STREET FIGHTER IV Wiki

バイソン 対アベル

立ち回り

総合

ゲージがあればホイールにはEXヘッド、マルセイユには投げ。コパンがしゃがみに当たるのでコパンをしてるだけでこちらのターン。
固められた時は前中Kダッシュ>トルネード、大P、小足・・・の択にEXヘッドを上手く合わせていけば勝てる。
様子見に対して図々しく投げを決めてやれば相手の怒りのボルテージはMAXに。めくりはEXグラスマかタンパで拒否。

遠距離

基本立ちガードで待ち。ダッシュ系は見てから合わされるんで出さない。
この距離で向こうから近づく手段は飛び・コロコロ・ホイールの3種類だけど
飛び:屈大P
コロコロ:投げor後J
ホイール:ガード後遠立小P→ダッスが確反、近ければEXダッパからフルコンで対応していれば、向こうも待ち気味になってくるんで歩いて近づいて中距離戦へ。

中距離

差し合いはこっちが微不利。大足は立小Kに、ダッシュ系は立中Pや中足に潰される。
バイソン側としては遠立小Pをばら撒いて中攻撃の空振りに立大K・大足・各種ダッシュを合わせていく。
6中K→ダッシュやCOD1段止めで択ってくる場合はガード後のバクステで大体拒否れる。この6中K読みEXダッパが熱い。
うまく転ばせられたら起き攻め&近距離戦へ。

近距離

アベルには3F技がないのでコパと投げでひたすら択る。
対トルネードも通常版→コパ・EX版→投げが対の択になってるけど、トルネードを読んで縦飛びしても良い。
強い対空を持ってないのでバッタ戦法もありだけど、EXコロコロで逃げられやすい。

起き攻め

基本は詐欺飛び。でもジャストのタイミングだとEXトルネードに負けるので、打点を高めに当ててEXトルを潰す・空J→縦飛び・空J→投げ等をばら撒いて
的を絞らせないようにする。ただこの場面はEXトルネード・EXスカイフォール・EXCODとのジャンケンになりやすいので、ある程度の人読みが入る。
アベル戦での起き攻めですが、起き上がりにタンパで近ずいてプレッシャーをかけて垂直ジャンプがかなり有効です。
大概のアベルはここでゲージを使ってくれます。EXトル出してたらフルコン入れましょう。
これだけだと対応されるので、投げ、飛び見てからブッパ気味弱ヘッドを混ぜましょう。
最初のほうは垂直ジャンプで3ラウンドあたりからヘッド混ぜるのおすすめです。弱ヘッドならブッパウルコンをすかすことができます。

被起き攻め

相手が飛んだらほぼ中Kでのめくりなんでガード&セビからのバクステが大安定。
タンパでもいいけどすかし投げに弱いのと、俺の場合なぜか相手側の方に出てフルコンもらう事が多いのであんまり使わない。
相手が正面に立っている場合は、トルネードでの直吸いか6中K→ダッシュからの択。
バクステが基本だけど、各種EXぶっぱが当たりやすい場面でもある。