pocari @Wiki 比較:URL Mapping



更新履歴
取得中です。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DjangoとTurboGearsには、いくつかの似通ったところと、大きく違うところがあります。
URL Mappingの方法は、大きく違うところのひとつです。
Djangoでは、URLマッピングは、ひとつのconfigファイル内に記述されます。
configファイル内には、URLにマッチングする正規表現がいくつかかかれています。
URLがリクエストされると、マッチする正規表現が探され、
マッチした正規表現に対応付けられた関数が呼ばれます。




"Static state for the application as a whole should really be in a config file. Dynamic state for the application should be in a database.
And state for each specific user should really be kept in session memory. "

静的なデータは、コンフィグファイルに、
動的なデータは、データベースに、
そして、各ユーザの特定の状態はセッションメモリーに
保存されるべきだ、と。


ゲームのように、1時間単位で、複数のユーザーがカラムセッション
を作った場合、オブジェクトを生成して、
そこのURLに飛ばせばいい。動的に生成したオブジェクトのURLに。

たとえば、”チャットルーム”を動的に生成することを考えよう。



Object-relational mapper