STREET FIGHTER IV Wiki

暗転ガー不


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


仕組み

ウルコンを発動したときの暗転中、相手はびっくり顔のモーションとなる。
このモーションは相手がガード方向にレバーを入れていた場合でも発生する。
このびっくり顔モーションには食らい判定がある。
そのため、暗転開始と同時に飛び道具が相手に重なると、相手はレバー入れっぱなしでもガードできずに飛び道具を食らってしまう。
そのままウルコンを食らってしまう。

暗転開始と飛び道具ヒットが完全に同時である必要がある。
そのため、普段の立ち回りで使用したり空中食らいの着地に重ねたりするのは困難。
投げから起き上がりに重ねるレシピが有効と思われる。

回避法

暗転が始まった時点ですでに飛び道具を食らっているので、暗転を見てから回避は不可能。
暗転と同時に必殺技を出すことは可能な模様。

キャラごとのレシピ例

サガット

前投げ→前ジャンプ→着地ショットセビダ→ウルコン

ローズ

後ろ投げ→弱スパークセビダ→ウルコン

動画


スパ4でもできるの?

小野プロデューサーへのインタビュー によると「『スパIV』でも調整を入れていないので可能です。」とのこと。