武将別解説 - 戦国編4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



あ行つづき

江里口信常(えりぐち のぶつね)

出演作品:律子の野望
  • 作品名:律子の野望
    • 元服後佐賀で浪人していたが、鍋島直茂の紹介で秋月家に仕官する。愛すべき馬鹿。いつの間にか真の弟分のような位置に。
    • 1560年時点で13歳(秋月家参入時17歳)。
    • 十七歳トリオの脳筋担当。空気は読めない。
      • 能力:政治 12 戦闘 81 采配 26 智謀 15
      • 技能:なし
      • 適正:足軽 B 騎馬 E 鉄砲 D 水軍 E

江馬輝盛(えま てるもり)

出演作品:閣下の統一日記、燃えよ双星
  • 作品名:閣下の統一日記
    • 三木家家臣。シラフで「雪歩様」化した雪歩に鞭でぶたれて歓んでいた。

    • はるゆきの濃厚な百合の気配を嗅ぎ取って参上したり、閣下の館警備の愚民兵に混じって登場したり(しかし、訓練された愚民より能力的に劣る)と、順調に壊れている。
  • 作品名:燃えよ双星
    • 典型的な紳士。塩屋秋貞にハメられて双海家に仕官し、亜美真美に「お兄様」と呼んでもらおうとして頬を赤らめ、失敗して泣いた。
    • 基本的に可哀想な扱いの人。兄ちゃんの頭じゃちかたないと真美に言われてまた泣いた。

江馬時盛(えま ときもり)

出演作品:閣下の統一日記、千早創世録
  • 作品名:閣下の統一日記
    • 三木家家臣。春香と雪歩の前で変態的行動を取った息子・輝盛を速やかに排除した。
  • 作品名:千早創世録
    • 神保家家臣。美濃攻めに従軍。小鳥の考案した「田螺攻め」のネーミングセンスに呆れる。
    • 小鳥の妄想トリップモードを目撃して恐れ戦く。

エルナン・コルテス(えるなん こるてす)

出演作品:アイマス戦国酔夢譚
  • 作品名:アイマス戦国酔夢譚
    • 貴音率いるイスパニア軍の将。アステカ文明の破壊者。鉄砲の固有戦法として「聖戦」を持つ。
    • 統率:92 武勇:91 知略:98 政治:85 義理:40 鉄砲:S 計略:S

遠藤直経(えんどう なおつね)

出演作品:伊織立志伝、伊織幻戦記、アイマス立志伝
  • 作品名:伊織立志伝、伊織幻戦記
    • 遠藤喜右衛門直経。長政幼少の折から城に詰めており、長政の守役的存在でもある。武勇に秀で、また先見性もあり、力をつけつつあった信長に対して「スキを見て暗殺をすべき」と進言したこともあった。
    • 史実では、姉川の戦いで味方武将の首を掲げて織田軍を装い、一気に信長本陣を奇襲する作戦をとったが、あと少しのところで竹中半兵衛の弟重矩に見破られて捕縛のちに斬首された。しかし本作では……。
    • 立志伝作中では自らの散り際を知り豪快に笑い飛ばした。
    • 幻戦記作中においても、まだ伊織とは折り合いがあまりよくないようだ。
  • 作品名:アイマス立志伝
    • 音無小鳥と共にお市の方の輿入れの迎えに出された。
    • 小鳥の妄想癖に関しては「いつものこと」と、諦めている様子。

お市の方(おいちのかた)

出演作品:閣下の野望、アイマス立志伝
  • 作品名:閣下の野望
    • 織田市で登場。女当主として信長死後の織田家を支える。かの松永久秀が忠誠を誓う人物。
    • 信長時代から仕える南蛮侍たちと親交があり、彼女達を殺した(と思われていた)春香へ徹底抗戦の構えを見せていたが、後に誤解と解り勧告に従う。
    • 最終決戦に赴く春香の助言役として久秀を送り出した。
  • 作品名:アイマス立志伝
    • 二十一話と二十三話あらすじに登場。
    • フランクかつ変態紳士疑惑のある織田信長の妹。それだけに行動もどこか信長っぽさを感じさせる。
    • 登場早々小鳥の胸を両手で掴むという行為に出た。まつやねね、千早も犠牲になった様子。
    • 馬術も嗜むマルチな人。しかし小鳥の年齢というNGワードに触れてしまい…。
    • 二十三話のあらすじでは、家庭の事情でお休みの愛姫の代わりに登場。やっぱりツッコミ役。

大浦為則(おおうら ためのり)

出演作品:閣下の野望
  • 作品名:閣下の野望
    • 南部家家臣。大浦(津軽)為信の養父。病弱だったらしい。
    • 石川城城主。春香の軍に攻め落とされ捕縛される。
    • 武士の矜持として斬首を申し出たが、春香に「死にたがり」と一蹴された。

正親町天皇(おおぎまちてんのう)

出演作品:アイマス立志伝、千早創世録
  • 作品名:アイマス立志伝
    • 第106代天皇。諱は方仁(みちひと)。
    • 春閣下の手引きで興福寺から脱し織田信長によって擁立された足利義昭を、将軍に任命した。
    • なんだかどっかの真っ黒な人っぽいのは気のせいか。ティンと来た…?
    • 続く第二十五話では「高木順一郎」を名乗ってしばしば玉体を市井へと運んでいることが判明。
    • また南蛮菓子が好きらしく、食べるだけでは飽き足らずに自作。四条家の人間である貴音に試食をさせるべく、帝の勅使を騙ってやってきた。
    • 雪歩の著作「六花物語」「瑞花日和」は既読。
  • 作品名:千早創世録
    • 参内した千早に興味を持ち、次の間の御簾の向こうから観察する。
    • 公家衆の験しに毅然と応えた千早に感心。千早が詠んだ歌の書付と菊の紋が入った短刀を下賜した。
    • なお、千早には最後まで誰だか気付かれなかった。

大久保忠隣(おおくぼ ただちか)

出演作品:閣下の野望
  • 作品名:閣下の野望
    • 史実では徳川家家臣。小田原藩の初代藩主。
    • 上杉家に所属。躑躅ヶ崎舘を巡る戦いで、美希に狙撃され死亡。ちなみにこの合戦での美希による二人目の狙撃死。

大崎義直(おおさき よしなお)

出演作品:千早創世録
  • 作品名:千早創世録
    • 元大崎家当主。伊達に征服された後、名生の古臣宅で浪人していた。
    • 石川高信と九戸政実の説得に応じ、奥州斯波家の領地全てを征服した特典として、最上義守、斯波経詮を率いて安東に仕える。名族戦隊三斯波漢の一人、斯波鷲。
    • 史実でも時流に疎い人物だったためか、ナウなヤングにバカウケなど、陳腐化したセンスを持つ。
    • 基本的には気が良い。というか、何も考えていない。ν速民か?

太田定久(おおた さだひさ)

出演作品:小鳥の野望、iM@S天下統一絵巻
  • 作品名:小鳥の野望
    • 鈴木家(雑賀衆)家臣。関西弁。軽い性格だが筋の通った紳士。
    • 史実では根来分派太田党を率いて雑賀党と対立したが、国主が小鳥であるなら依存は無いらしい。
    • 亜美真美には甘く(実際は可愛い娘なら誰にでも平等)、「サダやん」と呼ばれている。
  • 作品名:iM@S天下統一絵巻
    • 雑賀衆の将。雑賀城攻防戦で千早に討ち取られた。

太田資正(おおた すけまさ)

出演作品:戦国アイドルマスター、アイマス立志伝、千早創世録、オプ長の野望、アイマス×Mobile信長の野望
  • 作品名:戦国アイドルマスター
    • 武蔵太田家当主。自身はかなり有能な方だが、いきなり武田・北条連合とぶつかると言う立地条件が最悪。
    • アイドル達の活躍もあって着々と勢力を拡大するも、史実どおり嫡子・氏資の謀反で足元をすくわれ人事不省の身に陥ってしまう。
      • 能力:統率88 武勇74 知略78 政治50 義理86
      • 適性:足軽A 騎馬B 弓C 鉄砲D 計略B 兵器A 水軍D 築城A 内政D
  • 作品名:アイマス立志伝
    • 小田原城攻防戦時、上杉方として参戦、あずさに蜂の巣にされた。
    • その後、十七話で史実通り氏資の謀叛により、追放されたことが触れられるが、美希の生活にはさしたる影響もなかった。
  • 作品名:千早創世録
    • 大名で岩付城城主。だが劇中では結城家に降っている状態で登場。
    • 史実では、あの太田道灌の曾孫であり、日本で初めて軍用犬を実用化したりと凄い人。
    • しかし既にまっこまこにされており、視聴者に東日本終了を印象付けた。
    • 宇都宮家の姫達の説得に当たる真の後ろから茶々を入れたり、ゆきまこ展開を邪魔したりと空気を読まない。そのため真によく怒られて鬱になっている。
    • 江戸城防衛では壬生綱房と共に多摩川沿いに武田軍を釘付けにする役目を負うが敗戦。真を春日虎綱の手から救い落ち延びた。
    • 顔文字自重。
  • 作品名:オプ長の野望
    • 第3話に登場。キューピー3分クッキングのBGMと共に攻めてきたオ家一同に滅ぼされた。
    • しかし3分クッキングのBGMがかかっている間に攻め落とすことが出来ず、グダグダ展開になってしまった。
    • しかも資正自身は北条早雲に討ち取られてしまった。あわれ。
  • 作品名:アイマス×Mobile信長の野望
    • 春香の里見家の久留里城攻めに、佐竹家から援軍として参陣。
    • 去り際、佐竹家が天海家のライバルである鹿島家(他プレイヤー家)とも同盟していることを伝え、他家とも同盟を結んでおくようアドバイスをする。

太田道灌(おおた どうかん)

出演作品:オプ長の野望
  • 作品名:オプ長の野望
    • 第3話に登場。キューピー3分クッキングのBGMと共に攻めてきたオ家一同に滅ぼされる。
    • 史実では現在の皇居である江戸城を築いた武将として有名。

大友義鎮/宗麟(おおとも よししげ/そうりん)

出演作品:律子の野望、戦国アイドルマスター
  • 作品名:律子の野望
    • 豊前豊後の大大名。秋月家を滅ぼし律子を立花道雪の配下とした。
    • 雌伏の時を経て謀反を起こした律子の序盤最大の敵。
    • 九州の覇権を争ううち、兵士や領民が死んでいく現実に耐えられなくなり、また勢力が大きくなればなるほど孤独な立場になることへの心の救いを求め、小鳥と、そして切支丹の教えに深く深く傾倒していく。
    • その心は大名としては既に死んだも同然だった。小鳥と二人だけの小さな王国を夢見ていた。
    • 唄オラショ「ダンジク様の唄」を歌い、小鳥と領民の幸せを願いながらこの世を去る。
  • 作品名:戦国アイドルマスター
    • ゆとりバテレン星井美希編に登場。史実通りのキリシタン大名で、美希がお気に入り。
    • 龍造寺氏の勢力を吸収し、一大勢力を築いている。
    • クリスマスパーティーでは大友家一同でコーラス隊として参加。その翌日にアルメイダと共に旅立つ美希を見送る。

大友義統(おおとも よしむね)

出演作品:律子の野望
  • 作品名:律子の野望
    • 大友宗麟の子。宗麟が秋月家に殺されたため、わずか6歳で当主の座に着く。
    • 宿老の吉岡長増、志賀親守、そして「爺」と呼ぶ筆頭家老の立花道雪にすがりつくことしかできない、弱い主君。
    • 府内城決戦では兵の士気を維持することが出来ず敗北。立花道雪の懇願もあり一万田鑑実と共に国外追放となった。
    • 後、お家再興のため三好家へ身を寄せる。

大村純忠(おおむら すみただ)

出演作品:律子の野望
  • 作品名:律子の野望
    • 元大村城城主。見せ場なく陥とされた後、博多で浪人していたところを登用される。
    • 1560年時点で28歳(秋月家参入時30歳)。
    • 紹介時、忠誠度16だったり「我 が 大 村 城」と言い放ったりと危険人物っぽいが、どう見ても小物。
    • 金山を発見した功績で念願の大村城主に返り咲き、さらに新築の島原城も任される。長男も生まれて、まさにわが世の春を謳歌している。
      • 能力:政治 59 戦闘 37 采配 51 智謀 55
      • 技能:商業、外交、鉄砲三段
      • 適正:足軽 C 騎馬 D 鉄砲 B 水軍 E

小笠原少斎(おがさわら しょうさい)

出演作品:アイマス立志伝
  • 作品名:アイマス立志伝
    • 室町幕府幕臣。奉公衆。後に細川幽斎に仕え家老にまで昇る。
    • 細川ガラシャ(明智玉)を介錯した人物。
    • 二条城防衛戦(永禄の変)において細川藤孝(幽斎)の後方防衛を担当。父の仇の三好政康と対峙する。

小笠原稙盛(おがさわら たねもり)

出演作品:アイマス立志伝
  • 作品名:アイマス立志伝
    • 室町幕府幕臣。足利義輝の近習。子は小笠原秀清(少斎)。
    • 二条城防衛戦(永禄の変)において史実通り討ち死にする。

小笠原成助(おがさわら なりすけ)

出演作品:iM@S天下統一絵巻
  • 作品名:iM@S天下統一絵巻
    • 三好家家臣。「しげすけ」とも。三好長慶の妹婿。後に長宗我部家に仕えたが信長との内応を疑われ殺された。
    • 信貴山城攻防戦では、筒井の兵に興味があるというだけで、独断で一部隊だけで城から打って出るという愚を犯す。
    • 一番槍をつけるも真や筒井順慶、北畠具教の部隊に取り囲まれ壊走、眼と眼が合ったやよいに捕らえられる。

小笠原信浄(おがさわら のぶきよ)

出演作品:千早創世録
  • 作品名:千早創世録
    • 安東家家臣。豊島重村が登用。角館勢を率いる。
    • VIPPER。心の声には草が生えている。
    • 千早派。
    • 同時期の参加の小野寺輝道とセットで扱われることが多い。
    • 千早を総大将とした南征にも参加。兵も率い、また各家の旧臣や国人衆に手当たり次第書状をだして、安東への帰参を呼びかけている。
    • しかし、その際に奉賛会員として千早と雪歩の絵姿を同封するため、相手方を困惑させている。

岡部元信(おかべ もとのぶ)

出演作品:今川の野望
  • 作品名:今川の野望
    • 「やよまこあるところに岡部あり」といわれる今川家譜代の家臣。
    • 空気は読めるので、邪魔をしたりはしない。

岡本禅哲(おかもと ぜんてつ)

出演作品:千早創世録
  • 作品名:千早創世録
    • 佐竹家家臣。佐竹キラーの南部晴政を除くため、千早と晴政の仲の悪さを煽るため間者を送り込むが、そこには二人のトムとジェリー的な関係を見抜けなかった壮大な事実誤認があった。

岡本頼氏(おかもと よりうじ)

出演作品:律子の野望
  • 作品名:律子の野望
    • 元相良家家臣。史実では後に島津家に仕えた。
    • 秋月家相手でも、戦は水物だから勝てない相手ではないと気を吐いていたが、人吉城の一之門にてあっさり壊滅し視聴者の失笑を買った。捕縛された後、自ら望んで仕官する。
    • 1560年時点で25歳(秋月家参入時31歳)。
      • 能力:政治 22 戦闘 59 采配 40 智謀 27
      • 技能:登用
      • 適正:足軽 B 騎馬 D 鉄砲 D 水軍 E

奥平信昌(おくだいら のぶまさ)

出演作品:くされ戦記
  • 作品名:くされ戦記
    • 2匹目で伊達家に仕官した古参武将でありながら、合戦シーンでちらりと姿を見せるだけのウッツー以上に地味な人。
    • 19匹目、なぜか春香さん×4の軍に混じって副将として出撃していたことで、視聴者を驚かせた。
    • たぶん増殖した春香さんの津波に巻き込まれたものと思われる。お疲れ様です。

小島政章(おじま まさあき)

出演作品:律子の野望
  • 作品名:律子の野望
    • 三好の脅威が迫る中、保護を求めて律子と交渉し、主君・一条兼定と共に秋月家に帰順する。烈風伝の一条家には土居宗珊がいないため、兼定のお守りは実に大変そうである。
    • 1560年時点で23歳(秋月家参入時29歳)。
      • 能力:政治 42 戦闘 53 采配 41 智謀 52
      • 技能:建設
      • 適正:足軽 C 騎馬 D 鉄砲 D 水軍 E

織田信勝(おだ のぶかつ)

出演作品:燃えよ双星、千早創世録
  • 作品名:燃えよ双星
    • 織田信長の弟。織田信行の名前の方が有名。信長と対立している。
    • 織田広信と柴田勝家が共謀し、信長の代わりに織田家当主に据えられるはずだった。
    • しかし、木下藤吉郎経由で信長に計画が露見したため、逆に当主への道を閉ざされる。
    • 結果的に信長に加担することになった勝家を、自身の配下から追い出すなど狭量な人物。
  • 作品名:千早創世録
    • 織田信行で表記。織田家家臣。反信長派。神保長職(と小鳥)からの密書を受け取り、斎藤道三への援軍に反対していた。

織田信長(おだ のぶなが)

出演作品:閣下立志伝、閣下の野望、伊織立志伝、伊織幻戦記、アイマス立志伝、くされ戦記、閣下の統一日記、iM@S天下統一絵巻、燃えよ双星、千早創世録、アイマス×Mobile信長の野望
  • 作品名:閣下の野望
    • 武田家と結んで地力を蓄え、同盟破棄後は関東一円から中国地方一帯までの広大な領地を瞬く間に占拠する。
    • しかし、史実通り明智光秀に裏切られ、本能寺の炎の中に消えた。だが…。
    • 配下に南蛮侍たちを抱える。武田家をよく訪問していたようで、まだ元服前の真田幸村に南蛮侍の歌うロックを聞かせたりしていた模様。
  • 作品名:伊織立志伝、伊織幻戦記
    • 浅井長政が裏切らないという歴史を辿り、四方を敵に囲まれているという状況ではなくなったため、精神的に幾分余裕がある模様。
    • 浅井軍の用いた新兵器の情報を早速つかんでいたあたりは流石である。
  • 作品名:アイマス立志伝
    • うつけぶりが半端でない。性格が妙に軽くフランク。
    • 褌一丁になったり、自分をあだ名で呼べと言ってみたりとボケてみるものの、千早には完全にスルーされている。
    • 鉄砲の試し打ちの際も褌一丁だった。変態紳士疑惑あり。どこぞの17歳と同じにほひが漂っている。
    • 律子に対しても平気で「りっちゃん」呼ばわりする。
    • 信長もさすがに指南役の提案した矢銭釣り上げ計画には驚きを隠さなかった。
  • 作品名:くされ戦記
    • 第5のアイドル武将。モノローグ以外で、原作の面影は見られない。
  • 作品名:閣下の統一日記
    • 春香、帰蝶(濃姫)、小鳥と気の強い女性に囲まれやや腰が引け気味。特に小鳥の才を認めつつもその妄想癖を大の苦手としている。しかし、覇王としての気概は持っている。
    • 自分の正室の帰蝶(とピヨちゃん)に、あろうことか光秀とのウホッでアッーな妄想をされてしまった。
  • 作品名:iM@S天下統一絵巻
    • 筒井家と同盟を結ぶ。
    • 美希を召抱えており、その人物眼(天性の直感)に絶大な信頼を与えている。
    • 美希が無礼な物言いをしても怒らないのは信長らしいが、そのうえ家宝まで与えており、厚遇している。勝家涙目。
  • 作品名:燃えよ双星
    • 19歳。織田広信の信長追放計画を木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)経由で知り、広信と通じていた柴田勝家を捕縛。
    • 勝家をけしかけて清洲城を落とさせ、広信・信安、尾張守護の斯波義統を追放し尾張を統一。当主になってわずか1年のことだった。
    • 伊織を「キンカ頭」呼ばわり。誘導尋問がうまく、伊織のプライドの高さを利用してまんまと情報を引き出した。
  • 作品名:千早創世録
    • 織田家当主だがまだ地盤が固まりきっていない時期であるため、家中の統率に手を焼いている。
    • しかし春香を介した斎藤道三の援軍要請にすぐさま応え、従わない柴田勝家らは謀で捩じ伏せるなど覇王の片鱗が見られる。
    • 生意気な国人どもは〆ると豪語するなど血気盛んだが、反面システマチックな近世軍隊の仕組みを作り出すなどアンバランスで異端の天才。
  • 作品名:アイマス×Mobile信長の野望
    • 丹羽長秀からは吉法師で呼ばれている。口調は現代の若者風。
    • 長秀に萩原家の将の引き抜きを命じたが、積極的に攫われてきたうえ、人の話をまったく聞かない真と、からかいに来た市のかしましパワーに圧倒されてしまう。
    • 妹・市に常日頃からおちょくられているらしい。

織田信友(おだ のぶとも)

出演作品:燃えよ双星
  • 作品名:燃えよ双星
    • 織田広信(おだ・ひろのぶ)で登場。織田家の当主を次いで1年の織田信長を廃し、織田信勝を当主に付けようと柴田勝家と共謀。
    • しかし、伊織を連れて清洲城に向かった勝家を農民に見られ、それが木下藤吉郎から信長の耳に入ったことで事が露見。
    • 信長によって捕らえられ、「清洲を落とせ」との処分を受けた勝家により攻め滅ぼされ、信長によって追放された。
    • 亜美曰く、「信長がうつけではなく、追放された者の方がうつけ」。

鬼庭綱元(おににわ つなもと)

出演作品:アイマス×Mobile信長の野望
  • 作品名:アイマス×Mobile信長の野望
    • 伊達家家臣。名の読みは父親に準拠することとする。好きなものは最後まで取っておくタイプ。

鬼庭良直(おににわ よしなお)

出演作品:千早創世録
  • 作品名:千早創世録
    • 伊達家家臣。伊達家三代に使えた宿将。ゲームやシリーズによっては鬼庭左月斎で登場。人取橋の戦いの指揮官。
    • Wikipediaでは姓の読みが「おにわ」になっているが、ここでは信長シリーズでの「おににわ」を採用するものとする。
    • 伊達稙宗に美希との雪合戦を命ぜられるが、美希の釣り野伏にかかり敗北する。
    • 山形城攻防戦では伊達の援軍を率いて最上方として参加。
    • 結城晴朝に扇動された佐竹義昭率いる佐竹軍から陸奥国を守るために出陣。しかし兵力差で押し切られ敗走。殿を受け持ち、致命傷を負う。
    • 美希の才を守りきれたことに安堵しつつ、その腕の中で息絶えた。その死は以降の美希の心に深い影を落とす。
    • この時美希に形見として遺した黄金の采配は、史実では伊達政宗に人取橋の戦いの総指揮権を委任された際に賜ったもの。
    • 美希には「おにー」と呼ばれていた。

小野忠明(おの ただあき)

出演作品:アイマス×Mobile信長の野望
  • 作品名:アイマス×Mobile信長の野望
    • 里見家から徳川家に仕えた剣術家。
    • 春香と千早の前で男塾っぽいノリでチュートリアルを行った。……チュートリアル?
    • 虎丸ポジション。
    • 榛名家(他プレイヤー家)家臣としていきなり戦を仕掛けてきた。

小野寺輝道(おのでら てるみち)

出演作品:ゆきまこ天翔記、千早創世録
  • 作品名:ゆきまこ天翔記
    • 小野寺景道(おのでら・かげみち)で登場。天翔記までは景道、烈風伝以降は輝道表記になる。
    • 戸沢家家臣。同盟の使者として菊地家にやってきたが、引き抜かれて家臣となった。
  • 作品名:千早創世録
    • 旧戸沢家家臣。角館の戦いでは篭城戦の指揮を執った。安東家では檜山勢を率いる。
    • 船に乗ったことがなかったため、津軽海峡越えに興味津々だったが、盛大に船酔いした。
    • 雪歩派。
    • 同時期の参加の小笠原信浄と五文字コンビとして扱われることが多い。
    • 千早を総大将とした南征にも参加。兵も率い、また各家の旧臣や国人衆に手当たり次第書状をだして、安東への帰参を呼びかけている。
    • しかし、その際に奉賛会員として千早と雪歩の絵姿を同封するため、相手方を困惑させている。

飯富虎昌(おぶ とらまさ)

出演作品:千早創世録
  • 作品名:千早創世録
    • 武田家家臣。元祖赤備え。
    • 粗暴な性格。総大将を他国衆である北条綱成に取られたことに逆上、沼田城に残る長野家の重臣一族の女子供や傷病者を集め、虐殺しようとした。
    • 見咎めたあずさを切り殺そうとするが、逆にあずさの挑発に乗せられ刀を捨てて飛び掛り、鎧に掌の形がはっきりと残るほどの虎撲の直撃を胸に受けリタイヤ。とりあえず“息はある”らしい。

小山高朝(おやま たかとも)

出演作品:千早創世録
  • 作品名:千早創世録
    • 古河公方の将。実質的な指導者・結城晴朝の父親。
    • 御所勢の全軍をあげても倒せないあずさをおっぱいお化けと罵倒した。その際自身も負傷している。

小山田信茂(おやまだ のぶしげ)

出演作品:閣下の野望
  • 作品名:閣下の野望
    • 武田家家臣。武田滅亡後は上杉家に仕える。
    • 小谷城の戦いで伊達政宗に討ち取られる。



名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。