STREET FIGHTER IV Wiki

春麗 基本戦術


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

特殊技解説

  • 3弱K・・・小サマーソルト。近距離やめくり対空に使える。カウンター時は追撃可能。
  • 3強K・・・宙返り蹴り。起き攻めのメクリ等に使える。
  ※補足:3弱K、3強Kの出始めしばらくは空中判定では無い為、スクリュー等投げで吸われるので注意。
  • 4中K→中K→28中K・・・天翔TC。4中Kの名前は金的でけん制にも使える。2段目止めは隙が甚大。
  • J強P→強P・・・J強PTC。強Pを2回押せば出る。追撃可能。起き攻めの択にも使える。
  • J2中K・・・鷹爪脚。通称カカト。3回まで続けて出せる。キッチリ2に入れないと出ないので要練習。
  • 6中K・・・踏み込み蹴り。発生は遅いが持続は長い。スライド投げ(6中Kずらし押しレバー入れたまま弱PK)に用いる。
  • 空中投げ・・・自分と同高度~上の相手を投げられる。優秀な対空。
  • 三角飛び・・・画面端に向かってジャンプ→壁に付いたら逆方向へジャンプ。

歩きスピバのやり方

2タメ69K。6を気持ち長めに
歩いたのを視認してからじゃ間に合わない
(てかスピバ出ない)くらいな感じ
画面端にくっついて歩きスピバやってみれば成功してるかどうかひと目でわかります
メリットは画面端以外で、EX百裂後のコンボダメージアップ+相手を吹き飛ばせる点
※追撃可能なのは当然ですがEXスピバでのみ

  • 百裂脚【K5回連打】・・・弱中強中弱など押しやすい順番でピアノ押しする。EX版は5回目をK2つ同時押し。
  • 覇山蹴【63214K】・・・飛び道具や足払い牽制を飛び越える事ができる。EX版はゲージの無駄使い?
  • [スパコン]千烈脚【4タメ646K(1タメ316Kでも可)】・・・発生が超早いが威力は低い。弱中強で移動距離が伸びるが無敵時間が短くなる。
  • [ウルコン]鳳扇華【4タメ646KKK(1タメ316KKKでも可)】…発生が早く威力も高い。無敵時間が長いので飛び道具をスリ抜ける。確定反撃等に。
※ステップウルコンのやり方
ウルコンは4タメ646KKKで出すわけだけど、
4タメ6「6」46KKKにすることで、ステップ後に
ウルコンが出せる
ウルコンの射程距離が伸びるのがメリット
なお、ステップ中に弾を撃ってるか確認し、撃ってたらKKKを押す。スパコンも可能

ダウンを奪える技

大足(屈強K)、EX百裂脚、投げ、天翔TC、空中投げ、EXスピバ、スパコン、ウルコン、SA2、SA3、3弱Kカウンターヒット。

セービングアタック(以下SA)関連コンボ

  • SALV2以上>前ステップ>天昇TC
  • SALV2以上>前ステップ>近強K>EX百裂脚or強スピバ
  • SALV2以上>前ステップ>屈強P1段目>中スピバ・・・前ステを先行入力(SAがHIT後すぐ入力してOK)後、すぐに下タメをしておく。
  • SALV2以上>前ステップ>SALV1(遅めに当てることで空中ふっとびにする)>前ステップ>前ジャンプカカト3段・・・最初の前ステの後は、歩いて押せる余裕がある。
  • SALV2以上>前ステップ>鳳扇華or千烈脚
  • SA>バクステ>強覇山orEX覇山(ダメージ高い。そのうえ強制ダウン。必須)

目押し

  • 屈弱P>屈弱PK、屈中K、近立中P、遠近立弱P、遠立強P(キャラ限)、近立強PK
  • 屈弱K>屈弱PK
  • 屈中K>屈弱PK
  • 強気功拳>屈強K
  • 強覇山蹴>屈弱P、屈弱K(カウンター限定)、EX百裂脚(カウンター限定)
  • 弱百裂脚>屈弱P
  • 弱百裂>遠立弱P(立ち喰らい限定)
  • 屈中K>屈中K、遠立中P、近立強PK(持続orカウンター時限定)
  • 遠立中P>遠立中P、屈強K (持続orカウンター時限定)

目押しを利用したつなぎコンボの例

  • 屈弱K>屈弱P>屈中K>強気功拳・・・地上百裂脚が連続HITしないブランカに必要。
  • 屈弱K>屈弱P>近弱P>遠弱P>遠強P(立ち喰らい限定)
  • 近立強K>弱百裂>遠立弱P>遠立強P(立ち喰らい限定)
  • 強覇山蹴>屈弱P>(屈弱K>)EX百裂脚(強覇山先端だと屈弱Kが届かない)
  • SALV2以上>前ステップ>弱百裂脚>屈弱P>屈中K>EX百裂脚

スパコン、ウルコン関連コンボ

  • 天昇TC>千裂脚or鳳扇華(中央でも高度調節次第で可能らしいが基本的に画面端付近限定)・・・タイミングは、相手の体中央が春麗の頭の高さに来たら。
  • J強PTC>千裂脚or鳳扇華(地上喰らいの相手でも、空対空J強PTCからでも、どちらでも可。前者はジャンプ後すぐ溜め必要、後者は落ちてくるのをゆっくり待つ)
  • EX百裂脚>鳳扇華(画面端限定)・・・まず、EX百裂に至るまでにある程度ためて置く。タイミングは、EX百裂の硬直が解けたらすぐ。
  • 覇山蹴>ノーキャン千裂脚
  • (J攻撃>)屈強P(1段目)>中スピバ>ノーキャン千裂脚
  • (J攻撃>)屈強P(2段目)>ノーキャン千裂脚
  • (J攻撃>)屈弱K>屈弱P×2>ノーキャン千裂脚
  • (J攻撃>)屈中K>ノーキャン千裂脚
  • (J攻撃>)屈中Kor近立強K>弱百裂脚>ノーキャン千裂脚
  • (J攻撃>)屈強P(1段目)or近立強Por近立強K>EX気功拳>EXセービングLV2>前ステップ>天昇TC>鳳扇華

端付近で浮かせてからの鳳扇華が・・・

  • 最後までヒットするキャラ
    • リュウ、ケン、サガット、ルーファス、バルログ、ダルシム、ザンギエフ
  • 最後まで入らないキャラ
    • ベガ、ガイル、アベル、バイソン、春麗、ヴァイパー、豪鬼 ・・・ 覚えかた:ベガイルアベル女キャラ豪鬼バイソン
  • ※百裂部分が上半分しか当たらないぐらいの高い位置でヒットさせれば、蹴り上げ→フィニッシュまでヒットする

ウルコンで確定反撃が取れる技

■全キャラ共通
  • セービング状態の相手に ・ウルコンガード後
■リュウ
  • 波動拳(弾抜け) ・中足>波動拳に割込 ・大足スカ ・大足ガード ・スパコン&ウルコン見てから(遠い場合は前ステップ必要)
■ケン
  • 波動拳(弾抜け) ・近距離なら波動拳ガード後も可(×EX) ・中足>波動拳に割込 ・大足スカ ×大足ガード ・スパコン
■春麗
  • 気功拳(弾抜け) ・遠立強P ・覇山蹴のスカ落ち ・スパコン ・ウルコン
■本田
  • 頭突き(EXも) ×スパコン
■ブランカ
  • ローリング(EXも) ・近立強P ・近立強K ・屈強P ・大足 ・リバーラン ・スパコン ・ウルコン(タイミングシビア)
■ザンギ
  • ダブラリ(2回転後) ・クイックダブラリ ・バニ(EXも) ・ロングキック ・遠中K
■ガイル
  • ソニック(弾抜け) ・屈強P ・大足(回し蹴りの1発目と2発目の間に割込) ・スパコン
■ダルシム
  • ヨガファイア、ヨガフレ、スパコン、ウルコン(弾抜け) ・ドリルキック ・ドリル頭突き ・×屈強P
■バイソン
  • 屈強P ×大足 ・スパコン
■バルログ
  • 屈強P ・スラ ・バルセロナ(後ろガード時)
■サガット
  • アイグー(弾抜け) ×中足>アイグーに割込 ×大足ガード ・タイガーニー(要立ガード、EXは×) ・スパコン
■ベガ
  • EXダブニー ・サイコクラッシャー(要前落ち) ・デビルリバース系のスカ落 ・ホバー(先端ガード時は×)
■ヴァイパー
  • 強サンダー(前落ち) ・セイスモ(フェイント、HJCに注意)・スパコン
■ルーファス
  • 屈強P ・スパコン
■フォルテ
  • ケサディーヤ(EXも) ・スパコン
■アベル
  • 大足 ・ホイールキック(EXは×) ・スパコン
■豪鬼
  • 豪波動拳(弾抜け) ・斬空波動拳(着地に合わせて) ・大足
■フェイロン
  • 近大P ・近大K ・屈大K ・大烈火拳一段止め ・烈火拳二段止め ・EX烈火拳 ・スパコン
■キャミィ
  • 近大K ・屈大K ・スパイラル(先端当て不可) ・キャノン ・スパコン
■元
喪流
  • 大P ・屈大K ・百連勾
忌流
  • 中P ・屈大K
■ローズ
  • 屈大P ・小スパイラル(先端当て不可) ・リフレクト ・各種弾抜け
■弾
  • 屈大P ・我道 ・空中断空脚 ・スパコン ・各種挑発
■さくら
  • 屈大P ・屈大K ・波動 ・春一番
■剛拳
  • 屈大P ・百鬼剛斬 ・百鬼剛壁 ・波動

空対空

先出し:めくれる間合いでの前J弱K…攻めに転じたい時
先出し+見てから:後J強K(通称ニゲッティア)…間合いが芳しくない時に逃げる為使う。もしくはかなり近い間合いから飛ばれた場合
先出し+見てから:後J中K・・・使い所はニゲッティアと同じ。横に強いので相手の攻撃をつぶし易い。
先読み:置き垂直J強K…昇龍拳が届かないギリギリの間合いがほぼ適正、前ジャンプなら全部潰す。セクシー。
見てから:垂直J強K…こちらの立ち位置にジャンプ攻撃を当てられる近い間合いから飛ばれた場合。最も使用頻度の高い対空。
見てから:前J強PTC…ジャンプ攻撃を遅めに出される場合に勝てる。追撃(EX技orカカト)が出来る為、一番減る空対空。
見てから:空中投げ・・・めくり狙いで飛んできた、真上の高い位置にいる相手を吸える。本田、ベガやブランカのような高く見やすいジャンプに対して…決めるとかっこいい。

そもそもジャンプ抑制

先読み:垂直ジャンプ置き強K…地対空の判定が弱く相打ちだと体力負けするので必要
先読み:牽制遠立強Kで相手のジャンプ出際狙い…ジャンプ攻撃が強く飛びやすい相手に向いてる

地対空

先出し:屈中P牽制⇒溜め⇒EXスピバ…間合い調整に役立つ。
見てから:遠立強K…早めに空中攻撃を出されてると相打ちや一方的に負けたりする。
見てから:遠立中K…出し所は遠立強Kとほぼ同じだが判定がこちらの方が強い。レバー左右をはずさなければいけないので溜め解除。
見てから:大足[屈強K]…下方に強いジャンプ攻撃が無い相手に向いてる。
見てから:屈中P…びっくりするくらい喰らい判定が小さくなるが当たり判定も薄い。ザンギのプレス(起き攻め時も)すら避ける。
見てから:屈強P・・・立中Kは潰される、大足するには近い間合い。
見てから:3弱K or 近立中K…真上に強い為、胴着のめくりやジャンプの低いバイソンの固めに対応。
見てから:遠立弱P…見た目より判定は長いです。相手をくぐった場合に当てると、その後の展開がこちら主動になりやすい。咄嗟の対空。
見てから:SV1~2・・・相手が着地してからの処理次第で、思わぬダメージを取れたり取られたりw

起き攻め

●J小Kめくり(しっかり重ねれば対空を潰せる。)
●3大K表裏択(歩いて間合い調節して相手のド真ん中に重なるように出すと対空潰して、更に表裏の択もかけられる)
●J大P(詐欺りやすいうえに、ガードされてた場合もそこからの発展がやばい)
●スカし下段(詐欺飛びを何度も見せたうえで初めて効果を発揮する)

百裂脚関連コンボ時の指捌きの例

ⅰ)屈弱K×n(任意)>EX百裂脚
   [屈弱Kを人差し指と中指でタタっと2回押す]で屈弱Kを数発出します・・・この部分は指のアイドリングです^^
   その後、2発目もしくは3発目を同様に人差し指と中指でタタタタと4回押す事で屈弱Kを1発出します。
   屈弱Kが2~3発出てる状態で最後の屈弱Kの間にK連打が4発完了してるので、その後人差し指と中指で弱Kと中Kを同時押し。
    ※2弱K×3>EX百裂音の感覚としては、タタッ・タタッ・タタタタッ・タンです。
     ・の間隔は全て小足を目押しで繋げる間隔です。
     タタタタッの部分が遅すぎると小足が4発出て終了。
     タタタタッが巧くいっても、タンの部分が同時押し出来てないと小足が4発で終了。

ⅱ)屈弱K×2>EX百裂脚
   弱Kに人差し指、中Kに中指を添えて、[小足→中K(小足硬直中)]×2>弱中K同時押し
    ※注意点としては中K>小足の部分を空けすぎると連打扱いされないので間隔を均等に打つのが重要。

ⅲ)屈弱K×2>EX百裂脚
   {(弱P+弱K)×2}×2で屈弱Kを2発出した後、弱中K同時押しでEX百裂脚
    ※指の配置は親指が弱K、人差し指が弱P、中指が中Kです。
     固められた際等に投げ抜け仕込んで、割り狙いつつ割れたら痛い反撃出来る為、割と実践的。

ⅳ)屈弱K×n(ランダム)>EX百裂脚
   K3種全部同時押し連打。
   弱Kのボタン優先度が高い為、小足がぴちぴち出た後EX百裂が確実に出る。指が疲れるけど一番確実w

ⅴ)ジャンプ攻撃>着地近立強K>EX百裂脚
   ジャンプ攻撃をした後、着地近立強Kを薬指で押す事でスタート
   中指で中K⇒人差し指で弱K⇒薬指で強K⇒中指と人差し指で中Kと弱K同時押し
   注意点は、強Kスタートならいいのですが、何らかの行動の後からの場合、
   あせって入力するとスタートの強Kでなく途中の中Kか弱Kが出てしまいますので、
   強Kがきっちり出るようにまずは強Kを当てるように落ち着く事です。

ⅵ)近強K>弱百裂脚>EX百裂脚
   弱百裂の声(ヤ ヤ ヤ ヤ)の4HIT目の「ヤ」と同時に強Kを押すことでスタート
   強K⇒中K⇒弱K⇒強K⇒中弱K同時押し

詐欺ジャンプ攻撃

 攻撃の持続が相手の起き上がりモーションに重なるように出します。
 相手が起き上がりに無敵技等を出しても、その当たり判定が発生するフレームには、
 既に起き攻めしてる側は着地してガードできる状態になる。

 ゆえにこちらの攻撃は相手の起き上がりモーション⇒ガードorコマンドミスによるHITwになるか、
 相手が無敵技で飛んでって、こちらは着地ガードで反撃確定になるから「詐欺」と言われてます。
 ですので、ジャンプ強P初段でも2発目でも詐欺は可能。

 検証中:キャラ別起き上がり時間の差がどれ程あるのか

詐欺ジャンプ攻撃を見せた上での、起き攻めの透かし下段or投げ(起き上がり無敵技の無いキャラに有効)

 2発目も当たるタイミングで、1発目をガードさせるように出した場合は勿論起き上がり昇龍拳等を喰らうリスクがあります。
 が、1発目をガードさせた場合、2発目のモーションを見せてそのままガードorモーションは出てるが発生はせず、着地屈弱Kや、投げにする択が出来ます。
 勿論2段目を当てるように出して中段ありきを見せてからです。