|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

tantei2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第2回・探偵

・探偵2-1
                      ○                 ○
緑文字   「 8月10日 午後 2時35分 <br>    しぃ法律事務所     」
しぃ    「‥‥疲れたみたいね。                        」
ギコ    「今日は死にそうだったよ。    <br>ホント。            」
イモジャ  「被告席の杏子殿も、死にそうな感じ<br>だったのじゃ。         」
ギコ    「今日の裁判で新たに       <br>浮かび上がった謎‥‥‥‥    」
      「これらを片付けないといけないな。                  」
      「それから‥‥          <br>このキーカード。        」
しぃ    「被害者が杏子ちゃんに預けた物ね。                  」
ギコ    「浅墓はなんでこいつを杏子に預けた<br>んだろう?           」
イモジャ  「むう‥‥謎なのじゃ。                        」
しぃ    「ねえ、ところでギコくん‥‥                     」
ギコ    「? なんだ所長。                          」
しぃ    「例の黒磨日大学‥‥       <br>どこかで聞いたことない?    」
ギコ    「え? 所長もか?                          」
      「昨日、ショボ刑事も同じこと言って<br>たけど‥‥           」
しぃ    「どこかで聞いた覚えがあるのよねえ<br>‥‥‥‥            」
      「ちょっと調べてみようかしら。                    」
ギコ    「ふーん‥‥じゃ、オレたちも調査に<br>出かけるから。         」
しぃ    「そう。私も今から出かけるから  <br>鍵かけておいてね。       」
      「じゃ‥‥また後で。                         」

(しぃ、退場)

ギコ    「さて‥‥行くか。                          」
イモジャ  「頑張るのじゃ!                           」

・探偵2-1B

緑文字   「     同日 某時刻     <br>ニコニコバンク 貸金庫室    」

ギコ    「キーカードを見る限り、     <br>これが浅墓の貸金庫だな。    」
イモジャ  「重要な手掛かりじゃ。      <br>早く金庫を‥‥         」
ギコ    「無理だよ。暗証番号を入力しなきゃ<br>いけないみたいだ。       」
イモジャ  「‥‥‥   それじゃ無理じゃな。                  」
ギコ    「(とは言え、重要な手掛かりなのは<br> 間違いないんだ。)      」
      「(どうにかこの金庫の暗証番号を <br> 割り出せないかな?)     」
      「(暗証番号‥‥‥        <br> 《浅墓の家》とかどうだろう。)」

「調べる」※どこかしこを調べても

イモジャ  「ギコにぃ、まだここへ来るのは  <br>早すぎるのじゃろう?      」
ギコ    「まぁ、確かにそうだが‥‥。                     」
イモジャ  「また後で来てから調べるのじゃ。 <br>とにかく時間はあまりないのじゃ。」
ギコ    「しょうがないな。後でもう一度  <br>来てから調べるか。       」

※ここでニコニコバンクへ行っても、暗証番号が分からないと言い、金庫を開けるイベントが起こらない。

・探偵2-2
                      ○                 ○
緑文字   「     同日 某時刻     <br>   野呂井神社 階段前    」

???   「あっ!み~っけ!                          」
ギコ    「(うっ、この声は‥‥!?)                     」
(ミサ、登場)
ミサ    「弁護士さ~ん!         <br>おっはようビ~ム☆!      」
ギコ    「ぐおっ!            <br>(きょ、強烈な電波が‥‥。)  」
イモジャ  「み、ミサ殿?                            」
ミサ    「ず~っと見てたんですよ。今日は。                  」
ミサ    「ホントホント、凄かったですね~、<br>法廷のあなたは‥‥。      」
ミサ    「そう、苦し紛れなヘリクツをこねな<br>がらも、自らドツボにはまったり、」
      「何か言えば、フサフサの検事さんに<br>軽くあしらわれたり‥‥、    」
      「苦しんで悶えるサマがなかなか  <br>おかしくって‥‥        」
ギコ    「何だと!?ゴルァッッ!                       」
ミサ    「アレ~?怒っちゃった?     <br>ゴメンゴメン♪         」
      「でもそんなに怒っちゃダメですよ!                  」
      「ホラ!スマイルスマ~イル♪   <br>優しい笑顔にな~れ☆      」
ギコ    「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥      <br>‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 」
イモジャ  「ギ、ギコにぃ‥‥?                         」
ギコ    「‥‥‥‥‥つ、ツッコミきれない。                  」
ミサ    「ところで、弁護士さん。                       」
ギコ    「な‥‥‥何だよ‥‥。                        」
ミサ    「アナタは今でも、杏子チャンは  <br>犯人でないと信じてるんですよね?」
ギコ    「当たり前だ!オレは信じてる。  <br>アイツが犯人じゃない事を!   」
ミサ    「やっぱり!そうですよね~!                     」
      「アタシも協力しますよ~、    <br>何だって聞いちゃってください! 」

「話す」
「キモだめし」
「浅墓のこと」

「キモだめし」
ミサ    「まさか、浅墓君や甘楽君以外に  <br>オバケの役がいたなんて‥。   」
イモジャ  「ミサ殿はどう思うのじゃ?    <br>第3のオバケ。         」
ミサ    「アタシはやっぱりその第3のオバケ<br>こそが犯人だと思うなぁ。    」
      「あ!言っておくけど別にコンキョが<br>あって言った訳じゃ無いですよ。 」
      「言わばヤマカンってやつかな。  <br>やっぱり。           」
ギコ    「(頼りにならないな‥‥。)                     」
ミサ    「あ!でももしかしたら‥。                      」
ギコ    「どうかしたのか?                          」
ミサ    「その第3のオバケは‥‥‥    <br>ホンモノのオバケだったりし‥  」
イモジャ  「ひゃぁぁぁぁぁっ!       <br>オ、オバケ‥。         」
ミサ    「キャハハハハハ、冗談ですよ冗談。                  」
ギコ    「(やれやれだぜ‥‥。)                       」
(「キモだめし」を聞くと「話す」に「事件当日の状況」が追加。)

「浅墓のこと」
ギコ    「ミサ、アンタも浅墓と同じサークル<br>だろ。アイツはどんな印象がある?」
ミサ    「う~ん、やっぱり優しい良い人って<br>のが第一印象だね。       」
      「事実優しいし、友達もいっぱい  <br>いましたよ。          」
ギコ    「どういう友達がいるんだ?                      」
ミサ    「どう‥って言われても‥。    <br>あっ!そうだ!         」
      「板川部長も確か浅墓君とは    <br>友達だったみたいですよ。多分。 」
ギコ    「随分自信なさげだな。      <br>お前にしては。         」
ミサ    「だって仲が良いって言うより、  <br>いつも一緒にいるのを見る位だし、」
      「でも、話を聞くだけの価値は   <br>十分にあると思うなー!     」
ギコ    「(板川か‥、そういえば、    <br> あいつには話を聞いてないな。)」
      「(あとで聞いてみるか。     <br> 交友関係も気になる。)    」

「事件当日の状況」

ギコ    「じゃぁ、そのキモだめしの時には <br>アンタは一体何してたんだ?   」
ミサ    「アタシ、自分の番が終わった時は <br>とっても暇だったんだ。     」
      「だから暇潰しを兼ねて浅墓君と  <br>甘楽君にちょっとイタズラをね‥。」
イモジャ  「イタズラは良くない事なのじゃ!                   」
ギコ    「まぁまぁ‥。で、一体どんな   <br>イタズラを二人にしたんだ?   」
ミサ    「ん‥‥。まぁちょっとメールをね。                  」
ギコ    「メール‥‥‥。                           」
(「事件当日の状況」を聞くと「話す」に「メール」が追加。)

「メール」

ミサ    「アタシ、暇潰しにメールを浅墓君と<br>甘楽君の二人に送ったんだ。   」
ギコ    「イタズラメールか。                         」
ミサ    「まぁ、そんな感じ。だから内容も <br>他愛も無い内容ダケド‥。    」
イモジャ  「それは何時頃のことなのじゃ?                    」
ミサ    「え?‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                  」
      「ご、ゴメンネ。時間はよく‥   <br>覚えてないんだ。        」
ギコ    「(メールを送ったときの時間か‥ <br> 気になるな‥‥。)      」
      「(詳しく聞くためには、時間を  <br> 思い出させるしかないな。)  」
      「(話の内容に関連した証拠品は  <br> 無かったかな?)       」

つきつける→「浅墓の携帯電話」

ギコ    「なぁミサ、これなんだけど。                     」
ミサ    「あれ?それ、弁護士さんの?                     」
ギコ    「いやいや、これ、        <br>浅墓の携帯電話だよ。      」
      「お前、キモだめしの時、浅墓に  <br>イタズラメールをしてたんだろ? 」
ミサ    「! ‥ウン、そうだよ!                       」
ギコ    「この携帯にはお前のメールが   <br>時間と一緒に残ってるはずだ。  」
      「調べるさせてもらうけど、いいな。                  」
ミサ    「アタシはいいけど‥‥‥     <br>と言うかアタシのじゃないし。  」

緑文字   「      ‥ピッ‥                        」
緑文字メール「12:02           <br>ぬるぽ^^           」
      「12:08           <br>ぬるぬるぽ^^         」
      「12:15           <br>ぬるぬるぬるぽ^^       」
      「12:27           <br>ぬるぬるぬるぬるぽ(゚Д゚)   」

                      ○                 ○
ギコ    「‥‥‥‥‥‥‥‥‥       <br>(思わずガッと壊したくなるな‥)」
イモジャ  「抑えるのじゃぞ、ギコにぃ。                     」
ギコ    「12時27分‥‥、何でこんな  <br>微妙な時間でやめてるんだよ。  」
ミサ    「だってぇ・・・・          <br>アタシも怖かったんですよぉ   」
ギコ    「なんでだよ?                            」
ミサ    「その12時27分のメール、   <br>アタシに返信してるでしょ?   」
緑文字メール「いい加減にしろ!殺すぞ!                      」
ギコ    「(そりゃフツー怒るだろうな・・・・)                   」
ミサ    「浅墓君がこんなに怒ってるなんて思<br>わなかったから怖くなっちゃって、」
      「後で謝らなきゃ。        <br>って思ったんだよね。      」
ギコ    「おめーも可愛いとこあるんだな・・・・                  」
ミサ    「きゃはははははは 褒めすぎだよー                  」
イモジャ  「いや、褒めてないのじゃ・・・・たぶん                  」
ミサ    「・・・・いつもだったら・・・・                       」
ミサ    「『ガッ^^』って返してくれるのに、<br>どうしちゃったんだろ?浅墓くん。」
ギコ    「それはオレにも分からないな・・‥                   」 
      「ほかになにか気づいたことは   <br>なかったか?          」
ミサ    「んー、そういえば。       <br>でも関係ないかも。       」
ギコ    「なんでもいい。         <br>とにかく話してくれ。      」
ミサ    「あのねぇ‥‥‥部長が回り終わって<br>帰ってきたんだけど‥‥     」
      「ちょうど誰かからデンワがあった <br>みたいなの・・・・         」
イモジャ  「べつに珍しくもないコトじゃな。                   」
ミサ    「そうだよね・・・・、着メロがいつもの<br>じゃなかったなー( ̄ρ ̄)   」
      「とか思っただけだし・・・・     <br>それに、慌てた様子ですぐに出て 」
      「よくは聞いてなかったから、   <br>勘違いだったのかもネ。     」
      「弁護士さん知ってます?     <br>流行の『彼方への想い』って曲。 」
ギコ    「ああ八乙女なんとかだったか?                    」
ミサ    「あの曲だったと思いますよ。                     」
青文字   「証拠品『浅墓の携帯電話』の   <br>データを修正した。       」

・探偵2-3
                      ○                 ○
緑文字   「     同日 某時刻     <br>    野呂井神社 境内    」

???   「ショボーン‥‥                           」
イモジャ  「ギコにぃ。           <br>誰かがショボくれてるのじゃ。  」

(ショボ、登場)

ショボ   「ショボーン‥‥                           」
ギコ    「落ち込んでいるな。                         」
ショボ   「今日の裁判‥‥ちっともイイところ<br>を見せられなかったんですョ。  」
イモジャ  「気にしないのじゃ。       <br>もっと前向きになるのじゃ。   」
ショボ   「うう‥‥慰めてくれるんですか?                   」
イモジャ  「慰めてあげるのじゃ。                        」
ショボ   「ありがとうなんですョ!     <br>(シャキーン)         」
ギコ    「(もう立ち直った‥‥)                       」
イモジャ  「妹者が慰めてあげるのじゃ。   <br>だから情報をタレ流すのじゃ。  」
ショボ   「タレ流し‥‥それはちょっと‥‥                   」
イモジャ  「ギブ アンド テイクなのじゃ!                   」
ショボ   「‥‥分かったんですョ!                       」
ギコ    「(よく警察クビにならないよな、 <br> そんなんで‥。)       」

「話す」
「今日の法廷」
「この事件の情報」

→「今日の法廷」
ショボ   「‥‥アナタのお陰であらゆる意味で<br>酷い目にあいましたョ。     」
ギコ    「オ、オレ?                             」
ショボ   「自分の面目は潰れて、フサギコ検事<br>からこっぴどく叱られましたョ。 」
イモジャ  「ウーン‥‥かなり可哀想じゃの。                   」
ショボ   「おまけに検事の件についてはお給料<br>まで酷い目に‥。(ショボーン) 」
イモジャ  「お給料?                              」
ショボ   「ボク達刑事は検察官から毎月   <br>給与査定があって、ボクの担当が‥」
ギコ    「(フサギコだった訳か‥     <br> キノドクな‥。)       」

話すに「検事・フサギコ」が追加
→「検事・フサギコ」

ギコ    「それにしてもアイツ、偉そうに  <br>検事局ナンバー1とか言ってるが。」
ショボ   「ナンバー1なのかどうかは    <br>わからないケド、それでも実力は、」
      「あるのは確かなんですョ!    <br>(シャキーン)         」
ギコ    「まぁ、確かにあいつからは常に  <br>痛い目見せられたしな。     」
      「これだったら前の法廷で闘った  <br>やたらょぅょぅ言う香具師の方が 」
      「ずっとマシだったぜ。                        」
イモジャ  「ただのイタイ人じゃないんじゃね。<br>あのふさふさの検事さん。    」
ショボ   「あの人は検事という立場だから  <br>仕方ないケド、でも本当は‥。  」
      「いい人なんですョ。ちょっと、  <br>口が悪いですケド‥‥。     」
ギコ    「‥‥、あぁ。しってるよ。                      」

→「この事件の情報」

ギコ    「そんじゃ、聞くけど、何か有益な <br>情報はないかな?        」
ショボ   「う~ん、そう言われましても特に‥<br>‥いや、            」
      「アナタに良いかどうか分からない <br>ケド、あの話なら‥。      」
イモジャ  「教えて欲しいのじゃ!ショボ殿!                   」
ショボ   「了解ですョ!(シャキーン!)                    」
      「といっても、大した事じゃなくて、<br>実は黒磨日大学の名前を最近、  」
      「それも署内で聞いたような    <br>気がするんですョ。       」
ギコ    「何だと!?           <br>(署内ってことは‥まさか‥。) 」
      「ショボ刑事。署内で聞いたと   <br>言う事は、黒磨日大学は‥、   」
      「何かの事件に関わっていたんだな!<br>詳しく聞かせてくれ!      」
ショボ   「え‥‥でも、まだ正確に思い出した<br>ワケじゃぁ‥。         」
ギコ    「だったら早く思い出せ!ゴルァ!                   」
イモジャ  「落ち着くのじゃ!ギコにぃ。                     」
ショボ   「こ‥‥怖い。(ショボーン)                     」

話すに「黒磨日大学の事件」が追加
→「黒磨日大学の事件」

ショボ   「え~と、あっ!思い出しましたョ!<br>アレは確か2ヶ月前の事件で‥。 」
ギコ    「2ヶ月前か‥。                           」
ショボ   「あるアパートで部屋を借りていた <br>大学生が殺害されているんですョ。」
      「名前は確か‥、         <br>土熊 岳彦(どぐま たけひこ)。」
      「黒磨日大学の3回生で、     <br>農学部なんですョ。       」
      「成績は良くて家庭教師のアルバイト<br>をしていたみたいですョ。    」
      「ボク、この事件の初動捜査担当して<br>いますから。(シャキーン)   」
ギコ    「(今のはどの辺が        <br> シャキーンなんだろう?)   」
ショボ   「でも殺害した犯人はまだ逃走中で、<br>まだ解決できてないんですョ‥。 」
イモジャ  「悪い奴なのじゃ!でもショボ殿なら<br>きっと解決できるのじゃ!    」
ショボ   「いや~、それほどでもないですョ。<br>アッ!そうだ、もし良かったら、 」
      「この事件の新聞記事をお嬢ちゃんに<br>あげるんですョ!(シャキーン) 」
イモジャ  「ギコにぃ!貰ったのじゃ!                      」
ギコ    「(やたら嬉しそうだ。      <br> イモジャもショボ刑事も。)  」
青文字   「『新聞記事』を         <br>法廷記録にファイルした。    」

ショボ   「それに2ヶ月かかりましたケド、 <br>同僚からついに重要な手がかり‥‥」
ギコ    「え?              <br>(今なんて言ったんだ?)    」
ショボ   「あ、いやいやいや、別にそんな…                   」


ギコ    「なんなんだ?          <br>重要な情報って‥‥       」
ショボ   「それはですネ‥‥                          」
      「‥‥‥‥‥‥‥‥                          」
      「いや、これは今回の事件とは   <br>何の関わりもないようですし‥‥ 」
ギコ    「おいおい‥‥          <br>煽っておいてそれは‥‥     」
イモジャ  「教えるのじゃ!         <br>情報をタレ流す約束なのじゃ!  」
ショボ   「そうは言っても、ムヤミに警察の <br>情報を教えるわけには‥‥    」
ギコ    「土熊のことは教えてくれただろ。                   」
ショボ   「それとこれとは話が別なんですョ。                  」
      「これは殺人とは別件ですし‥‥                    」
ギコ    「というと‥‥別の犯罪事件に関わり<br>があるのか?          」
ショボ   「う。                                」
ギコ    「なあショボ刑事‥‥いいだろう? <br>少しくらい‥‥         」
ショボ   「だから本当に          <br>関係の無い事ですから‥‥    」
イモジャ  「‥‥ケチなのじゃ。                         」
ショボ   「そ、そんな顔‥‥        <br>しないでほしいんですョ‥‥   」
ギコ    「(どうやらショボの口から    <br> 聞くのはムリみたいだな‥‥) 」


・探偵2-4
                      ○                 ○
緑文字   「     同日 某時刻     <br>      石碑前       」

カンラ   「おー。弁護士さん。                         」
ギコ    「よう、またここにいたのか。                     」
カンラ   「今日の法廷は大活躍でしたねー。                   」
ギコ    「まあな。オレほどのベテランなら <br>トーゼンさ。          」
イモジャ  「ギコにぃはまだ新人だって、   <br>所長殿が‥‥          」
ギコ    「まあとにかくだ。        <br>聞きたいことがいろいろある。  」
カンラ   「ま、そーでしょーね‥‥                       」

「話す」
「事件当日の出来事」
「今日の法廷」
「甘楽の意見」

→「事件当日の出来事」

ギコ    「事件当日だが、あの日はオマエは <br>この場所から離れたか?     」
カンラ   「嫌だなぁ、弁護士さん。オレは  <br>自分の役割はきちんとしましたよ。」
ギコ    「じゃぁお前、脅かされ役以外に  <br>誰か人を見たりは?       」
カンラ   「いいやぁ、いませんよ。     <br>えぇ、間違いありませんよ。   」
      「脅かされ役以外は誰も      <br>通ってませんよ。        」
ギコ    「‥‥‥見逃したとか。                        」
カンラ   「アッハッハッ!冗談は顔だけに  <br>しておいてくださいよー!    」
ギコ    「(馬鹿にされてしまった‥‥‥。)                  」

→「今日の法廷」
カンラ   「いやぁ、すごい場所ですねぇ、  <br>地方裁判所ってのは。      」
      「オレが想像してたような固い   <br>イメージにピッタリでしたよ。  」
ギコ    「フーン。                              」
カンラ   「それにしても驚きましたねぇ、  <br>まさか杏子ちゃんと浅墓が、   」
      「幼馴染だったなんて、オレ、今まで<br>全然知りませんでしたし‥‥。  」
イモジャ  「杏子殿はイモジャ達にも隠して  <br>いたのじゃ‥。         」
ギコ    「なぁ、甘楽。今回の法廷を見て  <br>分かったろうけど、       」
      「俺達は今、証拠品がたりないんだ。<br>証拠品に心当たり無いか?    」
カンラ   「さぁー、怪しい物とかは     <br>特にないですねぇ。‥あ!でも。 」
イモジャ  「どうしたのじゃ?カンラ殿。                     」
カンラ   「イヤね、証拠品があるかは    <br>わからないんですけど‥‥、   」
      「浅墓の家なんてどうです?案外、 <br>手掛かりがあるかもしれませんよ。」
ギコ    「そうだな‥‥じゃぁ、ちょっと  <br>行ってみるか。浅墓の家に。   」
カンラ   「“デビルコート”って      <br>アパートです。地図書きますね。 」
青文字   「甘楽に浅墓の家の        <br>地図を描いてもらった。     」


→「甘楽の意見」

ギコ    「今回の肝試し、浅墓はどうして  <br>現れなかったか分からないか?  」
カンラ   「いやー、オレにはどうも分かり  <br>ませんね。どうしてなんでしょ? 」
      「オレ、間違いなく浅墓の次の   <br>場所で待機していましたからね。 」
      「弁護士さんが分からないんだから <br>オレが分かるはず無いっしょ。  」
ギコ    「(うう‥‥少しでも情報が    <br> 欲しいのに‥‥。)      」
イモジャ  「困ったのぅ、誰も知らないの   <br>じゃろうか?          」


3つの話を聞いた後、甘楽がサークルの今後について勝手に話す。

カンラ   「それにしても、困りましたね。  <br>今回の事件の所為で、      」
      「また警察から事情聴取を受ける羽目<br>になっちゃって、お陰で‥‥、  」
      「サークルメンバーはすっかり   <br>ピリピリしちゃって、もう大変。 」
イモジャ  「みんな災難なんじゃね。                       」
ギコ    「まぁ、そうだな‥‥‥。     <br>(いや、ちょっと待てよ。)   」
      「(今、甘楽は確かにこう言った‥‥<br>また事情聴取を受ける羽目って。)」
      「(まさかコイツ、前も一度、   <br> 事情聴取された事が‥‥!?) 」
      「(詳しく聞いてみるか、一番関連 <br> してそうな証拠品を見せて。) 」

その後、『新聞記事』か『土熊 岳彦』をつきつけると反応あり。

                      ○                 ○
つきつける→『土熊 岳彦』
カンラ   「う‥‥土熊ですか‥‥                        」
ギコ    「ひょっとして前に事情聴取を   <br>受けた理由は‥‥        」
カンラ   「そうですよ。土熊のことで‥‥                    」
ギコ    「土熊 岳彦が殺害され、     <br>何か知らないか聞かれたのか?  」
カンラ   「ええ‥‥まあ。                           」
カンラ   「あ。もちろん事情聴取を受けたのは<br>大学の関係者全員ですよ!    」
カンラ   「別にオレらだけが受けたわけじゃ <br>ありませんから‥‥       」
ギコ    「ところで土熊 岳彦って     <br>どんなヤツだったか知ってるか? 」
カンラ   「!                                 」
      「ど、ど、ど、ど、どんなって、  <br>それはどういう‥‥       」
ギコ    「いや、別に‥‥どんなヤツだったの<br>かなって思ったから‥‥     」
カンラ   「オレは特に付き合いなかったから <br>よく知りませんよ。       」
      「あまり人付き合いのないヤツ   <br>でしたから‥‥         」
ギコ    「(う~ん、これはもう少し詳しく <br> 聞いてみる必要があるな。)  」

「話す」に「土熊のこと」が追加
→「土熊のこと」

ギコ    「土熊のこと‥‥         <br>少しは知ってたのか?      」
カンラ   「し、し、し、し、知ってたって、 <br>それはどういう‥‥       」
ギコ    「いや、別に‥‥知ってたのかなって<br>思ったから‥‥         」
カンラ   「‥‥‥‥‥                             」
ギコ    「あのさあ甘楽。         <br>もしかして‥‥         」
      「お前、何か隠してないか?    <br>土熊 岳彦に関して‥‥     」

(ふしあなさん発生 キコエナイ2匹出現)

カンラ   「あはは。何言っているんですか。 <br>そんなわけ‥‥         」
ギコ    「(‥‥ココロが見えるってのも  <br> タイヘンだな‥‥。  )   」
      「(しかし何故コイツは土熊の事を <br> 隠そうとするんだ?)     」
      「(甘楽がヤツのことで何かを   <br> 隠そうとするのには‥‥)   」
      「(何か‥‥理由があるのか?)                    」

→「土熊のこと」(inキコエナイ)

ギコ    「なぁ、本当に知らないのか?   <bt>土熊のことについて。      」
カンラ   「し、シツコイですよ。弁護士さん。<br>オレは土熊とは別に‥‥。    」

(ふしあなさん発生 キコエナイ2匹出現)

カンラ   「ほら、弁護士さん。オレ、嘘を  <br>ついてるような目に見えます?  」
ギコ    「(嘘を付いてるように見えるし、 <br> 現に嘘をついてやがる。)   」
イモジャ  「ギコにぃ、そんな時の為に。                     」
ギコ    「あぁ。             <br>(あくまでシラをきるなら‥。) 」
      「(容赦はしないぜ。  甘楽。)                   」

・探偵2-5
                      ○                 ○
緑文字   「     同日 某時刻     <br>      北墓地       」
イモジャ  「おや、今日は警官がいないのじゃ。                  」
ギコ    「もう捜査が終わったんだろうな。                   」
イモジャ  「どうやらここに重要な手がかりは <br>なさそうじゃのぅ‥‥      」
ギコ    「そうみたいだな。                          」
イモジャ  「む?                                」
ギコ    「どうした、妹者?                          」
イモジャ  「静かにするのじゃ。                         」
      「何か‥‥聞こえるみたいなのじゃ‥                  」
ギコ    「(言われてみれば‥‥      <br> どこからか声が‥‥)     」


???   「ああ、こっちの心配は      <br>しなくていい‥‥        」
ギコ    「(この声‥‥‥         <br> 前に聞いた覚えがあるような‥)」
???   「大丈夫だって。今のところ警察は <br>疑っちゃあいない。       」
      「ただ‥‥少々ヤッカイなことに  <br>なったようだ。         」
      「優子のヤツ、          <br>余計なことを証言しやがって‥‥ 」
ギコ    「(ゆ、優子?)                           」
???   「あのオロかな検事だけの力じゃ、 <br>有罪はムリだろう。       」
???   「自分から積極的に動くのは危険だが<br>仕方がない。          」
???   「杏子には悪いが‥‥       <br>地獄に落ちてもらうよ。     」
ギコ    「(! い、今なんて言った‥‥?)                  」
      「(杏子を‥‥地獄に落とす?)                    」
イモジャ  「ギコにぃ、なんなのじゃ?    <br>この会話‥‥          」
ギコ    「ば、バカ!大きな声を出‥‥!                    」
???   「! 待て。一旦切るぞ。     <br>誰かがいるようだ。       」
ギコ    「(や、やばい‥‥!)                        」

      「‥‥ピッ‥‥                            」

イモジャ  「こ、こっちに近づいてくるのじゃ!                  」
ギコ    「何も聞いていないフリをするんだ!<br>気づかれたらマズイ!      」
イモジャ  「わ、分かったのじゃ!                        」

(板川登場。昨日巻いていたはずの包帯が右手に無い、バンドエイドらしきモノすらない)

イタガワ  「やあ、弁護士さんじゃないですか。                  」
ギコ    「お、おう。                             」
      「(さっきの電話‥‥       <br> こいつだったのか?)     」
イタガワ  「どうですか、調子は?                        」
ギコ    「う、ま、            <br>まあ、ボチボチといったところだ。」
イタガワ  「すみませんねえ。今日の裁判、  <br>見に行けなかったんですよ。   」
ギコ    「(でも、さっきの電話で‥‥   <br> 言っていたぞ。)       」
      「(『優子のヤツ、余計なこと   <br>証言しやがって‥‥』って‥‥) 」
イタガワ  「どうかしましたか?                         」
ギコ    「い、いや、ちょっと考え事をしてい<br>たんだ。            」
      「(さっきの電話といい‥‥    <br> いったい何なんだ?)     」
      「(そして、何かもっと‥決定的な <br> 違和感を感じるような‥。)  」
「話す」
「浅墓の関係」
「今回の事件」

「浅墓の関係」

ギコ    「アンタから見て浅墓はどんな人間 <br>だったんだ?          」
イタガワ  「少なくとも悪い人間ではないです。<br>えぇ、殺害される動機は今の所‥。」
ギコ    「じゃぁ、あんたとの接点は‥。                    」
イタガワ  「サークルメンバーってのもあります<br>が、まぁ、友達でしたねぇ。   」
ギコ    「そうか‥‥。ありがとう。                      」
イモジャ  「大した情報は無かったのぅ‥。                    」

「今回の事件」

ギコ    「板川は今回の事件をどう見る?                    」
イタガワ  「どう見るって‥一体‥。                       」
ギコ    「イヤイヤ、つまりこの事件で何か <br>知ってる事は無いのか?     」
イタガワ  「弁護士さん。残念ですが、僕には <br>何とも言えませんね。えぇホント。」
      「浅墓くんは殺される動機は無い。 <br>それなのに殺された。      」
      「そう、ただ一人を除いて‥‥。                    」
ギコ    「知ってたのか?浅墓が殺される  <br>動機を‥‥。          」
イタガワ  「え?どういうことです?                       」
ギコ    「だって‥、同じサークルメンバーの<br>甘楽はこの事を知らなかったぞ。 」
      「杏子だって、その事はずっと隠して<br>いたのに‥‥。         」
イタガワ  「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                   」
      「まぁ、そこはアレですよ。    <br>女性経験の差ってヤツです。   」
      「だから僕はそこを見通した訳です。<br>甘楽じゃぁ、マネできませんよ。 」
ギコ    「(ムカつく‥‥。)                         」


「浅墓の関係」が「事件の動機」に変わる。
「事件の動機」

ギコ    「じゃぁ、もし杏子が犯人でないと仮<br>定するとして‥‥、       」
      「誰か浅墓を殺す動機を持つ人間に <br>ココロ当たりはないか?     」
イタガワ  「うーん、そうですねえ‥‥                      」
      「ボクなら結構女の子たちからウラミ<br>をかっているかもしれませんけど。」
ギコ    「え?                                」
イタガワ  「いやね、ジマンするわけじゃないで<br>すけど‥‥           」
      「ボク、女の子たちから      <br>好かれるんですよね。      」
ギコ    「(確かに‥‥この顔じゃあオンナも<br> ムチュウになるだろうな。)  」
イタガワ  「付き合った女の子も星の数。   <br>今でも時々コクハクされます。  」
      「おかげでいつも甘楽からウラまれて<br>ますよ。            」
イモジャ  「‥‥ジマンしているようにしか  <br>聞こえないのじゃ‥。      」
ギコ    「はあ‥‥で、浅墓は?                        」
イタガワ  「浅墓くん、みんなと仲良くやって <br>いましたしねえ。        」
イモジャ  「本当に何もないのじゃろうか?                    」
イタガワ  「‥‥‥‥‥‥‥‥                          」
      「ええ、ありませんね。      <br>なーんにも‥‥         」

(ふしあなさん発生)
キコエナイ5匹出現

ギコ    「(! ふしあなさん‥‥!)                     」
      「(やっぱり‥‥何か隠している  <br> ようだな‥‥)        」

「事件の動機」inキコエナイ
ギコ    「いいか?嘘を付かずに、     <br>もう一度答えろ。        」
      「本当にお前はこの事件の動機に  <br>心当たりは無いと言うのか?   」
キコエナイ5匹出現

イタガワ  「モチロンですよ。ボク、嘘は全然 <br>ついていませんから。      」
ギコ    「(その言葉自体が既に      <br> 嘘のようだな。)       」
      「(しかし心当たりを聞いてるだけ <br> なのに‥‥。)        」
      「(何故ここまで厳重に心を    <br> 閉ざしているんだ?)     」

・探偵2-6
                      ○                 ○
緑文字   「     同日 某時刻     <br>      南墓地       」

ギコ    「今日の法廷で、事件当夜ここに  <br>オバケ役がいたことを立証した。 」
      「ここに何か手がかりが      <br>残ってないかな‥‥       」
イモジャ  「見たところ、特に何もないように <br>思えるのじゃ。         」
ギコ    「うーん‥‥                             」
???   「あー! いた!                           」
ギコ    「(ん。この声は‥‥)                        」

(優子、登場)

ギコ    「ど、どうしたんだよ優子。                      」
ユウコ   「“どうしたんだよ”       <br>じゃ、ないでしょ!       」
      「ペンダントよ! ペンダント!                    」
ギコ    「ああ、これか。         <br>ほら、もういらないから。    」
青文字   「優子にペンダントを返した。                     」
ユウコ   「あー‥‥やっと戻ってきた。                     」
ギコ    「優子。聞きたいことがいろいろと <br>あるんだが‥‥         」
ユウコ   「いいわよ‥‥アンタもいろいろ  <br>大変だろうし‥‥        」

「話す」
「今日の法廷」
「オバケ役について」

→「今日の法廷」
ユウコ   「アンタ、法廷で言ってたわよね。 <br>第3のオバケ役って‥‥。    」
ギコ    「あぁ。可能性を消去していけば、 <br>必然的にその答えになるからな。 」
ユウコ   「言っておくけどアタシ、     <br>嘘も見間違えもしてないからね! 」
イモジャ  「でも‥‥、だとすると一体誰が  <br>ハンニンなのじゃろぅ‥‥。   」
ギコ    「(フサギコは立証した。     <br> 外部犯の可能性は無いと。)  」
      「(ならば真犯人は間違いなく、  <br> キモ試しのメンバーの誰かだ!)」
      「(ならば浅墓は‥、一体誰に、  <br> どうして殺されたのだろうか?)」
ユウコ   「どうかしたの?                           」
ギコ    「‥え?いや、別に‥。                        」

→「オバケ役について」
ギコ    「なぁ優子、南墓地で出会った   <br>オバケなんだけ‥        」
ユウコ   「言っておくけど!アタシはオバケ <br>なんて全ッ然信じてないんだから!」
      「そうよ!オバケなんて絶対いる筈 <br>なんか無いんだから!!     」
ギコ    「い‥‥イヤイヤ!そんな事じゃ  <br>なくて!            」
      「昨日お前は南墓地でオバケ役に  <br>会ってるんだろう?       」
ユウコ   「え‥‥えぇ。そうだけど‥。                     」
ギコ    「そのオバケ役、何か変わった所は <br>無かったか?          」
ユウコ   「そんな事言われても‥、特には‥、                  」
ギコ    「本当か?                              」
ユウコ   「本当よ。                              」
ギコ    「イヤイヤ、意地張るのはヤメ‥                    」
ユウコ   「シツッコイわね!変わった事なんて<br>無かったわよ!         」
ギコ    「イテテ!耳引っ張るな!     <br>そんなに怒るなよ!       」
ユウコ   「‥‥‥‥‥‥‥‥ん?  怒る?                   」
ギコ    「ど、どうしたんだよ優子。                      」
ユウコ   「いや、‥‥何だろう?何か急に  <br>頭に引っかかるような‥‥。   」
ギコ    「何か思い出したのか!                        」
ユウコ   「‥‥そういえばアタシ、確かに‥、<br>何かを見た気がするわ。     」
ギコ    「何かって?                             」
ユウコ   「分からない。‥ケド、      <br>もう一度見ればもしかしたら‥。 」
      「何だったかなぁ?思い出せない‥。                  」

つきつける→「汚れた布」

ユウコ   「何よ。その布。                           」
ギコ    「これを見て何か思った事は無いか?                  」
ユウコ   「さぁ?よくわから‥‥、                       」
      「! それよ!                            」
ギコ    「え?                                」
ユウコ   「脅かされた時に見た「何か」‥‥、<br>間違いなくそれよ!       」
      「この怒ったような顔、間違い無い!                  」
ギコ    「(南墓地の第3のオバケが着ていた<br> 布か、重要な証拠だな。)   」
青文字   「証拠品《汚れた布》の      <br>データを修正した。       」
ギコ    「ん?                                」
イモジャ  「どうしたのじゃ?ギコにぃ。                     」
ギコ    「いや、これ‥‥よく見ると‥‥、                   」
『汚れた布』の詳細画像
ギコ    「所々に、赤い斑点があるんだよな‥。                 」
ユウコ   「‥‥‥な、何か怖いな、それ。                    」
      「まるで‥‥血に見えるわ‥‥。                    」
ギコ    「血‥‥!?                             」
イモジャ  「ギ、ギコにぃ‥‥。                         」
イモジャ  「そ、それって‥‥かなり     <br>トンデモない証拠品なんじゃ‥‥。」
ギコ    「だ、だけどまだ血と決まった   <br>わけじゃないぞ。        」
イモジャ  「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                  」
      「ギコにぃ。携帯貸して。                       」
ギコ    「? 別にいいケド。       <br>ホレ。             」
イモジャ  「ちょっと借りるのじゃ。                       」

少し間が空いて

ギコ    「‥‥行っちまった。       <br>何処へかける気だ?       」

イモジャが戻ってくる。
イモジャ  「ギコにぃ。後で         <br>南墓地に行くのじゃ!      」
ギコ    「南墓地?何でだよ?                         」
イモジャ  「わらわの姉者は“科学捜査研究所”<br>通称“科捜研”の刑事なのじゃ! 」
      「姉者はわらわ達の証拠品を調べて <br>くれるそうなのじゃ。      」
ギコ    「い、良いのか?一応刑事なんだろ?<br>お前のお姉さん。        」
イモジャ  「姉者はそんな事気にしないのじゃ。<br>科学捜査さえ出来ればの。    」
ギコ    「(いろんな意味で問題だな、   <br> これは。)          」
      「まぁ、でも助かったよ。イモジャ。                  」
イモジャ  「エヘヘ。                              」

散々な目に遭ったとグチをこぼす優子を見て、オカルトサークルについて知っていることはないか訊ねる。
優子は狩戸を通じて、オカルトサークルのメンバーたちと知り合ったが、あまり詳しくは知らないと言う。

・探偵2-7
                      ○                 ○
緑文字   「     同日 某時刻     <br>   デビルコート 浅墓宅   」

ギコ    「ここが浅墓の部屋か‥‥                       」
イモジャ  「なかなかキレイな部屋なのじゃ。                   」
      「ギコにぃはちゃんと片付けておる <br>のかのぅ?             」
ギコ    「さて。何から手をつけようかな。                   」
イモジャ  「ムシしないのじゃ!                         」

「調べる」
→「机の写真立て」
イモジャ  「ギコにぃ、これ‥‥。                        」
『集合写真』詳細
ギコ    「どうやら、オカルトサークルの  <br>メンバーの写真だな。      」
イモジャ  「知っている面々ばかりなのじゃ。 <br>‥‥‥おや?          」
ギコ    「どうしたんだ?妹者。                        」
イモジャ  「これに写っているメンバーに、  <br>知らない人がいるのじゃ‥。   」
ギコ    「‥‥‥これは‥、        <br>新聞記事に載ってた‥‥土熊か!?」
      「(どうして土熊が写真に     <br> 写ってる? もしかして‥。) 」
イモジャ  「‥ギコにぃ?                            」
ギコ    「この写真は‥‥、重要だ!                      」
青文字   「証拠品《集合写真》の      <br>データを法廷記録にファイルした。」

→「机の引き出し」
ギコ    「簡素な机が置いてある。     <br>勉強用だろうか?        」
イモジャ  「さて、ギコにぃ!まずは引き出し <br>から物色なのじゃ!       」
ギコ    「い、イヤイヤ!まずいだろ    <br>いくらなんでも!        」
イモジャ  「証拠品とは思わぬ所に隠されて  <br>いるのじゃ!          」
      「だからどんな所でもどんな物でも <br>かかさず物色するのが探偵じゃ! 」
ギコ    「(探偵と泥棒の差が紙一重に   <br> なってきたな‥‥。)     」
少し間をおいて
イモジャ  「ぎ、ギコにぃ‥‥こんな物が‥‥。                  」
(メモ用紙を取り出す)
ギコ    「これは‥‥‥          <br>(メモ用紙か、何か書いてある。)」
      「『Dの件で先輩とトラブル』   <br>何だこりゃ?          」
イモジャ  「浅墓殿のトラブル‥‥、     <br>意外と重要かもしれないのじゃ! 」
ギコ    「でも、ただのメモだろ?     <br>証拠品としてはあまり力が無いな。」
      「(とはいえ、見逃すにはどこか  <br> 引っかかる。持っておくか。) 」
青文字   「《浅墓のメモ》を        <br>法廷記録に挟んだ。       」

→「本棚」
ギコ    「本が並んでいる。        <br>勉強に使う本だろうか?     」
イモジャ  「勉強熱心だったんじゃね。    <br>浅墓殿は。           」
ギコ    「そうだな。    ん?                       」
      「本棚に紙‥いや、新聞紙が無理矢理<br>突っ込んである‥‥‥。     」
イモジャ  「新聞紙?            <br>何でそんなのが本棚にあるのじゃ?」
ギコ    「さぁな。ちょっと見てみるか。                    」

「新聞記事・2」詳細画面。

ギコ    「‥‥どうやら、強盗事件の    <br>新聞記事らしいな。       」
      「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                  」
イモジャ  「どうしたのじゃ?ギコにぃ。                     」
ギコ    「容疑者は21才の家庭教師‥‥、 <br>グーゼンだろうか?       」
イモジャ  「?                                 」
青文字   「《新聞記事・2》を       <br>法廷記録に挟んだ。       」

→「箱」

ギコ    「なんだこりゃ?         <br>随分とデカいハコだな‥。    」
イモジャ  「リボンで包んであるのじゃ。   <br>プレゼントかの?        」
ギコ    「そうなんでないの?知らんケド。                   」
イモジャ  「ム‥!ギコにぃ、このハコ、   <br>何か書いてあるのじゃ。     」
『』部分赤字「『To Annko』‥‥    <br>こ、コレは‥!         」
ギコ    「杏子宛てだったのか‥‥、    <br>このプレゼント‥‥。      」
イモジャ  「フゥム、            <br>じゃぁ届けてあげるのはどうじゃ!」
ギコ    「無理だよ。留置所の差し入れは  <br>禁止だし、何よりメンドイ。   」
      「こんな大きなハコ、持ち歩くだけで<br>疲れるぞ‥‥。         」
イモジャ  「そんな面倒くさがってはダメ   <br>なのじゃ!ギコにぃ。      」
ギコ    「(うぅ‥‥           <br> エキサイトしきってるぞ‥。) 」
青文字   「《大きなハコ》を‥‥‥‥    <br>妹者にムリヤリ持たされた。   」



緑色の箱を調べると、法廷記録に『大きなハコ』を追加。

甘楽に『ふしあなさん』をつきつけ解除開始。

                      ○                 ○
ギコ“くらえ!”
キコエナイ2匹出現

赤文字       ~土熊のこと~     
ギコ    「甘楽、お前‥‥                           」
カンラ   「ちょーっと待った!                         」
ギコ    「え?              <br>(なんだ? いきなり‥‥)   」
カンラ   「弁護士さん、1つだけ      <br>言っておきますけど‥‥     」
      「決してオレ、オトコを恋愛の対象に<br>するなんて‥‥         」
ギコ    「は?                                」
カンラ   「そりゃあオレ、         <br>あまり女の子からもてませんよ。 」
      「何故かみんな、この包帯の魅力に <br>気づかないんです。       」
      「でも! オレ、         <br>男とアイを交わそうなんて一度も!」
ギコ    「何言ってるんだ、お前は!                      」
カンラ   「え? 違うんですか?      <br>てっきりそうかと‥‥      」
ギコ    「ま、まさかお前‥‥       <br>本当に土熊と‥‥        」
カンラ   「いやいや!           <br>そんなわけないでしょ!     」
ギコ    「まあ、そうだよな。       <br>‥‥じゃ、本題に移ろう。    」
※1
      「お前は土熊 岳彦のことを    <br>あまり知らないと言った。    」
      「‥‥しかし。実際はそうじゃない。<br>違うか?            」
カンラ   「あはは。何をコンキョに‥‥                     」
ギコ    「コンキョ、と言うより、     <br>カクシンがある。        」
カンラ   「ちょっと待った!        <br>そ、それってどういう‥‥。   」
緑文字カンラ「オレと土熊が親しかった‥‥   <br>その確信とは?         」

失敗した場合
ギコ“くらえ!”
      「これこそが、お前と土熊の仲を  <br>ハッキリと示しているぞ!    」
カンラ   「そうなんですか?正確には    <br>どの辺あたりが?        」
ギコ    「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                  」
      「その辺は想像に任せるよ。                      」
カンラ   「その前にあなたがやり直した方が <br>手っ取り早い気がしますけどね。 」(心証ゲージdown)
ギコ    「(こいつと土熊の関係を表す証拠‥<br> それが絶対あるはずだ‥!)  」※1へ

→『集合写真』をつきつける

ギコ“くらえ!”
ギコ    「これ、何だか分かるか?                       」
カンラ   「! そ、それは‥‥                         」
ギコ    「浅墓の部屋で見つけた。     <br>この写真‥‥          」
      「お前や杏子‥‥それに浅墓や板川。                  」
      「オカルトサークルのメンバーたちが<br>写っている。          」
      「そして‥‥土熊 岳彦も。                      」
カンラ   「う‥‥                               」
ギコ    「あまり親しくないヤツって    <br>言ったのに‥‥         」
      「この写真じゃ、         <br>仲良さそうじゃねえか!     」
カンラ   「うほっ!                              」
ギコ    「さあ、甘楽‥‥                           」
カンラ   「ちょーっと待った!                         」
ギコ    「え?              <br>(ま、またかよ‥‥)      」
カンラ   「ま、確かに付き合いが      <br>あったことは認めますよ。    」
      「実はね。仲良かったんですよ。  <br>土熊とは。           」
ギコ    「なるほど‥‥それで?                        」
カンラ   「おわり。                              」
ギコ    「‥‥‥‥‥           <br>(まだ、アマいみたいだ)    」
      「(もっとダメージを与えて    <br> やる必要があるな‥‥)    」
      「この集合写真だが‥‥      <br>気になる点がある。       」
カンラ   「き、気になる点‥‥?                        」
ギコ    「この写真に写っている連中のこと。                  」
      「写っているの‥‥        <br>オカルトサークルの連中ばかりだ。」
カンラ   「べ、別におかしくないっしょ。  <br>浅墓の物なんでしょ?      」
ギコ    「問題はそこじゃない。                        」
      「オカルトサークルのメンバーばかり<br>写っているこの写真‥‥     」
      「何故、             <br>土熊も一緒に写っているのか?  」
カンラ   「え‥‥                               」
※2
ギコ    「(こいつはウソをつくことに   <br> 慣れていない‥‥)      」
      「(答えを言い当てれば‥‥    <br> 楽に落とせる!)       」
ギコ    「甘楽、オレにはなんとなく    <br>わかるんだよ。         」
ギコ    「写真に土熊も写っている理由。  <br>それは‥‥           」

→甘楽と仲が良かったから
 土熊もオカルトサークルのメンバー
 浅墓と仲が良かったから

ギコ    「甘楽、それは土熊がお前と    <br>仲が良かったからじゃないのか? 」
カンラ   「オォッ!流石ですね弁護士さん。 <br>そうなんですよ!仲がいいから、 」
ギコ    「(軽く認めてはいるが‥‥、   <br> ふしあなさんは消えない‥‥。)」
      「(という以前にこの空気は、   <br> ハズレだな。紛れも無く。)  」(心証ゲージダウン)
      「(もう一度考えよう。      <br> 自然と分かる筈だ。)     」※2へ

 甘楽と仲が良かったから
 土熊もオカルトサークルのメンバー
→浅墓と仲が良かったから

ギコ    「この写真は浅墓の部屋にあった  <br>ものだ。だったら‥!      」
      「土熊は浅墓とも仲が良かったんだ!<br>そうだろう!          」
カンラ   「オ、オレに確認を求められても‥、                  」
ギコ    「そう!仲が良かったから     <br>写真に写った。間違いない!   」
カンラ   「だ、だったらそうなんじゃ    <br>ないですか?知りませんが。   」
ギコ    「‥‥‥‥‥           <br>(オレは何を言ってるんだろう。)」
      「も、もう一度やり直していいかな?                  」
カンラ   「あ、だったら法廷で聞いたアレを <br>言ってもいいですか?      」
ギコ    「アレ?                               」
カンラ   「弁護人!あなたにペナルティを  <br>あげましょう!         」(心証ゲージダウン)
ギコ    「(裁判長め、余計な事を‥‥。)                   」
      「(もう一度考えよう。      <br> 自然と分かる筈だ。)     」※2へ

 甘楽と仲が良かったから
→土熊もオカルトサークルのメンバー
 浅墓と仲が良かったから

ギコ    「写真に写っているのは      <br>サークルのメンバーばかり。   」
      「そして土熊も一緒に写っているとい<br>うことは‥‥話は簡単だ。    」
      「土熊 岳彦‥‥         <br>ヤツもサークルのメンバーだった!」
      「どうだ甘楽!                            」

カンラ   「フッ‥‥やりますね。                        」
      「その通りですよ。        <br>土熊は‥‥オレたちの仲間でした。」

キコエナイ1匹消滅

ギコ    「やっぱりそうか‥‥                         」
カンラ   「ばれちゃったら仕方ないですもん。<br>認めるしかないっしょ。     」
      「ま、とりあえずこれで満足ですか?                  」
ギコ    「ああ、結構‥‥‥‥‥      <br>と、言いたいところだが。    」
カンラ   「え‥‥ま、まだ何か‥‥?                      」
ギコ    「(ふしあなさんの効力は     <br> まだ続いている‥‥)     」
      「(まだ何か‥‥隠していることが <br> あるんだ!)         」
      「そもそも‥‥                            」
      「何故、お前は土熊が仲間だったこと<br>を隠そうとしたんだ?      」
カンラ   「な、ななな、何故って‥‥                      」
ギコ    「土熊はオカルトサークルのメンバー<br>だった。つまり‥‥       」
      「自分たちと関わりがあったことを <br>隠そうとした。         」
      「関わりがあったことを知られたくな<br>かったのはどうしてか‥‥    」
カンラ   「‥‥‥‥‥‥‥                           」
※3
ギコ    「(隠そうとした理由‥‥それは人に<br> 知られたくなかったから‥‥) 」
      「(ショボが教えてくれなかった  <br> 土熊に関する情報‥‥)    」
      「(土熊が犯罪に関わっていた‥‥ <br> それと関係があるとしたら‥‥)」

緑文字ギコ 「土熊との関わりを隠そうとした理由<br>‥‥ひょっとしてこれじゃないか?」

外した場合

ギコ“くらえ!”
ギコ    「そう!これこそが土熊との関係を <br>隠そうとした理由だろ!違うか! 」
カンラ   「はい、違います。                          」
ギコ    「フッ、心なしか体が震えてるぜ。                   」
カンラ   「いや、弁護士さんの目が     <br>泳いでるだけだと思いますが。  」
ギコ    「うっ‥。                              」(心証ゲージDown)
      「(この場合、何故、“甘楽が土熊の<br> 事を隠そうとしたか?”だ。) 」※3へ

→『新聞記事・2』をつきつける

ギコ    「くらえ!」
カンラ   「それは‥‥?                            」
ギコ    「こいつは半年前に起きた     <br>資産家邸強盗事件の記事だ。   」
カンラ   「え‥‥                               」
ギコ    「半年前、ある資産家の屋敷に三人組<br>の強盗が押し入った‥‥     」
      「土熊との関わりを隠そうとした理由<br>‥‥これじゃないのか?     」
カンラ   「ちょ‥‥            <br>ちょーっと待った!       」
ギコ    「‥‥なんだよ。                           」
カンラ   「何ですか? その事件。     <br>オレ、聞いたこともないっすよ。 」
      「大体その事件が、        <br>どう関わっているのか‥‥    」
ギコ    「(そいつを示してやらなきゃ   <br> ならないようだな‥‥)    」
      「この事件と土熊が        <br>どう繋がっているのか‥‥?   」
      「この記事の中に、        <br>手がかりがあるんだよ。     」
カンラ   「‥‥!                               」
※4
ギコ    「この記事のどこが重要なのか。  <br>それは‥‥           」

(関連する箇所をクリック。“ ”部分が正解)

警察は  犯行の手口などから  犯人が  被害者宅の内情を
知っていたと断定し  被害者宅に勤めていた  “家庭教師の男性(21)から”
事情聴取している。

外した場合

ギコ    「そう、ここあたりが重要なんだ! <br>そうだろう!          」
カンラ   「ま、まぁその‥‥当たらずも遠から<br>ずと言ったところでしょうか?  」
ギコ    「何だよ、その微妙な言い回し。                    」
カンラ   「だって、力いっぱい指差して外した<br>のを見ると、思わず同情しちゃって」
      「オレなりに気を利かせたんですが‥                  」
ギコ    「(コイツに同情されると屈辱感が <br> より一層つのるな。)     」(心証ゲージDown)
      「(とにかく、土熊とこの新聞記事が<br> 繋がっている事を証明すれば。)」※4へ

正解を選んだ場合

ギコ    「聞いた話なんだが‥‥                        」
      「土熊は‥‥家庭教師のアルバイトを<br>していたとか。         」
カンラ   「おぐ!                               」
ギコ    「この記事にも書いてあるよな?                    」
      「家庭教師の男から事情聴取している<br>‥‥と。            」
カンラ   「‥‥‥‥‥                             」
ギコ    「この記事は浅墓の部屋にあった。                   」
      「何故、浅墓はこの記事を切り取って<br>いたんだろう?         」
カンラ   「な、なんでって‥‥それは‥‥                    」
ギコ    「‥‥もう、分かるだろ?                       」
      「問題の家庭教師‥‥       <br>それが土熊 岳彦だった。    」
      「ヤツはこの事件で警察から疑われて<br>いた! ‥‥違うか?      」
カンラ   「おおおおお!                            」

キコエナイ1匹消滅
(解除成功)
心証ゲージ回復

半年前の強盗事件の詳細を聞きだせる。

「話す」
→「土熊のこと」

カンラ   「この強盗事件が起きてから    <br>すぐに警察が来ましてね‥‥   」
      「土熊の身辺についていろいろ   <br>聞いてきたんです。       」
ギコ    「土熊がこの屋敷に勤めていたこと、<br>知っていたのか?        」
カンラ   「以前、本人から聞きました。                     」
      「犯人は屋敷の内情をよく知る人物っ<br>ていうから‥‥         」
      「みんな“まさか”とは思いながら <br>疑いましたよ。土熊を。     」
ギコ    「まあ、そうだろうな‥‥                       」
イモジャ  「それで‥‥どうなったのじゃ?                    」
カンラ   「警察は土熊に目をつけて、捜査をし<br>ていたようだったけど‥‥    」
      「結局‥‥ヤツを問い詰めることが <br>出来なくなっちゃったんですよ。 」
ギコ    「土熊が殺されたからか‥‥                      」
カンラ   「思わぬ展開でしたね。      <br>みんなギョーテンしましたよ。  」
      「あの後で知ったことですけど‥‥                   」
      「あいつ‥‥やっぱり強盗の犯人だっ<br>たらしいっす‥‥        」
ギコ    「! どういうことだ?                        」
カンラ   「何でも警察が、アイツの家を   <br>家宅捜査して‥‥        」
      「高飛びの準備をしていたことを  <br>突き止めたらしいんです。    」
ギコ    「ほ、本当か?                            」
(この段階で土熊 岳彦の人物ファイルの説明文が変化)
カンラ   「ええ。ただ‥‥                           」
ギコ    「ただ‥‥?                             」
カンラ   「盗まれた宝石とかは、      <br>発見されないままだったんですよ。」
ギコ    「え‥‥             <br>(発見されなかった‥‥?)   」
カンラ   「盗品‥‥仲間が持っていたんじゃ <br>ないですかね。         」
      「他に仲間がいたようですから。  <br>多分、そうだと思いますよ。   」
ギコ    「そうだ! 確かあの事件の犯人は <br>3人いたんだよな?       」
      「他の2人はどうなったんだ?                     」
カンラ   「‥‥‥‥‥‥‥‥                          」
ギコ    「? どうしたんだ?                         」
カンラ   「実はですね‥‥         <br>これ、誰にも言っちゃダメですよ。」
      「残りの2人‥‥                           」
      「オレたちの中にいるみたいで‥‥                   」
ギコ    「‥‥‥‥え?                            」
カンラ   「オレたち、オカルトサークルの中に<br>‥‥残る仲間がいるらしいんです。」
ギコ    「な‥‥なんだってえええ!                      」

「話す」に「サークルメンバー」が追加
「サークルメンバー」

カンラ   「土熊ってほとんど人付き合いのない<br>ヤツだったんですよ。      」
      「付き合いのあった連中って、   <br>このサークルの仲間しか‥‥   」
      「現に警察もオレたちのこと    <br>嗅ぎ回ってきましたし。     」
      「“金回りが良くなったヤツはいない<br> か?”とか‥‥        」
ギコ    「そうだったのか‥‥                         」
カンラ   「土熊が死んだのも、盗品の分け前を<br>めぐる争いが原因らしいです。  」
ギコ    「仲間割れか‥‥                           」
カンラ   「高飛びの準備をしていたって言いま<br>したよね。           」
      「たぶん、盗品独り占めして逃げよう<br>としたんじゃないですか?    」
      「警察が疑っていましたし‥‥   <br>急いでいたのかも‥‥      」
ギコ    「(確かに‥‥そう考えるのが   <br> 自然だよな‥‥)       」
カンラ   「最近じゃ警察から話を聞かれること<br>もなくなりましたけど‥‥    」
      「今度は浅墓の事件で、また警察と <br>顔合わせなきゃならなくなって‥‥」
イモジャ  「‥‥ちょっと気になるのじゃ。                    」
ギコ    「何がだ?                              」
イモジャ  「実際、残る仲間はサークルのメンバ<br>ーだと‥‥           」
      「それがはっきりしていたのかどうか<br>疑問なのじゃ。         」
ギコ    「確かに‥‥                             」
カンラ   「でも‥‥警察はそうだってカクシン<br>していたようだけどなあ。    」
      「ああ、そういえば‥‥                        」
ギコ    「どうした?                             」
カンラ   「最初はサークルのメンバー全員につ<br>いて聞かれたんですけど‥‥   」
      「部長についていろいろ聞いてくるこ<br>とが多かったですねえ。     」
ギコ    「(板川のこと‥‥?)                        」
カンラ   「ま、他の連中のことも      <br>調べていたかもしれませんけど。 」
イモジャ  「むむむ‥‥‥‥どうも、その事件の<br>ことも気になるのじゃ。     」
ギコ    「(強盗事件か‥‥        <br> 調べてみる必要がある!)   」

・探偵2-8

緑文字   「     同日 某時刻     <br>    留置所 面会室     」

???   「はぁ‥‥                              」
ギコ    「(もう聞きなれた        <br> タメ息が聞こえる。)     」

(杏子、登場)

アンコ   「ギコさん‥‥                            」
ギコ    「相変わらず落ち込んでいるな。                    」
イモジャ  「元気出すのじゃ。        <br>慰めてあげるのじゃ。      」
アンコ   「ありがとうございます‥‥                      」
ギコ    「(ショボ刑事とは正反対だな‥‥)                  」

「話す」
「今日の法廷」
「杏子のこと」
「事件のこと」

「今日の法廷」

アンコ   「今日の法廷‥‥その‥      <br>ありがとうございます。     」
ギコ    「あぁ!ありがとう。明日は必ず  <br>無罪を勝ち取ってやる!     」
アンコ   「そ‥‥そうですか‥。はぁ。                     」
ギコ    「(な、何でそこでタメ息なんだ!)                  」
イモジャ  「今日の法廷で被告席を      <br>見ていたけど‥‥‥、      」
      「まるで生死の狭間をサマよう様な <br>顔をしていたのじゃ。      」
アンコ   「こう言うのもなんですけど、   <br>正直1回程死んだ様な気もします。」
ギコ    「う‥‥!            <br>(崖っぷちだったしな‥確かに。)」

「杏子のこと」

アンコ   「一通りの不幸は体験したと思って <br>いましたが、甘かったです。   」
ギコ    「ど、どういうことだ?一体。                     」
アンコ   「同じサークルの人が殺され、自分は<br>それの犯人だと冤罪を着せられ、 」
      「自分は無実なのにも関わらず、法廷<br>では不必要な生死を賭けたスリルを」
      「体験するわで本当に自分がいかに <br>不幸なのかが分かっちゃいますよ。」
ギコ    「ううぅ‥‥スマン。                         」

「事件のこと」

ギコ    「なぁ、杏子。他の参加者について <br>なんだケド、何か知らないか?  」
アンコ   「え~と、具体的にどんな事ですか?                  」
ギコ    「他の参加者の行動を教えてくれ。                   」
アンコ   「そうですねぇ、参加者達は全員  <br>自分の番が回るまでは      」
      「自由行動をしてましたね。    <br>特にすることもなく。      」
ギコ    「そうか‥‥。                            」
アンコ   「甘楽くんと浅墓くんだけ、みんなが<br>来る前に林の中へ行ったんです。 」
      「まぁ、オバケ役でしたから。   <br>一足先に着替えてたんでしょう。 」
ギコ    「う~ん。他には?                          」
アンコ   「ご、ごめんなさい。私、これ以上は<br>あまり詳しく知りません。    」
      「キモだめしをしたときも、最初に <br>会った人を憶えてないんです。  」
ギコ    「そうか。ありがとう。                        」
      「(殺害には必ず動機が存在する。 <br>今度はそれを聞いてみるか。)  」

「話す」に「浅墓のこと」が追加
「浅墓のこと」

ギコ    「なあ、杏子。浅墓が殺される理由で<br>何か思い当たることはないか?  」
アンコ   「みんな動機は特に無いと思います。<br>浅墓くんは誰とでも仲良く出来て、」
      「殺される動機なんて無いんです。 <br>私を除いて‥‥。        」
ギコ    「そうか‥スマン。                          」
アンコ   「良いんですけどね。それは別に。 <br>でも‥‥。           」
      「やっぱり残念でした。本当に。                    」
イモジャ  「アンコ殿‥‥。                           」
アンコ   「中学生の頃‥‥1度だけ、彼の家に<br>アソビに行ったことがあるんです。」
アンコ   「今でもよく覚えています‥‥。                    」
アンコ   「浅墓くん、ミョーにはりきって  <br>いました。           」
アンコ   「自分の作った模型のこと、    <br>アツく語ってました。      」
ギコ    「もけい‥‥?                            」
アンコ   「浅墓くん、前から        <br>模型作りが趣味だったんです。  」
      「最近は中に物を入れる事の出来る <br>模型を作っていたみたいですケド。」
アンコ   「小物入れ、と言ったらいいのか‥‥<br>そういうモノに熱心でした。   」
ギコ    「(そういえば‥‥浅墓の家に   <br>船の模型があったっけ)     」
イモジャ  「それにしても‥‥                          」
イモジャ  「浅墓殿のことを話す杏子殿、   <br>とても楽しそうだったのじゃ。  」
アンコ   「え。そ、そうですか‥‥?                      」
アンコ   「でも、言われてみれば      <br>そうかもしれません。      」
アンコ   「やっぱり、もっと仲良くしていれば<br>よかったかな‥‥。       」
ギコ    「杏子‥‥。
      「‥‥浅墓君、私にプレゼントを  <br>渡すつもりだったそうです。   」
ギコ    「プレゼント?                            」
アンコ   「私、もうすぐ誕生日だから、   <br>用意していたらしいです。    」
      「でもこんな事になるなんて‥‥。 <br>浅墓君‥‥。          」
ギコ    「‥‥、落ち込むなよ、そんなに。 <br>まずはアンタの無罪が先だ。   」
      「それから、墓参りにでも行って  <br>やれよ。浅墓もきっと喜ぶぞ。  」
アンコ   「‥‥‥。ありがとうございます。 <br>弁護士さん‥。         」

再び、浅墓宅へ行き船の模型を調べる。

                      ○                 ○
緑文字   「     同日 某時刻     <br>   デビルコート 浅墓宅   」
ギコ    「‥‥‥‥‥                             」
イモジャ  「? どうしたのじゃ、ギコにぃ。                   」
ギコ    「いや、杏子が言っていたことを  <br>思い出してな。         」
      「浅墓は模型作りが趣味だったって。                  」
イモジャ  「それがどうかしたのじゃ?                      」
ギコ    「こうも言っていたな。                        」
      「中に物を入れられるような模型も <br>作っていたって‥‥       」
イモジャ  「! 何をするつもりなのじゃ?                    」
ギコ    「ちょっと気になってな。                       」
「調べる」
→模型
      「もし、この模型もその類なら‥‥                   」
      「中に何か隠してあるんじゃないか‥<br>‥‥そう思ったんだ。      」
イモジャ  「その中に‥‥何か重要な物が   <br>隠されていると‥‥?      」
ギコ    「もしかしたら‥‥だが。                       」
      「‥‥‥‥‥‥‥‥                          」

      「‥‥カタッ‥‥                           」

イモジャ  「お‥‥おおおおお!                         」
      「は‥‥外れたのじゃ!                        」
ギコ    「これ、船体部分が        <br>2つに分かれているぞ‥‥    」
      「さて、中には‥‥                          」
      「‥‥‥‥‥‥‥‥                          」
イモジャ  「ギコにぃ。           <br>何が入っているのじゃ?     」
ギコ    「(なんだこれ‥‥紙切れ?)                     」
      「(何か書いてあるようだけど   <br> ‥‥これは‥‥)       」
      「H‥‥e‥‥l‥‥p‥‥    <br>へ、ヘルプか?         」
イモジャ  「ギコにぃ、なんなのじゃ?    <br>その紙切れは。         」
ギコ    「さあ‥‥                              」
イモジャ  「も、もしや、ダイイングメッセージ<br>と言うやつではないかの?    」
ギコ    「いやいや、浅墓は殺される事は  <br>知らなかったんだぞ?      」
      「大体、それならHelpじゃなくて<br>助けてとか書けばいいんだし‥。 」
イモジャ  「‥‥‥ちょっぴり、残念なのじゃ。                  」
      「(なんなんだ?         <br> “ヘルプ”って‥‥)     」
      「(模型に隠しておくくらいだし、 <br> 何かの“パスワード”か?)  」
      「(待てよ‥、“パスワード”‥か。<br> 何かあったような‥‥。)   」
青文字   「《紙切れ》を          <br>ポケットにつっこんだ。     」

・探偵2-9

緑文字   「     同日 某時刻     <br>ニコニコバンク 貸金庫室    」

イモジャ  「ここに浅墓殿の貸金庫が     <br>あるのじゃな?         」
ギコ    「ああ、正面にあるアレだな。                     」
      「(杏子が預かったキーカード、  <br> こいつを使えば‥‥)     」
イモジャ  「しかし‥‥勝手に開けても    <br>いいのじゃろうか‥‥      」
ギコ    「ま、普通はいけないんだろうけど。                  」
      「ただ、浅墓がキーカードを    <br>杏子に預けたこと‥‥      」
      「そして浅墓が殺されたこと‥‥                    」
      「なんか繋がりがあるような気がする<br>んだよな‥‥          」
イモジャ  「むう‥‥じゃ、         <br>とりあえず開けてみるかの?   」
ギコ    「ああ‥‥やってみよう。                       」

「調べる」
→「金庫」
ギコ    「これが被害者の金庫だな。                      」
イモジャ  「とりあえずギコにぃ。      <br>まずはやってみるのじゃ!    」
緑文字ギコ 「んじゃ、金庫をあけさせて    <br>貰おうかな。          」
証拠品提示『キーカード』をつきつける

ギコ“くらえ!”

外した場合
イモジャ  「イヤイヤ違うじゃろう?ギコにぃ。                  」
      「わらわ達は金庫を開ける為に   <br>ここに来たのじゃぞ?      」
      「ならば使うのは当然、      <br>このキーカードじゃろう?    」
ギコ    「あ、あぁ。冗談だよ、モチロン。                   」
      「(オレの渾身の“くらえ!”は  <br> 彼方へと消えてしまった。)  」正解した場合へ
正解した場合
キンコ   「     ‥‥ピー‥‥                       」

イモジャ  「ギコにぃ、           <br>次は暗証番号を打ち込むのじゃ。 」
ギコ    「分かった。                             」
      「(暗証番号か‥‥        <br> 何か手がかりがないかな‥‥) 」

さらに暗証番号を打ち込む場面に→9194と打ち込む

緑文字   「‥‥カチャッ‥‥                          」

ギコ    「‥‥‥‥開いた。                          」
イモジャ  「で、何が入っているのじゃ?                     」
ギコ    「ちょっと待ってろ。       <br>取り出すから。         」
      「(なんだこれ‥‥袋?)                       」
      「(中には‥‥‥‥)                         」
      「(‥‥‥‥‥‥‥‥!)                       」
イモジャ  「ぎ、ギコにぃ。         <br>どうしたのじゃ?        」
ギコ    「‥‥見てみろ。                           」
イモジャ  「! こ、これは‥‥‥‥     <br>ホーセキ‥‥?         」
ギコ    「ああ、宝石だな‥‥                         」
      「(浅墓の金庫に宝石‥‥か。)                    」
      「(オレのスイリが正しければ、  <br> この宝石は恐らく‥‥)    」
イモジャ  「ギコにぃ、どうしたのじゃ?   <br>考え込んだりして‥‥      」
ギコ    「(どうやら‥‥見えてきたな。  <br> この事件の裏が‥‥)     」
青文字   「証拠品《宝石類》の       <br>データを法廷記録にファイルした。」
ギコ    「あぁ、そうだ。もうこの紙切れは <br>必要ないな。          」
青文字   「《紙切れ》を丸めて捨てた。                     」
イモジャ  「ちゃんとゴミ箱に捨てるのじゃ!                   」

・探偵2-10
                      ○                 ○
緑文字   「     同日 某時刻     <br>    しぃ法律事務所     」

しぃ    「ギコくん、ギコくん!                        」
ギコ    「お。所長、帰ってたんだ。                      」
しぃ    「そんなことより聞いて!     <br>聞いてったら!         」
ギコ    「ど、どうしたんだよ。      <br>そんなに慌てて‥‥。      」
しぃ    「分かったの!          <br>分かったのよ!         」
      「黒磨日大学! どこかで聞いた覚え<br>があると思ったんだけど‥‥   」
ギコ    「ああ。こっちも分かったよ。                     」
しぃ    「え?                                」

(場面暗転)
ギコ    「オレは今回の事件と‥、そして  <br>強盗事件のことを        」
      「全てしぃにつたえた。                        」


しぃ    「そうだったの。         <br>被害者の金庫から‥‥      」
ギコ    「‥‥分かってきたよ。      <br>今回の殺人事件の真相が。    」
イモジャ  「真相‥‥!                             」
しぃ    「とにかく‥‥、まずは2つの問題を<br>整理しておきましょう。     」
      「強盗事件‥‥そして       <br>黒魔日大学生の殺人事件の事を‥。」
しぃから、強盗事件のこと、土熊殺害事件のことを聞く。
2つとも聞くと、さらに今回の事件との関連について新たに話を聞けるようになる。

話す
「半年前の強盗事件」
「土熊殺害事件」
「しぃの捜査」←上の二つを聞いたら出現

→「半年前の強盗事件」
しぃ    「まず強盗事件‥‥、       <br>土熊がグループの一人なのは‥‥、」
ギコ    「間違いないな。甘楽も話してるし、<br>証拠品の状況からもアキラカだ。 」
      「そしてこの宝石‥‥、被害者・浅墓<br>の貸金庫から発見された‥‥   」
しぃ    「こんな量の宝石、普通の大学生が <br>持っているはずが無いわね。   」
ギコ    「つまり、普通じゃなかったんだ。 <br>浅墓は‥‥。          」

→「土熊殺害事件」
しぃ    「そもそも、どうして半年前、土熊は<br>殺されたのかしら?       」
ギコ    「甘楽が言うには‥‥、土熊は高飛び<br>しようとしていたらしい。    」
しぃ    「高飛び‥‥‥ね。                          」
ギコ    「“裏切り者を抹殺する。”    <br>それが殺害された動機だろう。  」
しぃ    「それなら当然、犯人は“グループの<br>メンバーの一人”になるわね。  」
ギコ    「そういう事‥‥だ。                         」
2つの話を聞き終わると
しぃ    「2つの話から総合すると‥‥。                    」
      「被害者・浅墓も“強盗に関与”。 <br>土熊は“裏切った為に抹殺”。  」
      「話はわかったわ。でも、それだけで<br>はまだ事件に結びつけるのは早い。」
ギコ    「いや、あるさ。                           」
      「浅墓は部屋の机にこんなメモを  <br>隠し持っていた。        」
しぃ    「メモ‥‥‥。          <br>そういう事ね。         」
      「‥‥‥‥ギコくん。                         」
      「今回の事件と強盗事件に接点が  <br>ある。それならば、       」
      「わたしの捜査の結果も話しておいた<br>ほうがいいみたいね。      」
ギコ    「あぁ、頼む、しぃ。                         」
「話す」に「しぃの捜査」が追加

→「しぃの捜査」
しぃ    「実はね、私、強盗に遭った家の人と<br>付き合いがあってね。      」
      「その人からいろいろと      <br>詳しい事情を聞いたのよ。    」
      「家庭教師が黒磨日大学の学生だって<br>ことも‥‥           」
      「もっとも、事件の後で辞めたみたい<br>だけど‥‥           」
ギコ    「それで‥‥所長も何か調べたのか?                  」
しぃ    「どうにかして半年前の事件の情報を<br>得たいと思ってね。       」
      「知り合いの刑事さんを、色仕掛けで<br>落としたの。          」
ギコ    「(しぃの色仕掛け‥‥      <br> ぜひ、一度見ておきたいな。) 」
しぃ    「それで‥‥手に入れちゃった。  <br>強盗事件の資料。        」
ギコ    「(警察のモラルは何処へやら‥。 <br> だが!)           」
      「それで! 何か! 何か手がかりに<br>なるようなことは‥‥?     」
しぃ    「なかなか興味深いことが     <br>書かれていたわ。        」
      「警察は、残る2人の犯人を    <br>追っていたようだけど‥‥    」
      「どうやら‥‥その内の1人は見当が<br>ついていたようね。       」
ギコ    「(な‥‥なんだって!)                       」
      「だ、誰なんだ、そいつは?                      」
しぃ    「自分で読んでみなさい‥‥はい。                   」

法廷記録に『警察の資料』を追加。
                      ○                 ○
ギコ    「チェ、チェックしてみよう!                     」
ギコ    「‥‥‥‥                              」
しぃ    「どう? ギコくん。                         」
ギコ    「(思ったとおりだ‥‥      <br> やっぱり‥‥あいつの名前!) 」
      「しぃ、             <br>一つ頼みごとがあるんだが‥‥  」
しぃ    「なあに?                              」
ギコ    「この宝石なんだが‥‥                        」
      「警察が持つ盗難届けのリストと  <br>照らし合わせてくれないか?   」
      「こんな大量の宝石を浅墓が    <br>持っているのはおかしい。    」
      「こいつの出所を‥‥、      <br>はっきりさせておく必要がある! 」
しぃ    「‥‥なるほどね。                          」
      「いいわよ。わたしに任せなさい!                   」
ギコ    「‥‥‥‥ガメるなよ。                        」
しぃ    「失礼ね!                              」
青文字   「持っていた『宝石類』を     <br>しぃに預けた。         」

ギコ    「(さて、次に何かする事は    <br> 無かったかな?)       」
      「(そういえば‥‥、)                        」
~回想~
イモジャ  「ギコにぃ。後で         <br>南墓地に行くのじゃ!      」
ギコ    「南墓地?何でだよ?                         」
イモジャ  「わらわの姉者は“科学捜査研究所”<br>通称“科捜研”の刑事なのじゃ! 」
      「姉者はわらわ達の証拠品を調べて <br>くれるそうなのじゃ。      」
~回想終了~
ギコ    「(『証拠品を調べてくれる』とか <br> 言っていたな。)       」
      「(行って見るか。南墓地に。)                    」
 
・探偵2-11
                      ○                 ○
緑文字   「     同日 某時刻     <br>      南墓地       」
ギコ    「(さて、この事件もいよいよ   <br> 大詰めだな。)        」
      「(残りの手掛かりは‥‥、)                     」
???   「ハァ~イ!こっちよ妹者ァ~!                    」
イモジャ  「ホレホレ、ギコにぃ。      <br>来たのじゃ!          」
(姉者登場)
???   「へぇ~、ねぇ妹者、この人が?                    」
イモジャ  「ウム。そうなのじゃ姉者。                      」
ギコ    「‥‥‥‥‥‥‥なぁ、妹者、   <br>知り合いか?この人と。     」
イモジャ  「何を言っておるのじゃギコにぃ!                   」
      「流石 姉者(さすが あねじゃ)。<br>わらわの姉者なのじゃ!     」
ギコ    「(姉者‥‥、この人が!)                      」
アネジャ  「流石 姉者です。        <br>‥‥‥よろしくね、ギコ君。   」
ギコ    「え?                                」
→「話す」
「オレの名前」
「姉者のこと」

「オレの名前」
ギコ    「な、なぁ、一つ聞いていいかな?                   」
アネジャ  「あら、何かしら?                          」
ギコ    「どうして‥‥オレの名前を    <br>知っているんだ?教えてないぞ。 」
アネジャ  「あぁ、その事ね。他の人から   <br>教えてもらったのよ。当然。   」
ギコ    「‥‥妹者からか?                          」
アネジャ  「ま。確かに携帯で妹者からにも  <br>聞いたけどね。         」
      「それ以前に検事から聞いたこと  <br>あったしね。          」
ギコ    「け、検事‥‥?                           」
アネジャ  「ええ、当然知っているでしょ?  <br>フサギコ検事。         」
ギコ    「フ、フサギコ!?        <br>どうしてアイツの名前が‥。   」
アネジャ  「当然よ。私、部下だもの。    <br>フサギコ検事のね。       」
ギコ    「えええええぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!                  」
イモジャ  「ほ、ホントなのかの?姉者!                     」
アネジャ  「あれ?話さなかったっけ?                      」
イモジャ  「聞いてないのじゃ!                         」
「話す」に「検事・フサギコ」が追加
「検事・フサギコ」
アネジャ  「検事からいつも聞かされたわ。  <br>法廷で戦う以前からね。     」
      「『ついにアイツと戦える。』とか <bt>『オレサマが勝ってみせる!』とか」
      「アナタと戦う前日は特によく   <br>話していたわね。        」
ギコ    「はぁ‥‥、                             」
アネジャ  「でも不思議なのよねぇ。                       」
ギコ    「? 何がだ?                            」
アネジャ  「フサギコ検事、格段にプライドが <br>高いから、           」
      「負けたら暴れだすとか      <br>思ってたけど、         」
      「帰っても全然そんな様子はないし、<br>それどころか‥‥、       」
      「少し嬉しそうだとか聞いたし。  <br>それに‥‥           」
ギコ    「まだあるのかよ‥‥。                        」
アネジャ  「検事、以前の事件の犯人に面会した<br>らしいんだけど、        」
      「その女の子を慰めてたんだって、                   」
アネジャ  「ホント、わからないものね。   <br>“検事”なのに。        」
ギコ    「(オレには少し分かる気がする。)                  」
      「(アイツは‥そんな奴だからな。)                  」

「姉者のこと」
ギコ    「科学捜査研究所の刑事なんだろ? <br>姉者って。           」
アネジャ  「あら、そのとおりよ。      <br>ご明察ね、ギコくん。      」
ギコ    「(別に察した訳じゃない。)                     」
      「所で妹者から聞いたんだけど‥。                   」
アネジャ  「あら?何かしら?                          」
ギコ    「流石家って全員法律関係の仕事に <br>就いているって聞いたけど。   」
      「科捜研って、法律とはあまり   <br>関係ないんじゃぁ‥‥。     」
イモジャ  「ぎ、ギコにぃ‥‥‥それは‥‥。                   」
アネジャ  「確かにそうね。‥でもね、    <br>仕方ないのよ。         」
      「だってアタシ、才能に恵まれない <br>イラナイ子だもの‥‥。     」
ギコ    「え‥‥‥。                             」
イモジャ  「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥。                  」
「話す」に「流石家の才能」が追加。
「流石家の才能」
ギコ    「ど、どう言うことだよ。今の‥。                   」
アネジャ  「流石家の家系は探偵一族よ。   <br>その才能は流石家の血を引く者が、」
      「代々、子々孫々に伝えられるもの <br>なのよ。            」
ギコ    「(なんだか、俺たちとは次元が  <br> 違うみたいだな。)      」
アネジャ  「私は流石家で一番最初に     <br>生まれた子なんだけど。     」
      「でも‥‥‥兄弟の中で唯一人   <br>才能に恵まれなかったのよ。私は。」
      「妹者も、下の弟の方も分かるけど、<br>ボンクラの方の弟にまで負けたのが」
      「ある意味、一番痛かったわね。  <br>  でも‥‥‥。        」
      「後悔はしなかったわ。そのお陰で <br>私は“宿命”と言う名の束縛から、」
      「逃れる事ができたし、好きな事が <br>出来るようになったわ。     」
ギコ    「それが‥‥今の仕事か?                       」
アネジャ  「ええ。必死に勉強したけどね。  <br>念願の科捜研に入れたときは‥、 」
      「嬉しかったわ。才能の無い私でも、<br>やれば出来ると証明できたから。 」
イモジャ  「ち、違うのじゃ!姉者は!    <br>天才なのじゃ!わらわと違って! 」
アネジャ  「いいえ、逆よ、妹者。      <br>アナタが天才で、私が凡才なの。 」
イモジャ  「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥。                  」
アネジャ  「ねぇ、ギコ君。                           」
ギコ    「な、何だよ‥。                           」
アネジャ  「妹者のこと‥‥よろしくね。                     」
      「あの子は天才よ。        <br>母者と同じくらいにね。     」
      「だから、きっとアナタの     <br>役に立ってくれるわ。      」
      「でも、幼い故に、まだ不安定なの。<br>だから‥‥支えになってあげて。 」
ギコ    「‥‥‥‥任せとけって。                       」
イモジャ  「何の話をしてるのじゃ?                       」
アネジャ  「ううん。何でもないわ。                       」
「流石家の才能」を聞き終わると
アネジャ  「さて、そろそろ本題に      <br>入りましょうか。        」
(トリック&ロジック)
      「あなた達はこの私に検査して   <br>もらいたい証拠品があるって、  」
      「妹者から聞いているわ。                       」
イモジャ  「うむ。そうなのじゃ。      <br>ホレ、ギコにぃ。        」
ギコ    「あ、あぁ、分かってるよ。                      」
※1
緑文字ギコ 「なぁ姉者、コイツを検査して   <br>くれないか?          」

外した場合
ギコ“くらえ!”
イモジャ  「待つのじゃ!ギコにぃ。                       」
ギコ    「え?                                」
イモジャ  「調べて欲しいのはそんな物じゃ  <br>なかろう?他にあるはずじゃ。  」
ギコ    「わ、わかってるよ。冗談だって。                   」※1へ


→『汚れた布』
ギコ“くらえ!”
ギコ    「この汚れた布、少しだけど赤い斑点<br>が付いているんだ。       」
アネジャ  「赤い斑点‥‥。                           」
ギコ    「俺たちはこれを血液と見ているん <br>だけど、わからないんだ。    」
イモジャ  「だから姉者にこれを調べて    <br>もらいたいのじゃ。       」
アネジャ  「フッフッフ、そんなの、     <br>お安い御用よ。         」
ギコ    「それともう一つお願いが     <br>あるんだが、          」
アネジャ  「わかってるわよ。フサギコ検事  <br>でしょ?            」
ギコ    「ああ、フサギコには内緒に‥‥、 <br>出来るか?           」
アネジャ  「本当はいけないんだけどね、   <br>カワイイ妹やアナタの願いだもの。」
      「特別に内緒にしといてあげるわ。                   」
イモジャ  「スマナイのじゃ。姉者。                       」
青文字   「証拠品《汚れた布》を、     <br>姉者に預けた。         」
アネジャ  「それじゃ、早速帰って調べて   <br>みるわね。           」
(姉者、立ち去る)
イモジャ  「ギコにぃ。 コレだけでよかったか<br>のぅ・・・・うーむ‥‥       」
ギコ    「確かに‥‥何か忘れてるような‥。                  」

※2
→引き止める
 もうない

→引き止める

ギコ“待った!”
(姉者、戻ってくる)
アネジャ  「どうしたの?まだ何か      <br>あるのかしら?
緑文字ギコ 「スマナイが、          <br>コイツも一緒に調べてくれないか?」

→『包帯』
ギコ“くらえ!”
アネジャ  「それは?                              」
ギコ    「この包帯、焼却炉から見つけたん <br>だが、これも血痕がついてるんだ。」
アネジャ  「ふ~ん、なるほど。                         」
ギコ    「調べてくれるか?                          」
アネジャ  「任せなさい!この姉者様に化学で <br>出来ないことなんてないんだから!」
イモジャ  「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ボソッ<br>(自信過剰なのじゃ‥。)    」
アネジャ  「何か言ったかしら?妹者。                      」
イモジャ  「い、いや!何もないのじゃ!                     」
青文字   「証拠品《包帯》を姉者に預けた。                   」
ギコ    「(まだ謎は残っている‥‥)                     」
      「(板川と話した時に出てきた   <br> ふしあなさん‥‥)      」
      「(そろそろ‥‥解除できるはずだ。<br> ‥‥行こう! ヤツの所へ!) 」

→もうない

ギコ    「う~ん、何かありそうなんだけど、<br>思い浮かんでこないんだよな。  」
イモジャ  「本当にそうなのかの?      <br>よく考えてみるのじゃ。     」
ギコ    「確かに‥‥何か忘れてるような‥。                  」※2へループ



・探偵2-12
                      ○                 ○
緑文字   「   同日 午後5時21分   <br>      北墓地       」

イタガワ  「おや、弁護士さん。       <br>また来たんですか‥‥      」
ギコ    「まあな。                              」
      「さて板川。そろそろお互いハラを <br>見せ合って話し合おうか‥‥   」
イタガワ  「どういう意味です? それ。                     」
ギコ    「じきに分かるよ。                          」
      「(浅墓のトラブル‥‥      <br> ヤツはそいつを隠している。) 」
      「(絶対に引きずり出してみせる!)                  」

板川に『ふしあなさん』をつきつけ解除開始。
ギコ“くらえ!”

キコエナイ5匹出現

赤文字   「    ~事件の動機~                       」
ギコ    「板川、お前は浅墓を殺す動機を持つ<br>人間は思いつかないと言ったな。 」
イタガワ  「ええ。だって知りませんから。                    」
※1
      「ボクの知る限りじゃ、誰とも   <br>トラブルはなかったはずですよ。 」
ギコ    「そうか‥‥でもな。                         」
      「実はあったんだよ。       <br>浅墓には‥‥トラブルが。    」
イタガワ  「何ですって‥‥?                          」
      「それ、間違いないんですか?                     」
ギコ    「(あくまで知らないフリを    <br> するつもりか‥‥)      」
緑文字ギコ 「浅墓がトラブルを抱えていたという<br>コンキョは‥‥         」

外した場合
ギコ“くらえ!”
ギコ    「これを見てみろよ。板川。                      」
イタガワ  「はい、見ました。                          」
ギコ    「あぁ、ありがとう。                         」
イタガワ  「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥<br>あの、それで?         」
ギコ    「‥‥‥スマン、今のは忘れてくれ。                  」
イタガワ  「あなたの頭のトラブルを片付ける <br>のが先なんじゃないですか?   」(心証ゲージDown)
ギコ    「(コノヤロウ‥‥。)                        」※1へ

→『浅墓のメモ』をつきつける
ギコ“くらえ!”
ギコ    「これは浅墓の部屋にあった物だ。                   」
      「見てくれ。書いてあるだろ?                     」
      「『Dの件で先輩とトラブル』‥‥ <br>な?              」
イタガワ  「へえ‥‥確かに。                          」
      「でも‥‥だからどうしたってわけ <br>じゃありませんよね。      」
ギコ    「何だって?                             」
イタガワ  「この“Dの件”も、“先輩”も、 <br>今度の事件と関係あるかどうか‥‥」
      「それが分からなければ、     <br>どうしようもないですよね?   」
ギコ    「そうだな。           <br>‥‥じゃあ、次はそれだ。    」
イタガワ  「え‥‥                               」
※2
緑文字ギコ 「このメモに書かれている“Dの件”<br>とは‥‥            」

外した場合
ギコ“くらえ!”
ギコ    「これの事だよな?Dの件って‥。                   」
イタガワ  「なんで急に下手に出るんですか?                   」
      「弁護士さん、まさかそんなんで  <br>話が通るなんて思ってませんよね。」(心証ゲージDown)
ギコ    「(メモに書かれたトラブルの原因が<br> この“D”だ。)       」
      「(考えろ。この“D”が     <br> 何を意味するかを‥。)    」
イタガワ  「もう十分ですか?弁護士さん。                    」
ギコ    「いいや、まだだ。        <br>(ここで引いたら男じゃねぇ!) 」※2へ

→『新聞記事・1』or『土熊 岳彦』をつきつける
ギコ“くらえ!”
ギコ    「今から2ヶ月前‥‥       <br>ある殺人事件が起きた。     」
      「被害者は‥‥土熊 岳彦。    <br>黒磨日大学の学生だ。      」
イタガワ  「あ‥‥                               」
ギコ    「土熊はオカルトサークルのメンバー<br>でもあったんだってな?     」
イタガワ  「!                                 」
ギコ    「メモに書かれている“D”‥‥  <br>それは土熊の“D”だったんだよ。」

キコエナイ1匹消滅

イタガワ  「な‥‥そんな‥‥!                         」
      「ちょ、ちょっと待ってください。                   」
      「この“D”が本当に土熊のことか <br>分からないじゃないですか!   」
ギコ    「じゃあ何だと思うんだ?                       」
イタガワ  「ひょ、ひょっとしたら、ダニエルの<br>“D”かもしれませんよ!    」
ギコ    「だ、誰だよ。ダニエルって。                     」
イタガワ  「ウチの大学の留学生ですよ。                     」
      「“D”がダニエルのことじゃないと<br>断言できるんですか!      」
ギコ    「(うっ‥‥!          <br> ムチャクチャ言いやがる‥‥) 」
      「(なんとしてでも、土熊と関連付け<br> させないと‥‥)       」
※3
      「いいか、板川。                           」
      「浅墓が土熊の事件のことを気にして<br>いたことは確かなんだよ。    」
イタガワ  「!               <br>そ、それだったら‥‥。     」
緑文字イタ 「浅墓くんが間違いなく土熊と   <br>関わっていた証拠があるんですか?」

外した場合
ギコ“くらえ!”
ギコ    「これを見ればもう明らかだろ?                    」
イタガワ  「‥!ええ!わかりましたよ!                     」
      「ヤハリ弁護士さんもダニエルを  <br>疑っていたんですね!      」
ギコ    「‥‥‥ハイ?                            」
イタガワ  「そうなんですよね、アイツ、   <br>どうも最近素振が怪しかったし‥。」
ギコ    「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥<br>(要するにハズレという事だな。)」(心証ゲージDown)
      「板川、とりあえずそのダニエル  <br>とやらは後回しだ。(永久に。) 」※3へ

→『新聞記事・2』をつきつける
ギコ“くらえ!”
ギコ    「お前も知らないわけじゃないだろ?<br>半年前の事件‥‥        」
イタガワ  「う‥‥!                              」
ギコ    「半年前の強盗事件‥‥      <br>浅墓はその記事を保管していた。 」
      「“D”のことといい、記事といい、<br>ただのグーゼンだと思うか?   」
イタガワ  「ぐうぅッ‥‥!                           」

キコエナイ1匹消滅

イタガワ  「それじゃあ‥‥仮にあなたのスイリ<br>が正しいとしましょう。     」
      「それで‥‥どうなるんです?                     」
ギコ    「そこで問題になるのが‥‥    <br>“先輩”の存在だ。       」
      「もちろん、浅墓のメモに     <br>書いてあった“先輩”のことだよ。」
イタガワ  「‥‥‥‥!                             」
ギコ    「浅墓は土熊のことで、      <br>この“先輩”とトラブルがあった。」
      「じゃあ、この“先輩”とは    <br>いったい誰なのか?       」
イタガワ  「あ、あなたに分かるとでも‥‥?                   」
※4
ギコ    「(難しいことじゃない。     <br> もう分かりきっている‥‥)  」
青文字ギコ 「(浅墓とトラブルのあった“先輩”<br> ‥‥その人物とは!)     」

外した場合
ギコ    「メモに書かれた“先輩”それは  <br>コイツなんじゃないか!?    」
イタガワ  「そ、そう言われましても‥。                     」
      「それをボクに見せてどうするつもり<br>なんです?弁護士さん。     」
ギコ    「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥<br>(俺は何をしたかったんだろう?)」(心証ゲージDown)
      「(いかんいかん、ちゃんとしろ俺!<br> 考えれば分かることだろう。) 」
      「(甘楽から聞いたこと、     <br> そして“先輩”の存在。)   」※4へ

→『板川 淳二』をつきつける
ギコ“くらえ!”
ギコ    「お前のことさ。板川‥‥                       」
イタガワ  「な‥‥‥‥!                            」
ギコ    「浅墓とトラブルがあったのは、  <br>他でもないお前なんだよ!    」
イタガワ  「ぐあああああ!                           」
      「ば‥‥バカなァァァッ!                       」

キコエナイ1匹消滅

      「い、いったい何故‥‥      <br>ボクが浅墓と‥‥        」
      「あなたの言っていることは    <br>ゼンブ間違っている!      」
ギコ    「さて、そいつはどうだろう?                     」
イタガワ  「そもそも、何故そのことに    <br>土熊も関わっているんですか?  」
      「浅墓と土熊、そしてボク。                      」
      「同じサークルの仲間だということ <br>以外、何も‥‥         」
ギコ    「そう。まさにそれだよ。                       」
      「お前たち3人は同じサークルの仲間<br>同士だった。          」
      「そしてそこに‥‥もう1つの関係が<br>隠されていたんだ。       」
イタガワ  「も、もう1つの関係‥‥?                      」
ギコ    「まだシラをきり通すつもりなら  <br>言い当ててやろうか?      」
緑文字ギコ 「浅墓と土熊、そしてお前を繋ぐ  <br>もう1つの関係とは‥‥     」

→『新聞記事・2』をつきつける
ギコ“くらえ!”
ギコ    「半年前の強盗事件‥‥                        」
      「犯人グループは‥‥3人いた。                    」
      「警察の捜査で、1人が土熊だと  <br>明らかになっている。      」
      「しかし、残りの2人は誰だか   <br>未だに分かっていない。     」
イタガワ  「そ、それがなんだと‥‥                       」
ギコ    「(3人の隠された関係‥‥)                     」
      「(それが何なのか‥‥      <br> じらすのはもういいだろう。) 」
      「(今、ここで!         <br> はっきり言ってみせる!)   」
※5
      「いいか!            <br> お前たち3人は‥‥      」

→愛の三角関係
 大の仲良し
 強盗事件の犯人グループ
                      ○                 ○

ギコ    「お前達3人の関係‥‥、     <br>早い段階でわかりかけてたんだ‥。」
イタガワ  「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                  」
ギコ    「そう‥‥お前たちは、性別の壁を <br>超えたアツく、ノウミツな関係に‥」
イタガワ  「ちょちょちょっちょちょ     <br>待ってください待ってください! 」
      「今までの会話の流れからどうして <br>そんな答えに行き着いたんですか!」
ギコ    「さぁな、生憎その手の話はオレにも<br>よく分からん。         」
イタガワ  「分かりもしないのにどうしてそんな<br>妄想に走ったんですか!?    」
      「あなたのその思考回路は人そのもの<br>を馬鹿にしている!       」(全ゲージ消滅)


 愛の三角関係
→大の仲良し
 強盗事件の犯人グループ

ギコ    「まぁ、なんとなくそんな気は   <br>していたんだ。         」
イタガワ  「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥                  」
ギコ    「お前達、いつも3人で遊ぶ    <br>仲良しグループなんだろ?    」
イタガワ  「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥え?                   」
ギコ    「あれ?違うのか?                          」
イタガワ  「い、いや、違うとは言いませんが、<br>何と言うか‥‥その‥、     」
      「ここまで話を引っ張っといて   <br>随分平和的な答えになりましたね。」
ギコ    「(‥‥俺もそう思う。)                       」
イタガワ  「やり直し‥‥ですね。      <br>アナタの頭の中から。      」(心証ゲージDown)
ギコ    「(バカにしやがって‥!)                      」※5へ
            
 愛の三角関係
 大の仲良し
→強盗事件の犯人グループ
ギコ    「ここに警察の捜査資料がある。                    」
      「お前は警察からマークされていた。<br>ある事件の容疑者としてだ。   」
イタガワ  「!                                 」
ギコ    「何の事件か‥‥         <br>言うまでもないよな?      」
      「お前自身、よく分かってるだろ?                   」
      「そう、半年前に起きた‥‥    <br>あの強盗事件だよ!       」
イタガワ  「‥‥‥‥                              」
ギコ    「はっきり言ってやるよ。                       」
      「土熊と浅墓、そしてお前は‥‥  <br>この事件の犯人だったんだ!   」
イタガワ  「いいがかりもいい加減にしろ。  <br>殺すぞオマエ。         」
ギコ    「何?                                」
イタガワ  「あ‥‥                               」

キコエナイ2匹消滅
(解除成功)
(心証ゲージ回復)

→「事件の動機」

イタガワ  「弁護士さん、とても面白く聞かせて<br>いただきました。        」
      「いいでしょう。         <br>‥‥出来る限り答えますよ。   」
ギコ    「このメモ‥‥“D”の件って。                    」
      「土熊が殺されたことで、     <br>浅墓ともめたのか?       」
イタガワ  「言っておきますけど‥‥                       」
      「ボクがあの事件の犯人だという  <br>根拠はないんですよ。      」
      「あくまでも、それはあなたの   <br>スイソクに過ぎないんです。   」
イモジャ  「スイソクなんかじゃないのじゃ! <br>おぬしは間違いなく‥‥     」
イタガワ  「証拠があれば、         <br>とっくにボクは刑務所の中です。 」
      「それがないから、今もこうして  <br>のんびり暮らしてるんでしょう? 」
イモジャ  「う‥‥                               」
イタガワ  「いいですよ。浅墓と口論したことは<br>認めてあげます。        」
      「ある日、浅墓のヤツが言ってきたん<br>です。突然。          」
      「『先輩! どうして土熊を‥‥』 <br>って言ってきたのさ。      」
      「ボクには何のことか       <br>さっぱり分かりませんでした。  」
      「『言っていることが分からないな』<br>とだけ言っておきましたよ。   」
ギコ    「‥‥じゃあ、別の質問をしよう。                   」
      「お前、死んだ土熊のこと‥‥   <br>どう思っている?        」
イタガワ  「バカなヤツですよねえ、まったく。                  」
      「仲間を見捨てて自分だけ逃げようと<br>考えるから、ああなるんです。  」
      「やっぱり持つべきものは、    <br>良きトモダチですね。      」
ギコ    「‥‥‥‥                              」
イタガワ  「土熊が死んだことで、      <br>警察の捜査も行き詰って‥‥。  」
      「連中はボクの身辺を       <br>徹底的に調べ上げたそうです。  」
      「でも‥‥            <br>それでも証拠はつかめなかった。 」
      「まあ、仕方ないですよ。                       」
      「仮にボクが犯人だとしても決定的な<br>証拠だけは残しませんから。   」
      「それならいくら疑いが深くても、 <br>ヤツらは手を出せんませんしねえ。」
ギコ    「(こいつ‥‥!)                          」

(「真犯人の告発」が新たに出てくる。)

→「真犯人の告発」
イタガワ  「で? あなたはどうしたいんです?<br>ボクを強盗犯として告発します? 」
      「でも、あなたには杏子の無罪を  <br>立証するというお仕事があるなあ。」
      「カワイイ依頼人を放っておいて、 <br>探偵に鞍替えするんですか?   」
イモジャ  「わらわは本物の探偵なのじゃ!  <br>オヌシなどわらわがズバッっと‥‥」
ギコ    「妹者。ちょっと黙っててくれ。                    」
      「オレは絶対に杏子を無罪にする。 <br>そして‥‥           」
      「真犯人の首に‥‥縄をかけてやる。                  」
イタガワ  「‥‥頼もしいですねえ。                       」
      「それで、その“真犯人”とやらの <br>見当はついているんですか?   」
ギコ    「ああ。はっきり分かっている。                    」
イタガワ  「そうですか。そりゃあいい‥‥。 <br>ああ、そうだ。         」
      「‥‥さっき、今日の法廷を見てない<br>って言ったの、ウソだったんです。」
ギコ    「知ってるよ、もう。                         」
イタガワ  「いやあ、今日は見事でしたねえ。 <br>名弁護でしたよ。        」
      「でも‥‥明日もその弁護を見ること<br>は、出来ますかねえ?      」
ギコ    「どういうことだ?                          」
イタガワ  「ククク‥‥           <br>言葉どおりの意味ですよ。    」

すべて話を聞き終えると、イベント発生。

???   「おや、こんな所で        <br>キミと会おうとは‥‥      」
イタガワ  「お。来たみたいですね。                       」
ギコ    「(こ、この声は‥‥)                        」

(フサギコ、登場)

イモジャ  「あ! ムサギコ検事なのじゃ!                    」
フサギコ  「誰がムサギコじゃボケェ!    <br>フサギコだゴルァ!       」
ショボ   「ふ、フサギコ検事‥‥      <br>オトナゲないんですョ。     」
ギコ    「(初っ端から台無しだな‥。)                    」
イタガワ  「今、弁護士さんとお話ししてたとこ<br>ろなんですよ。         」
フサギコ  「そうか。だが、もういいだろう? <br>手続きもあるし‥‥       」
ギコ    「おい、ショボ刑事。       <br>どういうことなんだ?      」
ショボ   「どういうことも何も‥‥                       」
      「板川 淳二は‥‥明日の裁判に  <br>おける検察側の証人なんですョ。 」
イモジャ  「な、なんじゃとおおお!                       」
イタガワ  「そういうことです‥‥」
ギコ    「(板川が‥‥明日の証人!)                     」
フサギコ  「それでは行こうか。       <br>では、また明日会おう。     」

ギコ“待った!”

ギコ    「ふ‥、ムサギコ!                          」
フサギコ  「お前、今ワザと言っただろ!   <br>殴られてえのか!ゴルァ!    」
(落花狼藉 推奨)
ギコ    「お、お前‥‥          <br>知らないわけじゃないんだろ?  」
      「こいつは‥‥          <br>半年前の事件の容疑者なんだぞ! 」
      「それに‥‥2ヶ月前の殺人だって、<br>こいつが関わっていないとも‥‥ 」
フサギコ  「‥‥‥‥‥‥                            」
      「今、私が捜査しているのは、   <br>ここで起きた殺人事件だ。    」
      「たとえ、彼が強盗事件で     <br>灰色であったにせよ‥‥     」
      「告訴されてない以上、私にとっては<br>大事な証人。いや‥‥      」
      「それ以前に‥‥普通の一市民だ。                   」
ギコ    「そ‥‥そんな‥‥!                         」
フサギコ  「‥‥‥弁護士の仕事は無罪を立証 <br>すること。それと同じように、  」
      「検事は被告人の有罪を      <br>立証する事だ。         」
      「私は検事の“仕事”を      <br>やらせてもらう。        」
      「お前も大人なら、そんな世の理  <br>くらい理解できるだろう?    」
      「だからお前も弁護士の仕事を   <br>することだ。          」
      「さもなければ、このオレサマが‥ <br>貴様を叩き潰すだけだ!     」
ギコ    「‥‥く‥‥‥クソッ!                        」
イタガワ  「それでは弁護士さん。      <br>さようなら‥‥         」

(板川、立ち去る)

イモジャ  「そ、そんな‥‥         <br>納得いかないのじゃ!      」
      「待つのじゃ! クサギコ検事!                    」
フサギコ  「フサギコだっつってんだろ!   <br>間違えんな!          」
ショボ   「け、検事‥‥落ち着いて‥‥                     」

イモジャ  「ギコにぃ‥‥                            」
ギコ    「どうやら‥‥戦うしかないな。  <br>明日、法廷で‥‥        」
イモジャ  「‥‥!                               」
(画面暗転)
ギコ    「(アイツの“仕事”‥‥か。   <br> ならばオレだって‥。)    」
      「(杏子を救い出すという“仕事”を<br> するまでだ!)        」
      「(俺のやることはもう決まった!)                  」
      「(板川‥‥アイツこそ‥、    <br> この事件の真犯人だ!)    」
      「(絶対に‥‥お前の罪を     <br> 暴いてみせる!)       」
      「(殺された浅墓や土熊‥‥    <br> そして、杏子のために!)   」

つづく




更新履歴

取得中です。