第7話 サボテン狂想曲《ラプソデイー》(後編)

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

突如サボテンの中から生まれてきた男の子、サミアド。
リュークとキッチェを親だと思っているらしい。
「買い物に行ってくる」と告げて出かけたサミアドだったが、心配したリュークとキッチェが後からついてくる。
次から次へと騒動を起こすサミアドに、次第に怒りを強めていく島民達。
サミアドが無事に買い物から帰ってきたとき、島民の怒りは限界まで達していた。
キッチェはサミアドをかばおうとするが、いつの間にか、サミアドの身体のトゲが枯れていることに気づく。
「・・・・・・もうお別れの時間なんじゃ」

「でも、心配すんなよ!!次に花が開くとき、おいらまた生まれてくるから」

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

■ 人物図鑑
+島民+

+海の上の人々+

+刺客+

+テラの人々+

+サイドテラの人々+

+その他+


■ サンクルス観光名所

■ 第1巻あらすじ

■ 第2巻あらすじ

■ 第3巻あらすじ
 スペシャル読みきり特別編

■ NOA+第1巻あらすじ

■ NOA+第2巻あらすじ
 スペシャル読みきり特別編

■ NOA+第3巻あらすじ

■ NOA×第1巻あらすじ

■ NOA×第2巻あらすじ

■ NOA×現行話あらすじ




■ mini BBS



更新履歴

取得中です。