作品別用語集 - 天海無用! 三国志~春香さんが中国統一~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



■天海無用! 三国志~春香さんが中国統一~-『三国志11PK』

 事務所にいたアイドル達は、気付くと中華風の建物の中に飛ばされた。
 ドッキリか? 話し合う皆の前に現われたのは、凪耶(なじゃ)と名乗る女性だった。


登場キャラについて

 アイドルマスター以外にも、複数の作品(アイマス・天地+5作品+α)が登場するが、詳細は不明。
 現時点で確認されている作品は、アイドルマスター、天地無用!、ローゼンメイデン、東方project、Fate の5作品。
 また、戦闘力不足のため、お助けキャラとしてオリジナル武将「神月秀」が登場している。


登場キャラ・アイマスキャラ編


天海春香

 リーダー(君主)に立候補。立候補多数だったため、立候補同士でジャンケンを行ったら一発勝ちして見事リーダーに。
 しかし、方針のすべてを凪耶が勝手に決めており、自分が空気のような存在になっているため不満気味。


如月千早

 配下武将として内政。
 防衛戦で神月とともに戦場に立つも、神月の奇天烈な作戦行動に頭を痛めている様子。


星井美希

 配下武将として内政従事。
 主にあずささんの補佐(方向音痴的な意味で)として活動。


秋月律子

 配下武将として内政従事。自ら事務官を希望する。
 凪耶とともに作成した悪徳商人リストをもとに、悪徳商人を取り締まってお金を搾り取っている様子。


萩原雪歩

 配下武将として内政従事。
 農地開拓でがんばっている様子。


水瀬伊織

 配下武将として活動。
 防衛戦では高見の見物と称して真と一緒に部隊を率いて出撃。サイボウと連携して敵を撃退する。 


双海亜美

 配下武将として活動。
 侵入者を真美とのコンビプレイで捕縛するという活躍を見せる。
 マスク超人(兜をかぶっている武将)を対象に真美とともにマスク(兜)狩りを行う

双海真美

 配下武将として活動。
 侵入者を亜美とのコンビプレイで捕縛するという活躍を見せる。
 マスク超人(兜をかぶっている武将)を対象に亜美とともにマスク(兜)狩りを行う

三浦あずさ

 配下武将として内政従事。
 おもに徴兵を担当。彼女のおかげで天海軍は周辺勢力に負けない大兵力を蓄えることになる。 胸囲の魅力がなすべき業か。


菊地真

 配下武将として活動。
 アイドルの中では唯一三国志に詳しいため、勢力・人物の情報を凪耶に説明している様子。
 防衛戦では伊織にうまくだまされて出撃。サイボウと協力して敵を撃退する。 


登場キャラ・天地無用! キャラ編

 現段階で確認できているキャラクターは以下のとおり。
 なお、天地無用! シリーズには「梶島版(オリジナル)」「長谷川版天地」「ねぎし版天地」「奥田版天地」と製作者ごとに区別されており、それぞれ登場キャラや配役が微妙に異なっている。
 天海無用! で登場するキャラは「梶島版(オリジナル)」である。(第01話オマケより)


朱螺凪耶〔あから なじゃ〕

 アイドルたちと同じ上傭に飛ばされた女性。銀河アカデミーでは数々の伝説を残した哲学教授。
 アイドルたちより若干早く飛ばされたようで、すでに状況を把握していた。
 天海軍の参謀(ナンバー2)として活動。状況に不慣れなアイドルに変わって、あれこれと活動する。
 しかし、君主そっちのけでリーダーシップを取り巻くっている。


九羅密美兎跳〔くらみつ みとと〕

 アイドルたちと同じ上傭に飛ばされた女性だが、彼女の場合は自ら「迷い込んだ」可能性のほうが高い。
 大の掃除好きで、天海軍の配下になっても、暇があったら城内の掃除をしている・・・が。気がつけば、ぜんぜん違う城の掃除をやっていることが多い。(番外志その1)
 あずささんは「天性の方向音痴」だが、彼女の場合は「天性の迷子」の持ち主である。


柾木天女〔まさき てんにょ〕

 天地無用!魎皇鬼の主役であるところの柾木天地の姉に当たる人物。
 天地の母親の清音にそっくりで、美兎跳は最初彼女を清音と勘違いしていた。


登場キャラ・オリジナルキャラ編


神月 秀〔かみつき しゅう〕

 開始拠点である上庸に在野として登場。
 美希に引き抜かれて(?)以降は、天海軍の軍事面で活動する。
 三国志については、漫画およびゲームで把握している。特にゲームはやりこんでいたようで、三国志で登場した各拠点(都市)と、拠点と拠点を結ぶルートをほぼソラで書ける。この知識を元に、真と一緒に三国志時代の地図を完成させる。(信頼度は不明)

 ひょんなことから異世界(not三国志世界)へと飛ばされた日本人のようで、それからしばらくは、その異世界で暮らしていた模様。その後、日本(地球)に戻るためにいろんな異世界を旅してまわり、春香達のいる三国志の世界へとやってきた。
 世界ごとの時間の長さや流れが違うらしく、異世界に飛ばされて何年たったのかは把握していないらしい。
 異世界で軍隊を率いた経験があるものの、後方撹乱(遊撃?)が主であり、まともな戦闘は余り経験していない。そのためか、戦闘が始まる前から撹乱に必要な道具を用意するなどの下準備を始めている。

 天海軍初の戦いでは千早とともに出撃(千早は主に見学)。
 異世界で後方撹乱ばかりしていたというだけあって、戦場でも敵の撹乱を第一として行動し、まともな戦いはほとんどしない。しかも撹乱の方法が余りにバカバカしいため、敵だけでなく味方をも巻き込みかける。しかし、一定の効果は確かに出ており、味方を勝利に導く一端をになう。
 ……が、やはり方法に問題があったようで、それ以来、伊織に「バカ」呼ばわりされることになる。

 マイリスのコメントで「バカを演じている馬鹿」と言っているが、「馬鹿」とどう違うのだろうか?

 ゲーム・アニメ好きなのか、亜美真美のネタによく反応し、ノリがいい面もある。


 ちなみに、普段の格好だが。
 青い装束に青いマントを羽織り、両腰に1本ずつ刀を帯びている。
 髪は腰まで伸びていて、それを黄色いリボンで一本に縛っている(チョウチョ結び)。
 端から見なくてもヘンテコな格好である。

 なお、撹乱作戦「プランA」において「魔法剣士」と名乗っているが、本当かどうかは推して知るべし。(格好だけならまさにそれっぽいが)


登場キャラ・三国武将編

蔡瑁

亜美真美によるマスク狩りの犠牲者第一号。
流言を仕掛けようとしていたところを双海姉妹と美兎跳に発見され、クロスボンバーを喰らい捕獲される。


用語

マスク狩り

亜美真美が、覆面超人(兜をかぶっている武将)に対して行う行為。
彼女たちに敗れた覆面超人はそのマスク(兜)を剥ぎ取られ、コレクションの一つにされてしまう。
そのときに使われる技、クロスボンバーは大変危険ですので、軽々しく人様にやっちゃいけません。
綺麗に入るとマジ悶絶します。
ちなみに最初の犠牲者は蔡瑁。

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。