STREET FIGHTER IV Wiki

春麗 対ケン


ケン

チュンリの維持したい距離は、ケンの前蹴りを撃たれてもスカる距離

まずは気功撃って様子見

  • 弾で相殺してくる
    • 次の弾を誘ってセビるか、覇山。ケンは波動みてから覇山しやすい。
    • 相殺の場合、距離次第で遠大Pや元キックが間に合う事もありうる。
      • (ガイルのソニック波動かちあって裏拳入れるってパターンの同じ)
    • 波動打つ直前に牽制あてるのも良い。
  • 飛んでくる
    • 遠めなら元キック、他は中Kor屈中P。本命はJ大PTC。
  • 空中EX竜巻
    • 空投げで吸うか、バクステで付き合わないか、屈中Kですかして5分にする。
    • (J大PTCをしっかり出して落とすのも可能)
  • 歩いてくる
    • 飛びに気を配りつつ気功を押し付ける。
  • セビってくる
    • 前ステ投げや大Kあててリスクを与える。読めればJ大PTCでも。

ケンの屈中K

セビ→バクステで肥やしにするか、すかして元キック差込みor投げ。
覇山をかぶせるように当てるのもいい。

前蹴り

立ち小パンを振る。
置きセビを重ねる。
屈中Pを置いておく。
気功で振らせないようにする。
すかして遠中P差し込み。
かち合いかた次第では中覇山でも勝てる。

そうすると最終的には飛ぶか(EX)竜巻ぱなすしかなくなるから、落ち着いて対処する。
で、気功押し付ける展開が更にやりやすくなる。

前投げ後の起き攻め

前ステ→小JK。
すかし小足。
気功重ね。

被起き攻め

安易に受身をとらないこと。
EXスピバに頼らないこと。
露骨バクステで対処。
竜巻の後の択はバクステは昇竜にひっかかる。

連ガにならない連携に割り込みが強い相手なので、割られてはいけない場面等をよく考える。

覇山みてからセビダ→小パンor昇竜は相手もシビア。
その他の行動が通りやすくなると前向きに考える

些細なネタ

中スピバの後の密着状態ではウルコンだされても小覇山ならカスヒットしかしない。
大昇竜は空振りさせられる。(検証数少ない)

バクステ性能が悪いので、相手のセビ→バクステに反応してウルコンもまあいける。

弾の性能が悪く中足→覇山が連続ガードにならず、EX覇山はもちろん、覇山でも割り込み可能な距離あり。
一回見せておけば、屈中足→波動連携の抑止力に。