※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

滝川スポーツ(平成17年12月18日)   ※編集部求人中!


【ついにやった!長き低迷期を抜け見事サンシャイン・リーグ優勝、そして日本一】

ライバル横須賀ビユーデンに4つ負け越したものの、11連勝など他の4球団には全て大きく勝ち越し
シーズン90勝57敗3分で久々にリーグ制覇を果たした。
その優勝の原動力と言えばリーグ1の得点率と先発陣のゲームメイクだろう。
中でもみきウール、ぽこちん、デブ、挟殺プれいなの30発カルテットは相手ピッチャーを
震え上がらせた。
先発陣も沢村賞を獲得したいちごスターの20勝を筆頭に、井上秋穂17勝、川*’ー’)15勝、
カテキョ14勝、新・高橋愛8勝と計74勝をあげ、とても安定していた。
そのバランスの取れたチーム力でサンシャインリーグを勝ち抜いた滝川ゴマットー。
UFA杯でも5試合で34得点12失点とシーズンと変わらず良い戦い方をし、4勝1敗でみごと
川崎メロンズに勝利しその栄冠を獲た。
追う立場から追われる立場になった滝川。
連覇を目指すためにも選手たちは、さらなるレベルアップが求められる。


~引退~
デブ(デブ)
『デブ』それは能力値のパワーがあって足が遅い選手を指した言葉。
名は体を現すとよく言うが、この『デブ』は違った。
全盛期は決して足が遅くなく、守備もゴールデングラブを2度も獲得しているなどその上手さに定評が
あった。
またチームの低迷時でも決してチームを離れることなく、誰よりも滝川を愛し、そんな滝川愛から
チームメイト、ファン共に愛されていた選手であった。
ありがとう文化センターのアイドル。そしてお疲れ様。
~最終成績~
43歳 実働21年
ベストナイン1回 ゴールデングラブ賞2回 オールスター出場2回
打率.267 得点圏打率.269 満塁時打率.278 安打3268 本塁打497打点1524 三振1871 犠飛25
盗塁44(盗塁死35 成功率.557) 失策97 出塁率.354(四死球1654) 長打率.422(二塁打402 三塁打1)


~加入~
HE・RO(HE・RO)
高校野球で通算53本塁打を記録したスラッガー。
高卒とは思えない風貌は威圧感あり。打撃の面ばかり注目されるが、守備もそんなに悪くない。
デブの穴を埋めてくれることだろう。


~選評~
捕手 橋本甜歌(てんかりん)
走る滝川の頭脳
年齢から来る衰えは大きいのか、ここ2年連続で打率が落ちている。
ベテランの技術力を見せ、もう一花咲かせたいところ。

二塁手 みきウール(みきウール)
奇人天才チームリーダー
昨季の不振から脱出し3割30本をマークし、初のシーズン200本安打も達成した。
守備も変わらず安定し、今期も失策0だった。セカンドで初のベストナインも受賞。

三塁手 挟殺プれいな(牽制嫌いっちゃ)
天才熱血打者
迫力ある構えでホームランを量産する天才スイッチヒッター。
今期も30本塁打を越え、5番バッターとしてチームを引っ張った。

遊撃手 樋口(リオン)
打てるショートストッパー
今期はゴールデングラブの受賞を逃したものの、いつもどおり失策0の完璧な守備を披露。
打のほうも守備と同じく安定していてトップバッターで打率.287HR15本をマークした。

左翼手 大眼魚(大眼魚)
走攻守揃ったスイッチヒッター
思いのほか打点が伸び無かったものの、3割目前の打率と二桁本塁打という活躍だった。

中堅手 ぽこちん(DiamondDust)
頼れる天才バッター
今期も申し分ない成績を残し、優勝にとても貢献した。
センターでベストナインとゴールデングラブをダブル受賞し、その働きは誰もが認めるものであろう。

右翼手 13(ゴロゴ)
内なる闘志を秘めた韋駄天
打率.285 17HRと見事小スランプを脱した今期。
自慢の盗塁も勘を取り戻し始め、久々に成功数が失敗数を上回った。

DH サイクル(K)
滝川の大砲
打率.285 24HRをマークし、下位打線で相手ピッチャーにプレッシャーを与え続けた。
隔年バッターと言われないためにも、来期のさらなるレベルアップに頑張ってもらいたい。



先発 川*’ー’)(愛殿梨華殿)
緩急マジシャン
防御率3.04 15勝8敗と今期も試合をしっかりと作った。
やはり同期で同じ右投手のいちごスターの活躍に触発されたか。

先発 いちごスター(苺星)
スピードスター
防御率2.15 20勝5敗の成績は立派の一言で、沢村賞をはじめ、ベストナイン・最多勝・
最多奪三振を獲得した。
これからも同期の川*’ー’)と共に切磋琢磨していってもらいたい。

先発 カテキョ(ⅴ`)~`)||)
二人力精密機械
移籍2年目も安定した働きを見せてくれ、14勝9敗と大きく勝ち越した。
低めのコーナーを突く投球術は球界でもトップクラスである。

先発 井上秋穂(ブラッド)
左サイドの職人
昨季負け越した反省を活かし、今期は17勝6敗とチーム2番目の勝ち星を挙げた。
ベテランの域に入ってきたが、まだまだその力は衰えそうに無い。

先発 新・高橋愛(BSL)
七色の変化球
先発陣で8勝12敗と唯一負け越し、防御率も4.86と振るわなかった。
先発よりも中継ぎの方が向いているのか、起用法に悩みどころである。

中継 こんこるど(善戦マン)
滝川コンコルド
セットアッパーに回った今期。防御率3.56と中継陣で一番良い成績を残した。
毎年話題になる起用法が今オフも注目される。

中継 振(優治)
若ゴマ
防御率を去年よりも悪くし、精彩を欠いた今シーズン。
まだ四球癖があるものの、その数は昨季よりも減らした。

中継 けんじ(けんじ)
迷える人気投手
防御率6.12 3勝7敗と試合をひっくり返される場面が目立った。
色んな変化球を投げるものの、変化の見極めつきやすいのが弱点。

抑え 上戶彩♪(Snow)
火消消防隊
久々に抑えに回った今期。防御率2.60 34Sと活躍し、ベストナインとセーブ王と獲得した。
やはり彼は一番後ろが性に合っているのか。










----

川;'v')<ごめんデータ保存し忘れて書けないので見出しだけ・・・

川'O')<いつもより遅かったからどうしたのかと
         こっちの方は全部書いておいたよ

川*'v')<0美貴仕事早っ!どうもありがとうね
         優勝ばんざい

川'O')<滝川番記者としてもうれしいよ
         来期もぜひともがんばってほしいね