※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

俺達は横須賀ビユーデン・・・あきらめの悪いチーム・・・

第69回 横須賀ビユーデン


横須賀、今季最終戦を勝利で飾る
横須賀の先発はプロ初の2ケタ勝利を挙げた幹久。1回ウラに2アウトからヒットを許すものの4番ソフトゲイ「を空振り三振に仕留める上々の立ち上がり。3回ウラには三者連続三振と素晴らしい投球を見せる。
  試合が動いたのは直後の4回表、先頭の(^▽^/が板橋ふゆふくからソロホームランを放ち先制すると続く4番さくらんぼもソロ。二死後に石神井公園もソロを放ち3点を先行。
  5回にはまたしても(^▽^/が2ラン、6回には9番さいが3ラン、7回にはまたまた(^▽^/がソロ。横須賀の一発攻勢に幹久の完封というこれ以上ない形でシーズンを終えた。

HPAS運命の最終戦、天国か地獄か
HPオールスターズM1で迎えた最終戦。HPAS先発はめぐボイス。対する滝川は絵里っくす先発。HPASはさゆが初回にソロを放ち先制。2回には絵里っくすの乱調につけこみ押し出し四球と9番印象派の満塁ホームランで勝負の大勢を決した。7回からは好救援の小谷信也が3回無失点に抑え、最終戦でのリーグ優勝を果たした。
  HPASは球界一の強力投手陣を擁し、前半戦だけで2位に13ゲーム差をつける史上稀に見る独走体勢だった。普通ならこのままHPASが逃げ切ってもおかしくない状態。しかし横須賀は諦めなかった。後半戦が始まるや否やゲーム差はあっという間に縮まっていき、一時は横須賀が首位に立ったこともあった。しかし前半戦の大量リードが響き、横須賀は久々のリーグ優勝を阻まれた。