作品別用語集 - 765プロが三国時代に跳んだみたいです



■765プロが三国時代に跳んだみたいです - 『三国志Ⅸ』


三国アイドルマスターOGs<タグ>

 この作品で使われているBGMが、スーパー○ボット大戦OGsのもののことが多いことから。
 あと、真がロム兄さんのまねしたり、ブライガーのOPをまねたりもした。

紅の修羅神

 一騎討ちシーンの定番BGM。

軍資金

 高木軍の活動資金は魏・呉からの提供でお送りいたしております

捕獲優先順位

 作成者の趣味120%
 大きい順。

 ライブで小さいのもいいと曹操と理解し合えたのではなかったのか

πタッチ

 KSPはアイドルたちに一通り試したらしい
 うらやま・・・けしからんね!

ハッテン場

 魏の場内には存在するらしい
 男色疑惑のある武将の左遷先

白けたやよいのガイドライン<タグ>

 例えるならば、globeのマークパンサー的立ち位置。
 やよい、かわいそうです(´;ω;`) ブワッ

ファイナルタイガニックスペシャル

 五虎将軍全員が一斉に突撃する五虎将軍最強の技(命名・馬超)。
 名前に関して関羽からバッシングを受けるが、張飛がノリノリになる。
 徐庶隊が一万三千人、曹仁隊の五千人(クリティカル、オーバーキル)が一度に蒸発するほどの威力を誇る。
 なお五虎将の突撃5連鎖クリティカルは、兵法の基点の武将にもよるが推定25000~27000程度のダメージが見込める。

塀巣鉾瑠

 「べいすぼうる」と読む。
 現代の野球の元となった、漢代の決闘術。回数無制限で決着がつくまで終わらない。
 漢王朝が強大になった理由は、この決闘の闘士集めに優れた「楊徽簾」(やんきいす)という人物がおり、常勝無敗だったことによる。
 漢王朝の隆盛によって決闘は行われなくなり、後漢末期には仲間同士でやる運動になっていた。
 下記の轟雷天裂弾・爆裂十文字天翔弾もそういった経緯で失伝し、名前だけが伝わることに。

轟雷天裂弾

 亜美の投げた、伝説の魔球。
 打たれたことは1度しか記録されていない超剛速球。塀巣鉾瑠に勝つため編み出された秘術の一つだが、
 なぜ小学生の亜美が投げられるのかは突っ込んではいけない。
 別名サンダーバキュームボール。球速が速すぎて捕手にダメージを与える諸刃の剣。素人にはお勧めできない。
 しかし第41回、巨乳軍(曹操側)が遂に攻略。6回表で亜美はマウンドを降り、捕手の真美と場所を交代した。

スカイラブハリケーン

 亜美真美の合体技。
 身長の低さをカバーし、相手をタッチアウトする技。
 真美を飛び越え、ホームを狙う張遼を撃墜。ホームを防衛した。

爆裂十文字天翔弾

 7回表で登板した貧乳軍(献帝劉協側)の2番手・真美の投げる魔球。
 またの名をエックスサンシャイン。轟雷天裂弾同様、名前しか伝わっていないという…
 曹操には打つことができず、打席で回転する羽目に。

三国戦隊呉レンジャー

 孫権が呉出身者が目立つ為と称し、KSPから企画書をもらって実行した。
 「ダウンタウンのごっつええ感じ」の世紀末戦隊ゴレンジャイとは似て非なるモノだが、
 既にツッコミ担当の律子とのやりとりがコントになっている。亜美真美にはなぜか大ウケ。
 765回の挑戦の末、やっと律子に認められて出撃が許された。が、孫権の狙いとは裏腹に、ヒーローの宿命というオチが。
 テーマ曲は「吼えろ!コンパチカイザー」。

キャリア

 KSPは苦節14年、やっと真アイドルマスターの称号をもらって独り立ちしたらしい。
 それをなぜ18歳の律子が知っているのだろうか。

爆熱真スラッシュ

 38回、曹仁を撃破した真の必殺の一撃。
 夏候淵を撃破した直後の戦闘でありながら、こんな結果を叩きだした真には解説役の孫策も驚き。
 雪歩曰くあずささんが好きそうな技。確かにあずささんは好きそうだ(中の人的な意味で)。

アイドルボイス

 千早の必殺技。アイドルの美声で対象を粉砕する。
 後に46回でゴッドアイドルボイスにパワーアップ。某フェードインする勇者にそっくりなのには突っ込んではいけない。
 発動するとビームのようなものが出て、対象を黒コゲにする。なぜか胸から出る。使いすぎに注意。
 KSPがドラグスレイブの呪文を出したり、社長がワンダータイフーンを出したりと発動の呪文には様々な案が出されたが…
 後に術の副作用で一時声が出なくなるが、55回にて真聖蒼い鳥にパワーアップ。ラーゼフォンのような翼が生え、圧倒的な力にて敵を殲滅する。

菊池真が倒せない

 作詞:曹操 作曲:てつくずおきば 歌:曹操
 鬼神真の無双っぷりを歌ったご存知「エアーマンが倒せない」の替え歌。それにしてもこの曹操、ノリノリである。

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。