作品別用語集 - プレシデンテ春香のトロピコ建国日記


■プレシデンテ春香のトロピコ建国日記

時は1949年。カリブ海に派遣されたソ連の調査船がトロピコ島を発見。
翌年、国際会議で米ソ(何故か韓国も)が領有権を主張する最中、765プロダクションによって島は占拠され、トロピコ共和国として独立を宣言。
トロピコ共和国の行く末はいかに?


◆登場人物


天海春香

  • トロピコ共和国プレジデンデ。
  • 春香さんはいつまで経っても16歳デスヨー
  • 基本的には善政を心がける。

秋月律子

  • 大統領補佐官。

高槻やよい

  • 日本からの移民。
  • 父は元軍人で、公職追放されたために家計が苦しく、移民してきた苦労人。
  • パイナップル農場で働きながら、日本の家族への仕送りを欠かさない。

双海真美

  • ソ連のエージェント。
  • 致命的なミスを犯して窮地に陥るが・・・。

双海亜美

  • アメリカのエージェント。
  • 砲艦を指揮してトロピコへ迫ったことも。

菊地真

  • 軍国主義派閥のリーダー。
  • ヨーゼフの引っ掛け問題でリーダーにさせられる。

星井美希

  • 知識人派閥のリーダー。
  • 陰謀論者でもある。

三浦あずさ

  • 資本主義派閥のリーダー。
  • 要望を却下されるたびに怪しげな動きをする。

如月千早

  • 共産主義派閥のリーダー。
  • やよいをカニ缶で篭絡しようとするも、あずさに阻まれる。

萩原雪歩

  • 環境保護派閥のリーダー。
  • 野犬の駆除を要請するが、却下される。

水瀬伊織

  • 宗教派閥のリーダー。
  • 中々教会を建ててもらえないが、春香に敵対している怪しげな白装束集団をやりこめる。

音無小鳥

  • ナレーションおよび解説担当。
  • 作中では入国管理官。
  • 仕事中に妄想を繰り広げるのは相変わらず。

ヨーゼフ

  • 大統領秘書官。
  • 正体はいわずと知れた第三帝国の宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッベルス。
  • きわどい言動が多いため、唐突に画面から消えたり、台詞を早送りされたりする。
  • 時折、南米に潜伏している同志に怪しげな電話をかける。


KKK(国際興業株式会社)

  • 怪しげな白装束集団。
  • 春香を敵視し、選挙ではネガティブキャンペーンなどするが・・・。


◆海外の反応


アメリカ合衆国

  • トロピコの独立を認めるが、トロピコが親ソ政策を取った為に砲艦を派遣する。
  • その後トロピコが中立に移行し大統領選挙も行った為(キューバ危機もあり)、関係は改善された。

ソビエト連邦

  • トロピコの独立を認め、トロピコが当初は親ソ政策を取った為に関係は良好である。
  • トロピコが中立政策を取った後も良好な関係を続けている。

日本国

  • トロピコの建国者が日本人の為、国連に相談した。ちなみに当時は国連未加盟であり、加盟が認められたのは1956年(昭和31年)の事である。
  • 日本による支配の意志は無いが、独立後も皇太子殿下ご成婚のニュースや東京オリンピックを日本語で流すほど関係は良好と思われる。

大韓民国

  • 国連で日本人によるトロピコ建国に噛み付き、トロピコの領有権を主張するが誰にも相手にされない。
  • ちなみに南北朝鮮が国連に加盟したのは1991年(平成3年)である。どこから湧いたのやら。



◆用語


アネクドート

  • ロシア語で滑稽な小話全般を指すが、旧ソ連で発達した政治風刺の小話を指して用いられることが多い。本作では数多く取り上げられている。
  • 赤の広場で酔っ払いが「ブレジネフはバカだ!」と叫んだところ、すぐにKGBがやって来て酔っ払いを逮捕、懲役22年(国家侮辱罪で懲役半年、国家機密漏洩罪で懲役21年半)を言い渡した。

dongara-gasyaaan!

  • トロピコ共和国独立宣言の際、春香が派手にどんがらがっしゃーんした。それが話題となり、各国のテレビや劇場で使用される国際語となり、トロピコ共和国へペイパービュー収入をもたらしている。

○○専用便利リンク<タグ>

  • きわどい内容のため、本作につけられるタグ。○○にはモサド、CIA、KGBなどが入る。


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。