Stroke of Genius クルセ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クルセ心得


まず最低限の働きをするためには


献身を覚えよう

RSの性能が微妙になった今、献身なしでは所詮劣化騎士に過ぎない。献身を必ず習得、また持続時間の関係上LV5を取ろう。

ベースLVを90まで上げよう

優先して守るべき高LVのキャラに献身するためにはこちらも高LVが要求される。ベースLV90が最低ラインと思ったほうがいい。

クルセに求められるもの

Gvにおけるクルセの主な役割は、突入戦での敵陣破壊の先鋒、及び持久戦での味方陣地の維持役だが、クルセ自身は耐久性に恵まれているものの火力はやや心もとない。
よって、必ず高火力職の味方を伴って行動したほうがよい。
また同時に、そうした「火力が高いが打たれ弱い味方」を守ることが、クルセの仕事でもある。 (クルセスレテンプレより抜粋)
つまり、「敵を倒す」よりも「味方を守る」ことに主眼を置いて行動するのがよい。騎士とは役割が全く違うことに注意。

スキル

ディボーション

クルセのメインスキル。定点防御だけでなく、乱戦での味方保護などにも威力を発揮。攻めの際でも、Wiz陣が突入を始めたらかければ制圧が容易になる。またWizやロキ雷鳥にかけるばかりでなく、サンクプリや阿修羅モンクにかけるなど工夫次第でいくらでも応用が利く。
また、ローグスキルのインティミを献身対象が受けた場合、献身をかけている者が飛ぶ事になるのでその点は注意。

リフレクトシールド

主に対阿修羅モンク用だが、反射ダメージにシーズ補正がかかるので使いにくい。阿修羅は耐えられないと割り切るなら、ホルン盾を持つのがけっこう有効。

シールドブーメラン

武器のカード効果や固有効果が乗るので、特にソードブレイカー等と組み合わせるのがよい。

オートガード

定点防衛(特に献身時)のときは必ずかけよう。被ダメが目に見えて減る。ただし発動後に硬直があるので移動時などは使うべきではない。切り替えをおこたらないこと。

ライディング

回復剤の搭載量を稼ぎたいクルセには必須といってもいいスキル。また判定が大きくなるので敵のタゲを引き受けやすくなるなどの利点もある。

グランドクロス

GX献身型(後述)なら選択肢に入る。ちらつかせることによって㌦鎧を封じることが出来るのも利点。連打するとGXのスタックが連続して乗り、回復できずに死ぬ可能性があるので出ないと思っても連打せずに間に回復剤を叩いておくこと。

ステータスとタイプ

VIT>STR>DEX盾献身

正統派の献身ステ。育成は若干つらいがソロも決して不可能じゃないし、PTでも普通に壁役として戦えるので、ベースLVに妥協しないこと。ベース90完成・転生なしならこちらの型が理想。

INT>VITGX献身

育成のためにINTに大きく振り、GXを10まで取得した型。プリさえいれば育成は楽。タンクとしての性能は当然劣るが、高MDEF・高威力GXなどの副産物もある。
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|