作品別用語集 - TRANSFORMERS THE iDOLM@STER


◆ TRANSFORMERS THE iDOLM@STER




  • 本作は、『トランスフォーマー』と『アイドルマスター』のクロスオーバー作品である。
  • 立ち絵と台詞枠を使用した「紙芝居」形式とは違い、コマ割やフキダシを使ったアメコミ風の画面構成と、時々入るやや露出度の高い手書き画が特徴。
  • 流血沙汰も多いハードな展開の本編と、平行世界である番外編の『萩原家』が存在する。
  • にこにこでトランスフォーマーというとアニメ版が有名だが、かなり毛色が違うため、視聴の際は注意。


◆ あらすじ


遥か太古の時代……
闘奴メガトロンの台頭から始まった内乱は、またたく間にサイバートロン星を吹き荒れた。

メガトロン率いる体制への反逆者ディセプティコンとの戦いで、センチネル・プライムを失ったオートボット評議会は、
若き文官オプトロニクスを新たなる指導者として選出。

葛藤を乗り越えリーダーのマトリクスを受け継いだ彼は、オプティマス・プライムと名を変え、メガトロンとの熾烈な戦いに身を置いた。

数十万年の時が過ぎ、泥沼化した戦乱は惑星のエネルギー資源の枯渇という最悪の事態を招いていた。

そして邪悪な巨神ユニクロンによるサイバートロン星侵攻の開始は、
全てのサイバートロニアンの希望を奪い去るに充分な出来事だった。

ユニクロンに飲み込まれていくサイバートロン星。

リーダーのマトリクスをウルトラマグナスに託したオプトロニクスは、メガトロンとの最後の決着を付けるべく単身星に残る事を決断。

新しい指導者マグナスプライムの指揮の下、両軍の垣根を越えて作られた移民船団は、新天地を求めてサイバートロン星を脱出した。

ユニクロン信奉者との戦いでその多くが失われた船団は、航行能力を喪失し、ある惑星に墜落する事となる。

そして、数百万年の時が流れた……。



  • プロデューサーが事故で亡くなり、その責任を感じて自分を責め、スランプ真っ只中の美希。
  • そんなある日、海に「光の柱」が現れ、美希は浜辺で「謎の流星」に胸を貫かれて死んだ……はずだった。
  • しかし、無傷で目覚めた美希の胸には、傷の代わりに謎の痣が……。


◆ 登場人物


■ 765プロ 関係者

星井美希

  • 芸名"Mi-KI"で活動する765プロ所属のアイドルで、本作の主人公。15歳。
  • 才能に溢れ天真爛漫な性格で将来を有望視されたアイドルだったが、担当プロデューサーの事故死以来、それを自分のせいだと塞ぎ込んでおり、睡眠薬がないと眠れなくなってしまった。
  • 新プロデューサーの律子の期待に応えようとするが、逆に気負ってミスを連発。
  • 精神的にガタガタになってしまったためアイドルアルティメイトを途中で脱落し、それ以降スランプが続いており、問題が絶えず、律子からは腫れ物扱いされている。
  • 浜辺で「謎の流星」に胸を貫かれ、大量に出血して死んだはずだったが何故か無傷で目覚め、胸には謎の痣が……。
  • サイバートロニアン達が探す「何か」を持っているらしい……が、本人はそれが何かは分からない。

天海春香

  • 765プロ所属のアイドル。18歳。
  • アイドルアルティメイトに2度勝利している、現役最高のアイドル(連覇ではなく1年不参加をはさんでいる)。
  • 一度目のIU優勝後にプロデューサーであった玄田に告白して振られているが、もう一度隣に立てるようにと自分を磨いていた。
  • 玄田の死に立ち会っており、その後に出場したIUで、魔王エンジェルと如月千早に圧倒的な大差をつけて優勝した。
  • どうやら美希に対して厳しく接しているらしい。
  • 転ばなくなった……だと!?

秋月律子

  • 765プロ所属の新米プロデューサー。21歳。
  • 元765プロ所属アイドルで、元765エンジェルメンバー。
  • アイドル引退後、美希担当プロデューサーとして活動しているが、自信を失いつつある。
  • 実は、見た目以上に余裕がなく、退職すら考えている。
  • 複雑な事情で遠慮があり、美希に対し強く叱る事ができず、それが2人の溝を深めているらしい。

双海亜美

  • 765プロ所属のアイドル候補生。12歳。
  • 双子の姉である真美に比べ、行動力がある。
  • トップアイドルの春香に懐いている。
  • 美希に対して厳しく接する春香の影響で、美希を毛嫌いしている。

双海真美

  • 765プロ所属のアイドル候補生。12歳。
  • 双子の妹である亜美のサポートに回る事が多く、人の気持ちを汲む事に長けている。
  • スランプで周囲から浮いている美希を、心配している。

菊地真

  • 765プロ所属のアイドル。19歳。
  • 元765エンジェルメンバー。
  • 最近は、社長が直接担当して活動しているらしい。
  • 何故かあまり表に出てこず、真美は顔を知らなかった。
  • 黒いバイクに乗っている。
  • 腕のブレスレットには、ディセプティコンのエンブレムが……。

子安美星

  • 765プロ所属のプロデューサー。32歳の女性。
  • 中途採用らしい。
  • 泣き虫で、少し気が弱い。
  • 伊織と候補生のやよいを担当している。
  • 伊織をIUで優勝させた実績があり、伊織が言う事を聴く唯一の人物である。
  • 『ビーストウォーズ』や『メタルス』に登場するコンボイの担当声優の子安武人が、名前の由来だと思われる。……取り敢えず、黒井社長の事は忘れてくれ。
  • 人物モチーフはワンダリングスターP。

小西あずさ

  • 旧姓三浦。
  • 元765エンジェルメンバー。
  • 引退後、担当プロデューサーの小西と結婚。
  • 本編ではまだ出番がない。

水瀬伊織

  • 765プロ所属のアイドル。
  • IUでの優勝経験がある。
  • 本編ではまだ出番がない。

高槻やよい

  • 765プロ所属のアイドル候補生。
  • 遠からずデビューが計画されており、子安Pが一時的に面倒を見ている。
  • 本編ではまだ出番がない。

玄田三六丸(さぶろうまる)

  • 元765プロのチーフプロデューサーで、高木社長の右腕だった男。享年40才。
  • 態度や外見は軽薄だったが、それとは裏腹に身持ちは硬かったらしい。
  • 765エンジェルや天海春香等、多くのアイドルを世に送り出してきた。
  • 最後にプロデュースをしていた星井美希と共に春香のコンサートを見に行った帰り、車から美希を庇って他界。
  • 今際の際に、律子と美希に「何か」を言い残しているらしい。
  • 小西、高橋、ハンター、律子は、彼の弟子に当たる。
  • 死の直前、サイバートロン支部の設立にも関わっており、多くの関係者に多大な影響を及ぼしている。
  • 『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』のコンボイ、オメガスプリームを演じた玄田哲章が、名前の由来だと思われる。
  • 人物モチーフは箱P。

小西月臣

  • 765プロ所属のチーフプロデューサー。
  • 妻は、元担当アイドルの三浦あずさ。
  • 本編ではまだ出番がない。
  • 『トランスフォーマースーパーリンク』でグランドコンボイやオーバードライブを演じた小西克幸が、名前の由来だと思われる。
  • 人物モチーフはミッシングムーンP。

橋本太陽

  • 765プロ所属のプロデューサー。
  • 本編ではまだ出番がない。
  • 『トランスフォーマーカーロボット』でファイヤーコンボイを演じた橋本さとしが、名前の由来だと思われる。
  • 人物モチーフはパーフェクトサンP。

萩原雪歩

  • 番外編である『萩原家』に登場。
  • NCC支部所属アイドル候補生兼、(株)萩原建設NCC支部代表取締役(形式上)。16歳。
  • 実家にあった廃棄寸前の重機がコンストラクティコンズになった瞬間に出くわしたらしい。
  • テレトラン7-65で偶然見た『本編』の続き(特に、美希の安否)が気になっている。
  • 最近は、オイルや液体エネルゴンとお茶っ葉のブレンドを研究している。
  • サイバートロンシティ初の娯楽テレビチャンネルで看板番組を持っており、視聴者の元オートボット修理技師のボディペイント職人に、携帯電話をペイントしてもらったりしている。

ハンター・オニオン

  • 番外編である『萩原家』に登場。
  • NCC支部所属プロデューサー。24歳。
  • スタンティコンズ(主にマスカレード)を担当する。
  • 10代の頃に、興味本位で「無人で動く車」の噂を追い、世界を旅していた。
  • メカニックのウィトウィッキー氏に弟子入りし、彼と契約したレーシングチームで働いていた。
  • ……今では何故か、プロデューサーをしている。

マスカレード・ザ・モーターマスター

  • NCC支部所属アイドルで、スタンティコンズのリーダー兼ボーカル。
  • 番外編である『萩原家』で、雪歩の番組にゲストとして登場……するはずだったが、都合により出演できず、出番は先送りに……。

■ オートボット構成員

オライオンパックス

  • ニューサイバートロンシティのエリートガード所属だったが、父から司令官のマトリクスを受け継いで、司令官代行を務めている。
  • プロ意識が高く、一度決めた事は如何なる困難をも乗り越えて実現する。
  • 割と口が悪い。
  • マトリクスの力を引き出せないために、古参の部下に資質を疑問視されている。
  • 実績を上げようと、数名の仲間と共に、オールスパークの破片を探している。
  • 人間の世界の常識には、若干馴染めていない模様。
  • その出自には、呪わしい秘密が隠されている……らしい。
  • 赤組……?

マグナス・プライム

  • オートボットの総司令官で、オライオンの父親。
  • 陣営の枠を超えてサイバートロン星脱出を指揮し、多くのサイバートロニアンを救った事から、オートボットとディセプティコン、双方から尊敬を受けている。
  • テロリストに打ち込まれたコズミック・ルストにより、瀕死の状態である。

ホイルジャック

  • オートボットの科学者(マッドサイエンティスト)で、オライオンの出生に関わっているらしい。
  • 経験不足を理由に、オライオンの司令官就任に反対している。
  • 頻繁に変な発明をするので、周りから恐れられている。
  • 地上で歌手をしているディセプティコンの「坊主」の持ち歌が、お気に入りらしい。

パーセプター

  • 番外編である『萩原家』に登場。
  • オートボットの科学者(マッドサイエンティスト)で、765プロNCC支部長兼、雪歩担当プロデューサー。NCC支部のあるビルのオーナーでもある。雪歩には「プロデューサー」と呼ばせている。
  • プロデュースに関しては、「ジュンイチロー仕込」との事。
  • 顕微鏡に変形する。
  • 研究好きで、話し始めると止まらないらしい。
  • 人間との共存を願う平和主義者だが、結構迂闊で無頓着。
  • ユニクロンによるサイバートロン星崩壊の際に流出した彼の発明品の一部を、現在テロリストが使っている模様。
  • 退役後、民間の発明家をしていたが、特許料で実業家に……。しかし、一部が人間社会に流出しているらしい。
  • 自らのミスによりスパークを萩原家の重機に乗り移らせてしまい、コンストラクティコン達を誕生させてしまった。それが縁で、萩原家とは家族ぐるみの付き合いがある。
  • 耳の辺りが電話になっている。
  • 別世界で販売されている「自分の玩具」を欲しがっており、テレトラン7-65で観測した次元から物体を転送する装置を作ろうかと考えている。

■ ディセプティコン構成員

ガルバトロン

  • ディセプティコンのエリートガードリーダーにして、トリプティコン城の城主。
  • 口調は割と丁寧。
  • 類稀なる頭脳とヨケトロン流メタリカトーの免許皆伝の腕前を持つ。
  • 昼寝好きで、ディセプティコンにしては珍しく、穏やかで理性的な性格。しかし、態度の端々に傲慢さが垣間見える事も……。
  • 表向きは、ディセプティコンの未来のリーダーとして家老達を従えているが、実際は激しい権力闘争により実権は殆どないらしい。
  • 士官学校で知り合ったオライオンパックスとは、似た様な境遇から共感し合い、親友となった。
  • ショックウェーブとヨケトロン以外の家臣達を、基本的に信用していない。
  • 爺達にとっては比較的孝行息子だが、伝説のリーダーであるメガトロンと比較されるのを極端に嫌う。
  • 現在、オライオンパックスと共に、オールスパークの破片を探しているが……。

ショックウェーブ

  • ディセプティコンの老中筆頭。
  • 本編ではまだ出番がない。

ヨケトロン

  • ガルバトロンの剣術指南役で、メタリカトーという剣術を使うらしい。
  • 本編ではまだ出番がない。

コンストラクティコンズ

  • 『萩原家 1』に、メンバーである現場監督のダートボスが、ツルハシを担いで登場。
  • 萩原家にあった廃棄寸前の重機に、パーセプターのミスで飛び出したスパークが乗り移って誕生したディセプティコン達。
  • ディセプティコンのエンブレムと共に、「(株)萩原建設」の文字がある。
  • 誕生の際に近くにいた雪歩を慕っている。
  • ダートボスは、雪歩のエネルゴン・ブレンド茶の味見を担当している。

■ プレデター構成員

テラザウラー

  • プテラノドンに変形する。
  • イヤミに似た口調が特徴。
  • シティで安穏とした生活を送るディセプティコンを嫌っている。
  • 連続猟奇殺人犯。
  • オライオンパックスが探し当てた美希を、掻っ攫ってしまった。

レオザック

  • 元はディセプティコンのブレストフォース部隊のリーダーだった。
  • 地球移住前にメンバーの多くが戦死した事で退役し、プレデターのメンバーとなった。

イーグルアイ

  • 常にイライラしている。
  • オートボットや人間を嫌っている。
  • プレデターのリーダーの命令には従順。
  • 作者によれば、「ジェットロンのラムジェットをリカラーし、武装をガトリングに変えた」……らしい。

ランサック

  • 空爆と嫌がらせが大好きな老兵。
  • サイバートロン星で飛行技術が開発された頃の、初期の撃墜王。

■ その他一般人

加藤先生

  • 有名なカメラマン。
  • オネエ言葉とアフロヘアーが特徴。
  • 律子の写真集を作った事が縁で、765プロとの交流がある。
  • 観察力に長けているのか、美希の不調を見抜いた。
  • 『トランスフォーマー ザ☆ヘッドマスターズ』でガルバトロンやメガトロン、デバスターを演じた加藤精三が、名前の由来ではないかと思われる。

如月千早

  • 玄田の死後開催されたIUで、春香に大敗した。
  • 本作に於ける彼女の所属事務所は不明。
  • 本編ではまだ出番がない。

魔王エンジェル

  • 玄田の死後開催されたIUで、春香に大敗した。
  • 本作に於ける彼女らの所属事務所は不明。
  • 本編ではまだ出番がない。


◆ 用語


サイバートロニアン

  • サイバートロン星で暮らしていたロボット生命体。
  • 所謂、トランスフォーマー達の事。
  • 史実よりも早く到来した邪神ユニクロンによって滅んだと思われる。
  • オートボットとディセプティコンという二つの種族に分かれて戦争をしていたが、サイバートロン星脱出に伴い休戦。表向きは協調路線をとっている。
  • 現在は地球の地下に異空間を作り出して隠れ住んでいる。

プレデター

  • テロリスト集団の1つ。
  • 主に飛行能力を持ったサイバートロニアンで構成されている。

オールスパーク

  • オートボットやディセプティコン達が探しているエネルギー結晶体。
  • サイバートロニアンのスパークの源と言われている。
  • 破片を美希が持っている……らしい。

コズミック・ルスト

  • トランスフォーマー達の罹る、架空の感染症。
  • 宇宙サビとも呼ばれる。
  • オリジナル世界ではパーセプターがたまたま作っていたサビストップが特効薬であったが、この世界では治療法が発見されていない。

サイバートロンシティ

  • 地下の人工異空間にできた、トランスフォーマー達の都市。
  • 元々は、移民船の不時着による機能停止中の仲間をユニクロンに探し当てられないように、パーセプターが避難場所にと作った異空間だった。
  • 多数の金属生命体が地表で活動することでユニクロンに察知される事を恐れた上層部により、許可の無い市民が地上に出る事は原則として禁止されている。

765プロNCC(ニューサイバートロンシティ)支部

  • 番外編である『萩原家』に登場。
  • 雪歩やパーセプター、ハンターやマスカレード・ザ・モーターマスターが所属する。それ以外の所属メンバーは、現時点では不明。
  • 所属アイドルは、表向きは本社所属となっており、地上での仕事もしている。

テレトラン7-65

  • 番外編である『萩原家』に登場。
  • 時空管理者ベクタープライムの理論を元に作られた「多次元宇宙観測マシン」で、膨大な数の平行世界の過去・現在・未来の出来事を観測し、映し出す事ができる。要は「凄いテレビ」。
  • 雪歩は気に入ったらしく、偶然見た「本編」の続きが気になっている。

765エンジェル

  • 秋月律子、三浦あずさ、菊地真の三人で構成されたユニット。
  • ユニットとしてはさほど人気はでなかったが、今でも根強いファンが多い。
  • 3年程で活動終了。秋月律子はプロデューサーに、三浦あずさはプロデューサーの小西と結婚、菊地真はソロ活動と、それぞれの道を歩んでいる。


◆ タグ


Pセプター

  • 本作の作者。「いちめどー」名義で、18禁な同人活動をしている。
  • サイト(18歳未満に有害なコンテンツがあるので、注意されたし)
  • 魔王エンジェルやJUPITER等の立ち絵を無償配布している。また『Im@s雀姫伝』『ぷよm@s』にも、絵師として参加している。
  • 動画の最後でP名を募集した中から、「P名はトランスフォーマー的においしすぎるのでPセプターでいかせてもらいます。」という事で決定したP名である。
  • 候補は他に「コンボイP」や「オプティマスP」、「テレトランP」等があったが、「オプティマスP」は既に別のプロデューサー名義として使用されていた。


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。