※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オブジェ集 > 内装オブジェ > 魔女ほうき

[←オブジェ集に戻る]


魔女ほうき(特別講座つき)



図の中と右のほうきは柄が床から6段、Fur Capeが床から7段持ち上げてあります。


【材料】

①のタイル
Gnarled Staff(\向き)(1)

②のタイル
Fur Cape(1)


Gnarled Staffは上図の①の位置に置いてありますが、ドロップする時は①’の位置に置くと①に置いたことになります。

Fur Capeはほうきの柄の色に合わせて染めてみました。

\向きのGnarled Staffはモンスドロップしか無いようですので、根気よく探してください。
/向きしか手に入らない場合は、Fur Capeの代わりにFur Salonか複数のBody Sashを使うとモップ風(?)のほうきができます。

Gnarled Staffが一番魔女らしいと思いますが、\向きの棒であれば、Quarter Staff、Blow Pipe(グレー)などでもできます。
家庭用ほうきにはまっすぐな棒の方が良いでしょう。
また、木材強化やネオン武器を使うことによって、柄の色を変えて楽しむこともできます。

ほうきに乗ろう!


屋内編



この図ではほうきは床に直接(0段目)に置いてあります。
Fur Capeは1段上げていますが、お好みで0段でも構いません。

ほうきの手前にゴザを設置して4段上げています。
ポーズを取る時の向きを考えて(登る時歩く方向)、足場にするゴザを設置して2段上げます。

頭上に天井があるとこれ以上は登れません。
天井が無ければもう少し高く上がってもいいので、その場合はゴザの枚数を増やすかはしごを使ってください。
目立たないスツールに座らせればベンダーをほうきにまたがらせることもできそうです。

屋外編



①柄の設置です。

屋内と同じで、テーブルの左上の地面に置くとテーブルの上に載ります。

②Fur Capeです。テーブルの上に1段追加して載せました。(高さ7段)

③テーブルなどを撤去して場所とキャラの向きを決めます。

Footstool(高さ1段アイテムなら何でも使えます)はテーブルをどかしたあとに取ります。
キャラは正面向きがお勧めです。

立ち位置はもう1マス左上でも良く、二人並んでも面白いです。

④戦闘モード

⑤今度はほうきに乗ります。

ほうきの手前にSmall Table2つ、その上にFootstool、その上に通行可能なアイテムを一つ載せます。(ここでは6gp。グラフィックではコインがFootstoolより下に見えますが、データ上コインの位置の方が上です)

重要なのはフットスツールとその上のアイテムです。

⑥テーブルを取り除きます。

⑦⑧ほうきに乗る

地面でお好みの向きに立ち、戦闘モードにします。
向きを決めたら、コインに向かってテレポートします。

撮影はコインとフットスツールを取り除いてすると良いです。

何人もで遊ぶ時は、フットスツールを保護色に塗って、コインの代わりにBlack Pearlなど小さくて目立たないアイテムを使うと、撤去して置きなおす手間を省いて何度も使えます。