作品別用語集 - ブリガンマスター


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



■ ブリガンマスター - 『ブリガンダイン』

アルメキアで発生したクーデターをきっかけに、フォルセナ大陸の国々に戦乱の風が吹きはじめる。
そのひとつレオニア国も、戦争に備えて軍備拡張を行っていたが、そんな中、臣下ランゲボルグが新しい召喚魔法を完成させ、みんなの前で披露することになる。


世界観

フォルセナ

作品の舞台となる、アルメキア、ノルガルド、レオニア、カーレオン、イスカリオ、エストレガレス の六つの国家から成る大陸。
大陸から湧き出る「マナ」の魔力によりモンスターや異世界の生命を召喚し、それらを戦争に用いる。

レオニア

アイドルたちが召喚された王国。
山脈によって大国エストレガレスと国境を隔て、天然の要害により攻め難い地形となっている。
君主は神託によって定められる。現在の統治者は女王リオネッセ。

統魔力

「マナ」によって召喚されたモンスターたちを操る力。
誰もが持つ能力というわけではなく、春香たちは召喚された際に本来統魔力を持っていた
フォルセナの人物からこれを吸い取ってしまったため将として働くこととなった。

人物

ランゲボルグ

「レオニアの頭脳」を自称する騎士。
ノルガルド出身なのだが、ヴェイナード即位の際に
「あんな器の小さい男では、この私を使いこなすことはできん」
と言い出して国を捨て、レオニアに仕官してきた。
軍師気取りで様々なトンデモ作戦を立案しては棄却されており、
レオニアの無能という認識の方がどちらかというと正しい。
調子が悪い、用事を思い出したなどといって逃げ出すことが得意技。
本作では英検だのどーまんせーまんだの異世界の知識を引っ張ってきており、
いかんなくその無能っぷりをアピールしている。

ちなみに原作では全騎士中最低のINTと統魔力を誇る。

その他

レインボー作戦

アイドル達による最初の会議でランゲボルグが提案。
しかし、説明する前に追い出されてしまったため、内容は不明。

レオニアの秘密兵器

「秘密兵器」の意味は言うまでもない。

エロイてってってー(タグ)

第0話についていたタグ。
アイドルたちが召還シーンのBGMが悪魔くんと見せかけて歌い始めのエロイムエッサイムの『エロイ』の部分から
てってってーに繋がったことことは視聴者に強烈なインパクトを残した。

石化

ステータス異常の一つ。一切の行動が不可能になる。
メディカの魔法を使う以外治す方法が無いため、騎士が石化すると退却もできなくなる。
第3話にてノルガルドのディラードが千早のロックの攻撃で石化し、かわいそうなぐらいフルボッコにされた。
千早曰く「事故」らしい。
第5話ではファテシアが犠牲になった。

リベットナックル

真の武器。攻撃の時に技名として「リベットナッコォ!」と叫ぶ。
元ネタはスーパーロボット大戦のグルンガストのブーストナックル。
ナックルと言いつつも攻撃モーションは回し蹴りから始まるため、トンファーキックに通じるものがあるかもしれない。


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。