作品別用語集- 俺は織田信長

【アイドルマスター】俺は織田信長

http://www.nicovideo.jp/watch/sm7508224
使用ゲーム 信長の野望・革新 PK
シナリオ・担当勢力 1561年 織田家
動画形態 紙芝居メイン
登録武将 アイマス
史実武将の扱い キャラブレイク控えめ
縛り -
投稿時期 2009年7月2日~連載中
投稿者名 大阪P
リスト 俺は織田信長
関連タグ 【俺は織田信長】
ニコニコ大百科 -
関連サイト -
備考
前作→小早川ゆたかの降臨



更に詳しいキャラ解説はPart2(ネタバレ)へどうぞ。 アイドル以外のキャラ解説・その他はPart3へどうぞ。

簡単な解説



うp主は、小早川ゆたかの降臨の人。
「アイマスキャラのみ登録」という動画の形態から言えば「アイマス架空戦記」に属するが、
うp主の出身コミュニティ的な意味もあってか、「ニコニコ歴戦ゲー」タグも固定されている。

前作同様、ストーリー(紙芝居)メインでプレイパートはおまけ的な構成の動画。
毎回おまけコーナーとして萩原雪歩(黒)が司会を務める「雪歩☆ちゃんねる」が設けられており、
雑談やコメントへの応答などが行われている。

ストーリー



俺の名前は織田信長。著名な人物と同じ名前だが、765プロで働いているプロデューサーだ。
11人のアイドルのプロデュースに追われていたある日、気が付いたら戦国時代の織田信長になっていた!

……という超展開からはじまる物語。

未来に行きたくなった戦国時代の信長が、現代の信長の体と入れ替わったみたいだが、
なに、765プロにはよくあること。何の問題もない。

一緒に、現代の信長がプロデュースしていたアイドル+小鳥さんも清洲城下にまとめて飛ばされており、
信長は「義妹」ということにして彼女たちを召抱えることに。なんというシスプリ。

戦国時代に飛ばされて混乱している現代人信長を見事にサポートするのは、「元の信長の妻」帰蝶。
こんな事態にも動じないのはさすがマムシの娘。うp主のP名も「帰蝶P」になってしまった。
※現在は「大阪P」に改名している。

登場人物



織田信長
主役。
戦国大名:織田信長と瓜二つの、765プロのプロデューサー。大卒、23歳。
入社1年目にして、11人のアイドルのプロデュースという大抜擢(否:イジメ)を受ける。
戦国時代の織田信長と入れ替わる形で、清洲城に飛ばされて大名として生きる羽目にあう。
そして、同様に飛ばされたアイドル+小鳥を「義妹」として一門衆として扱う事にした。
基本的には明るく爽やかな好漢だが、個性的過ぎるアイドルの前に、必然的に突っ込み役になっていく。
おまけコーナーの「雪歩☆ちゃんねる」では、妙に腰が低い。

萩原雪歩
本作のメインヒロイン。事実上の主役と言っても良い。
戦国時代に飛ばされ、アイドル達が信長の義妹となり「兄」と呼ぶ中で「信長さん」という呼び方を貫いている。
(他に「兄」と呼ばないのは、小鳥のみ)
ステータスは、政治と義理以外は信長と一緒。ちなみに、義理は100。

おまけコーナー「雪歩☆ちゃんねる」では司会を務める。

天海春香
本作のメインヒロイン(笑) 10番目の女。(ネタバレにて解説) 信長を「お兄さん」と呼ぶ。
最大の武器は、統率と知略。
信長とデートをしたいのだが、織田家の為と思って気持ちを抑え込んで勉学に励む一面も見せている。

信長に対しては、純粋に想いを寄せていて一途に愛している。

高槻やよい
本作の癒し担当。信長を「お兄ちゃん」と呼ぶ。
長所は統率と義理。釣りが得意。

伊織が心の底から信頼して、何でも素直に話せる唯一の相手。
だが、やよい本人も心の中では甘えられる存在を求めている。もちろん、相手は信長。

水瀬伊織
本作の開発担当。信長を「兄」と呼ぶ。
長所は統率。その他も水準以上。

信長に対しては、嫌ってはいないが特に想いを寄せるような事も無い。
他のアイドルと比べても、冷静に現状を捉えていると言える。
…果たして、その実情は。

三浦あずさ
本作のdtpn担当。信長を「お兄様」と呼ぶ。
方向音痴は相変わらず。だが、目を離さなければ、一緒に歩いてきてくれるらしい。
(1番、その手の扱いが上手いのは真美)
長所は政治。

信長に対しては信頼を置いているようだが、運命の人では無いと判断している節がある。
遠くから、雪歩や春香達を見守っているのが現状。
さて、彼女の運命の人は戦国時代に存在しているのであろうか?

菊地真
本作のおt(ry担当。信長を「兄貴」と呼ぶ。(ウホッでは無い)
長所は、武勇と義理。

信長に対しては、かなり信頼している様子。

星井美希
本作のスナイパー担当。信長を「あにぃ」と呼ぶ。
長所は武勇。(特に鉄砲)逆に短所は義理(1)である。

信長に対しては、慕ってはいるものの、執拗さは全く感じない。
雪歩とのやりとりを、楽しそうに眺めている節がある。

如月千早
本作のツンデレ担当。信長を「兄上」と呼ぶ。
スレンダーな体形は相変わらず。本人も胸が無い事を、かなり気にしている。

長所は武勇。ステータス公開では、大阪Pより義妹の中では最強と評されている。
(が、視聴者からは律子や雪歩の方が強いと判断された)

信長に対しては、好意は持っている。
だが、本人はそれを恋愛として発展させるよりも、織田家の為に力となる道を選んでいる。
…若干、孤高を貫いている節がある。(だが、誰かが頼れば優しく対応する)

秋月律子
本作の博学担当。信長を「兄殿」と呼ぶ。
だが、元から戦国時代の知識を持っていたわけではない。

長所は知略。圧倒的な数値を誇る。
本来は武芸にも秀でた所があるのだが、かなりデチューンされている。(そうしないと最強になってしまうが故か?)

信長に対しては、信頼を置いている。
…が、千早同様に恋愛に発展させる気は無く、織田家の力になる事を強く意識している。

双海亜美
本作のエース担当。信長を「兄ちゃん」と呼ぶ。
長所は統率。

信長に対しては、兄として慕っている。
そこに恋愛感情があるかどうかは定かではない。

双海真美
本作のメインエロイン担当。(雪歩曰く) 亜美同様、信長を「兄ちゃん」と呼ぶ。
長所は武勇と義理。

信長に対しては、結構想いを寄せているようだ。
…しかし、雪歩の事も知っているので、強引な事はしない。

音無小鳥
本作の腐女子担当。独身。信長を兄とは呼ばず、そのまま「プロデューサーさん」と呼ぶ。
長所は、一応政治。だが、未だにまともな活躍は見られず。

信長に対しては、会話仲間。仕事のパートナーと言った所。恋愛感情は皆無と思われる。
…しかし、隙有らばと様子を伺っている可能性も否めないので要注意。

余談



未来に移った信長は「内閣総理大臣織田信長」になっているんじゃないかと視聴者の間では取り沙汰されている。

アイドルたちが戦国武将織田信長のグラに何も言及していないところを見ると、
現代人の信長君はあの顔だったと理解せざるを得ない。なんという威厳に満ちたプロデューサー。
覇王顔なのに妙に低姿勢な現代人信長の違和感は、じわじわとくる。

【この項目は、『ニコニコ動画歴史戦略ゲープレイ動画まとめwiki』から、一部を編集して引っ越してきました】




コメント

  • 序盤のいい展開から、女の修羅場展開。長期中断のあと数話で放置。大阪Pは視聴者を振り回したかったのか? -- テツヤ (2012-05-10 21:57:36)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。