|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

neta6

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「調べる」

→墓石
ギコ    「ヤハリ墓地と言うからには    <br>見るものなんて一面、墓だけだな。」
イモジャ  「‥‥‥ギコにぃ。                          」
ギコ    「何だよ。                              」
イモジャ  「今は警官達がいっぱいいるけど‥‥<br>普段は人なんていないのじゃろう?」
ギコ    「まぁ、時々程度なら来る人もいる <br>だろうけど。          」
      「正直殆ど来ないだろうな。    <br>人なんて。           」
イモジャ  「人が死んで悲しまれるのは    <br>最初だけ‥‥。         」
      「でもやがて悲しみはあせていって、<br>忘れられたりするのじゃね。   」
      「無念にも殺されてしまった浅墓殿を<br>考えると、やりきれないのじゃ‥。」
ギコ    「(確かに、考えるとなんとなく‥‥<br> 虚無感を感じるな。)     」


→ガラスのかけらのある墓石
イモジャ  「気をつけるのじゃ!ギコにぃ!  <br>ガラスが落ちておるぞ!     」
ギコ    「ガラス‥‥か、何でここに‥、  <br>‥それにやけにコマカいな。   」
イモジャ  「細かいと言うより、小さいのじゃ。                  」
ギコ    「(周りにガラス製品なんて無し。 <br> 加えてこの小ささ。)     」
      「(少しアヤシいな。ファイルして <br> おこうか?)         」
青文字   「《ガラスのかけら》の      <br>データを法廷記録にファイルした。」


→千枚通し
ギコ    「何だろう?何か落ちている。                     」
ショボ   「それは今回の凶器と考えられる  <br>“千枚通し”ですョ。      」
イモジャ  「“せんまいどおし”?      <br>それって何なのじゃ?      」
ショボ   「要するに、たくさん重ねた紙に  <br>穴を開けるキリのことなんですネ。」
イモジャ  「ほほう。つまりそれで      <br>浅墓殿を‥‥。         」
ギコ    「凶器か‥‥、当然重要な証拠品だ。                  」
ショボ   「持って帰っちゃダメですョ!   <br>ボク達は現場を保存しますから。 」
イモジャ  「ケチ!                               」
ショボ   「アゥゥッ!                             」
ギコ    「まぁ妹者、アイツも仕事なんだから<br>仕方が無いって。        」
ギコ    「(しょうがないな。凶器のデータを<br> メモしておくか。)      」
青文字   「凶器《千枚通し》のデータを   <br>法廷記録にファイルした。    」




更新履歴

取得中です。