STREET FIGHTER IV Wiki

ガイル 対バイソン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バイソン

遠距離はひたすらソニックを撃つ。EX突進技での弾抜けは先読みが必要なので強気に。
ヘッドバッドに飛び道具無敵があり、迂闊にソニックを撃つとあたってしまいウルコンまで入れられるので注意。
中距離でソニックをヘッドバッドで抜けてくる場合はソニックを弱で撃ち追いかけて着地を攻撃する。
浅めの飛び込みは落としづらい。避けるか空対空で。

(基本的知識)
まず、バイソンは、近距離に強いキャラであるため、画面端に追いやりたいという意識がある。そのため、なるべく画面端に追いやられないようにする。(画面端だとかなり辛い。)
また、めくりを回避する有効な手段がないため、バイソンに対しては起き攻めをするのが有効。
必殺技で特に気をつける必要があるのは、ヘッドバットである。これは、飛び道具無敵、上半身打撃無敵であるため、割り込みや対空によく使用され、UCへ繋ぐのが容易であり、特にEXの場合だと全身無敵であるため要注意。その他、バイソンは他キャラに比してアーマーブレイク属性のついた必殺技が多いのが特徴(ダッシュグランドスマッシュ、ダッシュスウィングブロー、ターンパンチ)。そのため、セビからのリバスピを狙う場合、セビの多用は禁物だが、適度にすれば攻撃の幅が広がる。
バイソンについては、飛びが他キャラに比して低いのも特徴である。そのため、対空をアッパーorN中K、裏拳、バンスト等で対応しづらい。特にアッパーは、バイソンの飛びが低いため浅くなる傾向が強く、アッパー早出しができず、相手のJ大Pに一方的に負けることが多い。また、浅めの飛び込みに対応してN中Kで対応する場合も、J大Pがガイルの足に当たるくらいのタイミングで相打ち、それよりも遅い場合は、一方的に負けるため注意が必要。

(遠距離の対応)
基本は、ソニを打ち相手がどのようにソニに対応するのかを確認する。
前J、垂直J、ガード、セビ、ターンパンチetc。
遠距離からターンパンチを多発する相手には、弱ソニを多めに。また、ターンパンチ多めの場合は、少々リスクもあるが、空セビを敢えて見せて、相手がターンパンチを仕掛けて来やすいようにして、相手のタンパの動きを見てから、BJ大K>6大KorBJ大K>6中P>サマソ等を当てるのも有効。ただ、セビ中にタンパされると必中のため、適度に。
前Jで接近する相手は、それほどうまいバイソンでない可能性が高い。そのため、こちらは、サマソでの対空を意識しながらソニを打つ。また、サマソがどの程度の距離の飛びで当たるかをあらかじめ把握しておく。(当然ながら、当たらない距離でのサマソは自殺行為なので自重)さらに、たまにバンスト、裏拳を振って意識をサマソ以外に向ける。

(中距離の対応)
中距離から本格的な読み合いが発生する。バイソン側の択としては、ソニ読みのJ大P>屈大KorタンパorEXダッシュ系である。
ここで、バイソン側の攻撃の択は、接近するための布石であるため、ガイル側としては、弱ソニを適度に打ちつつ、しゃがみ待ちで相手がJ大Pタンパ、EXダッシュ系をしてきたら、サマソで返す。
この距離でソニを多めにすると、タンパ、EXダッシュ系で潰されるため注意。
また、ダッシュ系を読んでバンスト、裏拳を振るのもありだが振りすぎは自殺行為。
その他、ソニ読みでUCを合わせてくるケースがあるため注意。(案外簡単にソニ読みウルコンは出すことができる。)弱ソニであれば、距離によってはガードできる。
中距離でしゃがみ待ちする場合には、ダッシュスウィングブローに注意する。この技は、ボタン押しっぱで中段になるため、ヒットするとコパコパヘッドからUCに繋げられる。
しゃがみ多めにしていると必ずといっていいほど狙って来るので、見てから反応できる人はガード、無理な人はファジーガードで対応して、コアコパ中パサマソ等で反撃する。
サマソのためが不十分な時に相手が飛び込んできた場合、こちらの択としては、アッパー、N中K、バンスト、裏拳が主に考えられるが、いずれも早出しできない場合には、相打ち(ダメ負け)又は一方的に負けることが多い。特にアッパーでの対空は、バイソンのジャンプの低さもあり、機能する場面が少ないため、多用は禁物。この場合はバクステで距離を離すのが安全。

(近距離の対応)
近距離では、バイソンガン有利のため、基本はガードで凌ぐことになる。連ガにならないコンボの場合には、サマソで割り込むのも有効。バイソン戦に限らず、近距離で本領を発揮するキャラに対して、ゲージは、割り込みサマソセビバクステに使用したい。
ガードは基本屈ガで、凌ぐ。この場合、バイソンの択は、ジャンプ攻撃or投げorダッシュスウィングブロー以外では屈ガを崩すことができないため、それぞれ立ガorサマソorアッパー、(中P仕込み)しゃがグラ、立ガor屈ガ(ファジーガード)で凌ぎきり、距離を離す。
近距離、特に画面端では、距離を離すことを第一に考える。

(起き攻め)
起き攻めについては、バイソンがめくりに対して特に有効な手段がないため、J弱Kでめくりを狙っていく。この際には、めくりは低めに当てないと繋がらないため注意する。低めに当てないとヘッドで対応される可能性があるため注意。バイソンは他キャラに比べやられ判定が前面にあるため、めくりが若干難しいが練習すれば大したことはない。


  • 反確
遠立強P>(G)>サマーソルトキック
屈強K>(G)>サマーソルトキック
中強ダッシュストレート>(G)>サマーソルトキック
弱中強ダッシュグランドストレート>(G)>サマーソルトキック
ダッシュスウィングブロー>(G)>遠立強P
弱中強ダッシュグランドスマッシュ>(G)>サマーソルトキック
ターンパンチ(LV2~)>(G)>サマーソルトキック
ターンパンチ(LV4~)>(GH)>各種反撃