STREET FIGHTER IV Wiki

クリムゾン・ヴァイパー 対バイソン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

反確表

発生の早さ(反撃に使う主なものだけ)

投げ>2弱P>弱K=中P>強スパコン>2中K=強サンダー=ウルコン>2強P=中スパコン>EXバーニングキック>弱スパコン>中サンダー>弱サンダー>EXセイスモ>セイスモ(弱=中=強)>EXサンダー>SALv2~

スウィングブロー(中段技)

ガード前に投げ、ガード後2中P

グランドスマッシュ(アーマーブレイク技)

2中P

グランドストレート(下段技)

2強P(高難度)、2中P、生ウルコン

ターンパンチ

Lv2以上なら投げで反確、Lv1は反確無し(そこからのぶっぱに注意)

スパコン

歩いて2強P(やや高難度)、生ウルコン

ウルコン

歩いて2強P、生ウルコン、最後のフィニッシュ前にウルコンで割り込み
  • 備考
ウルコン、スパコンは生でぶっぱされた時に暗転返しが出来る。J逃げは引っかかる。
ただし無敵Fの関係上、最速で暗転返しをすると負けるので注意。
ダッシュ系をEXで出されると反確が極端に減るので注意。

立ち回り

攻められた場合

基本的にバイソンはコパからの投げ
コパからの中段、下段などなどで崩してきますが
ヴァイパーは投げの選択を放棄して、ガンしゃがみガードに徹する事と
下段or中段の反応に徹して戦うこと、特に中段を気をつける意識を常にもつこと
下段と中段に対しては、投げで反撃できますが
この投げ意識がある事で、バイソン側のグラップつぶしがHITしやすくなってしまいます。
とにかく我慢、中段を見極めてガード、その後の反撃を必ずすること
ターンの切り替えしとしてはブッパヘッドや中段、下段ガード後
投げを食らった後になります。

基本的な動き

先に述べたとおりですがヴァイパーの得意間合いで戦ってはいけません
なので攻められません。
ヴァイパーのする事は遠距離に徹する事。
ひたすら我慢して、チャンスに対してはMAXコンボ
逃げれる時は必ず遠距離に って精神で動きます。
このときにどんな気持ちになってもバーニングは使わない事。
バイソンだけではありませんが、全てのキャラはヴァイパーに対して常に
慣性バーニングを意識してます。
特にバイソンはそれに対しての拒否や反撃が容易なキャラなのでバーニングを捨てます

遠距離

遠距離になった時はセイスモフェイントが中心
フェイントで動きを待ちます。
フェイントに対して前jをした場合、中セイスモを着地に重ね
その後HJC大セイスモなどで削りを狙います。
このときにセイスモをセービングで抜けてくる相手に対しては
EXセイスモにかえるなどします。

フェイントに対して垂直Jをする場合、この時は大セイスモを着地に狙いたい所ですが
歩く必要もありタイミングがシビアな為何もしかけないのが吉
フェイント フェイントなどでじりじりまって他の行動するまで待ちましょう。
ストレートの場合、お互い画面端くらいの距離ならばEXサンダー
ストレートが届くであろう距離の時は小サンダーで返します。
ここでもバーニングで突進したい気持ちになりますが、目の前着地になったり
とにかくいいことないのでバーニングは絶対にしません。

中距離

遠距離に逃げるのも手ですが、垂直J大Kをふっておくのも手
ストレート系に勝てる可能性もあり、そこからコンボを期待できるからです。
負ける距離などでは、垂直J小バーニング(高め をしましょう
これならストレートには勝ちます