STREET FIGHTER IV Wiki

キャミィ 対バルログ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

技の噛み合わせの関係上、自分から攻めづらい。迂闊に技を振ってくるバルはむしろ楽。
間合い管理と逃げが上手いバルには苦戦必死。

■基本戦術
近距離
基本的にリターンが大きいキャミィ側が有利な距離。
昇りや低空ストライク、コアコパや投げでガン攻めでOK。
だが、小爪・テラー・バックスラッシュなどがあるために油断は出来ない。
序盤は様子を見つつ、どういった対応をしてくるのか見極めて行くと後半に生きる。

中距離
バルログの距離。屈小爪・屈中爪・コズミックスマート(ソバット)・垂直ジャンプ攻撃などを振ってくる。
甘い飛びをやってこない限りバルログ側がやりたい放題なのでしっかり対策する。
基本はこの距離は付き合わず、爪にセビ>バクステ>低ストなどでゲージを稼いでいく。
垂直ジャンプ中Kをブンブン振り回しつつ様子を見るのも有り。時々EXストライクを混ぜると当たってくれることが多い。
ソバット読みで屈中Kやアローを適度に振ると、セビを見せて来るようになるので今度はフーリガンも狙っていく。
奇襲のEXバルセロナは単発なら食らってもしょうがないので、その後の起き攻めに気を払う。

遠距離
お互いゲージ溜めタイム。低ストの連射効率のおかげでキャミィにやや分があるか?
バルセロナには、見えたら垂直・前ジャンプ中Kを振っておけばいい。
バルセロナ後の落ちる間合いがヌルい場合はアローを刺すと、一気にキャミィのターンに持ってこれる。
裏落ちを狙ってくる場合は、アローを撃って反対側に離脱したり、引き付けて振向き対応入力スパイク
を見せて置けば、ゲージ溜め・奇襲以外でバルセロナは撃ってこなくなる。


■各種技と状況ごとの対策

  • (ショート)バックスラッシュ (起き攻め時にリバサで出された時の対策。)
1、めくり(裏落ち)ストライク>バックスラッシュを確認>歩いて投げ
  :落ち着いて投げてもう一回起き攻め。出来るだけ後ろ投げで。
   ショート・通常とタイミングが違うが慣れれば見分けられる。
   ガードされたら、打撃or投げorスパイク。
2、めくり(裏落ち)ストライク>バックスラッシュを確認>歩いてコンボ
  :発生も早く目押しコンボがしやすい近立中P始動がやりやすい。
   攻めが継続しやすいのでコンボはアロー締めがオススメ。

  • テラー (しっかり転ばせて自分の流れに引き込む)
1、ガード>アロー締めのコンボ
  :最大コンボを決めてそのまま殺し切るくらいの気合で攻める。
2、起き攻めで裏周りしてスカった場合>アロー
  :落ち着いてアローを刺して俺のターン。

  • コズミックスマート (ソバット。ガードしてもほぼ五分の厄介な技。喰らうともっと厄介。)
1、ガード>バクステorグラップorスパイク
  :バクステ仕込みグラップが最も安全か?スパイクはゲージがあるときに強気で出していく。
2、屈中爪の先端の間合いで出してくるソバット>屈中Kを振る
  :屈中爪にあわせる感覚で屈中Kを振ってみると、ソバットをスカらせる事が出来る。
   タイミングが合えば迎撃も出来る。屈大Kの場合はほぼソバットに勝てるがスキが大きい。
3、アローを刺し込みに行く
  :爪・ソバット読みでブッパ。反撃は割と安いのでリターン重視で使う。

  • バルセロナ (ちゃんと対策しないとやりたい放題されるので気をつける。)
1、垂直・前ジャンプ中K
  :バルセロナが見えたらとりあえずこれで問題ない。
2、小・中アローを着地際に刺していく
  :使い方の甘いバルセロナにはアローを刺す。姿勢が低いので意外と対空性能が高い。
   スカっても大きな反撃は受けない上に、当たったあとのリターンが大きい。