※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

陰陽師

これは何?

日本のウィザードである陰陽師についてのメモ書きです。
特にゲームに使えそうなキーワードをまとめてみました。

このページがゲームのアイデア作りのきっかけになればなぁー、と思います。

陰陽寮

陰陽道は天武天皇の時代に、政治に組み込まれ官僚職となります。
つまり、国家公認のウィザードだったわけです。
ちなみに民間の陰陽師は、占い師・祈祷師で、のちに免許制になったそうです。

陰陽五行説

陰陽道の基礎原理となるのが、陰陽五行説です。
陰陽は、世界は2つの対になるもの、例えば光と影、男と女など、が世界の構成要素であると考えます。
五行というのは、万物は「木火土金水」という5つの要素から構成される、という考え方です。

陰陽師は、直接自然現象を操る力があったようです。

式神

式神には、色々な説があるようです。
  1. 人の形をした紙などに霊を宿らせる
  2. 鬼神を使役する
  3. 守護神
ただ、式神には正式な属性はなく、都合のいいように解釈しても良さげです(w

人の形をした紙などに霊を宿らせる

人形とか木彫りの馬とかぬいぐるみとか、に命を吹き込むことが可能だったようです。

鬼神を使役する

鬼神と使役契約を結び、必要に応じて「式盤」という魔方陣のようなものから、
式神として召喚することができたそうです。
要は、FFの召喚獣みたいなー。
鬼神との使役契約は困難なので、このパターンは力のある陰陽師しかできないみたいそうです。

蛇足。
陰陽師の代表格である安部晴明は、十二神将を使いこなしていたそうです。
十二神将とは、
「青竜・勾陳・六合・朱雀・騰蛇・貴人・天后・大陰・玄武・大裳・白虎・天空」
という式占における十二天将のことらしいです。

ちなみに、十二神将の「青龍・白虎・朱雀・玄武」は、天の四方の方角を司る「四神」ですね。

守護神

ファイナルファンタジーⅧのG.F.(ガーディアンフォース)、
もしくはジョジョのスタンドみたいなものです。

守護神は、陰陽師の分身ともいえるので、
守護神がダメージを受けた場合、そのダメージは術師に返ってくる、、
という設定もアリかも。

霊符/呪符

霊力を込めた御札が霊符です。
霊符には、セーマン・ドーマンの印が刻まれます。

飛び道具とかに使えそう。(それは奇々怪々)

セーマン・ドーマン

セーマンとは、安部晴明がアイテムに霊力を込めるために使っていた、五芒星の印です。
セーマンを使う場合、「バン、ウン、タラク、キリク、アク」という5つの梵字(サンスクリット語)を唱えるそうです。

ドーマンとは、芦屋道満が使っていた横5本縦4本の線からなる格子形の九字紋です。
九字とは、「臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前(・行)」という呪文です。

一般的には、九字の方が良く使われていたそうです。

反閇(へんばい)

反閇とは呪術的歩行のことで、独特のリズムやステップで歩くことにより、霊を鎮める効果があったそうです。

なので、呪文だけでなく踊りでも呪術的効果をもたらすことができる、
と解釈してしまっても良さげ。

ちなみに、巫女さんでこれにあたるのが神楽舞。

その他の武器

道教の流れを汲む陰陽師は、道教導師のアイテムである「刀剣」「鏡」などを
使うことができたそうです。
あと、「御祓い棒」とかも使えたそうです。

その他の力

陰陽師は、天文学や占術に対しても高度な知識を持っていたので、
「天候操作」や「予言・予知能力」があったとされます。

ここまでくると、何でもありという気もしなくない。



※誤字・脱字、間違った内容がありましたら、お気軽に編集してしまってくださいな