作品別用語集 - 春香さんが大名になったようです(仮)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



■ 春香さんが大名になったようです(仮) - 『信長の野望・革新PK』

あらすじ

一条家家臣団による相談で大名として迎えられる天海春香。土佐中村御所を居城に春香は土佐の統一を目指す。

●登場人物・アイマスキャラ編

天海春香

  • 本作主人公。一条改め天海家当主。原作の春香そのままの転びクセがあり、付いた渾名が「土佐のころび姫」
  • 家臣を部下として扱わず「仲間」として接しているため、和気藹々とした雰囲気でありその雰囲気が好ましいと惚れ込む将兵が多数。
  • 転ぶと兵が「安心した」「ありがたや」と言うことからも周囲を和ます人望がある。
  • お人好しである反面、責任感が非常に強く、部下の過失も自ら謝罪することから真っ直ぐな人柄を認める武将も多い。

高槻やよい

  • 天海家家臣。春香とは「やよい・春香さん」で呼び合う親友のような間柄。
  • 槍突撃を得意とし、小さな身体で吼える大音量「うっうー」は一部の敵将にトラウマを与えるほど。長宗我部家長男・信親から『末恐ろしい』とまで言われる。
  • 持ち前の突撃気質を活かした外交交渉により相手が気圧されることもしばしば。

菊地真

  • 長宗我部家家臣。将兵からは「お妹君」と称され長宗我部一族と同様の扱いを受けている。
  • 「格好良い」「凛々しい」「強い」「 真前 」と呼ばれるも、本人は複雑な心境。
  • 長宗我部元親曰く「真の武勇は土佐一」
+以下ネタバレ注意
  • 室戸港での戦いの後、天海家に仕える際に春香から「『様』付けにもの凄く違和感が・・・」とのことから「真・春香」と呼び合うようになる。

土佐のころび姫<タグ>

  • 評定前に転び、面接前で転び、戦場でも転ぶ春香の渾名。同義語として『転ぶ春香様も戦場の華』がある。春香にとっては拗ねる原因であるが将兵にとっては 「だがそれがいい」 のである(笑)


~は武士の嗜み<タグ>

  • 同作品は冒頭が毎回違う趣向であり、特に第5話OPと第7話のEDのクオリティの高さに定評があるため、このタグが付いている。

空の軌跡<コメント>

  • 日本ファルコムのRPG作品「英雄伝説 空の軌跡」シリーズより。処女作「ドラゴンスレイヤー英雄伝説」を皮切りにWindows普及以前から連綿と続くPC・RPGシリーズの代表格で自社レーベル音楽のレベルの高さに定評がある。
+以下ネタバレ注意
7話終了後の予告編「春香さんが大名になったようです」では『空の軌跡SC』の「銀の意志」が用いられている。他にも「イースシリーズ」などファルコム作品の音楽が多い。

●登場人物・天海家武将

一条兼定

  • 「働きたくないのでおじゃる」の一部で人気な一条家当主。春香に大名としての地位を譲るが、大名として苦労している春香を気遣って仕える。
  • どうにも使いづらい能力(統率7・武芸3・知略4・政治29)で相手の兵糧浪費のため囮に使われる。

土居宗珊

  • 元一条家の家老にして、天海家の重鎮。大名になった春香の補佐を勤める。
  • 天海家と春香のために敢えて悪名を被ることも辞さない覚悟で長宗我部への裏工作を行う。
  • 春香ややよいに気遣う発言も多く、春香達の成長を見守る実質的な後見人といえる。

本山茂宗

  • 長宗我部国親・元親親子に追われた土佐本山郷出身の豪族本山茂辰の父。そのため長宗我部家は宿敵ともいえる(国親の娘を嫡男の正室にしているので、元親とは伯父・甥になる)
  • システム上一条家→天海家武将。岡豊城攻略戦では鉄砲隊を率いる。
+以下ネタバレ注意
  • 長宗我部家との因縁のせいか停戦交渉に臨んだ元親には複雑な心境であった模様。(実際にも『~革新』の仕様で元親に対しては「嫌悪」状態)

安芸国虎

  • 土佐七雄のひとりで一条兼定とは義兄弟。旧一条家家臣の中では唯一春香と対等な話し方をしている(岡豊城入城時には敬語)
  • 「転ぶ春香様も戦場の華」の言いだしっぺである。
  • さり気に四国武将一の能力を持つ元親に対して槍衾を全て成功させる殊勲者でもある。

吉弘統幸

  • 天海家への仕官第一号。早撃ちの使い手。春香達の明るい雰囲気に惚れ込み志願する。本来は大友家所属。従兄弟に立花宗茂がいる

高島正重

  • 天海家内政担当。岡豊城攻略戦では後方支援を担当。温厚な人柄で吉弘統幸の仕官の際にはやよいとともに春香をからかう一面もあり。
  • 交渉事にはどうにも運が無く、やよいや他の面々にお株を奪われることあり。

立石正賀

  • 本来長宗我部家臣だが「群雄集結」のシステムで一条→天海家所属。岡豊城攻略戦での春香隊に所属し計略担当。

●登場人物・長宗我部家

長宗我部元親

  • 長宗我部家当主にして『土佐の出来人』の異名を持つ四国最強武将。明智家と同盟しており、その縁で四国各地への出兵を自ら行う。
 統率93 武勇86 知略95 政治88
 足軽S 騎馬C 弓D 鉄砲C 計略A 兵器S 水軍B 築城B 内政A
+以下ネタバレ注意
  • 岡豊城・室戸港攻防戦を経て、春香の人柄を知り天海家に加わる。
  • 帰順後、中村御所に向かってくる西園寺家と交渉、見事に停戦に漕ぎ着ける。

長宗我部盛親

  • 早とちりと勘違いと失言に定評がある長宗我部家の四男坊。それ故に兄弟家臣から突っ込まれる事も。
+以下ネタバレ注意
  • 元親や真たちが天海家に仕える中、ただ一人脱走した(勘違いしたまま)

長宗我部信親

  • 出来の良い息子の見本ともいえる長宗我部家の長男。
  • 一条兼定の領内荒らしを土居宗珊の策と見抜く、失言をした盛親を嗜める、真を気遣うなど真にとって頼りになるお兄さんと言えるポジション。

香宗我部親泰

  • 元親の弟にして、長宗我部家のナンバー2・・・であるが、この物語ではやよいの槍突撃でトラウマになっている。どうやら夢にまで出るらしい。
+以下ネタバレ注意
  • 元親の勧めとやよいの勢いに引きずられるような感じでの天海家入りになった。



名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。