言うことを     <br>無視する気か!         」
フサギコ  「ぐっ‥‥                              」
ユウコ   「い‥‥言っておくけど、あたし、 <br>間違ったこと証言してないからね!」
フサギコ  「だ、だがひょっとしたら‥‥                     」
      「その時の恐怖が大きく、     <br>それが原因でカン違いを‥‥   」
ユウコ   「何さ、なめるんじゃないわよ!  <br>毛がフサフサしてるからって!  」
      「ちょっと抱きしめたいな、とか  <br>思ってるんだからね!      」
ギコ    「(優子‥‥言っていることが   <br> メチャクチャだ。)      」
フサギコ  「ちょ、ちょっと待て‥‥     <br>それでは‥‥          」
フサギコ  「何故、最初のオバケ役が     <br>甘楽 育夫だったんだ?     」
フサギコ  「最初に出てくるのは、      <br>被害者のはずだろう‥‥?    」
ギコ    「(それなんだよな‥‥)                       」
      「(最初に出てきたのが、     <br> 甘楽だったなら‥‥)     」
      「(被害者は優子を脅かしに    <br> 出なかったことになる。)   」
イモジャ  「被害者は出てこなかった。    <br>それで全部解決なのじゃ。    」
ギコ    「‥‥そういうわけには      <br>いかないんだよ。        」
イモジャ  「え? どういうことなのじゃ?                    」
フサギコ  「お忘れかな? お嬢さん。                      」
フサギコ  「この証人は2人のオバケ役と   <br>会っているのだ。        」
フサギコ  「被害者は現れなかった。     <br>仮にそうだとすると‥‥     」
フサギコ  「2人目のオバケ役は       <br>いったい誰だったのだ?     」
フサギコ  「ギコ君・・・・キミにはわかるまいが・・<br>・・・・フサアッ          」*
フサギコ  「おおかた被害者が持ち場を離れ  <br>位置をかわっていたのだろう     」*
(見取り図)

フサギコ  「‥‥オバケ役は2人しかいない。                   」
フサギコ  「本来、甘楽 育夫が       <br>2人目なのだが‥‥       」
フサギコ  「被害者が現れず、甘楽 育夫が  <br>最初のオバケ役になったとして‥‥」
フサギコ  「彼の後には誰もオバケ役はいない。<br>被害者が移動していない限りな  」*
フサギコ  「でなければ、2人のオバケ役に会う<br>はずはないんだぞ!       」*

(傍聴人)
(木槌)

・法廷1-2-5

モナー   「また1つ謎が浮かび上がりました。                  」
モナー   「この証人が出会った最初のオバケ役<br>は、被害者ではなかった。    」
モナー   「本来二人目の脅かし役であった、 <br>そのことは立証されました。   」*
モナー   「しかし‥‥           <br>脅かし役は2人しかいません。  」
モナー   「甘楽 育夫の後に出てきた    <br>2人目のオバケ役‥‥      」
モナー   「それはいったい誰なのでしょうか?<br>やはり被害者だったのでしょうか 」*
モナー   「証人。もう1度だけ証言して   <br>もらえますかな?        」
モナー   「あなたが出会った2人目のオバケ役<br>‥‥そのことについて。     」
ユウコ   「‥‥いいわ。                            」

(木槌)

モナー   「それでは証言してください。   <br>2人目のオバケ役について‥‥  」


赤文字   「   ~2人目のオバケ役~                     」

ユウコ  1「2回目に脅かされた時のことは  <br>あまりおぼえてないの。     」
     2「最初に脅かされてから、大体10分<br>くらい経った頃だったはずよ。  」
     3「誰かの気配を感じて‥‥     <br>辺りを見回したの。       」
     4「その直後、近くの墓石のカゲから <br>オバケが出てきたのよ。     」
     5「オバケの特徴はよく見てないの。 <br>‥‥その時もすぐ逃げたから。  」

モナー   「なるほど‥‥                            」
モナー   「ではギコくん。         <br>尋問をお願いします。      」
ギコ    「(2人目のオバケ役‥‥か。   <br> 今、一番の謎だな。)     」
      「(ここで何かをつかめれば‥‥  <br> 審理は大きく進展する!)   」

【ゆさぶる】

ユウコ  1「2回目に脅かされた時のことは  <br>あまりおぼえてないの。     」
ギコ    「待った!                              」
      「あまりおぼえていない?                       」
ユウコ   「だって‥‥大切なペンダントを  <br>なくしちゃったあとだし‥‥   」
      「怖くてもペンダントを探しにいくか<br>どうか、迷ってるときだったのよ。」
ギコ    「なるほど。           <br>(無理ないかもしれないな‥‥) 」
      「それで結局、どれくらい歩いてから<br>二回目に脅かされたんだ?    」
ユウコ   「そのことなんだけど‥‥                       」

ユウコ  2「最初に脅かされてから、大体10分<br>くらい経った頃だったはずよ。  」
ギコ    「待った!                              」
      「10分くらい?                           」
ユウコ   「正確には覚えてないの。     <br>でもそれくらいだったと思うわ。 」
ギコ    「(このことは深く追求しても、  <br> 意味がないだろうな‥‥)   」
モナー   「それからどうなりましたか?                     」


ユウコ  4「その直後、近くの墓石のカゲから <br>オバケが出てきたのよ。     」
ギコ    「待った!                              」
      「オバケは、墓石のカゲから出てきた<br>のは間違いないのか?      」
ユウコ   「うーん、間違いないと思うけど‥‥                  」
ギコ    「(墓石のカゲねぇ‥‥      <br> なんとなく引っかかるな‥‥) 」
      「それじゃ、そのとき見たオバケ役の<br>特徴を教えてくれ。       」
   
ユウコ  5「オバケの特徴はよく見てないの。 <br>‥‥その時もすぐ逃げたから。  」
ギコ    「待った!                              」
      「逃げてばっかりだな‥‥。                      」
ユウコ   「しかたがないでしょ?      <br>ひっかくわけにもいかないし‥‥ 」
ギコ    「オバケの布の色はどうだった?                    」
ユウコ   「そ、そうね。 えーと‥‥‥‥‥‥<br>あれ? 忘れちゃったみたい。  」
ギコ    「真っ白い布のことは、      <br>よく覚えていたのにな。     」
ユウコ   「あれは覚えていたというより印象が<br>強すぎて忘れられなかっただけね。」
ギコ    「そうか・・                             」*

【ループ】
イモジャ  「こうなるとホンモノのオバケがいた<br>として考えられないのじゃ。   」
ギコ    「ホンモノのオバケか‥‥‥                      」
      「(何者かが正体を隠している‥‥‥<br> それだけは確かなようだな‥‥)」



ユウコ  3「誰かの気配を感じて‥‥     <br>辺りを見回したの。       」
ギコ    「待った!                              」
      「見回した‥‥?                           」
ユウコ   「そう。急に気配を感じたの。   <br>“誰かいる!”って。      」
モナー   「辺りを見回してみて、      <br>気づいたことは‥‥?      」
ユウコ   「うーん。そうねえ‥‥                        」
      「周りは墓石ばっかりで、     <br>似たような風景だったから‥‥  」
      「これといって印象に残ることは  <br>なかったなあ‥‥        」
モナー   「そうですか‥‥                           」
ユウコ   「ん。あ! そうだ!       <br>1つだけあったわ!       」
ギコ    「何なんだ?                             」
ユウコ   「気配を感じてから、       <br>すぐに立ち止まったんだけど‥‥ 」
      「辺りを見回した時‥‥      <br>川が見えたわ。         」
ギコ    「川‥‥?                              」
ユウコ   「たしかに見えたわ。       <br>‥‥音も聞こえた。       」
ギコ    「(川‥‥か。)         <br>なんか気になるな        」
モナー   「どうかしましたか?ギコ君                      」
ギコ    「(さて、どうするか‥‥。)                     」
→証言の訂正を申請
 ようすをみる
ギコ    「証人!二度目に脅された場所から  <br>川がみえたんだな                」
ギコ    「裁判長!いまの証言を追加して  <br>訂正してくれ                    」
モナー   「分かりました。それでは証人、  <br>川のくだりについて詳しく証言を、」
ユウコ   「えぇ、別に良いケド‥。                       」


ユウコ  3「誰かの気配を感じて‥‥     <br>辺りを見回したの。       」
ユウコ 3b「気配を感じてから、       <br>すぐに立ち止まったんだけど‥‥ 」
ギコ“待った!”
ギコ    「気配って言うのは、やっぱり‥‥。                  」
フサギコ  「オバケ役の事だろうな。     <br>この会話の流れから考えて、   」
ユウコ   「えぇ、その通りよ。                         」
ギコ    「でも、何でわざわざ       <br>立ち止まったりしたんだ?    」
ユウコ   「え‥‥、何でって‥。                        」
ギコ    「ひょっとして、足がすくん‥‥                    」
ユウコ   「ジロリ                               」
ギコ    「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥<br>スマン、何でもない。      」
モナー   「弁護士なのに弱いですねぇ。                     」
ギコ    「(アンタが言うな!)                        」
モナー   「ス、スミマセン!そんな目で   <br>ニラまないでください!     」
      「で、しょ、証人。アナタは    <br>立ち止まった後どうしたのですか?」
ユウコ   「えぇ、気になってまわりを    <br>見回したの。そしたら‥‥。   」

ユウコ 3c「辺りを見回した時‥‥      <br>川が見えたわ。         」
ギコ“待った!”
ギコ    「川‥‥か?さっきは       <br>そんな事は言ってなかったが‥‥。」
ユウコ   「う~ん、あまり重要だったとは  <br>思わなかったし‥‥。      」
モナー   「まぁ、些細な問題でしょうな。  <br>この場合は‥‥。        」
ギコ    「(そうだろうか‥‥?      <br> 何だか知らないが‥、)    」
      「(この証言、どこか       <br> 胸に引っかかるな。)     」
フサギコ  「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                  」

ユウコ 3c「辺りを見回した時‥‥      <br>川が見えたわ。         」
→つきつける『野呂井神社の見取り図』
ギコ“異議あり!”
ギコ    「優子。お前さっきこう言ったな。                   」
ギコ    「気配を感じて立ち止まり、    <br>辺りを見回した時‥‥      」
ギコ    「川が見えた‥‥って。                        」
ユウコ   「う、うん。言ったけど‥‥                      」
ギコ    「これでわかったぞ!        <br>優子が二度目に脅された場所が  」
フサギコ“異議あり!”
フサギコ  「ギコ!テメェ‥‥        <br>マサカ‥‥。          」
ギコ    「気付いたようだな、フサギコ検事。                  」
モナー   「え、え、何の事ですか?     <br>私にはわかりません。      」
イモジャ  「わらわ達にも教えて欲しいのじゃ、<br>ギコにぃ。           」
ギコ    「優子はたった今、こう証言した。 <br>“川が見えた”と。       」
ギコ    「しかし、“オバケを見た場所”の <br>証言でそれはおかしい。     」
ギコ    「北墓地にも、南墓地と北墓地の間も<br>川なんて見えなかった。     」
      「これは明らかにムジュンしている!                  」
モナー   「お、おぉ!確かに!                         」
ギコ    「つまり!優子はオバケ役のいた  <br>2つの場所のどちらでもない、  」
      「別の場所でオバケを目撃したんだ!                  」
モナー   「な、なんと‥‥、それは、一体‥ <br>何処なのでしょうか?      」

(見取り図)

緑文字ギコ 「優子が脅かされた場所‥‥    <br>それはここだ!         」

→ハズレをクリック

ギコ    「それはモチロンココだ!                       」
モナー   「また、ズイブン意外な場所を   <br>示しましたね‥‥        」
フサギコ  「あのな、弁護人‥‥、                        」
      「そもそもキミは証人の“川が   <br>見えた”という証言があったから、」
      「北墓地でも、そこと南墓地の間でも<br>ないと主張しただろう?     」
ギコ    「ま、まぁ‥‥そうだけど‥‥。                    」
フサギコ  「だったら、何故そんな答えに行き着<br>いたのかをゼヒとも聞きたいな。 」
モナー   「聞きたいですな!弁護人。                      」(心証ゲージはそのまま)
ギコ    「‥‥も、もう一度、もう一度だけ、<br>頼む‥‥。           」
モナー   「ハイハイ、わかりました。    <br>ではもう一度‥‥。       」※

→北墓地をクリック
ギコ    「それはモチロン、殺人現場だ!                    」
モナー   「ななな、何とォォォォォ!    <br>さ、殺人現場‥‥        」
      「まま、まさか弁護人‥‥     <br>あなたは‥‥          」
ギコ    「そう!弁護側はもうとりあえず‥‥                  」
(ギコ、効果線アップ)
      「川岸 優子を、告発する!                      」
ユウコ   「え、ええええぇぇぇぇ!!!!!!                  」
ギコ    「そう!優子が浅墓を殺害した!  <br>それがバレないように、     」
      「証言で嘘ばかりを話していたんだ!                  」
フサギコ“異議あり!”
      「コンのバカたれがぁぁ!     <br>もう一度考えろやぁッ!     」
      「キモだめしで、誰が最初に脅かしに<br>現れたかをなぁッ!       」
ギコ    「あぁぁっ!!                            」
      「で、でも‥‥それも証人のウ                     」
フサギコ“異議あり!”
      「やかましいわ!このバカがぁ!  <br>そんな証拠がどこにあるんだコラ!」
ギコ    「あ‥‥                               」
フサギコ  「そんな証拠も無いクセにイチャモン<br>つけるんじゃねぇ!       」
ギコ    「あぎゃあああああぁぁぁぁぁっ!!                  」
(木槌)
モナー   「どうやら、勝負はついたようですな                  」
ユウコ   「‥‥‥‥‥‥‥‥                          」
      「よくもこのアタシを犯人扱いして <br>くれたわね!許さない!     」

      「  パシンッ! パシンッ!                     」

ギコ    「ぐ、ぐうぅぅぅ‥‥。      <br>(ビ、ビンタされた‥‥。)   」
フサギコ  「どうやら、オマエのバカな主張は、                  」
(フサギコ、効果線アップ)
      「オマエの社会的立場と共に完全に <br>崩れ落ちたようだな!      」
モナー   「弁護人!無実の少女に罪をなすりつ<br>けるなんて‥‥         」
      「もはや‥‥、最低ですな!                      」(心証ゲージdown)
ギコ    「ま、待ってくれ!今のは‥‥その、<br>れ、練習だよ!練習!      」
モナー   「だったら早く本番を見せる事です!                  」※へ

→南墓地をクリック

ギコ    「優子は墓地の中にいる時、    <br>脅かされた。          」
      「そして墓地の中で、       <br>川が見える場所‥‥       」
      「それは‥‥           <br>南墓地しかない!        」
モナー   「な、なんと!                                                    」
ギコ    「優子が2回目に脅かされた場所が <br>南墓地なら‥‥         」
      「最初に脅かされた場所は、    <br>2つの内の1つだけだ。     」
      「被害者がいた場所か‥‥     <br>甘楽がいた場所‥‥       」
モナー   「そ、そう考えるしかありませんね。                  」
ギコ    「そして甘楽は、最初に      <br>実際に優子を脅かしている。   」*
      「このペンダントがその証拠だ。                    」

(ギコ、『ペンダントを取り出す』)

ギコ    「この2つの事実から‥‥     <br>1つの可能性が生まれる。    」
モナー   「1つの可能性‥‥?       <br>なんですかな、それは?     」
ギコ    「それは‥‥被害者が北墓地で優子を<br>脅かしに現れなかったことだ!  」*
フサギコ  「フサァッ!  ギコ君なにをいまさら<br>・・・・            」*
フサギコ  「私はすでにその可能性を示唆して <br>あるではないか・・・・       」*
フサギコ  「被害者が持ち場を離脱して南墓地で<br>証人を脅かした・・それだけのことだ」*

ギコ“異議あり”(ギコ、首を横ふり)
ギコ    「そうじゃない!」
ギコ    「証人は南墓地で被害者以外のオバケ<br>と遭遇した可能性があるってことだ」*
フサギコ    「ほう・・一体ナニを根拠にそのような                  」*
ギコ    「いいか!考えても見ろ            <br>被害者・浅墓は・・・・       」*
ギコ    「わざわざ持ち場である北墓地から  <br>なぜ遠い南墓地に移動したんだ? 」*
ギコ    「あまりにもこの行動は不自然だ!                   」*
ギコ    「優子、もう一度確認するぞ。                     」*
(変装用の布を取り出す)
ギコ    「2人目のオバケ役の布は、    <br>これではなかったよな?     」
ユウコ   「うん。 それではなかったわ。                    」
ギコ    「これは浅墓が発見されたときに    <br>着ていた布なんだよ       」*
      「つまり・・・・優子が見たのはやっぱり<br>浅墓なんかじゃなかったんだ!  」*
フサギコ  「な・・・・なにおおぉぉぉぉぉっっ!!                  」*
ギコ    「弁護側の主張はこうだ!                       」
      「優子が北墓地を回った時、    <br>被害者は脅かしに現れなかった。 」*
      「その後甘楽が現れ‥‥優子にとって<br>最初のオバケ役になった。    」
      「そして‥‥           <br>優子が南墓地を回っていた時‥‥ 」
      「南墓地にいたオバケ役‥‥    <br>そいつが優子を脅かした‥‥。  」
モナー   「だ、誰ですか、それは?                       」


 甘楽 育夫
 浅墓でも甘楽でもない誰か
 正真正銘のオバケ


→甘楽 育夫
 浅墓でも甘楽でもない誰か
 正真正銘のオバケ

ギコ    「それは、2人目のオバケ役である <br>甘楽 育夫だ!         」
フサギコ  「異議あり!                             」

(ペンダントを取り出す)

フサギコ  「これが、甘楽が 最初のオバケ役で<br>ある証拠だと言ったのは‥‥   」
      「ギコ君!            <br>君ではなかったかな?      」
フサギコ  「忘れたか? 2人目のオバケ役は、<br>墓石のカゲから出てきたのだ。  」
      「証人を一回目に脅したあと先回り  <br>して待ち伏せしたとでもいうのか?」
      「果たして可能かどうか・・・・        <br>説明してみるがよい!!      」
ギコ    「そ‥‥それは‥‥                          」
フサギコ  「フサァ!            <br>説明できまい?         」
フサギコ  「ハッタリも、          <br>そこまでにしておいてもらおうか。」
ギコ    「うう‥‥‥                             」
モナー   「ギコ君、しっかり考えてから   <br>判断を下してください!     」(心証ゲージダウン)
ギコ    「お‥‥おぅ。                            」
モナー   「それでは改めて、尋ねます。                     」
      「南墓地にいたオバケ役、     <br>それは誰ですか?        」

 甘楽 育夫
 浅墓でも甘楽でもない誰か
→正真正銘のオバケ

ギコ    「それは、正真正銘のオバケだ!                    」
モナー   「‥‥‥‥‥‥‥‥                          」
フサギコ  「‥‥‥‥‥‥‥‥                          」
イモジャ  「‥‥‥‥‥‥‥‥                          」

聴衆    「‥‥‥‥‥‥‥‥                          」

ギコ    「(ヤバイ!この空気は明らかに  <br> しくじった空気だ。)     」
フサギコ  「ギコ君、一つ質問していいか?  <br>君は一体何者だ?        」
ギコ    「そりゃぁ、弁護士だけど。                      」
フサギコ  「フサァ!安心した。流石にそこまで<br>頭はイッてなかったようだな。  」
      「そんな主張が法廷で通るなら‥‥。                     」
      「弁護士など法廷に存在する意味など<br>マッタク無いだろうが!!    」
      「そんな事も分からんバカモノは  <br>バッジ捨てて法廷から出て行け! 」
ギコ    「あううぅぅぅ‥‥‥。                        」
モナー   「まぁまぁフサギコ検事。     <br>気持ちは分かりますが落ち着いて。」
      「弁護人。あなたに特別熱い供え物を<br>贈りましょう。受け取るように。 」(心証ゲージdown)
      「本当なら今すぐ君の首をしめて  <br>オバケにしてしまうところです。 」
      「あなたが責任を持って、     <br>気絶した証人を起こしてください。」
      「一応もう一度だけチャンスは   <br>あげます。           」
ギコ    「(うぅぅ、流石に今の発言は   <br>迂闊すぎたな‥‥       )」
モナー   「それでは改めて、尋ねます。                     」
      「南墓地にいたオバケ役、     <br>それは誰ですか?        」


 甘楽 育夫
→浅墓でも甘楽でもない誰か
 正真正銘のオバケ

ギコ    「まず、被害者ではなかった。   <br>甘楽も違う。          」
      「全ての可能性が消えた今!    <br>残った可能性はたった一つ!   」
      「本来いるはずの無いもうひとりの、<br>第3のオバケしかありえない!  」
(「第3の(ry」でギコアップ)(同時に「落花狼藉」start!)
モナー   「なんっっですっっっとぉぉ!   <br>だ、だい3の‥‥?       」
ギコ    「甘楽が事情聴取で、位置を変わった<br>なんて言わなかった。      」
      「それなら、甘楽は最初から    <br>場所を移動していないことになる。」
      「被害者ももともとの待機場所である<br>北墓地にいた。とすると‥‥   」*
      「南墓地にいたのは、その2人以外の<br>誰かということだ!              」

フサギコ    「異議あり!                             」
      「そ‥‥それは、         <br>単なるスイソクに過ぎない!   」
フサギコ  「ひょっとしたら、被害者が何かの <br>理由で移動したとも‥‥     」*

ギコ    「異議あり!                             」 
      「それだってスイソクだろ?                      」
      「実際、被害者は北墓地で殺害されて<br>いるじゃないか。        」
      「南墓地へ行った後、北墓地へ帰った<br>と言うつもりか?        」
フサギコ  「そ、その可能性だって、     <br>ないとは言えないだろう!    」
モナー   「それもそうですね。                         」

ギコ    「異議あり!                             」                 
      「それはあくまでも可能性だ。   <br>事実かどうか分からない!    」
フサギコ  「お前の主張だって、       <br>ただの可能性だろうが!     」
フサギコ  「それなら‥‥お前は自分の主張が <br>正しいと立証できるのか?    」
ギコ    「いや、今日そのことを立証すること<br>はムリだ。           」
      「だから‥‥それを        <br>これから調査するんだ。     」
フサギコ  「‥‥!                               」
ギコ    「今の時点で、          <br>判決を下すことは出来ないだろ。 」
      「本当に被害者が、        <br>脅かしに現れたのかどうなのか‥‥」*
      「南墓地に現れたオバケ役は誰なのか‥‥                       」*
      「こいつをはっきりさせない限り、 <br>判決は下せないだろ?      」
モナー   「フム。先程の証人が回ったときに <br>被害者は既に死亡していた・・・・  」*
      「そういう可能性も捨てきれませんね                  」*
ギコ    「この事件には‥‥        <br>まだ疑問の余地がある!     」

(木槌)

モナー   「どうやら‥‥          <br>今日はこれまでのようですね。  」
      「このまま審理を続けても     <br>ラチがあきません。       」
      「今日の審理で明らかになった事実。                  」
      「何故、南墓地にオバケ役が    <br>潜んでいたのか‥‥?      」
      「そして、それは誰だったのか‥‥?                  」
      「それを解き明かす答えを見つけられ<br>るまで、判決は下せません。   」
      「検察側・弁護側に、       <br>さらなる調査を命じます!    」
ギコ    「分かった‥‥                            」
フサギコ  「心得た‥‥                             」
モナー   「明日の審理までに        <br>答えを導きだしてくるように!  」
      「それでは本日はこれにて閉廷!                    」

(木槌)


つづく




更新履歴

取得中です。