STREET FIGHTER IV Wiki

リュウ 対バルログ

対バルログ

バルログのしゃがみ中Pが早くて長いので、正面から差し合いをしてはいけない。
リュウの唯一の負けパターンがコレ。
削れる技はクリスタルフラッシュしか無いので基本ガンガードで良い。色気は出さない。

バルがしびれを切らして投げを狙って近寄ってきたら
リュウはしゃがみ中P、しゃがみ中Kで牽制。
バルログのしゃがみ中P以外の攻撃は遅いか短いかのどちらかで、
しゃがみ中Pは足下の判定が悪い。
リュウの中足払いが届く間合いならまず負けないので間合い次第で振りまくって良し。
もちろんキャンセル強波動まで仕込む。

ソバット投げを狙ってくるかもしれないが、それが有効な間合いは限られている。狭い。
その間合いのみ警戒して中足振れば良し。
しゃがんでれば当たらないので余裕をもって蹴れる。
ソバット投げの間合いでバルログが他に出来ることは何もない。
安心してソバ投げのみに集中して良し。

バルログがしゃがまずに地上牽制を多用してくるなら適当に飛び込む。
バルには地上対空はテラーしかないが、テラーは溜め技。
フットワークで戦うバルログは対空がお留守になる。
バルログが牽制でなにか技を振っていれば飛びは通る。
適当なら適当な程良い。適当なほど読めないから。

リュウが飛んだときにバルログが技を振っていなかったら間違いなく空対空を狙っている。
空中竜巻をぶっ放そう。まず勝てる。

飛びが通って近寄ったら小技を刻んで適当に料理する。
ヒット確認が出来るなら小足小足確認昇竜などで安定させる。
ガードされてたら適当に投げ。これも適当なほど読まれなくて良い。
最悪に読み負けても投げ抜けられるだけ。割り込まれる心配はないので強気に。

バルセロナ対策は、引きつけて適当に昇竜。
131313……と入力しておいてバルログの高度だけを見て弱P入力。
表裏関係なく撃墜可能。もしスカされても硬直が長い技なので反撃は食らわない。
超うまいバルログだとイズナで吸われる可能性があるが、そんな奴はほとんど居ない。

近距離戦でバク転で逃げようとしたら恐れずに前進して大足か投げ、可能なら距離にあわせてフルコンボ。
バク転は思いのほか硬直が長いので、まさかと思うタイミングでも安定。
ショートバク転とバク転を見切れないなら、
ショートのタイミングに小足2回でヒット確認、当たらなかったら大足、とやれば安定して捕らえられる。