STREET FIGHTER IV Wiki

用語 タ行


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

た行

「強」のこと。

大ゴス

リュウの6+強Pの「鳩尾砕き」のこと。

台パン、台バン

ゲーセンの筐体を叩くこと。
台にパンチすること、もしくは台をパン、バンと叩く音に由来。

だしおスペシャル

だしおスペシャルを参考に。

ダッスト、ダスト

バイソンの「ダッシュストレート」のこと。

ダッパ

バイソンの「ダッシュアッパー」のこと。

ダブルアーマー


中ゴス

リュウの6+中Pの「鎖骨割り」のこと。

中段攻撃

立ちガードはできるが、しゃがみガードすると食らってしまう攻撃。
主に上からかぶさるように攻撃する技。
ほとんどの空中技の他、一部の地上技が該当する。
元はバーチャファイター用語。

挑発

アピールの俗称。

つじ式

ずらし目押しのこと。

つながる

一連の攻撃が 連続技 になること。

ディレイ

何らかの行動を最速で出すのではなく、あえてちょっと遅らせて出すこと。

デヨ

サガットの屈強Pのこと。
カプエス2時代は「デヨッ!」と叫びながら繰り出すこの技が牽制手段として非常に強力であったため、今でもこう呼ばれる。

テンキー表記

レバー入力方向をパソコンのテンキーや電卓のボタンに見立て、対応する数字で表記したもの。
特に注記がない場合は右向きのときのコマンドを表す。
たとえば波動拳コマンドは「236P」となる。
レバーをどの方向にも入れない「5」は「 N 」とも書くが、省略されることも多い。
(前ダッシュは「66」と書かれることが多いが、実際のレバー操作は「5656」。)
携帯電話のボタンとは上下が逆なので注意。
7 8 9
4 5 6
1 2 3

胴着

胴着 (道着) を着ている、技の系統が似ているリュウ、ケンなどのキャラのこと。

ときど式

ときど式を参照。

特殊下段攻撃

バーチャファイターシリーズなどの3D系格ゲーで「下段攻撃のように見えるが立ち・しゃがみの両方でガードできる攻撃」のことを指す。
スト4など2D系格ゲーではほとんど使われない用語。

特殊中段攻撃

バーチャファイターシリーズなどの3D系格ゲーで「中段攻撃のように見えるが立ち・しゃがみの両方でガードできる攻撃」のことを指す。
スト4など2D系格ゲーではほとんど使われない用語。

特殊追撃判定

本来喰らい判定がない相手に対して、追撃を成立させられる攻撃判定。空中追撃判定、どこでも判定、何でも判定とも呼ばれる。
ほとんどのウルコンに存在する。

扉式


トレモ

家庭用版の「トレーニングモード」のこと。

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る