STREET FIGHTER IV Wiki

リュウ 対ダルシム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


対ダルシム

遠距離戦は不利。
ダウンを奪って相手の起き攻め回避行動の癖を掴んで起き攻めループで倒したい。
近寄るまでに体力半分以上残ってれば何とかなると思って戦うとよいかも。

遠距離・中距離

ダルの一番リーチのある屈強P (ダブルズームパンチ) の間合い内ではヨガファイヤを波動拳で消そうとしない。
消したところにズームが当たる。
EX波動拳ならファイヤを消してズームに2ヒット目が当たり、ダウンをとれる。

屈強Pにセビを合わせて取ったらすぐアタックを出す。少しだがダメージを与えられる。
カウンターやレベル2以上になっていた場合は崩れダウンを取れる。
崩れならダッシュキャンセルから最低でも足払いで追撃。
ウルコン、スパコンゲージあるなら滅・波動拳や真空波動拳。

飛び込みは相手の技 (主に屈強Pかファイヤ) の硬直を読まないと膝でほぼ落とされる。
J弱Kで相打ち取れることもあるので膝で落とされるタイミングで跳んで、ダルシムが地上にいるままならJ弱K。
ダメージ負けするが一方的に落とされるよりはよい。

中距離のファイヤを読んで竜巻。
ダルシムの硬直が解けてしゃがみ避けされてもスパコンゲージMAXでないならあまりダメージはもらわない。
竜巻が当たれば起き攻めに。

ファイヤ出しての裏周りテレポは慣れるしかないが、ダルシムの最大のダメージソースだから最低でも立ち弱Pで落とす。
ズームの範囲内でファイヤを消すならEX波動拳などで早めに。遅いと波動拳の硬直にテレポから手痛いダメージをもらう。
慣れてきたら強P、屈強P。

近距離

近づくには、ジャンプ即出し2強Pの中段を警戒しつつガードしながら少しずつ進む。
ファイヤを撃ってくるようなら跳び込みや竜巻も混ぜる。
全く跳び込まずに近寄るだけだとファイヤをガードしてるところにJ2強Pの中段や下段ズームが刺さる。
セビで牽制を取ってキャンセルダッシュもありだが、様子見されてるとセビキャンセルダッシュやバクステしたところにズームが刺さる。

近寄れたら小技固め。ガードしっぱなしのようなら鳩尾砕きで攻め継続。

起き攻めは相手のスパコンが溜まってるとき以外は強気にいける。
テレポのコマミスにリスク負わせられるように厳しめに重ねていく。
バックダッシュ多用されるなら竜巻かこっちもダッシュで追いかけてコンボ。
めくりJ攻撃重ねをスラで避けて反撃が多いようなら攻撃を出さずに着地して小技や投げ。
ゲージがあるなら小技から強昇龍拳EXSA滅など可能な限りダメージを与える。
空かし投げだろうが弱刻んで投げだろうが起き攻め継続できるなら何でも狙っていく。また距離を取られるときつい。

被起き攻め

起き攻めウルコンからの重ねは完全に中段、下段の二択だから相手の癖を読んで立ちガードか屈ガードかのどちらかを選ぶ。
リバサEX昇龍拳で避けられるが、重ねの後はたいてい裏にテレポするので避けられて最低でもズームパンチはもらう。
相手のスパコンが溜まってないなら、崩されてウルコン+何かをもらうよりましだと思ったらやってもいい。

ウルコンを確定でガードする状況(起き上がりに重ねられた場合など)は、ダル心理としては火の玉の段数がガードして減っていく前にこちらをくらい状態にしたい。
こちらがしゃがみガードしてればバックジャンプ即出し強Pで中段を狙われるので、立ちガードでスライディングに反応する方が若干ラクだと思われる。
大抵は上記のように裏周りテレポで揺さぶってくることが多いので、ガード方向に注意しつつ立ちガード→しゃがみガードで火の玉が消えるまで凌ぐ。
上級者になると、ウルコンの火の玉を逆ガードになるように重ねてきたり、テレポも前、裏周り使い分けてくるので気をつけること。

小ネタ

起き攻め時や近距離で屈弱Kか屈中Kにウルコンを出された場合、暗転中にEX昇龍拳入力で暗転後HITした屈弱Kか屈中KにキャンセルがかかってEX昇龍拳が出て火玉を避けてモロに当たる。
その状況になったらEX昇龍拳コマンドを入れておくといい。